銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

最近まとめて買った写真集を1冊ずつ紹介part.5(最終回)

2019年01月31日 20時02分43秒 | 趣味・雑記(NMB関連・坂道シリーズ関連)
2016年09月27日発売

西野七瀬写真集 「風を着替えて」

¥1,944

TSUTAYA店頭で購入



まとめて紹介も今回で最後となります。
最後に相応しいかどうかは個々の判断に任せるとして、今年の2月24日の卒業コンサートをもって乃木坂としてのメンバー活動を終了する西野七瀬ちゃんの写真集です。
前作の「普段着」もあったのでどちらを買うか迷ったのですが、普段着見てもしゃあないなと思いこちらを購入しました。

ランジェリー姿はありませんでしたが、水着姿の写真が数枚あったのは嬉しかったですね。
本そのものも普通サイズの写真集よりも若干大きいので、大写しで収められたなぁちゃんをじっくりと眺められるのも良かった。

特別付録となる4種類の内の私が買ったものに付いていたポストカード一枚はこちらでした。



なぁちゃんて僕的には何かの小動物に見えて、それが可愛くて仕方がないんですよ。
後、趣味が漫画読み、ゲーム好きと割とインドア派な部分も私の性格と重なって好感が持てちゃいます。

乃木坂の番組を観ていたら自ずと分かるとは思いますが、なぁちゃん自身がおっとりとしていて他のメンバーとワイワイするタイプではないようです。
ただ、不意に見せる爆笑した時の笑顔が凄くキュート。
この静から動へのギャップの差にキュンてしちゃう子なんですよねえ。

正直言って卒業記念に本書を購入しましたが、元々僕は1推し生田絵梨花、2推し西野七瀬だったので、今回こちらを買って良かったと思っています。
というのも、やはり普段では決して目にすることのない「水着姿」を思う存分愛でる事が出来たというのが満足さを膨らませてくれました(序に股間も膨らみました・・・え?そういうのは要らないって?)

西野七瀬ちゃんが唯一出演した映画が『あさひなぐ』(主役)なのですが、あちらもなぁちゃんを愛でるという意味ではおススメなのですけど、個人的にはこの映画よりももっと愛でる事が出来るTVドラマの「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018」の方を推したい。
あれを観ちゃうとなぁちゃんを愛すると同時にドラマも愛してしまうという相乗効果を生み出す程に色んな魅力が沢山詰まってますので、なぁちゃんファンは絶対に鑑賞して貰いたいです(絶賛レンタル中!!)。

卒業後はモデルの仕事を主に頑張るのか、それとも女優の道を模索するのか、今の段階では判りかねますが、卒業後の活躍は僕的には応援していきたいですね。

それでは最後に今回の「風を着替えて」の中から一番のお気に入りとなった1枚を紹介して記事を締めくくります。



「海の水てしょっぱいよぉ(><)」

「ばかだなあ七瀬、当然だろ。海の水が甘かったら七瀬がケーキになっちゃうぞw」

「てへ♡今の私の体は甘くないけど、しょっぱい七瀬・・・食べてみる?」

ふぉおおおおおおおおお(*゚∀゚)=3ハァハァ

写真集評価:

最近まとめて買った写真集を1冊ずつ紹介part.4

2019年01月30日 13時37分55秒 | 趣味・雑記(映画関連)
2018年05月09日発売

有村架純写真集 「Clear」

¥2,376

TSUTAYA店頭で購入



若手女優の先陣を切る有村架純ちゃんがセルフプロデュースしたセカンド写真集です。
ぶっちゃけドストライクの容姿なのよね架純ちゃん。
おたふくみたいな丸ッとした顔、可愛いじゃないですか。
彼女を初めて観た映画は『阪急電車 片道15分の奇跡』だったかしら、その前にドラマの「SPEC」で目にしてましたがポチャッとした顔の可愛い女優さんだなあて思ってました。
その可愛いという思いが「好きだ!」という思いに変わったのが映画『ビリギャル』でしたねえ。
あの映画の架純ちゃんは神掛かった可愛さでしたから。
そこからはもう彼女が出演しているならどんなジャンルでも観てみようと手当たり次第に借りてます。

実際にお会いした事がないので本当の性格は分からないですけど、僕の予想ではおっとりとした性格なんじゃないかなあて。
後、僕と同じ兵庫県出身という事でも応援と好意を強めに持ってます。
彼女が出ているどの映画でも感じる事ですが、観客を引き付ける魅力的な表情をしてくれますよね。
彼女の演技の中での一喜一憂を観ているだけで幸せな気分になれちゃいます。
実際にお付き合い出来たら、まったりとしたデートをするんだろうなあと勝手に想像したりしてますが(笑)。

ただ、最近ちょっとした複雑な気持ちになる記事をネットで読みまして。
それは、神木隆之介くんと・・・みたいな記事なんです。
互いに意識し合っているとかなんとか、、、ああああああああ!
いいなあ、僕も俳優になれば良かった。。。

一応私が鑑賞した有村架純ちゃん出演の映画一覧を貼っておきます(タイトルをクリックすると当方ブログの該当記事へ飛びます)

『阪急電車 片道15分の奇跡(2011)』
『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-(2011)』
『劇場版 SPEC~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012)』
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇(2013)』
『JUDGE/ジャッジ(2013)』
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇(2013)』
『女子ーズ(2014)』
『思い出のマーニー(2014)』
『ストロボ・エッジ(2015)』
『映画 ビリギャル(2015)』
『アイアムアヒーロー(2015)』
『僕だけがいない街(2016)』
『3月のライオン 前編(2017)』
『3月のライオン 後編(2017)』
『ナラタージュ(2017)』

『ストロボ・エッジ』以降の作品は内容の良さとしてもおススメです。
個人的に1番観て欲しいのは『3月のライオン』かな。
ただ、相手が神木くんてのが・・・ああああああああ!(この映画が2人の距離を一気に縮めたのか(;´д`))

さて、本書「Clear」ですが、水着、ランジェリー姿などエロ要素は一切ありませんので、それを期待すると肩透かし食らうかもですけど、全体的に「俺の彼女とデートなう」的な写真集になっていて良かったですよ。
最後に、この1冊の中で私が一番お気に入りだった1枚を紹介して終わりとします。



「うんもう!ヒロくん大好き!!」

「おいおいw木に抱き付くなよ木に嫉妬するだろww架純、俺はこっち、ほら来いよ♪」

なんつって(笑)。

写真集評価:

最近まとめて買った写真集を1冊ずつ紹介part.3

2019年01月29日 20時04分01秒 | 趣味・雑記(NMB関連・坂道シリーズ関連)
2017年12月19日発売

長濱ねる1st写真集『ここから』

¥1,944

TSUTAYA店頭で購入



欅坂46に在籍し、実力・人気共に全メンバーの上位置に立っている笑顔が眩しい狸娘こと長濱ねるちゃんのファースト写真集です。
欅坂加入前には高校生クイズにも参加していて、割と博識な所があるのも有名ですね。
今でもたまに「ミラクル9」に出演していて、きっちりと存在感をアピールしています。
アピールし過ぎて、レギュラー出演者である大家志津香ちゃんの影が薄れる程に(笑)。

ねるちゃんの故郷であります長崎・五島列島を中心にロケを敢行した本書には多彩な表情を披露したねるちゃんの姿が収められています。
笑っている顔は勿論のこと、なんと本気で泣いている顔までも激写。
あれはドキッとする泣き顔でした。

こちらにもポストカードが1枚付録で付いておりまして、私が買ったものに入っていたのはこちらでした。



僕がねるちゃんが好きなのは、屈託のない笑顔!これに尽きますね。
人によってはちんちくりんな体形だと言われていますが、僕的にはとても好きな体つきです。
細くも無く、かと言って太っている訳でもなく、適度に肉付きのあるポチャッとした健康的な体が最高なんですよねえ。

彼女にとっては初の写真集となるのですが、水着姿や下着?姿のショットが豊富でページを捲る度にニヤニヤしちゃうほどエロ可愛く撮られています。
流石に(ほぼ全裸とかの)際どいショットは殆どないですが、ファンにとって堪らない1冊になっている事には間違いないでしょう。
僕はパンツや水着の端からはみ出ている俗にいう「はみケツ」が見れた事が大収穫でした。
はみケツフェチな僕にはムラムラもののナイスショットであります。

このお値段で160ページは大ボリューム。
弾ける笑顔が眩しく、目を真っ赤にさせた涙顔が愛らしく、思わず駆け寄ってギュッと抱きしめたくなる多彩な魅力が一杯詰まった『ここから』。
最近クイズ番組とかで彼女を見かけて、ちょっと気になるなこの子、と思ってらっしゃる人は是非手に取って貰いたいですね。

因みに僕の欅坂メンバー内での1推しは渡辺梨加ちゃんなのですが、彼女もファースト写真集を出しています。
こちらは余り肌を露出させた写真がない、みたいなのを何処かで見たので、今の所は購入を見送っていますが、もしかしたら気が変るかもしれません。
まあ偶然、書店で見かけたら買ってしまうかもですね(今現在近所の書店全てにべりかの写真集は置いてありませんでした)。

どうでもいいことですが、この前アダルトサイトの無料動画にねるちゃん激似の女の子が一人エッチしているものがありました。
一瞬、ねるちゃん本人か!?て疑ってしまった程に似ててビックリしました。
はい、マジでどうでもいい情報でした。

最後にこの写真集の中で僕が一番お気に入りになった1枚を紹介して終わりとします。



鼻息荒くしながら服を脱ごうとするもボタンが外れず焦る俺。
その様子を見ながらねるちゃんが

「ねえ、まだあ?私もう・・・体が火照っちゃって。お願い早く・・・キテ♡」

妄想王になれるな俺(笑)。

写真集評価:

最近まとめて買った写真集を1冊ずつ紹介part.2

2019年01月28日 14時08分12秒 | 趣味・雑記(映画関連)
2015年5月25日発売

浜辺美波ファースト写真集『 瞬間 』

¥2,376

TSUTAYA店頭で購入



映画『君の膵臓をたべたい』でヒロインを演じ、その愛くるしい演技によって一気にブレイクした浜辺美波ちゃんのファースト写真集です。
実は2017年に発売されたセカンド写真集「voyage」が欲しかったのですが残念ながら近所の書店全部回ってみても何処にもあらず。
代わりにこちらの『瞬間』を見付けたので購入しました。
(Amazonでは取り扱っています。セブンネットでは入荷待ち状態。)

この『瞬間』での浜辺美波ちゃんは当時中学三年生。
今は18歳なのでまだまだ幼い時の彼女が見れるというのは(ある意味)貴重な写真集と言えるかもしれません。
特にロリ好きには堪らない一冊となっているでしょう(笑)。
只水着姿とかそういうエロいのを期待しちゃダメです。
内容的には健全な写真ばかりですので、1枚1枚じっくり見ながら「可愛いなあ(〃▽〃)ポッ」と愛でる事で満足しましょう。

個人的にはこの値段でありながら少しボリューム不足かなと感じました。
もう少し色んな(服装の)バリエーションが見たかったですし、ページ数も若干少ないように思えました。

本作をご覧になれば自ずと感じるかもしれませんが、かなり今現在の顔と違います。
ウブさが抜け切れていないと書けば変かもしれませんが、これからどう成長していくんだろう、そういう先の楽しみを抱かせる幼い可愛さが詰め込まれていました。
この容姿が今の容姿へと変っていくのかあ、そういう目線で楽しむのもアリかもしれませんね。

私自身先に述べた『君の膵臓をたべたい』で初見し、「この子、なんて可愛いんだ!!」と一目惚れしちゃった位でして、その後、彼女が出演している映画、ドラマを調べて観まくった程にゾッコン中の今一番旬の若手女優さん。
一応、視聴した映画とドラマの一覧を載せておきます(タイトルをクリックすると本ブログの該当記事へと飛べます)。

『逆転裁判(2011)』
『咲-Saki-(2017)』
『君の膵臓をたべたい(2017)』
『亜人(2017)』
『となりの怪物くん(2018)』
『賭ケグルイ(2018)』

『逆転裁判』に出てたんですね調べて初めて知りました。
まだこの映画を観た時は浜辺美波ちゃんの事は把握していなかったので仕方がないかもですね。
私が視聴した作品はどれもおススメです。
浜辺美波ちゃんの可愛さでおススメなのは当然ですが、作品自体も面白いので総合的におススメしておきます。

浜辺美波ちゃんの「声」・・・好いですよね、聴いててドキドキしちゃう。

今月30日には『センセイ君主(2018)』がレンタル開始されますので、浜辺美波ちゃんのファンであるならば絶対に観ましょう!
後、5月に劇場公開開始予定の『映画 賭ケグルイ(2019)』も忘れてはいけない。
劇場版鑑賞前に去年放送されたドラマ版、そして今年3月から放映が始まるドラマ版セカンドを必ず観て、しっかりと予習し、雰囲気を味合うのも大切ですよ♪

少し長くなりましたが最後にこの『瞬間』に収められている写真の中から私が最も気に入った1枚を紹介して終わりにします。



「ん?どうしたの?部活行かないの?一緒に・・・行く?」

みたいなシチュエーションを勝手に想像して「お、おう!」と赤面しながら支度する俺(笑)なんつって(#^^#)
(足指のアップ写真も好き、綺麗に水を拭いてあげてペロペロしたい(あーーキモッ!この管理人超キモいんですけど!!)

写真集評価:

最近まとめて買った写真集を1冊ずつ紹介part.1

2019年01月27日 14時47分36秒 | 趣味・雑記(NMB関連・坂道シリーズ関連)
2019年1月22日発売

生田絵梨花写真集「インターミッション」

¥1,944

セブンネットにて購入



乃木坂46の超お嬢様メンバー生田絵梨花ちゃんのセカンド写真集です。
ファースト写真集『転調』は持っていませんが、今回のセカンドはランジェリー姿も披露しているとの情報を得て購入しました。

乃木坂は好きなグループですが、その中でも生ちゃんは私の神推しでして、ビジュアルの良さも当然ながら、たまに見せるポンコツぷり、天然ぷりに益々愛おしさを感じさせてくれる子。

「インターミッション」には特別付録としてメッセージ付きポストカード4種類の中から1枚が付いてきます。
私が買ったものに入っていたポストカードがこちら。


想像してたよりもかなり際どいショット写真が沢山あり、ムラムラしてしまった(コラッw)。
ほぼ裸やん!て思う写真も。

前々から生ちゃんは隠れデカパイだという噂は耳に入ってきておりましたが、確かにデカイ!!

ここまでデカかったんかいっ!しかも美乳!!

生ちゃんがまさかここまで脱いでくれるとは思ってもいませんでしたが、そのどれもがエロ可愛くて素敵でした。
その他のNew Yorkの街中で撮った数々の写真も表情豊かで素晴らしかったです。

生ちゃんが在籍中だから乃木坂が好き、というのが本音かもしれません。
乃木坂の番組を観ていても自然と生ちゃんの姿を探しているもんなあ。
仮にもし近いうちに生ちゃんが乃木坂卒業となれば、少し距離を置いてしまうかもしれません(CDは買いますよ)。
それ位、私にとっては乃木坂を愛でるという意味でも生ちゃんの存在は必要不可欠なんですよね。
真面目さとポンコツさが入り混じる全ての言動の愛くるしさ、急に真剣になった時も何かしでかすんじゃないかと期待してしまう(笑)一人の女性としての魅力、そして特技の一つでもあるプロ並みなピアノの腕前を堂々と披露する際に見れる華麗な姿。

生ちゃんは非の打ち所がない乃木坂イチの才女であり、私にとっては女神です。
ぶっちゃけお嫁さんにしたい女性芸能人の一人であると断言します。

最後に「インターミッション」の数ある写真の中で私が1番気に入った1枚を載せて紹介を終わりにします。



「ん?一緒に入りたいの?・・・入る?(´ー`)」

みたいな目線が堪らん。

写真集評価: