銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

悪魔の赤ちゃん2

2011年01月31日 23時43分11秒 | 洋画ホラー
IT' ALIVE 2/78年/米/91分/ホラー/劇場未公開
監督:ラリー・コーエン
製作:ラリー・コーエン
脚本:ラリー・コーエン

出演:フレデリック・フォレスト、キャスリーン・ロイド、ジョン・P・ライアン

<ストーリー>
前作で赤ちゃんの父親だった男が、続発する異常児の保護活動をしており、産まれたばかりの赤ちゃんを研究所に収容、育成している。赤ちゃんの根絶をもくろむ製薬会社と警察は研究所を捜し当て強行突入するが、赤ちゃんの一人(一匹?)が包囲網を突破して親のもとへと向かう。警察は親の家に先回りし、万全の態勢で怒れる赤ちゃんを待ち受ける。(allcinemaより抜粋)
<感想>
内容はストーリー解説のまんまです。

前作では1匹だった赤ちゃんが、今回は既に隔離されていた2匹(通称アダムとイヴ)に新たに生まれた赤ちゃんを加え、3匹という体制で挑んできます。

しかし数が増えた事で、もう少しホラーとしての味加減が出てくるのかと思いきや、そうでもない。

ドラマ部分が映画の大半を占めており、見せ場が極端に少なく、どうにも中途半端なホラーとしか感じ取れないんですよね。

主役となる夫婦にも苦言を申したい。
皮肉にも化け物として生まれてきた我が子を内心どう思っているのかという、はっきりとした感情が観て取れないんです。
それを決定づけるのが終盤での夫婦の支離滅裂な行動。

彼らの前に突然姿を現した赤ちゃんに、母は愛情を、父は恐怖を見せます。
母は夫に「この子は寂しがっているのよ。貴方もぬくもりをあげて」と言い、父は子を抱きしめて涙します。
しかし!!
そこに駆け付けた研究員に、いきなり飛び掛かる赤ちゃん。
襲われ夫婦に助けを求める姿を見て、突然突拍子もないセリフを言い放つ母。

「貴方、撃って!撃ち殺して!!」

バキュ=ン

・・・・はい?

関連作:
悪魔の赤ちゃん(‘73)』(シリーズ第1作)
『悪魔の赤ちゃん2(‘78)』(シリーズ第2作)
悪魔の赤ちゃん3/禁断の島(‘86)』(シリーズ第3作)

評価:★☆
11/01/30DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2006-09-29
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ

チャックとラリー おかしな偽装結婚!?

2011年01月29日 16時24分16秒 | 洋画コメディ
I NOW PRONOUNCE YOU CHUCK & LARRY/07年/米/115分/コメディ・ロマンス/劇場未公開
監督:デニス・デューガン
製作:アダム・サンドラー

出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ジェシカ・ビール、スティーヴ・ブシェミ、ダン・エイクロイド、ロブ・シュナイダー

<ストーリー>
消防士のチャックとラリーは無二の親友同士。妻を亡くしたラリーは、生命保険の受取人に子供たちを指定できないことを知り、チャックとの偽装結婚を企むのだが…。
<感想>
再びアダム・サンドラー主演のコメディを観ました。
少しハードルを上げ過ぎて観ちゃったかな。

面白い映画、良い映画である事には違いないんだけれど、飛び抜けて笑えるような内容じゃなかったのが残念。

ゲイネタを扱っているものの、差別的な描写ではなく、むしろオープンに生きて欲しいという製作者側の願いが込められていると感じました。

終盤での法廷劇は同僚の温かみ、上司の気遣いなどが見れて、とても心地よいものを抱きました。

私はゲイではないけれど、別に友達にゲイがいても何ら問題はないです。
ゲイというノーマルの人からすると軽蔑されがちな性に対して問題を抱えている人達は、日本でも多くいると言われていますが、残念な事にアメリカ程開放的な環境が整っていないのも事実。
でも、もっと自分の生き方に誇りを持ってもいいんじゃないかと思いますね。

汚らわしいなんて偏見な目で見る人がいますが、むしろそういう見方しか出来ないのかと情けなくなりますね。

同性愛であっても愛の形は人間誰しも皆平等。
私的意見として、ゲイ・レズビアンの人達の方が、ノーマルな恋愛をしている人達よりも愛の深さは相当なものなんじゃないかと感じています。

