銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ON AIR オンエア 脳・内・感・染

2011年04月30日 23時14分06秒 | 洋画ホラー
PONTYPOOL/08年/加/97分/ホラー/劇場未公開
監督:ブルース・マクドナルド
出演:スティーヴン・マクハティ、リサ・フール、ジョージナ・ライリー

<ストーリー>
雪深い田舎町で謎のウイルスが発生。ウイルスは言葉を媒体として町中に広がり、感染した住民は凶暴化。そんな中、ラジオ局に取り残されたDJ・マジーとスタッフは…。

<感想>
設定、雰囲気的には『レディオ・オブ・ザ・デッド』と何となく似ているよね。

進み方としてはこっちの方が若干、怖い意味でも面白かったかな。

退屈な前半を乗り越えれば、そこそこ観れる作品かと。
私?
勿論、寝てましたよ!ハハっ
はっと目を覚ましたら、DJが外を伺いに玄関に向かっているシーンでした。

部分設定は良い感じになっていますね。
言葉を介して感染が拡大している辺りや、英語だけがやばいのでDJ達がフランス語で場を凌いでいる所とか。

壊れたレコード盤みたいになりだしたら発症確定

ていうのも中々。
若い女性スタッフが、DJブースにドッシンドッシン突進して、噴射ゲロ吐く所なんて変に気持ち悪過ぎやて^^;

けど、肝心な部分が私の頭では理解出来なかった。
特にラストシーン。
マイクに向かってのやりとりは何じゃ?
感染を防ぐ方法としての言葉を理解させない為の手段やと思うんやけど、言葉の羅列が意味不明。
あ、それ以上に意味フーだったのがエンドロール後の白黒映像。

わ・・・わからん、わからんぞ・・・??
どういう事?

う~ん、すっきりしないっす。

評価:★★
11/04/30DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-02-02
メーカー:アット エンタテインメント
コメント (2)

携帯彼氏

2011年04月30日 22時24分15秒 | 邦画ホラー
09年/日本/102分/ミステリーサスペンス・ロマンス/劇場公開
監督:船曳真珠
原作:kagen(魔法のiらんど)

出演:川島海荷、朝倉あき、石黒英雄、小木茂光、星野真里

<ストーリー>
真由美が謎の言葉を残して自殺。同級生の里美と由香は、死の真相を探るため彼女の携帯に残された“携帯彼氏”をダウンロードするが…。
<感想>
個人的に今お気に入りな川島海荷ちゃんの作品何かないかと探って、これを鑑賞。
本作を観て新たに気付いたのは、彼女、目が凄く綺麗。
この目のきらめきが可愛さに繋がっているんだろうな。

一度難を逃れておきながら、また懲りずに「携帯彼氏」を始める友人・由香の暴挙ぶりに

「こいつ真正バカやろっ」

と思わず声に出しちゃった。

そんなバカ友の為に身を危険に晒す必要無いよ、海荷ちゃん。
ほっときゃいいのに・・・て、それじゃ映画にならんか。

「携帯彼氏」に登録すると送られてくるのが、アニメじゃなく実写。
その男どもの顔が無茶苦茶キモい。
そんなのに疑似恋愛する女って、ちょっと引くわ~。

「気持ち悪過ぎ・・・」

海荷ちゃんの一言には大きく頷いてしまった。

そんな海荷ちゃんは所謂巻き込まれ役で、勝手にダウンロードされちゃったが為に、死に怯えながらも、バカ友を助ける事を優先に真相を突き止めていく。

ええ子や~。
顔もチャーミングやけど、心もチャーミングやねぇ。

話としてはホラータッチなサスペンス展開だけど、最終的にはラブロマンスものとなっている。

互いに恥ずかしくて言えなかった

「愛しているよ」

その言葉を告げられた事で、助けてくれた先輩が成仏していく所はプチ感動。

「新しい恋に頑張っちゃうぞ!」
と前向きな海荷ちゃんの姿に

俺でよければ

とふと思った事は内密にして頂きたい。

オフィシャル・サイト

参考:
『携帯彼氏(2009)』
『携帯彼女(2011)』

評価:★★☆海荷ちゃんには★4つ進呈
11/04/30DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-21
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
コメント (6)   トラックバック (8)

シュレック フォーエバー

2011年04月30日 21時43分44秒 | アニメ(国外)
SHREK FOREVER AFTER/10年/米/93分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開
監督:マイク・ミッチェル
声の出演:マイク・マイヤーズ、キャメロン・ディアス、エディ・マーフィ、アントニオ・バンデラス、ウォルト・ドーン
声の出演(日本語吹替版):濱田雅功、藤原紀香、山寺宏一、竹中直人、劇団ひとり

<ストーリー>
最愛の家族と幸せに暮らしながら、自由気ままな怪物だった頃を懐かしく思うシュレック。そんな時、ペテン師の魔法使いが「1日だけ元の怪物に戻してあげよう」と持ち掛けてきて…。
<感想>
シリーズ第4弾にして最終章。

家族に囲まれ幸せ一杯な生活を送っていたシュレックが、怪物呼ばわりされていた昔を懐かしみ、ペテン魔法使いの誘いに乗ってしまったが為に、シュレックが存在しない世界に迷い込んでしまう話。

普通。

ていうかえらく内容がベタ。
シリーズ中、一番地味な話かもしんない。

とりわけ目立った場面もなく、本当に普通な印象を受けた。

デブッても猫のうるうるお目目には爆笑。
可愛過ぎやろっ!

正直ここ位、笑ったのは。

唯一ツッコミ入れたのは魔法使いの名前。

ランプルスティルスキン

濱田雅功の舌噛みそうな発音に、そりゃあこんな長い名前、言い難いやろな、と苦笑でしたわ。
そのランプルスぶちっ(痛っ)・・・の吹き替えを担当していた劇団ひとりが思った以上に上手かったのが驚き。
というか、それを知るまで普通にベテラン声優さんが当てているのかと思ってた。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『シュレック(2001)』(第1作)
『シュレック2(2004)』(第2作)
『シュレック3(2007)』(第3作)
『シュレック フォーエバー(2010)』(第4作)
『長ぐつをはいたネコ(2011)』(スピンオフ)

評価:★★☆
11/04/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-28
メーカー:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
コメント (4)   トラックバック (14)

アンストッパブル

2011年04月30日 21時06分48秒 | 洋画アクション
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開
監督:トニー・スコット
製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース

出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー

<ストーリー>
整備員のミスが原因で大量の化学薬品を積んだ貨物列車が暴走する事故が発生。同じ路線に居合わせたふたりの機関士が列車を追跡し、惨事を食い止めようと奔走する。
<感想>
極力CGに頼らず、リアルさを追求するが故に本物の列車を走らせて撮影した臨場感溢れる演出には緊張感をも生み出す。

無人で列車が暴走し始めてからはハラハラしっ放し。

画面にはほぼ暴走列車しか映っていないのに、これ程までに緊迫した雰囲気を味あわせてくれるのは、監督の演出表現の巧さそのものにあるのだろう。

独特なカメラワークを駆使する事で暴走列車のスピード感、モンスター感、無敵感というものがしっかりと感じ取れて、人がそう簡単に太刀打ちできない圧倒的存在感が実に恐ろしく出来上がっている。

唸り声を上げてレール上を猛突進していく怪物

私にはそのように目に映った。

ベテラン機関士と新米車掌という凸凹ペアも、それぞれの家族事情が裏背景としてきちんと描かれているので、2人の安否を案ずる人々の姿が感動させる点としても成り立っているし、それがある事で、危険を顧みない2人の行動に被さる英雄像が観る者に応援心を抱かせ、最後には清々しくも表情から観て取れる達成感に一入感動させてくれるのだ。

だからか、フランクが列車の屋根で両腕を突き上げ成功を喜ぶ姿には、素直にグッとくるものがあったんだろう。

テンポが落ちない展開に迫力ある映像をダイナミックに付け足した事で、極上のパニック・エンターテイメントとしての仕上げに成功している。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★☆
11/04/29ブルーレイ鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-27
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
コメント (12)   トラックバック (58)

切り株画像(映画『リーカー 地獄のモーテル』『リーカー ザ・ライジング』より、人体損壊は死の前兆)

2011年04月28日 22時34分56秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
リーカー現れる所、死の布石。
切り株をもって現実を受け止めろ。

1枚目

「ママ~、パパの顔が半分ないよ~!!」

2枚目

「逃げろ!黒いヤツに襲われるぞ~」

3枚目

事故の代償は大きい。

レヴュー:『リーカー 地獄のモーテル』

4枚目

「うおえっ!お前、自分の顔、鏡で見てみろよ・・・」

5枚目

「・・・」
切り株度(3/5)

レヴュー:『リーカー ザ・ライジング』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

リーカー ザ・ライジング

2011年04月28日 21時55分20秒 | 洋画ホラー
NO MAN'S LAND: THE RISE OF REEKER/08年/米/88分/ホラー/劇場未公開
監督:デイヴ・ペイン
製作:デイヴ・ペイン
脚本:デイヴ・ペイン
音楽:デイヴ・ペイン

出演:マーセア・モンロー、マイケル・ミューニー、スティーヴン・マルティネス、デズモンド・アスキュー

<ストーリー>
78年、若き警官・マカリスターは、ハイウェイをパトロール中に血の付いたタイヤホイールを発見する。さらに、発見現場近くにある悪臭漂う不気味な小屋から散乱した死体が見付かり…。

