銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

凍える牙

2013年02月28日 23時02分46秒 | 韓国サスペンス
孤独の欠片を拾い集め、
声なき叫びを追え――。


-感想-

かなり内容の濃いサスペンス映画でありました。
しかも殺伐とした感じだけで終わらず物悲しい内容になっているのも良かったですね。

廃人になった娘の復讐として関わったヤクザ者を元警官の父親が愛情を込めて育て上げた狼犬を使って制裁していく。

もうこのプロットだけでも泣けてきます。
影の主役でもある狼犬の哀しみに満ちたブルーアイも印象的でした。

情けをかける必要の無い悪党の命と復讐に利用された狼犬の命。
果たして救うべき命はどちらなのか。
やむを得ない選択だったとは云え、本当にそれで良かったのだろうかと考えさせらるラストシーンはエンドロールに入ってからも頭から抜けなかったです。
娘と狼犬のじゃれ合う回想シーンがまた効果的でじわじわと胸に響いてくるんですよね。

この作品では女性軽視も大きく描かれています。
余りにも酷い新米女性刑事へのパワハラ。
物凄く不愉快です。
幾度と無くイラッとさせられたのですが、ソン・ガンホがある一言によってぶち切れて、背中におもいっきり飛び蹴りを食らわした時は「っしゃ!!」って思うと同時に、さり気ない優しさに目頭がグッと熱くなりましたよ。
それまではどんなに女性刑事が嫌味言われようとも見て見ぬふりしていたのに急に立ち上がって“おりゃぁあ!”ですもん。
自分が馬鹿にされたってのもあったのでしょうけど、流石にあの一言は聞き捨てならなかったんでしょうね。

本作の原作者は日本人の乃南アサという方で、日本では2度ほどTVドラマ化されていますが、映画化されたのは今回が初めてのこと。
乃南アサ氏によるとこの映画版が一番上手く作り込まれていたとのことでした。

昇進する事しか頭にない刑事ソン・ガンホ。
事件解決の為にもひたすら正義感に燃え現場を走り回る女刑事イ・ナヨン。
静と動という対照的な刑事コンビによる難事件捜査の行方と真相解明には目が離せず、丁寧に描かれた物語に自然と引き込まれる傑作でありました。

評価:★★★★
13/02/27DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-08
メーカー:東映ビデオ

HOWLING
2012年
韓国
114分
サスペンス
劇場公開(2012/09/08)



監督:ユ・ハ『マルチュク青春通り』
原作:乃南アサ『凍える牙』
脚本:ユ・ハ
出演:
ソン・ガンホ『青い塩』・・・サンギル
イ・ナヨン『悲夢(ヒム)』・・・ウニョン

<ストーリー>
男の身体が突如発火、炎上する事件が発生。しかもその遺体には獣の咬傷が残されていた。刑事・サンギルと新米刑事のウニョンが捜査に乗り出すが…。


オフィシャル・サイト(日本語)

ボーン・レガシー

2013年02月26日 01時13分21秒 | 洋画アクション
ジェイソン・ボーンは
氷山の一角に
過ぎなかった。


-感想-

え?なにこれ。
すっごく普通なんですけど。

新鮮さも無ければ斬新さも無い。
在り来たりのアクション映画。
面白くない訳ではないけれど、これといった見所が余り無いのは考え物やなぁ。

展開も画で見せるんじゃなく台詞で説明しながら進むので正直ダルい。
その説明もなんか良く解らんし。
小難しい御託を並べられてもなぁってのはある。

雪原=狼ってのは定番なのか?
まぁでも『THE GREY 凍える太陽』でリーアム・ニーソンがやってくれなかった事をジェレミー・レナーはきちんと見せてくれたのでそこはちょっと嬉しかった。
でもこれはリーアムの映画で観たかったなぁ(←まだ未練たっぷり)。

ジェレミー・レナーがスタントマン使わずに自分でやったバイクチェイスは本編最大の見せ場なんやろうけど、前述したように特に目新しさがないからそんなに燃えなかった。
代わりに万能弓矢で敵を蹴散らすとかのアクションなんかがあれば良かったのに。
あ、それではホークアイの二番煎じかw

これもシリーズ化するんやろかね。
その時はもっとサクサクと進む物語にして欲しいものです、はい。

評価:★★★
13/02/24DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-20
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

THE BOURNE LEGACY
2012年
アメリカ
135分
アクション/サスペンス
劇場公開(2012/09/28)