愛に疑問を持つよりも素直に受け止め信じる事が大切なんだよ。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
11/01/29DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2008-06-12
メーカー:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
コメント (4)   トラックバック (2)

告白(2回目)

2011年01月29日 00時34分32秒 | 邦画サスペンス
もしやアカデミー賞外国語映画部門にノミネートか?
とTVで騒がれていたのを父が観て、どんなものか観てみたいと言うので借りてきて再鑑賞。

結局ノミネートされなかったけれど、いや~ホントここ最近の邦画の中では傑作に入る作品である事には間違いないでしょ。

松たか子の最初の教室での告白シーンって30分もあったんやね。

2度目の鑑賞だというのに、またもやグイグイ引き込まれちゃった。

父が言うように、最後の爆破シーン以外は余り金がかかっていないんだよね。
それでも、ここまで引き込まれちゃうのは、各告白の台詞の中に物語がきちんと詰め込まれているからやろね。

映像で見せているというよりは、セリフで話を作りあげているって感じがするんだよなぁ。
その一つ一つ語りかける様なセリフの中にも、何を伝えようとしているのか、何を訴えようとしているのかが明確で、所々でドキッとさせられる。

これはもう演出の妙に尽きるとしか言いようがないです。

冒頭の松たか子による告白シーンにしろ、目を閉じて聞いていても、セリフだけで状況が頭に思い浮かぶんだから大したもんです。

松たか子の迫真の演技は実に素晴らしい。
けど映像で見せる映画が多い中、私的に敢えて言うならば本作はセリフで見せる映画だと思うんですよ。
重さがあり、深さがあり、哀しみや怒りさえもセリフの中に見え隠れする。
大袈裟かもしれないけれど、中島哲也監督は日本映画史に残る物凄い作品を撮ってしまったんじゃないのかな?

だって、何を見せても「まぁまぁやな」しか言わない父に、「これは良い映画やった」と言わせたんだから。

ちょっと原作読んでみたくなった。

1回目レヴューはこちら

2回目の評価:★★★★★
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (2)

女性鬼

2011年01月28日 23時29分44秒 | 洋画ホラー
TEETH/07年/米/94分/エロティック・コメディ・ホラー/劇場未公開
監督:ミッチェル・リヒテンシュタイン
出演:ジェス・ワイクスラー、ジョン・ヘンズリー、ジョシュ・パイス、ヘイル・アップルマン

<ストーリー>
結婚するまで誰にも体を許さないと誓うドーンだが、思春期の体は何かを求めるように疼いていた。自分の体に異常を感じる彼女だったが、男に襲われた拍子にその正体が分かり…。
<感想>
都市伝説の一つとして語り継がれている“歯の生えたヴァギナ”をモチーフにしたコメディホラー。

アルバトロス辺りが付けそうな邦題と、手に取るのも恥ずかしいパッケージからして、いかにも安っぽい低俗映画な感じがしますが、米国で公開された時は割と話題になっていたし、配給もライオンズゲートなので、安心して観れる事は保証しますよ。

男は皆狼なんて言葉もありますけれど、この映画に出てくる野郎どもはどうしようもない奴ばかりやな。

そりゃまぁ目の前に好い女がいたら手を出さないってのも如何なもんかと思うけれど、もうちょっとやり方があるだろう。

レイプ紛いにしようとしたり、薬で朦朧とさせて更にダチと賭けてやろうとしたり、幼少期のトラウマからかバックからしようとしたりとバカばっか。
チンポ噛み千切られて当然です。

犬のエサになって愉快です(爆)

「伝説は本当だった!!」
嬉しいのか痛いのか良く分からんリアクションしていた医者が、千切られた指を縫合して貰う時に、主治医が理由を話さないって言っていたけれど、そりゃそうだ。
「歯の生えたヴァギナに食い千切られた」
なんて言えるかよ。

チンポが無い男を目の前にして
主治医「今日は大忙しだな。こりゃ使い物にならん」ちんポイッ
一同爆笑「あはははっ」
ここ、最高に笑える。

最初は貞操を守ろうとして、抵抗の内に無意識にアソコが反応していた少女ドーンだったけれど、一度味わった快感からか純潔の誓いを止め、今度はやる時はやるが、復讐する時には意のままにアソコを操って攻撃に出るようになる。

この辺のドーンの性に目覚めた上での人格・性格の変貌という描写そのものは、彼女の表情や仕草等で上手く表していて面白かった。

チンポを千切られた男の絶叫姿には痛々しさがあり、哀れに思うものもあったが、男の私としてはそんなもん別に観たく無く、それよりもドーンの裸が何時拝めるのかとワクワクしていたんだが、これが勿体ぶって中々見せやしない。

無修正のチンポは出てきても、肝心のおっぱいちゃんが出て来ない!?

マジか・・・。

と落胆していたら、終盤でようやく披露してくれた。
はよ見せんかい!!

評価:★★☆
11/01/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-26
メーカー:D'S GATE

はい。
ここからは恒例の未成年は閲覧禁止ゾーンだよ。
おっぱい観たけりゃ大人になれ!
























【美女の楽園】へwelcome

純潔守っていただけあって美乳。
ムラムラ度(3/5)
コメント (6)   トラックバック (1)

アダルトボーイズ青春白書

2011年01月28日 22時40分26秒 | 洋画コメディ
GROWN UPS/10年/米/102分/コメディ/劇場未公開
監督:デニス・デューガン
製作:アダム・サンドラー
脚本:アダム・サンドラー

出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、クリス・ロック、 デヴィッド・スペード、ロブ・シュナイダー、サルマ・ハエック、マリア・ベロ、スティーヴ・ブシェミ

<ストーリー>
中学時代の親友のレニー、エリックら5人組が、恩師の葬儀に参列するために30年ぶりに再会。今や立派な中年オヤジとなった彼らは、思い出の別荘で子供のようにはしゃぎ回るが…。
<感想>
ちっくしょ~。
これはもう素直に認めざるを得ないでしょう。

すっげぇ笑った。

すっげぇ面白かった。

こんなに最初から最後までゲラゲラ笑ったコメディは久しぶりかも。

アメリカ独特な下品さ、下ネタさ、汚さの笑いが殆どないんだよね。

絶妙なトークでの笑い。
大袈裟すぎるオーバーリアクション。
細かく散りばめられた小ネタ。

笑いが途切れないんだよね。
何か終始バタバタとやっている。
数珠繋ぎにやってくる爆笑ネタに、何時腹がよじれ過ぎて死んでも可笑しくない位だった。

良い大人が子供みたいに無邪気にはしゃぎ回る。
それを見た、今時の引き籠り子っ達が、親の楽しそうな姿に感化されて外に飛び出す。
やがてそれらは夫婦の愛の再確認へと発展し、そして個々が隠していた秘密を暴露して改めて男の友情を築き上げる。

笑いの中にも温かさもあり、途中から笑いからか感動からか良く分かんない涙が込み上がってくるんだよねぇ。

何処で笑った?って聞かれたら全てに笑った。
何処に感動した?って聞かれたら決して他人には引き離せない深い絆(家族・友人)に感動した。

アダム・サンドラーの脚本作りの上手さは相当なものだよ。
何処にも悪い部分が見つからない。
これぞ、私が求めていた、観たかったコメディ映画。

こういうのは日本人には受けないだろうという浅はかな理由だけで劇場公開させない日本の映画会社には失笑。
中身で勝負したら、話題だけで劇場公開されているつまらん日本映画には絶対勝てていると断言出来ます。

最近観ないなぁと思っていたMr.ピンクことスティーヴ・ブシェミの登場には心底嬉しかった。
相変わらずゲラ笑いさせてくれるよ、この人。
でも歳取っちゃったな~。

はなまる傑作として認定!

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★★
11/01/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-12
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連作:
『アダルトボーイズ青春白書(2010)』(第1作)
『アダルトボーイズ遊遊白書(2013)』(第2作)
コメント (4)   トラックバック (4)

イエロー・ハンカチーフ

2011年01月28日 21時56分38秒 | 洋画ドラマ
YELLOW HANDKERCHIEF/08年/米/96分/ドラマ/劇場公開
監督:ウダヤン・プラサッド
出演:ウィリアム・ハート、マリア・ベロ、エディ・レッドメイン、クリステン・スチュワート、桃井かおり

<ストーリー>
刑期を終え出所してきたばかりの中年男が、偶然出会った若者ふたりの車に乗って妻が暮らすニューオリンズを目指すが…。
<感想>
第1回日本アカデミー大賞で作品賞を受賞した日本映画屈指の名作『幸福の黄色いハンカチ』のリメイク作品です。

勿論オリジナルは何度も鑑賞しています。
もうね、ラストシーンがすんごく良いんだよね。
あそこはホント、泣けます!!

で、このリメイクも内容的にはほぼオリジナルに忠実です。
オリジナルで武田鉄矢とカップル役として出演した桃井かおりが、モーテルのオーナーとして登場。
結構登場している時間が長く、これはオリジナルに敬意を払っての特別的なオファーによる出演だったんでしょうかね。

「不器用ですから」な高倉健さん程じゃないですけど、ウィリアム・ハートが同乗する少年、少女に自身のこれまでのムショに入るまでの経緯を話ながら、人生のノウハウを叩きこむ、見た目は怖面だが内面ウブな良きおっさんを熱演。

彼の生き方に共感を得て、これまでの孤独だった人生に見切りをつけて、新しき道を歩もうとする少年役に『グッド・シェパード』のエディ・レッドメイン、少女役に『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、服役した夫を待つ妻役に『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』でエヴリンを演じたマリア・ベロと脇を固める俳優もかなり豪華。

オリジナルが名作だけに、リメイクも必然と切ない作品へと生まれ変わっており、泣き映画としては好作だとは思いますが、流石に作中に温かみを感じとれなかったかな。
とは言え、ラストは分かっていても、ちょっとウルッとしちゃいましたけどね。

名作を超える名作にはなってはいませんが、オリジナルのファンはまた違った3人のロードムービーを楽しみつつ、あの感動をふと思い出すのも良いかもです。

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:『幸福の黄色いハンカチ(‘77)』(オリジナル)

評価:★★★☆
11/01/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-26
メーカー:松竹ホームビデオ
コメント (2)   トラックバック (4)

切り株画像(映画『U.M.A レイク・プラシッド3』よりワニさんは肉好き)

2011年01月28日 21時25分19秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
兎に角ワニさんは肉ならなんでもOK。
向うからのこのことやってきたバカ人間を切り株交えて美味しく召し上がれ。

1枚目

中途半端に食い残してますな。
最後まできちんと食べましょう。

2枚目

一匹仕留めて優越に浸っていたら、背後からパクッと別のワニに首を喰われたハンター。
ガイドの男勝りな女性も思わずビックリだ。
切り株度(2/5)

レヴュー:『U.M.A レイク・プラシッド3』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

ここからは未成年は閲覧禁止だよ。
おっぱい観たけりゃ大人になれ!
























【美女の楽園】へようこそ

ムラムラ度(右側の子):(4/5)

ムラムラ度(2/4)

ムラムラ度(1/4)

U.M.A レイク・プラシッド3

2011年01月28日 20時35分21秒 | 洋画ホラー
LAKE PLACID 3/10年/米/96分/モンスターパニック・ホラー/TVM
監督:G・E・ファースト
出演:コリン・ファーガソン、ヤンシー・バトラー、マイケル・アイアンサイド、カースティ・ミッチェル、ケイシー・バーンフィールド

<ストーリー>
両親と共にレイク・プラシッドに引っ越してきた少年が、ペット代わりに赤ちゃんワニを育て始める。やがて見違えるほど成長したワニは、一家を獲物として見なし始め…。
<感想>
上のストーリー説明は某サイトから引用させて貰ったんだが、何か違う気がする。
どうにも冒頭の流れからして2作目からの続きっぽい。
でもその2作目を観ていないので何とも言えないんだが。

ワニワニパニックものだが、TVMにしてはそこそこ楽しめる作り。
巨大ワニの暴れっぷりも迫力満点。
女性のヌードも忘れちゃいない。
惨たらしい死体も良い感じ。
男より女の方が肝が据わっている(基本だよね)。
食料品スーパーの店長は災難続きだ(笑)。

けどね、男どもがどうにもアホっぽい奴ばかりで情けなくなるというより腹が立つ。

代表的な奴が、勘違いでふられた彼女を探しにやってきた青年。
やることなす事すっとこどっこい。
完全に暴走しちゃったこの青年に、はよ死ねと。
でも、こういうヒーロー気取りな奴ほど生き残るんだろうな、なんて諦めていたら、おもいっきり助けた彼女の前で喰われちまいやがった!!

うわはははっ!だっせぇよ青年!!

