銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

真夜中の管理人

2022年06月27日 15時45分25秒 | 韓国ホラー

THE NIGHT SHIFT

2021年

韓国

106分

ホラー/サスペンス/ミステリー

劇場未公開

監督:
チョ・パルン
脚本:
チョ・パルン

出演:
ソンジュン
キム・ホンパ
キム・ボラ
イ・チャンフン
パク・ソジン
イ・ドンハ
カン・ユソク
パク・セヒョン

<ストーリー>

ホラー漫画家のジウは、ネタ集めのために呪われていると噂されるクァンリムマンションを訪れる。管理人はここで起こった失踪、不審死、殺人事件などを語って聞かせるが…。

―感想―

怖い怖いww

怪物とか幽霊とかよりも何が一番怖いかって、っぱ人間よ。

ようこんなのと一緒に暮らそうと思うわ。

ダチん家に遊びに行ったらこれが居間に堂々と座っている、間違いなく背筋凍るだろうよ。

まだ可愛さがあれば良いよ?

このクオリティには流石に、あんたとは友達やめさせて貰うわ!レベル。

本作はオムニバス形式で話が進んで行く。

が、それぞれの登場人物がさり気なく顔を合わせているんよね、その場所が薬局。

直接な関りとかにはならないが、皆が舞台となる呪われしマンションと結びつきがあるという事に不安を煽って来る。

しかもどの話も全部バッドエンド。

この辺の徹底した救いの無さがホラーとしての醍醐味を生み出していて面白く観れた。

韓国のドラマや映画て物によっては、日本のドラマや映画で流行った、もしくは築き上げられたスタイルを半周遅れで取り入れているのだが、本作も又それ。

今ではすっかり失われてしまった日本の監督が撮るホラー映画にとって最も必要である「何か」。

その「何か」は本作を観て貰えれば直ぐに分かると思う。

今日の日本じゃほぼ観られなくなった(観客を震え上がらせる為の)恐怖に対した演出を、韓国の監督がやってのけている。

シンプルだけど怖い。

シンプルだけと気味が悪い。

カビ人間の造形なんかもそうだけど、不快と興味を同時に持たせる描写がこの作品には多く取り入れられており、昔の和ホラーでビビった記憶を蘇らせてくれる抜群の雰囲気も然り、ジメジメとした映像、ゾクゾクとするカットシーン等、アジア圏でしか出せない怨霊系・呪い系ホラーの良さを再確認させてくれた良作だった。

評価:★★★☆

22/06/27DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-06-22

メーカー: NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワーニング その映画を観るな

2022年06月10日 15時02分44秒 | 韓国ホラー

WARNING: DO NOT PLAY

2019年

韓国

86分

ホラー

劇場公開(2020/08/21)

監督:
キム・ジンウォン
脚本:
キム・ジンウォン

出演:
ソ・イェジ
チン・ソンギュ
キム・ボラ
チャ・ヨプ

<ストーリー>

ホラー映画の脚本を2週間で仕上げるようにとプロデューサーから厳命された映画監督の卵・ミジョン。行き詰まった彼女は呪われたホラー映画の噂を聞き付け、その映画の真偽を探り始める。

―感想―

オープニング、出入口の扉が何かの力で開かず、暗闇の中から現れた幽霊に驚いた次の瞬間、駐車場を走っていて、おいっ何処から外へ出れたんだよってツッコんだら、夢かい。

まあ、夢の中での出来事なら何でも有りか。

主役のおねえさん、眼鏡掛けると、めっちゃ俺好み。

掛けてない時は全然好みじゃないし可愛い、美人とも思わないのに、眼鏡掛けた途端に印象変わるのな。

女子に眼鏡て最強なのかもしんない。

それはそうと、結構内容としても雰囲気としても不気味な感じで作られてるのよ。

こういった感覚、最近のアジアホラー(特に邦画)で味わっていなかったので、妙に懐かしさを覚えた。

只、暗闇というシチュエーションが多いので、見辛いてのはあった。

肝心の幽霊さんもパッ!と映るだけなので、その一瞬に心臓ドキッとする形なんだけど、やっぱ人間、気になるやん?

ここがレンタル版の強みですよ。

ほいっ。

スローと停止を使って観てみたら超怖かった(笑)。

肝の小さい人は、一瞬だけで終わらせておきましょう。

上映中止となった最凶ホラー映画『暗転』を撮った監督の行動を主人公が追走していく展開。

俺的にはホラー映画としては中々に見応えがあり、クライマックスはどうなるのかも気になって、楽しく鑑賞させて貰った。

劇中劇の『暗転』も相当な恐怖作品に見えて、可能ならば全編をきちんと確認したい気持ちにもさせられる。

そして、その『暗転』に取り憑かれた眼鏡萌え女子主人公が、たった一人であれだけの行動力を発揮するのにも驚かされるし(俺ならもうビビッて「もういいっ(´;ω;`)ウッ…」てなるわ)、彼女の言葉通りに「ハッピーエンドにはならないかもね」をそのままラストに置き換えて静かに終幕する辺りに身も心もブルッブルですよ。

評価:★★★☆

22/06/10DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-06-03

メーカー: ハピネット・メディアマーケティング

情報<夏のホラー秘宝まつり 2020>

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホテルレイク

2021年10月25日 16時02分26秒 | 韓国ホラー
HOTEL LAKE
2018年
韓国
101分
ホラー
劇場公開(2021/08/13)



監督:
ユン・ウンギョン
脚本:
ユン・ウンギョン
出演:
イ・セヨンユミ



<ストーリー>
仕事の都合で、叔母の経営するホテルに幼い妹を預けることになったユミ。しかし、そのホテルには「絶対に上を見上げてはいけない」「絶対に一人で歩き回わってはいけない」「絶対に405号室に入ってはいけない」という、奇妙なルールがあった。ホテルを訪れたユミは、すぐに違和感を抱く。そのホテルには、人を狂わせてしまう“何か”があった。

