銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

殺人者の記憶法

2018年08月08日 13時16分53秒 | 韓国サスペンス
MEMOIR OF A MURDERER
2017年
韓国
118分
サスペンス/犯罪
劇場公開(2018/01/27)



監督:
ウォン・シニョン
『サスペクト 哀しき容疑者』
製作:
ウォン・シニョン
原作:
キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』
出演:
ソル・ギョングキム・ビョンス
キム・ナムギルミン・テジュ
キム・ソリョンキム・ウンヒ
オ・ダルスアン・ビョンマン署長



<ストーリー>
アルツハイマーの元連続殺人鬼・ビョンスは、謎の男・テジュと出会う。彼も殺人犯だと確信したビョンスだったが、やがてテジュはビョンスの娘の恋人となり…。

私の手は“殺人”を覚えている――

―感想―



韓国人俳優に「韓国警察は無能」と言わせちゃう韓国映画、流石っす。

フラッシュバックで一瞬映るけど、俺の一時停止能力舐めんなよ(笑)。

どや!バッチリやろ(これで抜ける奴は強者だw)。


ここ、特殊メイクの見事さが強く伝わる衝撃の一幕。
アイロンで殴られたらここまで凹むのかよ怖え((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
それでも普通に生きてられるんだから、人間の体て強いのね。


じいさん渾身のバックドロップ!!
タフ過ぎるだろ、じじいの癖に。

アルツハイマーの連続殺人鬼という設定が斬新。
この設定がある事で、緊張感や緊迫感を生み出しているし、同時に現実と虚実の境目をあやふやにもしているから、実は全ての殺人はじじいがやったんじゃないか?といった不安と混乱も起きる訳でして。
肝心な時に自分が今何をやっているのか、何処に来ているのかを忘れるので余計に俺の方が娘の危機を猛烈に心配してしまう。

映画館のシーン、俺不謹慎かもだけどゲラゲラ笑ってしまった。
じじい、娘探しに来たのを忘れて、何やってんねんwと。
シリアスな中にもこういうちょっとしたユーモアを入れる辺りが韓国映画らしくて良い。
ペットボトルに入れた小便をがぶ飲みしていたけど、あれも入れた事スコーンと記憶から喪失しちゃってたんだろうなあ。

真実を全て知った娘からすれば、父親が殺人鬼だという信じ難い事を受け入れるのはそう簡単じゃないだろうけど、その娘に対してじじいが掛けた言葉は大きな救いにはなっていると思う。

だけど、ここまで大きく立派に育ててくれたのは間違いなく、この親父なんだよねえ。
そう簡単に見捨てられないという気持ちが、あの髪の毛を切ってあげる場面で切なく表されている。

例え血が繋がっていなくても、私のお父さんは一人しかいないんだよ

直接的な会話のやり取りはなかったが、娘の優しさが滲み溢れていたよね、ちょっとウルッときてしまった。

ブログ友達のふじきさんからお薦めされてたのと、ふじきさん自身もブログで高評価されていたので、楽しみにしていた作品。
設定が面白く、物語構成が面白く、読めない展開が面白い。
先日観たリメイク映画はイマイチだったが、韓国オリジナルの映画は余程の事がない限り期待を裏切らない。
見応え抜群の愛と狂気と苦悩が巧みに融合された傑作だった。
しかし、何とも意味深な終わり方でしたなあ。

今作の可愛い韓国女優図鑑
アルツハイマーの父を常に温かく支える娘ウンチ・・・じゃなかったウンヒちゃん(こら!失礼過ぎるわウンヒちゃんに謝れ!)。

面倒見るのも大変だろうに、健気に生きている姿がとても可愛らしい。

血塗れで拘束されている姿が絶妙にいやらしい。

評価:★★★★
18/08/07DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-08-02
メーカー:ハピネット

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

消された女

2018年07月21日 12時36分36秒 | 韓国サスペンス
INSANE
2016年
韓国
91分
サスペンス/ミステリー
劇場公開(2018/01/20)




監督:
イ・チョルハ
出演:
カン・イェウォンカン・スア
イ・サンユンナ・ナスム
チェ・ジノジャン院長



<ストーリー>
本人の同意なしで精神病院に強制入院させることができる法律を悪用し、財産や個人の利益のために親族を誘拐する事件が起こる。非日常の世界に放り込まれた人間の狂気の現実を描く。

実在の監禁事件を基に描く、
驚愕のサスペンス・エンタテインメント!


―感想―

同意なしで精神病院に強制入院てむちゃくちゃやな。
しかもその病院自体が人を人として扱わずだから余計にむちゃくちゃ。

真相が暴露される後半は怒涛の展開を見せてむっちゃ引き込まれる。
悪が居れば善人も居るんだよなあ、良かったよ殺人容疑が晴れて無罪放免になって、うんよかったよかった。

て、おーい!違うんかーっい!!

ディレクターは完全に一本取られたて感じやなあ。

「ペンってね精神病院では患者にとって凶器にもなるんですよ」

強制入院されたのが本当は、てのが実はこの作品最大の見せ場。
このカラクリ、観客を騒然とさせる意味では上手いアイデアだわ。
俺も「二段オチかよっ」てドンッと驚いちゃったからねぇ。
面白い脚本を考えるよ、韓国人は。

て事は無罪ちゃうやんけ、思い切り殺人罪やん、てなるけれど、恨みの強さを思えば妥当な復讐劇となるのか。
ディレクターが接触してこなければ、こういう話にはならなかっただろ、て野暮な事は言っちゃいけねぇ、純粋に楽しめればいいんだよ映画てのは。
ラストでピンポーンと玄関のチャイム鳴らしたのは誰なんだろ。

今作の韓国美女図鑑

好き。
整形済みだろうがそうでなかろうがどうでもいい、顔が超好み。
助監督ペク・ジヨンさん。
こんな可愛い子にパワハラすんなやディレクター(# ゚Д゚)ゴラア‼

評価:★★★☆
18/07/21DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-06-06
メーカー:キングレコード

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

エンドレス 繰り返される悪夢

2018年04月22日 12時19分07秒 | 韓国サスペンス
A DAY
2017年
韓国
90分
サスペンス/ファンタジー/SF
劇場公開(2017/12/09)



監督:
チョ・ソンホ
脚本:
チョ・ソンホ
出演:
キム・ミョンミンジュンヨン
ピョン・ヨハンミンチュル
ユ・ジェミョンカンシク
シン・ヘソンミキュン
チョ・ウニョンウンジョン



<ストーリー>
著名な外科医のジュニョンは、娘の誕生日に約束の場所へ向かう途中、交通事故現場で亡くなっている娘を発見する。大きなショックを受けた次の瞬間、彼は事故の2時間前に戻っていた。

目覚める度に繰り返す同じ一日。
それは、最愛の家族が事故に遭う
2時間前だった――。


―感想―

事故死する娘を救う為に一人の男が同じ時間を何度も経験する。
かと思いきや、男とは又別にタイムループを繰り返している人間が他に2人も居た。
これが話を大きく広げている。
一人だけの展開だと、何回同じシーン見せるねん!となるから、別角度視点があるというのは映画としての膨らみがある。

では、何故3人の男が一緒になって何度も何度もタイムループを繰り返しているのか。
これには深い訳があり、3人にとっては共通したとある「過去の事件」がこれらを引き起こさせ、運命的に引き合わせていた。
復讐を思い立った者と、過ちを認める者、そして殺害を決意する者。
考えがバラバラだから、タイムループは終わらない。
そう、3人の気持ちが一致しないと、この悪夢は止まらないのだ。

非を認め、現実を見つめ直し、許しを与える事で、全ては終わる。
何が正しくて、何が間違っているのか。
この辺を3人が分かり合えるのに、彼らは何回タイムループした事だろう。
子供の優しさと笑顔程、怒りを静めるものはない。
我武者羅に行動を繰り返し、一時自暴自棄になった3人を救ったのは、紛れもなく純朴な少女の労り、これに尽きたと言っても間違いではない。


芸術的な吹っ飛び方。
撥ねられた瞬間てスローモーションになると聞いたが、こんなにも美しい宙の舞は初めて観たかもしれない。

評価:★★★
18/04/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-04-04
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

犯罪の女王

2018年03月07日 13時58分47秒 | 韓国サスペンス
THE QUEEN OF CRIME
2016年
韓国
103分
サスペンス/コメディ/ミステリー
劇場公開(2017/07/18)



監督:
イ・ヨソプ
脚本:
イ・ヨソプ
出演:
パク・チヨン
チョ・ボクレ
キム・デヒョン
ホ・ジョンド
イ・ソム




<ストーリー>
ミギョンはソウルで検事を目指す息子・イクスが住むアパートから高額な水道料金を請求される。不審に思った彼女はイクスの家を訪れて、原因究明のために調査を始める。

―感想―

きったねぇアパートだな(笑)。
水道メーターが共同て、どういうこっちゃいな。
そんなの嫌すぎるだろ、使ってもいないのに十何万の請求来たら。
けど息子は試験に気が行っているから、兎に角払ってくれ。
頼まれた母親は「高すぎる!」。

払え、おかしい、いいから払え、いやそんなのおかしい!!

この親子押し問答が序盤続く訳でして、若干私も鬱陶しいオカンやなと思えてきた。
試験で頭一杯なんだからそっとしておいて欲しいわな、その気持ち分からんでもない。

息子の冷たい態度を見て、大反省した母親だが、内心納得いってなく、隠れてこそこそ調査に乗り出す。
言わば、オカンの探偵ごっこ。
管理事務所で扱き使われている青年を味方につけ、調べた結果、判明したのは如何にも怪しい臭いぷんぷん出している隣部屋の住人が何かの秘密を持っているという事で。
留守中に合鍵使って部屋に侵入し、物的証拠を掴むもそこに住人が帰って来た!?
ここ、結構スリルあってハラハラしたなあ。

水道メーターが極端に上がっていた原因も判明し、住人の隠し事も暴かれ、万々歳。
なんだかんだ言いつつ、母親の危機に駆け付ける息子と、息子に手を出すな!と睨み効かせる母親、親子の愛てのも修復されて、いやあちょっと感動してしまった。

靴フェチの男子学生、引きこもりの女学生、色んな住人が関与してくる展開は面白く、適度の緊張感も得られる。
初めこそはオカンのお節介焼きにイラッとしたが、中盤以降の活躍観てたら応援する気持ちも生まれてきた。
密室系ミステリーに近い作品やけど、個々のキャラクターを主役の母親に上手く絡ませ、難事件をささっと片付けちゃう過程と、暴力には暴力を!なオチにスカッと痛快。
子を想う母は強し、やね。

評価:★★★☆
18/03/07DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-12-06
メーカー:ツイン

情報
<カリコレ2017>


コメント

トラックバック

女教師 ~シークレット・レッスン~

2018年02月10日 15時30分25秒 | 韓国サスペンス
MISBEHAVIOR
2017年
韓国
96分
サスペンス/ロマンス
R-15
劇場公開(2017/11/16)



監督:
キム・テヨン
脚本:
キム・テヨン
出演:
キム・ハヌルパク・ヒョジュ
ユ・イニョンチュ・ヘヨン
イ・ウォンギュンシン・ジェハ



<ストーリー>
非正規の女教師・ヒョジュと、コネで正規採用された後輩女教師・ヘヨンが、バレエの特待生である美少年の生徒をめぐり、愛憎渦巻く三角関係に陥る。

―感想―

「お前は教師でも女でもない。悪魔だ!」
いやいや、主要人物3人全員が悪魔でしょ。

騙し騙されの愛と憎悪が入り乱れるサスペンス劇。
ジャンル的にはエロティックロマンスの括りもなっているけれど、どう見ても雰囲気がバリバリに重苦しい。
韓国映画らしい、じめっとした空気圧に押されて思わず息を呑んで見入ってしまう。
「遊び」に近い「三角関係」が実に展開として面白い。

勝手に家から出て行った彼氏を完全に捨て、臨時担任となったクラスの教え子でバレエダンサーを目指しているジェハに夢中となる中年の非正規教師ヒョジュ。
父親が理事長である為に正規採用された新任教師ヘヨンは、婚約者が居ながらも、陰でこそこそとジェハを誘惑。
2人の教師に言い寄られるジェハはヒョジュと逢引きを重ねたりするも、端から彼女には興味なく、ヘヨンとの体育館倉庫で情事している現場をヒョジュに目撃された事が気に食わず、学校にバラされるならヘヨンの提案に従って有耶無耶にしようと利用していただけの最低屑生徒。

ジェハが頻繁にヘヨンと会っている光景を目にし、嫉妬に狂うヒョジュはヘヨンに八つ当たりしまくるが、忘れてはいけないヘヨンは理事長の娘であるという事を。
逆に開き直ったヘヨンは父親にお願いして、ヒョジュだけを学校からつま弾きにし、仕事が無くなる事に恐れたヒョジュは校庭でヘヨンに土下座して謝り、許しを請う。

見下していた立場が、今度は見下される立場になるという屈辱。
和解したヒョジュとヘヨンは高級ホテルで一夜を過ごす事になり、三角関係の天下を取ったヘヨンはヒョジュにお茶を入れろと命令しながら、今の心境をベラベラと喋り出す。
「ジェハとは只の遊びよ、あんなガキなんて眼中にもないわ。婚約者と結婚して海外に住む予定なの。ヒョジュさんはあんなガキを愛してたの?キャハハ」
この瞬間、ヒョジュの頭の中でここまで保っていた怒りの糸がプツンと切れた。

怒りの爆発とヤカンの沸騰音が絶妙のタイミングでシンクロする本編最大の注目ポイントが誕生。
これが本当に直後の恐怖を予感させる演出として素晴らしいものになっている!

ホテルに呼び出したジェハにも何かしら直接的なお仕置きをするのかと思っていたが。
けど、彼が本気で愛した女教師のあんな成れの果てを見せられたら、それで十分トラウマを与える事は出来たのだから、間接的なお仕置きとしては成功なのかもしれない。

私はな~んも悪くない

パトカーのサイレンが鳴り響く中、一人黙々と職員室で食事をしながら、うん?何事かしら?と窓の外へと視線を走らせる、まるで罪悪感もないヒョジュの表情をカットインさせて終わる所が秀逸。
一人の女の嫉妬と憎悪、全てから解放されての平穏さと、ある意味鉄の心の冷めた態度に、愛の清算が如何に手段の一つとして恐ろしいものになるのかを見せつけられたかのような、大人の女を怒らせたら火遊びが展開通りの大火傷に変る、そんな嫌な余韻をしっかりと植え付けてくれる、軽はずみな恋愛なんてするもんじゃないなと思わされる怖い作品だった。

今作のキム・ハヌルさん図鑑
なんかプロゴルファーに同じ名前の女性がいるみたいですね。
え~、彼女が主演の作品レヴューを上げる度に書いている気がしますが、私が韓国女優で一番好きな人。
これはもう10何年昔から変わってないです。

くたびれた女性、意地悪女教師を時折しかめっ面を入れながら熱演。
今回殆ど笑わないてのが逆に新鮮で、なんかその愛に飢えたもの悲しい顔にドキドキしちゃった。
いいよなあ、キム・ハヌルさんとキスしまくったジェハ役の小僧、くっそ腹立つ(笑)。

顔のパーツは悪くない女優図鑑
で、こちらは小悪魔教師ヘヨンを演じたユ・イニョンさん。

髪型が似合ってねぇなあと思ってたが、雨に濡れた際の上記画像を見た感じでは、あれ?割と可愛いんじゃねぇの?と。
髪型次第では結構好い女になる予感がする。
役上性格最悪なんで、同性から怒り買うと、綺麗なお顔も台無しにされちゃいます。

これ、さり気なくパッと映したけれど、めっちゃビビッたわ。

評価:★★★☆
18/02/09DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-12-20
メーカー:クロックワークス

コメント

トラックバック

女は冷たい嘘をつく

2018年01月29日 16時42分50秒 | 韓国サスペンス
MISSING
2016年
韓国
100分
サスペンス/犯罪
劇場公開(2017/10/30)



監督:
イ・オンヒ
脚本:
イ・オンヒ
出演:
オム・ジウォンイ・ジソン
コン・ヒョジンハンメ
キム・ヒウォンパク刑事
パク・ヘジュンパク・ヒョンク



<ストーリー>
娘の親権をめぐり元夫と調停中のシングルマザー・ジソンは、ベビーシッターのハンメに娘の世話を任せ、仕事に追われる生活を送っていた。そんなある日、ハンメと娘が姿を消し…。

―感想―

全て計画性のある犯行だったて事ね。
自分の子供は病院から追い出され、代わりに他人の赤ちゃんがベッドに寝かされる。
それを見て、復讐を決意した。

自分勝手です!

払うべきものは期日内にきちんと払えよ、まあそういう事ですよ。
強引に追い出されても仕方ねぇでしょ、それを逆恨みにして、人の子を自分の子として育てようとするその腐った考え、幾ら韓国と言えども許される事じゃありませんで。

話が進む毎に色んな真実が明らかになるので、そういう意味では一本調子な展開になっていなくて退屈はしない。
無能韓国警察も今作では頑張っていた方か。
しかし、奪われた母親もかなり考えものだよねぇ。
仕事に追われて、育児ほったらかしでしょ?
ベビーシッターに全部任せの癖に、親権は譲らない、これじゃあちょっと筋が通らないよなあ。
結局その親権問題がどうなったのかまでは描かれてなかったけれど、世話を見てくれる祖母ちゃんが居る父親に委ねた方が子供にとっても幸せになるんじゃないかとは思う。
この母ちゃんじゃ、ほとぼり冷めたら、又同じ様な生活送ってそうな気がする。

評価:★★★☆
18/01/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-12-06
メーカー:クロックワークス

コメント

トラックバック

犯人は生首に訊け

2018年01月09日 19時41分39秒 | 韓国サスペンス
BLUEBEARD
2017年
韓国
118分
サスペンス
R-18
劇場公開(2017/07/02)



監督:
イ・スヨン
脚本:
イ・スヨン
出演:
チョ・ジヌン
シン・グ
キム・デミョン
イ・チョンア
ソン・ヨンチャン
ユン・セア




<ストーリー>
京畿道の新都市に引っ越してきた医師・スンフンは、町で15年にわたり未解決の連続殺人事件が起きていることを知る。やがて、漢江で首と手足が切断された死体が見つかり…。

―感想―

病院嫌いな自分からしたら内視鏡検査のリアル映像はギャーッてなるもんで、序盤から変に冷や汗かいてドキドキしちゃったんだけれど、話の展開にも終始ソワソワとさせられるものがあった。

めっちゃ怖いです、この作品。
サスペンス超えちゃってホラーの域に入っちゃってるもの、あのジメジメとした雰囲気がずっと続くんだよ?もう気持ちが落ち着かなくて不安感しか抱けない。

主人公の医者視点というか医者が正義だと思い込んで見ていると、肉屋の男は当然そりゃあ怪しい人物として目に映る。
だが、これが最大のカラクリ。
監督の巧みな騙しの演出にやられた!となる訳でして。

見た目に騙されるな、て事ですよ。

温厚そうな医者だから、この人は良い人間なんだろうな、と決めつけてしまう事が間違い。
そう思わせる事に成功出来た監督の薄ら笑みが目に浮かび、ちくしょっ!といい感じに腹立たしい。

薬中の医者なんて病院に置くなよ、てなるけれど、それが分かるのがラスト間近なのだから、そこまでは肉屋が犯人だと医者同様の「想像」に縛られてしまうのよね。
急に方向転換する終盤の種明かしには度肝抜かれるも、これで話が終わらないのが韓国映画っすよ。
実は肉屋も、医院の女看護師も・・・と疑惑が真実と化し、医者とは違って表沙汰にはならなかった二段構えの別の騙しを用意する所に誰も彼もが悪じゃねぇか、といった啞然とする映像を最後の最後に観客に対して止めを刺す、このサスペンス映画としての有能な〆方。
こりゃ参ったねと、抜群の心を震わせる余韻をきっちりと残す辺りに、もうどいつも信用出来ねぇよ、と猛烈な対人恐怖症に陥らされる事間違いなし。
この作品を観ると、周りの住人・同僚・友人全員に不信感抱くかもしれない、と少々大袈裟な事を書いてしまったが、それ位、所詮他人の事なんて全てを知っている訳でもないのだから、付き合いも慎重に。
人当たり良さそな顔していても、体の内には悪魔を育てている人間なんてごまんといるんだよ、家に引き籠るのが一番だね。

評価:★★★★
18/01/09DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-01-06
メーカー:ニューセレクト

情報
<反逆の韓国ノワール2017>


コメント

トラックバック

善惡の刃

2017年12月17日 18時09分25秒 | 韓国サスペンス
NEW TRIAL
2017年
韓国
119分
サスペンス/ドラマ
R-15
劇場公開(2017/07/01)



監督:
キム・テユン
『残酷な出勤』
脚本:
キム・テユン
出演:
チョン・ウ
カン・ハヌル
キム・ヘスク
イ・ドンフィ
キム・ソジン




<ストーリー>
2000年、益山市でタクシー運転手が刺殺される事件が発生。逮捕された少年・ヒョヌは10年の刑期を終え出所する。一方、多額の借金を抱える弁護士・ジュニョンは、一発逆転を狙い話題性のある依頼人を探していた。

―感想―

本編に出てくる刑事、ヤクザじゃねぇか。
事実を基に作られたフィクションと冒頭にテロップで出てくるので、少しは盛っているのかもしれないが、それにしても酷い。
本当に居た刑事だとしても、例えとしての刑事だとしても、どちらにしろこんなのが国民の安全を守っているのかと思うと呆れてくるし、胸糞悪いだけ。
韓国警察の闇を観た気持ちになった。
まあ殆どの韓国映画の警察はこれに近い態度最悪な奴ばかりだけど、この作品の刑事はそれらより頭一つ抜き出ていましたわ。

碌に捜査もせず、ねつ造の報告書提出されて、冤罪で10年の刑務所暮らしを食らった青年を、口達者な弁護士が一発逆転を狙い救いの手を差し伸べて再審までこぎ付ける話。
ラストだけ観るといい話だなあで片付けられるのだが、途中の刑事の態度が最悪なもんだから、腹立つ感情が一番大きく生まれてしまった。
こいつらこそ極刑にするべきだろとは思ったな。
のうのうと普通の生活を続けていた真犯人もそうだけど。

途中、心折れそうな時もあったが、最後まで正義を貫いた弁護士。
金の問題じゃない、誰からも後ろ指を指されない人生を歩んで行って欲しい事だけが俺の願いなんだ。
何とも頼もしい発言でした、カッコつけんじゃねぇよ馬鹿野郎!(。>д<)

主人公を独立した事務所のパートナーに誘う眼鏡弁護士が超ムカつく顔してたな。
保身の為に情報売ったりしてたんだから、そのムカつく顔面を一発ぶん殴ってやればよかったんだよ。

評価:★★★☆
17/12/16DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-10-04
メーカー:アルバトロス

情報
<反逆の韓国ノワール2017>


コメント

トラックバック

アシュラ

2017年11月13日 13時19分03秒 | 韓国サスペンス
ASURA: THE CITY OF MADNESS
2016年
韓国
133分
サスペンス/犯罪/アクション
R15+
劇場公開(2017/03/04)




監督:
キム・ソンス
『FLU 運命の36時間』
脚本:
キム・ソンス
出演:
チョン・ウソンハン・ドギョン
ファン・ジョンミンパク・ソンべ
チュ・ジフンムン・ソンモ
クァク・ドウォンキム・チャイン
チョン・マンシクド・チャンハク



<ストーリー>
刑事のドギョンは街の利権を牛耳る市長・ソンベのために裏の仕事を引き受けてきた。しかし、市長の逮捕に燃える検事・チャインが彼を脅し…。

―感想―

単に好みの問題だとは思うが私は皆が絶賛する程面白いとは感じなかったなあ。
登場人物全員が屑てのは北野武監督の某作品を連想させられますし。
実際吹き替えでは「馬鹿野郎!」「糞野郎!」の連呼。
オリジナルではどう言っていたのか分からないですけど、こういう似たようなのを聞くと意識しているのかと疑ってしまう。

だけど決してつまらないとかそういうのは無くて、特にだけどアクションシーンはすこぶる良かった。
どうやって撮ったのか想像にも出来ないカーチェイスでのカメラワークなんて心底感心させられたよ。
無数の死体が転がり血の海を這いずり回るラストシーンなんて韓国映画らしいエグさ。

個人的に登場人物の中では市長を演じたファン・ジョンミンの上りつめる為なら何でもやる憎たらしさが最高でした。
あれ、誰も止めなかったら本気で腕を切り落としてたんやろか。
自らカッターナイフを頭に近づけて流血させる位だし、腕1本なんて屁とも思ってないんやろねぇ。
癖のあるキャラクターをやらせたら結構印象深い演技を残してくれる俳優さんですな。
怪奇映画『哭声/コクソン』での祈禱師役で頂点極めた感じがしたけれど、まだまだ凄い事やってくれそうな予感はする。

評価:★★★
17/11/13DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-07-21
メーカー:CJ Entertainment Japan

コメント
トラックバック (7)

グランドファーザー 哀しき復讐

2017年11月11日 13時56分03秒 | 韓国サスペンス
GRAND FATHER
2016年
92分
サスペンス
韓国
劇場未公開



監督:
イ・ソ
出演:
パク・クニョン
コ・ボギョル
チョン・ジニョン




<ストーリー>
かつてベトナム戦争に従軍した帰還兵のキグァン。ある日彼の下に、疎遠だった息子が自殺したと知らせが入る。高校生になった孫娘と再会したキグァンは、彼女が発した言葉から息子の自殺に疑問を抱き始める。

―感想―

復讐者がベトナム帰還兵というのがミソ。
これが普通のお爺ちゃんだったらここまで戦えなかったと思う。
枯葉剤の影響で頭痛持ち。
それを酒の力を借りて和らげているのだが、飲んだら暴れるタイプでそのせいにより家族はバラバラに。

ある日、息子が飛び降り自殺したという知らせが警察から届く。
残された孫を心配したお爺ちゃんがあれこれと世話を焼くのだが、孫娘としちゃあ今頃爺ちゃん面すんな!てなるよね、不良仲間と遊ぶ日々。
だがそれだけじゃなく。
息子の死を不審に感じたお爺ちゃんは残されていた名刺を頼りにあちこち調べていく中で、なんと孫娘がHな店で働かされている事実をその目で確かめてしまう。
なんでこんな店で働いているのか、誰から強要されているのか、どんどん真相が暴かれるていく事で、お爺ちゃんの怒りに火が点き、銃口を短く切ったショットガンを片手に孫娘を、そして息子をこんな目に遭わせた輩どもに制裁を与えていくのでした。

お爺ちゃんからの再捜査依頼を無視続ける警察。
警察が動かなければ俺がやる!!
正義を貫き通して、悪を懲らしめたのはお爺ちゃんなのに、後からのこのことやってきて悪を捕まえず正義者を銃殺してしまう無能韓国警察、何時もの事です。
ある意味神奈川県警より仕事してねぇだろ韓国の警察は。

裁きを与える過程に気分は高まるものの、なんか悲しくなる結末だった。

個人的には好みかも、な女優図鑑

孫娘のポラムちゃん。

ちょっぴり乃木坂46の西野七瀬似で、小動物みたいな可愛さがあって俺は好きな顔。
お爺ちゃんの頑張りと優しさで救われたのだから、その想いを何時までも胸に抱いて、これからは孤独な身になっちゃうだろうけど健全な生活をしていって欲しいやね。
なんだったらオイラが養ってあげてもいいよゲヘヘ(決して下心はありませんと嘘をつく)。

評価:★★★☆
17/11/11DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-08-02
メーカー:マクザム

コメント
トラックバック (1)