銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

インターセクション

2013年10月29日 01時05分36秒 | 洋画アクション
INTERSECTIONS
2013年
フランス
101分
アクション/犯罪/サスペンス
劇場未公開



監督:デヴィッド・マルコーニ
製作:リュック・ベッソン
脚本:デヴィッド・マルコーニ
出演:
ジェイミー・アレクサンダー
マリ=ジョゼ・クローズ
フランク・グリロ
ロシュディ・ゼム
チャーリー・ビューリー


<ストーリー>
ハネムーン先のモロッコで、愛人と共謀し夫を殺害しようとする妻の計画が、車の多重衝突事故によって頓挫。人里離れた砂漠の真ん中で、偶然居合わせた男女6人の運命が交錯する。



-感想-

新婚女房が夫殺しの計画犯罪を練って砂漠でカーチェイス繰り広げたならば、そこで立ち往生していた別の車両に突っ込み車は大破。
なんとか死なずに生き残った6人が、さてどうするべと、一夜を明かしていく中でそれぞれの思惑が激しくぶつかり合い、終いには殺し合いに発展していくってな話。

展開が二転三転とし、各人物の意外な正体が暴かれていく様は面白い。
けど少しテンポが悪いのがネック。
もっとテンポ良く描いていたらかなりの良作になっていた予感はするだけに勿体無い仕上がりだ。

何気に登場したダイヤモンドの原石が最終的な対立の元凶になるってのは話の転がし方に工夫を感じて好きかも。

中盤辺りで6人全員が悪者だと分からせてからの緊張感を徐々に高ぶらせていく流れも良い。
ニット帽の男の素性は終盤まで隠されているが、成る程なとしっかり納得させてくれる。
しかしあそこで運良く難を逃れはしたものの、そのまま射殺されてたらどうなってたんだろうとか、ナイフの指紋でバレないのかとか腑に落ちない点もあるのですっきり爽快までとはいかないかも。

良い部分と悪い部分が半々に組み合わさった形で出来上がっているので率直な感想としては「惜しい」の一言に尽きる。
カークラッシュのシーンなんてもう一度観たくなる位に派手さがあって良いのに、そこに行き着くまでが長い等、まぁそんな感じで良し悪しの差がはっきり見えちゃうのが何とも残念。
物語の構想は良かったけど作り方に失敗しちゃったみたいな。
これが日本では未公開作品になってしまった原因の理由かも。
ベッソンが製作として関っているだけあって作品の質そのものは酷くないので、どっしりと腰を下ろしてゆとりを持って観れる方はそれなりに楽しめるかも・・・よ?
んでも、女性陣の行動・態度にムカつく可能性は有り。
私はずっと2人の性格の悪さに苛々続きでした(笑)。

評価:★★★
13/10/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ記事が参考になりましたらバナーポチお願いします☆
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-09-20
メーカーアース・スター エンターテイメント
コメント (2)

ブレンダン・フレイザー 追撃者

2013年10月25日 23時09分13秒 | 洋画サスペンス
BREAKOUT
2013年
アメリカ
89分
サスペンス/アクション
劇場未公開



監督:ダミアン・リー
制作:ブレンダン・フレイザー
脚本:ダミアン・リー
出演:
ブレンダン・フレイザー
エイミー・プライス=フランシス


<ストーリー>
故郷の森林伐採計画に抗議したことで服役の身となったジャック。そんなある日、ジャックの友人とキャンプに出掛けた彼の子どもたちが殺人を目撃してしまい、犯人から命を狙われることに。



-感想-

ブレンダン・フレイザーの長髪、これがまぁ似合ってないこと。
ヒッピーかと思ったわ。

子供たちの危機を知った父親が脱獄し、うっそうと茂る森林地区で銃を持った男と対峙するという特にこれといった大きな特徴もない作品。

犯人兄弟のビジュアルが弱い。
もっと強面の役者でも良かったんじゃないかな。
兄貴の方は殺す、殺すと叫びんでおきながらも蘇生術を施したりと「どっちやねん」とツッコミたくもなるw
弟の方はちょっと頭のネジが一本緩んでいるので、携帯電話片手に森の中をうろちょろしているだけ。
それでもこの弟は根は凄く良い奴なので、進んで殺しの手伝いには参加しない。
むしろ、殺しちゃ駄目だ!と兄貴に詰め寄り、最後には盾となる。
ここはちょっとウルッときた。
それ位だろうか、この作品の見せ場的なものは。

ま、そんなにつまらなくは無いので暇潰しにどうぞ。

評価:★★☆
13/10/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ記事が参考になりましたらバナーポチお願いします☆
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-10-23
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

モンスターズ・フォレスト

2013年10月24日 21時27分36秒 | 洋画ホラー
MILLENNIUM BUG
2011年
アメリカ
90分
アクション/SF/ホラー
劇場未公開



監督:ケネス・クラン
製作:ケネス・クラン
脚本:ケネス・クラン
出演:
ジョン・チャールズ・マイヤー
ジェシカ・サイモンズ
ジョン・ブリデル


<ストーリー>
様々な理由から山奥のキャンプ場を訪れた人々が、地中から現れた巨大怪物、ミレニアム・バグと遭遇する。巨大な牙と触手に襲われながら、彼らは何とか逃げ出そうとするが…。



-感想-

いきなりだけど作品とは何ら関係ない事書いていい?
OK?
じゃあ書こう。
あのね、このパケってこれと似てない?

似てるよね。
あのさ、間違ってこっち借りちゃったよ(笑)
家に帰ってDVDプレーヤーに入れて気付いた。
もうこれは既に観たっちゅうねん!
因みにタイトルは『デビルズ・フォレスト』←クリックで記事へ
タイトルまで似てるしで、ややこしいんじゃいっ!!
改めて借り直しする羽目になっちまったよ。
250円損した。

さて作品評に入ろうかな。
ハエの化け物みたいなのがノッシノシ。
ミニチュア?
にしては良く出来てるねぇ。
精巧に作られていて何ら違和感はなかった。
ただベイビー達はチャチかったけど。

キチガイ一家に拉致られた一組の家族に突如1000年に一度目覚める化け物が現われ襲い掛かるってな話ですが、面白い内容になっていたと思いますよ。

キチガイ一家が気持ち悪いのよね。
変態過ぎるだろって位に気持ち悪い。

彼らに立ち向かう拉致られた家族の頑張りに拍手。
特にお父さん、ようやった。
継母も血の繋がりがない娘を一心不乱に救い出す為に大奮闘。
キチガイ一家には勝ったが、流石に巨大モンスターには敵わず。
娘を想い自ら犠牲となる姿にここで初めて娘の口から出る言葉。
「お母さん!」
泣かせるじゃないか。
そして全てにケリをつけ颯爽とその場を立ち去る娘・・・だったのだが油断は命取りってなバッドエンドで終了。
なんか「ふっ」と鼻で笑ってしまう自分がおりました。

キチガイ一家との攻防、巨大モンスターとの攻防。
1本で2度おいしいちょっぴり異色なホラー映画でした。

学者のおっさんのアホっぷりさがイタい(笑)

評価:★★☆
13/10/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へバナーポチお願いします☆
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-09-04
メーカー:ニューセレクト
コメント (2)

Perished(動画サイトに投稿された短編ゾンビ映画)

2013年10月23日 00時27分18秒 | 洋画ホラー
以前当ブログにて“泣けるゾンビ作品”として『CARGO』を紹介しましたが、
今回皆様に観て頂くのは同じくゾンビもので約16分間のショートフィルムです。

ゾンビの群れから逃げるように物置へと走り込んだ主人公。
しかし食料が底を付き、再び自分の家へと戻る決意をする。
しかしそこにいたのは・・・。

結構グロい描写もあるので注意して下さい。
ただ『CARGO』と同じく台詞が殆どないので英語が苦手な方でも鑑賞出来ます。

ふと思ったんですけど、雨水って汚染されていないのでしょうかね。
素っ裸で女ゾンビを演じた女優さん、度胸あります。

ラストはバッドエンドになっています。
これは主人公を人間だと分って撃ったのか、それともゾンビだと勘違いして撃ったのか。
私は後者だと思います。
足を挫いて引きずっていたのでゾンビに見えたのかもしれませんね。

これも良く出来た短編作品でした。



評価:★★★☆
13/10/23動画サイト鑑賞
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へランキングに参加しています。バナーポチお願いします☆
にほんブログ村

『CARGO』の記事はこちら

ファインド・アウト

2013年10月22日 01時07分24秒 | 洋画サスペンス
GONE/DISPARUE
2012年
アメリカ
94分
サスペンス/ミステリー
劇場公開(2013/06/15)



監督:エイトール・ダリア
出演:
アマンダ・セイフライド『TIME/タイム』ジル
ジェニファー・カーペンターシャロン・エイムズ
ダニエル・サンジャタパワーズ
セバスチャン・スタンビリー
ウェス・ベントリーピーター・フード
キャサリン・メーニッヒエリカ・ロンズデール
エミリー・ウィッカーシャムモリー
マイケル・パレレイ・ボーズマン警部補

<ストーリー>
1年前、何者かに拉致監禁されたと訴えながらも、証拠が見付からず虚言症と断定されたジル。以来、不安な日々を過ごしていたが、ある日ジルの妹・モリーが失踪を遂げる。

すべて彼女の嘘なのか。

-感想-

彼女が訴える事は真実なのか、それとも全て妄想なのか・・・。

えーっと^^;
ジルさん!正直私も貴方を疑ってました!

すみませんでしたっ!!!!

逆に疑われたままの妄想癖オチで終わっていてもある意味面白かったかもしれないな。
「なんだよやっぱり思い過ごしかよっ」ε=\__〇_ ズコー
ってなってたら、果たしてその結末に私は納得していただろうか。
いや、多分、ざけんなっ!て怒り心頭になっていたか、アハハ、ε-(ーдー)ハァって苦笑いしつつも脱力してたかも(笑)

兎にも角にも何処の国の警察も使えねぇ的な皮肉がたっぷり込められてはいましたねぇ。
日本の警察もそうだけどもうちょっと真剣に捜査しろよなって本作観ていたらすっげぇ思います。

こいつまたおかしかな事叫んでるよ、みたいな刑事達の協力性皆無な部分にイラッとするんだけど、同時にジルに対してももしかしたら本当に頭おかしいのかな?とも思えてくる。
この辺の結局はどっちなんだ?と観る側も疑心暗鬼に陥らされ、不安にさせられる点に置いては、主人公が過去に虚言症と診断されたという経緯を新たに発生した妹失踪部分に上手く絡ませてきているので、「どっちだどっちだ?」とワクワクしたものに近い気持ちで観る事は出来ました。

それとジルは妹の足取り、犯人の居場所を突き止める為に(誰も自分の言う事を信じないので)単身で色んな場所を駆け回り、関係者にヒント的なものを聞きだそうとするんだけど、その際相手を信用させる為にデタラメな事を言うんですよね。
よくまぁそれだけ次から次へとでまかせな言葉が出てくるもんだと思わされるのですが、これも“嘘つき女”という疑念を更に抱かせる方向に持っていく事へと繋がっているので、我々も簡単に彼女の行動を信用してはならないという気持ちにもさせられる。

信じるべきか否か。
結果的には虚言症という一つの要素が良い感じに作用して正統派なミステリアス作品になっているのではないでしょうか。

ただようやく見つけた犯人との攻防戦はあっさりし過ぎ。
ていうか犯人、鈍臭い(笑)
こんな男がこれまで多くの女性を誘拐出来た事が信じられない位に失笑したくなる程の鈍臭さ。
もう少しハラハラさせられる戦いが観たかったかもだが、まぁいっかぁ。

直接的ではなく間接的に(`・ω・´)ドヤッ!!と全てが真実だったと証明してみせるラストは好き。

評価:★★★☆
13/10/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ記事が参考になりましたらバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-10-02
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ

オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (8)