―感想―

関心も無く、邪魔者扱いにしていた幼い妹だが、一通りの恐怖を味わった事で、姉として一緒に暮らす決意を持つ、そのクライマックスシーンに少なからず感動は覚える。

唐突に出てきて主人公に協力を申し出る眼帯をした男子高校生。
最後まで手助けするのかと思ったら、直ぐに引っ込んでしまった。
存在が謎過ぎる。

そこそこ面白い話なんだけど、もう少し構成をきちんと纏めて、恐怖演出にも寄り力を入れていたら、もっと面白くなっただろうなと感じる作品。
サイコパスなおばさんの像は『シャイニング』を彷彿させるし、キャラ設定とかその辺は悪くないんだけどね~。

序盤で女性の首がボロッと落ちる場面、あれは体がビクッとなったわ。
ああいうのをもっと展開に入れて欲しかったかも。

評価:★★☆
21/10/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-10-20
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヨコクソン/女哭声

2021年10月24日 21時40分15秒 | 韓国ホラー
THE WRATH
2018年
韓国
94分
ホラー
PG-12
劇場公開(2021/08/06)



監督:
ユ・ヨンソン
脚本:
ユ・ヨンソン
出演:
ソ・ヨンヒシン氏夫人
ソン・ナウンオク・ブン



<ストーリー>
原因不明の奇異な死が続く不気味な古い邸宅に、ふとしたきっかけで足を踏み入れることとなったオク・ブン。邸宅に暮らす、ある秘密を抱えたシン氏夫人に迎えられた彼女は、夫人から、その家にいる間は絶対に守らなければならない規則を教えられる。必ずそれらを守るようにと念押しされたオク・ブンだったが、その規則を破ってしまったことで、想像を超える恐ろしい事態に直面する。

―感想―

過去に『哭声/コクソン』という韓国映画があったが、これはそういう雰囲気を持つ内容かな?と思って観たのだが、強ちその予想に間違いは無かった。
違う意味で(笑)。

『哭声/コクソン』では祈禱師が大量ゲロ噴射するシーンがあったが、本作も悪霊に取り憑かれた者が口から噴射しまくる。
同じく大量に。

それがやたらと出てくるので、自然とその印象しか残らねえんだなあ。

只、気持ち悪いゲロではなく、どす黒い血、みたいなのを噴射するので、ゲロ嫌いな俺でも耐えれた。

なんでも本作はリメイクだそうで、オリジナルの方は知らないというかオリジナルがあるのを初めて知ったのだが、オリジナルの方でもこういう噴射シーンが盛り沢山だったのかね。

ヒロインを演じた子は韓国アイドルだそうです、だから割と可愛い顔してたのか。

オープニングで何かを解体して臓物を、という気色の悪い描写があり、所々で唐突に口から大量噴射、がある位。
怖さとかは無いです。
題材は良いので、もっと不気味な空気出せそうだし、出せれたらおどろおどろしい雰囲気が作れて怖さも生まれてた様に思うのだけど、監督にその能力が無かったみたいで。

女が怨念抱いて死ぬと、とんでもねえ事が起きる。
この辺も有りがちな設定ではあるけれど、それでも女の恨み程、恐ろしいというか後を引くものはないよなあと思わされた次第でありやす。

何にせよ、家の主とその継母が最低のクズてのがひしひしと伝わってきて、その点に関してだけは胸糞最低だった。

評価:★★☆
21/10/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-10-20
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新感染半島 ファイナル・ステージ

2021年05月05日 16時36分59秒 | 韓国ホラー
PENINSULA
2020年
韓国
116分
ホラー/アクション/SF
劇場公開(2021/01/01)



監督:
ヨン・サンホ
『ソウル・ステーション/パンデミック』
脚本:
ヨン・サンホ
出演:
カン・ドンウォンジョンソク
イ・ジョンヒョンミンジョン
イ・レジュニ
クォン・ヘヒョキム
キム・ミンジェファン軍曹
ク・ギョファンソ大尉
キム・ドユンチョルミン
イ・イェウォンユジン



<ストーリー>
感染爆発が半島を崩壊させてから4年後、家族を守れなかった元軍人・ジョンソクは、亡命先の香港で廃人のような暮らしを送っていた。そんな彼の下に、半島に戻るある仕事が舞い込む。

あれから4年――。かつての祖国は、別世界となっていた。

―感想―

少しでも心当たりがある人ならグサッとくる言葉だな。


ハイライトシーンとクライマックスシーンが胸アツ。
あのカーチェイスはかなり既視感のあるものだけど、面白いものを取り入れて、それを更に面白くさせているんだから全く問題ない。
ヒャッハー!の世界観にゾンビを絡ませるという、既にあるものに既にあるものを足す、そして映像をど派手に膨らませるアイデアは人によってはパクリと思うかもしれないが、俺は全然有り。
それがショボいものになってたら俺だって流石に腹が立つが、無茶苦茶興奮させられたのだから、ぐうの音も出ねえ。

地獄と呼ばれる場所でも住めば都。
生き抜くための戦い方や家族を思いやる気持ち、助けを求める赤の他人に手を差し出す優しさ。
心動かされる場面が非常に多い本作、傑作と呼ばれる作品の続編としては申し分のない完成度だろう。

娘っ子のウルトラドライビングテクニックには驚かされっ放しだったなあ。
車のライトの使い方なんか神掛かってるぞ、あれ。

評価:★★★★
21/05/05DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-04-28
メーカー:ギャガ

関連作:
『新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)』(第1作)
『新感染半島 ファイナル・ステージ(2020)』(第2作)

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする