銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

新感染半島 ファイナル・ステージ

2021年05月05日 16時36分59秒 | 韓国ホラー
PENINSULA
2020年
韓国
116分
ホラー/アクション/SF
劇場公開(2021/01/01)



監督:
ヨン・サンホ
『ソウル・ステーション/パンデミック』
脚本:
ヨン・サンホ
出演:
カン・ドンウォンジョンソク
イ・ジョンヒョンミンジョン
イ・レジュニ
クォン・ヘヒョキム
キム・ミンジェファン軍曹
ク・ギョファンソ大尉
キム・ドユンチョルミン
イ・イェウォンユジン



<ストーリー>
感染爆発が半島を崩壊させてから4年後、家族を守れなかった元軍人・ジョンソクは、亡命先の香港で廃人のような暮らしを送っていた。そんな彼の下に、半島に戻るある仕事が舞い込む。

あれから4年――。かつての祖国は、別世界となっていた。

―感想―

少しでも心当たりがある人ならグサッとくる言葉だな。


ハイライトシーンとクライマックスシーンが胸アツ。
あのカーチェイスはかなり既視感のあるものだけど、面白いものを取り入れて、それを更に面白くさせているんだから全く問題ない。
ヒャッハー!の世界観にゾンビを絡ませるという、既にあるものに既にあるものを足す、そして映像をど派手に膨らませるアイデアは人によってはパクリと思うかもしれないが、俺は全然有り。
それがショボいものになってたら俺だって流石に腹が立つが、無茶苦茶興奮させられたのだから、ぐうの音も出ねえ。

地獄と呼ばれる場所でも住めば都。
生き抜くための戦い方や家族を思いやる気持ち、助けを求める赤の他人に手を差し出す優しさ。
心動かされる場面が非常に多い本作、傑作と呼ばれる作品の続編としては申し分のない完成度だろう。

娘っ子のウルトラドライビングテクニックには驚かされっ放しだったなあ。
車のライトの使い方なんか神掛かってるぞ、あれ。

評価:★★★★
21/05/05DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-04-28
メーカー:ギャガ

関連作:
『新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)』(第1作)
『新感染半島 ファイナル・ステージ(2020)』(第2作)

オフィシャル・サイト

コメント

クローゼット

2021年04月12日 20時54分55秒 | 韓国ホラー
THE CLOSET
2020年
韓国
98分
ホラー/ミステリー
PG12
劇場公開(2020/12/18)



監督:
キム・グァンビン
脚本:
キム・グァンビン
出演:
ハ・ジョンウサンウォン
キム・ナムギルギョンフン
ホ・ユルイナ



<ストーリー>
事故で妻を亡くしたサンウォンは、心を閉ざした娘・イナのため郊外に引っ越す。イナは徐々に明るさを取り戻していくが、ある日忽然と姿を消してしまう。

クローゼットの扉が開き、
娘が姿を消した――


―感想―

ハ・ジョンウて、ぱっと見、ぱっと見ね、あの『ウォーキング・デッド』にも出演していたグレンに似てるなて思った。
で、その娘役の子は韓国版芦田愛菜て感じ。

前情報入れずに借りたので、てっきりサスペンスものなのかと予測して観始めたら、ガッツリとホラー。
親(父親)の身勝手で殺された少女が悪霊となり、同じ環境で育てられている子供達を異世界へと連れ込むといったあらすじで、主人公の娘もその父親から邪魔扱いされているのを気にしているのを餌に悪霊がクローゼット内(異世界)へと強引に連れて行ってしまう。
因みに何故、皆が引きずり込まれるのがクローゼットなのか、それを説明すると、悪霊の少女が殺された場所がクローゼット内だからです。

人間時はありきたりな顔している少女も悪霊メイクを施されると、あら可愛い♡となるミラクル化を発揮。

まあそれはそれで良いとして、娘を連れ戻すまでの過程がアップテンポに進む為、グイグイ引き込まれるし、向こう側の世界とかもホラーらしい異質な映像になっていて印象深い。
父親に力を貸す霊媒師の青年の活躍もめまぐるしいものがあり、中々面白く怖く、切ない作品となっておりました。
やはり、ここでも母の愛は強し、でしたね。

雰囲気的にはTVをクローゼットへと置き換えた『ポルターガイスト』ですかね。

評価:★★★☆
21/04/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-04-02
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト

コメント

メタモルフォーゼ/変身

2021年02月11日 16時44分20秒 | 韓国ホラー
METAMORPHOSIS
2019年
韓国
113分
ホラー/サスペンス
PG12
劇場公開(2021/01/22)



監督:
キム・ホンソン
『技術者たち』
出演:
ペ・ソンウジュンス
ソン・ドンイルジュンスの兄
チャン・ヨンナムミュンジュ
キム・ヘジュンソンウ
チョ・イーヒョンヒョンジュ



<ストーリー>
ごく平凡な一家は、新居に引っ越して以来、奇妙な現象に襲われていた。一連の怪異に人外の存在を感じ取った父親は、神父として働く弟のジュンスに助けを求めるが…。

―感想―

韓国版エクソシスト。
(。´・ω・)ん?つい最近そういう題材の映画を観たぞ?
あれだ『ディヴァイン・フューリー/使者』
今回も同じ様な感じのエクソシストものか?興味持っての鑑賞でしたが、系統が全然違った。

『ディヴァイン・フューリー/使者』はどちらかと言えばエンタメ色に染まった内容だったのですけど、本作は思い切りホラー。
完全にそっち側へと振り切っているので、『ディヴァイン・フューリー/使者』とは違う意味でハラハラしながら観れる。
何せ、邦題にあるように悪魔が人間へと「変身」するから、一家の誰が本物か偽物か区別がつかない怖さが鑑賞者にすら不安を齎していた。

解剖や、解体された動物の死骸も大量に登場するので、嫌悪感も生まれる。
グロいというより気味が悪い方向の不快さ。

悪魔の狙いは至って単純で、前述したように一家の誰かに変身し、混乱に陥れる事で殺し合いの末の家族崩壊へと導こうとしていく。
これは完全に復讐狙いであり、冒頭で悪魔払いに失敗した神父ジュンスに対しての嫌がらせでもある。

兎に角終始、不穏な空気が漂い、登場人物皆が家族に対し疑心暗鬼の目を向けているものだから、もう無茶苦茶だよ!てな展開が続くのよね。

『ディヴァイン・フューリー/使者』は割と安心した気持ちで観終えたのだが、本作はかなりドヨ~ンとした感情だけが残ります。
ハッピーエンドと言えばいいのか、バッドエンドと言えばいいのか、どっちつかずな顛末。
家族愛よりも兄弟愛の方を強く取り入れているのもあって、最後は悲しくなっちゃった。
胸糞て程ではないが、決して気分良くは鑑賞終えれないかもしれない、その辺これから観てみようかなて思っている人は頭に入れておいてください。

けど、エクソシスト映画としては非常に面白く、完成度も高い。
個人的には『ディヴァイン・フューリー/使者』よりも本作の方を推したい。
いや、両作とも優れているのだが、どっちがホラーとして好み?と聞かれたら、の話ね。

評価:★★★☆
21/02/11DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-02-03
メーカー:クロックワークス

コメント

ディヴァイン・フューリー/使者

2021年01月19日 18時37分59秒 | 韓国ホラー
THE DIVINE FURY
2019年
韓国
129分
アクション/ホラー
劇場公開(2020/08/14)



監督:
キム・ジュファン
脚本:
キム・ジュファン
出演:
パク・ソジュンヨンフ
アン・ソンギアン神父
ウ・ドファンジシン



<ストーリー>
総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。ある日、見覚えのない右手の傷について調べていた彼は、エクソシストのアン神父に出会い…。

右手に宿った神の力――

―感想―

悪魔の映画とかエクソシストの映画とか、そういう系統のものは昨今多く作られているし、俺も良く観るけれど、実際にはどれくらいの事例があるのだろうか。
身近で感じた事が一切ないから、架空の話としか思えんのよね。
けど、悪魔祓いを職業としている人が居るのも事実だし、何処まで信じていいのやら。

ふと、そんなことを考えてしまったけれど、エンタメとして観る分には悪魔祓いを題材にした映画は大体面白いよね。
本作も同じく。

神を信じない青年が、一人の神父と出会った事と、自身の手のひらに「聖痕」が出た事により自分が進む道を見付けていく中で邪悪なる者を退け、人としての正義、人の中にある温もりを得ていくストーリー。
2時間超えの内容ではあるが、主人公の色んな感情が入り混じった悪魔との戦いには見応えがあり、すこぶる面白かった。

終盤、一人で敵のアジトへと乗り込む場面は、彼が総合格闘技のチャンプという肩書が説得力を持たせており、相手が悪魔であっても鍛え抜かれた肉体を武器に力押しで次々と退治していく姿はカッコ良かった。
親玉が悪魔に心臓を捧げ、強靭なクリーチャーへと変貌するのだが、これ日本映画だったら、着ぐるみ並の低クオリティモンスターみたいなのが出てくる子供向けの戦隊ヒーローみたいになるんだろうなて思ってしまった(笑)。

にしても子供も演技が達者ですわ。
ちゃんと「悪魔に取り憑かれている」顔をするんだもん、しかも動きもきっちり悪魔の動作に寄せてきているし。
そして当然だけど、(悪魔に取り憑かれる)大人の役者の演技もいい。
成り切るのも大事だけど、鑑賞者に笑われない演技をするてのも凄く大事だよねえ。

愛を失った主人公が、困った人を神父と一緒になって助けた後に感謝され、そこで初めて他人からの温もりを知り照れる。
子供達に囲まれる所はちょっと俺、涙が出ちゃったよ。
この経験が彼をエクソシストへの道へと導いたのは確実だった。
その後、亡き父からの温もり、共に戦ってきた神父からの温もりを強く肌で感じ、その上で己が成すべきことが何かを見い出せたのは正しく「神の意志」でしょうね。

ラスト、何やら意味深な文字が出てきたが、続編の構想はあるんだろうか。
多分だけど、早くに父を亡くした主人公は、神父を代わりに父の様に慕っているみたいだったし、この2人に依頼すれば万事解決だろうな、絆の深さは誰にも負けないでしょ(勿論どんな悪魔にも負けそうにない強力タッグ!)。

評価:★★★☆
21/01/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-01-15
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト

コメント

悪魔は見ていた

2020年09月05日 20時02分39秒 | 韓国ホラー
WATCHING
2019年
韓国
98分
サスペンス/ホラー
劇場未公開



監督:
キム・ソンギ
脚本:
キム・ソンギ
出演:
カン・イェウォンソ・ヨンウ
イ・ハクジュイ・ジュノ
チュ・ソクテチェ室長
イム・セジュミニ



<ストーリー>
残業を終え、帰宅しようとしたシングルマザーのヨンウは、突如ビルの駐車場で気を失ってしまう。目覚めたヨンウの前には、あやしく微笑む警備員のジュノがいた。


―感想―

韓国の雰囲気をバリバリに出しているけど、これ『P2』のリメイクじゃないですかねえ。
その様な事が何処にも書いてないのでオリジナルのサスペンスホラーかと思って楽しみにしてたんですが、展開を目で追っていたら『P2』の内容そのままじゃねえか、と。
それならば韓国特有のエグさを+して欲しかったなあ。
なんか余計なものも付け足されていたし、オリジナル越えてのはならず、明らかに劣化版。
警備員の青年の気持ち悪さのみ勝っていたかもしれん。
まあ『P2』を観ていない人はそこそこに緊張感は持てる作品かもしれないが、なんかもう一つ怖さとか面白さが足りないリメイクて感じがした。

ヒロインのシングルマザー、ヨンウを演じた女優さんの髪が凄く綺麗でしてね。
あと、横顔美人だなて。

正面から観ると決してブスではないですけど、そこまでは、てな容姿(可愛い人ですけどね)。

評価:★★★
20/09/04DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-09-02
メーカー:アルバトロス

コメント