後、友達いないからと、巨大ワニにスーパーから盗んだ肉を与えてペットにしようと浅はかな考えを持つクソガキもどうにかならんかと。
子も子なら親も親だ。
「子供なら万引きの1回や2回はするさ」

しねぇよ!!
てめぇのクソガキと一緒にすんな。

なもんで、微妙にズレた行動を起こす登場人物たちにイライラさせられるが、ワニさんがそんなバカ達を綺麗に召し上がってスカッと解消させてくれたので、まぁいっか。

関連作:
『U.M.A レイク・プラシッド』(‘99)※個人的評価:★★☆
『U.M.A レイク・プラシッド2』(‘07)
『U.M.A レイク・プラシッド3』(‘10)

評価:★★
11/01/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-12
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

切り株画像はこちら
コメント (2)

スナイパーキッズ

2011年01月28日 20時35分11秒 | 洋画アクション
THE KILLING MACHINES/09年/101分/アクション/劇場未公開
監督:ゼットマン
出演:モーガン・ベイカー、ヘザー・ブレイヴァーマン、ロクサーヌ・ウルフ、サム・シュライバー、ルイス・トンプソン、デヴィッド・バロッソ

<ストーリー>
妻を銃殺され、プロの殺し屋となった男を父親に持つふたりの幼い愛娘たちが、マフィアに裏切られた父を救うために大活躍する。
<感想>
2人の美人姉妹(小学生!!)が父を裏切った悪党どもに鉄槌を下す!!

主に活躍するのは妹の方で、常にテディベアを背に持ち、仕事をする時は縫いぐるみから徐に銃を取り出し、至近距離からのこめかみ銃殺。

容赦はしないわ。
大好きな父の為なら人殺しだって平気で出来ちゃうわよ♪

仕事に妥協を許さず完璧にこなす。
見た目は可愛い少女なのに、裏は完全な殺し屋!

ナイフを使った四肢部切断なんてな大人もビビる、その血も涙も無いムチャぶりと、キュートなお顔が見事にマッチし、常に冷静な姿には余裕たる態度すら伺える。

父の腕前を軽く超えてしまった彼女たちの姿は正に銃を持った天使!

子供が悪い大人を殺しまくる。
これ程爽快な気分になれるものはない。
顔が可愛いと尚更だ。

若干気になったのは、どうでも良い場面で人が動く際、必ず2倍速になる所。
これはちょっと過剰演出かと。
何度も繰り返されると、無性にイラッとさせられる。

とは言え、これで『キック・アス』に向けての準備は出来た。
かかってこいや!ヒットガール!!

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
11/01/25DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-08
メーカー:トランスワールドアソシエイツ

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

2011年01月25日 20時57分19秒 | 洋画サスペンス
MAN SOM HATAR KVINNOR/09年/スウェーデン・デンマーク・独/153分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
原作:スティーグ・ラーソン『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ、イングヴァル・ヒルドヴァル

<ストーリー>
40年前、ストックホルムの孤島で少女が忽然と姿を消した。彼女の血縁者から捜索を依頼されたジャーナリストのミカエルは、天才ハッカー・リスベットと共に事件の真実を暴き出していく。
<感想>
全体的にテンポが緩く、話に冗長さを感じたのだが、ストーリーとしては良く出来ている。

1枚の写真だけで、こうも話が膨らむものなのか、という構成面に面白さを感じました。

謎多き女性ハッカー・リスベットの過去が明かされるらしい続編には興味津津。

性的虐待とか、レイプして殺すとか、殆どの出てくる男たちが悪者なので、自然とリスベットとミカエルの息の合ったコンビの活躍に応援心すら湧いてきます。
そして、今後2人はどのような形で支え合っていくのか、という部分にも注目したい。
なので、余計にリスベットの過去が気になっちゃうんだよね。

急展開を迎える終盤で程良い緊張感と、切なさ、満足さを抱けるのも、それまでのゆったりとした事件の真相を紐解く過程に、伏線をしっかりと絡ませた心地よい驚きを味付けしていたからじゃないかな。

難解な問題を長く考えさせられて、頭を捻りに捻ってようやく納得いく解答に辿りつけた、そんな快感=達成感が味わえたのも、ストーリー構成の上手さにあると思います。

2作目、3作目は有難い事に、ひかりTVで無料にて配信されるので、当然観ますよ。

只、やっぱりもう少し尺を短くして欲しかったかなぁ。

関連作:
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(第1作)
『ミレニアム2 火と戯れる女』(第2作)
『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』(第3作)
『ドラゴン・タトゥーの女(2011)』(ハリウッドリメイク版)

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(仏語)

評価:★★★☆
11/01/24DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-06-04
メーカー:デイライト
コメント (12)   トラックバック (4)