監督:トニー・ギルロイ
原案:トニー・ギルロイ
脚本:トニー・ギルロイ
出演:
ジェレミー・レナー『アベンジャーズ』・・・アーロン・クロス
エドワード・ノートン『ストーン』・・・リック・バイヤー
レイチェル・ワイズ『ラブリーボーン』・・・マルタ・シェアリング博士
ジョーン・アレン『デス・レース』・・・パメラ・ランディ
アルバート・フィニー『ボーン・アルティメイタム』・・・アルバート・ハーシュ博士
デヴィッド・ストラザーン『ゲスト』・・・ノア・ヴォーゼン
スコット・グレン『エンジェル ウォーズ』・・・エズラ・クレイマー

<ストーリー>
CIAにより生み出された暗殺者・アーロンは、マルタ博士を救出しマニラへ向かうが…


オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『ボーン・アイデンティティー(2002)』(第1作)※個人的評価★★★
『ボーン・スプレマシー(2004)』(第2作)※個人的評価★★★
『ボーン・アルティメイタム(2007)』(第3作)※個人的評価★★★
『ボーン・レガシー(2012)』(第4作)
『ジェイソン・ボーン(2016)』(第5作)
コメント (12)

おおかみこどもの雨と雪

2013年02月22日 23時59分23秒 | アニメ(国内)
私は、この子たちと生きていく。

-感想-

感動するアニメ、泣けるアニメって聞いてたんだけれど、そこまで感動はしなかったし別に泣けもしなかったです。

なんかねぇもうちょっと母親の事を大事にしてやれよ!って思い出したら雨の無責任さに腹が立ってきちゃったんだよね。
あんなにも大切に育ててもらったのに、そんな簡単におおかみの方を選んじゃうのかい?ですよ。
結局独りぼっちなお母さん。
可哀想過ぎてそういう意味では泣けたわ。
自分の行きたい(生きたい)道へ決意を固めて進む事は大切だろうけど、母親あっての成長でもあったのだから、少しは優しい母親としっかりと向き合って話し合いをし、その過程を経て雨には旅立って欲しかったなぁ。

余韻に浸りながら観終わると言うよりも、もやもやだけが残るアニメ作品でした。

ただ画そのもののクオリティは高く、キャラクターはどれも可愛らしかったですし、映し出された田舎の自然も美しかったです。
宮崎あおい初めとするタレント声優陣にも違和感無し。

誰も居なくなった学校の教室で雪が草平に自分の正体を明かすシーンでのカーテンを使った演出はとても良かったです。
ここが本編中一番印象に残った場面でした。

評価:★★★☆
13/02/22DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-20
メーカー:バップ

2012年
日本
117分
ドラマ/ファミリー/ファンタジー
劇場公開(2012/07/21)



監督:細田守『サマーウォーズ』
原作:細田守
脚本:細田守
キャラクターデザイン:貞本義行
声の出演:
宮崎あおい・・・
大沢たかお・・・
黒木華・・・雪(少女期)
西井幸人・・・雨(少年期)
大野百花・・・雪(幼年期)
加部亜門 ・・・雨(幼年期)
林原めぐみ・・・草平の母
中村正・・・細川
大木民夫・・・山岡
片岡富枝・・・韮崎のおばさん
平岡拓真・・・草平
染谷将太・・・田辺先生
谷村美月・・・土肥の奥さん
麻生久美子・・・堀田の奥さん
菅原文太・・・韮崎

<ストーリー>
“おおかみおとこ”と恋に落ちた花は、やがてふたりの子供、雪と雨を授かる。家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始めるが…。


オフィシャル・サイト
コメント (10)

HICK-ルリ13歳の旅

2013年02月21日 23時58分16秒 | 洋画ドラマ
運命に逆らってやる。
私には無限の可能性があるんだから。


-感想-

僕らのクロエたんがお●っこ掛けられちゃったり薬をキメたり強姦されそうになったり監禁されちゃったりする話。

クロエたんが主演じゃなかったらすっげぇつまんない映画だと思う。
展開に何の捻りも無いし。

ただ、クロエたんファンとしては全く退屈しなかった。
主役だもんよ。
終始画面上に出ずっぱりだもん。
飽きる訳がない。
面白くない話だけどニヤニヤしながら観ている自分が居たw

ジュリエット・ルイスは人妻を演じる年齢になっちゃったんだねぇ。
私の中ではブラピとイチャイチャしていた頃の印象がまだ頭から抜け出さないわ。

ラスベガス行きが最終的にはロサンジェルス行きに変更されたけれど、クロエたんはその地で幸せを掴む事が出来るんやろうか。

ま、教訓としては

知らない人にひょいひょい付いて行ったらダメって事だね。
世の中良い人ばかりじゃない。
大概笑顔で近付いて来る人間は裏の顔も持ち合わせているから気をつけなくっちゃ。
数日間の中で彼らから得たものは発作を起こすフリ位か?(笑)
赤の他人に頼っても自分にとっては殆どプラスにならないってのが少しは解ったんじゃないかな。
そういう意味ではルリにとっての成長物語になったかもしれないね。
親も最低だし、信じる者は己のみって事で独立して生きていくのは大変だ。

後、障害者を馬鹿にするのは良くありません!

今作のクロエたん

親が親なら子もビッチ。
清純な役よりもこういう役の方が多いなぁ。
でもへそ出しホットパンツ姿がえらくセクシーだった。
後、クロエたんのムチムチな体は堪らんねぇ。
それと、まだちょっと幼さが残っている顔に大人びいた表情を付け足されるとドキッとさせられるわぁ。
正に天使な笑顔も最高であります。
本作で確認出来たんだけど、クロエたんは髪の毛を黒色にすると恐ろしい程に似合わないってのがよーく解りました。

評価:★★★
13/02/21DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-20
メーカー:アース・スター エンターテインメント

HICK
2011年
アメリカ
95分
ドラマ/青春
PG12
劇場公開(2012/11/24)



監督:デリック・マルティーニ
出演:
クロエ・グレース・モレッツ『ダーク・シャドウ』・・・ルリ
エディ・レッドメイン『イエロー・ハンカチーフ』・・・エディ
レイ・マッキノン『テイク・シェルター』・・・ロイド
ロリー・カルキン『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』・・・クレメント
ジュリエット・ルイス『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』・・・タミー
ブレイク・ライヴリー『グリーン・ランタン』・・・グレンダ
アレック・ボールドウィン『ディパーテッド』・・・ボウ

<ストーリー>
両親に見捨てられた思春期の少女が、衝動的に家を飛び出し、危険な一人旅の中で様々な出会いと経験を重ねていく姿を描く。


オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (4)

THE GREY 凍える太陽

2013年02月20日 23時21分29秒 | 洋画アクション
生き残れ。本能が叫んでいる。

-感想-

極寒の猛威と狼の脅威に立ち向かう一人のおっさんの姿を描いたアクション映画。

主人公を演じるのは戦うおっさんと云えばこの人リーアム・ニーソン。
飛行機が墜落してからは生き残った7人のリーダーとなって雪原を水辺を、そして山を激走する!!

そう、この映画、走ってばかりです。
狼と戦うシーンがないのです。
罠とか何かしら対策を練って襲い来る狼の群れと激闘を繰り広げるのかと期待してたんですがねぇ。
逃げてばかりじゃつまんないでしょう。
おっさんは狼ハンターという肩書きがあるにも関わらず、それを生かしたアクションが皆無ってのは正直ガッカリです。
ラストでは辿り着いた先が狼の巣だった為に、群れのヌシみたいなのとタイマン勝負になるのですが、さぁようやくここで一番の盛り上がりが見れるのかと胸ワクさせていれば・・・

ぷつっ

えぇ~!?
見せないのかよ!

エンドロール後にワンカットありますが、おっさんはどうなったのか良く解りません。
鑑賞者に判断を委ねるなんて、そんな中途半端な描写いらんわ。

おぉぉ!って思える映画じゃなく、はぁ~って思う映画でした。

音量を結構上げて観ているとビクッてなるシーンがそこそこにあります。
安心しきってた所に「わん!」みたいな。
それと序盤の飛行機墜落シーンは割りとリアルに作られていて見応えはありました。
この辺くらいかなぁ面白いと思ったのは。

アクションシーンよりも、仲間内でいがみ合っているシーンや、下品なおっさんトークで盛り上がっているシーン、寒さでガクガク震えているシーンなんかで大半を占めているので今一つ展開に乗れない。
そういうのを観たかったんじゃないんだけどなぁ。
じゃあ何が観たかったのかって?
そりゃあ狼をタコ殴りにして首を圧し折り口を裂いて「どないや!」と満面のドヤ顔をするサバイバル術に長けたおっさんの勇姿でしょ。

評価:★★★
13/02/20DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-06
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

THE GREY
2012年
アメリカ
117分
アクション/アドベンチャー
PG12
劇場公開(2012/08/18)



監督:ジョー・カーナハン『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』
製作:
ジョー・カーナハン
リドリー・スコット

製作総指揮:トニー・スコット
脚本:ジョー・カーナハン
出演:
リーアム・ニーソン『ダークナイト ライジング』・・・オットウェイ
フランク・グリロ『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』・・・ディアス
ダーモット・マローニー『7デイズ』・・・タルゲット
ダラス・ロバーツ『シスターズ』・・・ヘンリック
ジョー・アンダーソン『クレイジーズ』・・・フラナリー
ノンソー・アノジー『コナン・ザ・バーバリアン』・・・バーク
ジェームズ・バッジ・デール『ディパーテッド』・・・ルウェンデン

<ストーリー>
飛行機事故により、アラスカの雪原に放り出された7人の男たち。大自然の猛威と狼が襲い掛かる中、生死を賭けた闘いを描く。


オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (14)