<感想>
前作から3年後に作られた前日譚となるシリーズ2作目。
リーカー誕生秘話を綴ったシーンなんかがあるが、正直別にこれはいらないんじゃないかなぁ。

謎の殺人鬼、というよりかは、異空間での死に神扱いで十分説明つくと思うし、それの方が雰囲気としては出来上がっていると思えるんだよね。

1作目で、どういう映画なのかってのが分かったので、先の楽しみ、所謂ラストで明かされる真相に期待しちゃう所に大きな楽しみが奪われてしまうのが残念。
そりゃあ話の味付けとしては前作と同じ事をやっているんだから驚きも薄まるよね。
これが続編の悲しき運命ってやつかな。

でもまぁ、異空間での死に方が、実際現実世界ではどういう風に死に繋がっていたのかという興味は出てくるけれども。

見えない壁に車がぶつかって破壊されたり、頭部損壊の男が歩き回ったりと、前作同様、演出面、特に見劣りしない特殊メイクの作り込みには巧さを抱かせてくれる。

よどんだ感じで襲い来るリーカーの姿も不気味過ぎて素敵。

一発勝負アイデアで作られた映画なんで、普通に観る分には楽しめるが、やっぱりこういうのはシリーズ化せず1作で終わらせておくべきなのかもしんないな。

2作同時リリースされたので、間違っても2作目である本作から観ないように気をつければ、1作目で十分驚かされるし、2作目で程良い鑑賞時間を過ごせるかと思います。

逆から観たら、それは損なわれるのでご用心を。

オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『リーカー 地獄のモーテル(2005)』(第1作)
『リーカー ザ・ライジング(2008)』(第2作)

評価:★★☆
11/04/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-27
メーカー:ギャガ・コミュニケーションズ

切り株画像はこちら
コメント (2)

リーカー 地獄のモーテル

2011年04月28日 21時24分44秒 | 洋画ホラー
REEKER/05年/米/92分/ホラー/劇場未公開
監督:デイヴ・ペイン
製作:デイヴ・ペイン
脚本:デイヴ・ペイン
音楽:デイヴ・ペイン

出演:デヴォン・ガマーソール、デレク・リチャードソン、アリエル・ケベル、マイケル・アイアンサイド

<ストーリー>
ハイウェイを走る車に乗った5人の若い男女は、これから向かうパーティーのことで盛り上がっていたが、車が突然止まってしまう。5人はやっとの思いで1軒のホテルにたどり着くが…。

<感想>
DVDパッケージが割とカッコいい、密かに期待していた作品。

てっきり猟奇殺人鬼ホラーかと思って観始めたんだが、画面中ではえらい事が次々と起こっているのに、そのどれもが突発過ぎて、何がどうなっているのか分からない。

ガス漏れみたいなよどんだ空気が流れた次の瞬間、無惨な姿で人が死んでいる

これが、何の説明も無くぼんぼんと出てくる。

又は、人体の一部が破損しているのに、動き回ってるという描写もある。

一体全体どうなってんの?

観客完全置いてけぼりなんだが、最後には恐らく凄いオチがあるんだろうな、という予想を立てながら観ていたら、これが思ってた以上に驚いたオチだった。

何故に

男はガラスで首を切って死んだのか

男は片腕を失ったのか

女はトイレで死んだのか

男はトレーラー内で死んでいたのか

これら全てのquestionが、驚愕のラストシーンで見事に出揃い、answerとなっている。

生と死の狭間の世界。

異空間での死に方が、現実の死と直結していたという、観る者を惑わせながらも最後には納得感を味わせてくれる、実にアイデア溢れる秀作!!

オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『リーカー 地獄のモーテル(2005)』(第1作)
『リーカー ザ・ライジング(2008)』(第2作)

評価:★★★☆
11/04/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-27
メーカー:ギャガ・コミュニケーションズ

切り株画像はこちら
コメント (4)

デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~

2011年04月28日 20時24分29秒 | 洋画コメディ
DUE DATE/10年/米/95分/コメディ/R15+/劇場公開
監督:トッド・フィリップス
製作:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス

出演:ロバート・ダウニー・Jr、ザック・ガリフィナーキス、ミシェル・モナハン、ジュリエット・ルイス、ジェイミー・フォックス、トッド・フィリップス、チャーリー・シーン

<ストーリー>
妻の出産を5日後に控えたピーターは、アトランタから飛行機に乗車。しかし、妙な男・イーサンのせいでテロリストと疑われ、搭乗を拒否される。
<感想>
そんなクソガキ、大人の教育しちゃって下さい!!

流石のワルオヤジ、ダウニーだ。
まさかみぞおちにパンチを食らわせて黙らせるとは思わなんだ(笑)。

これ、どういうコメディなの?
珍道中というよりかは、単なる巻き込まれコメディ?

無神経すぎるイーサンの行動に笑えばいいのかなぁ。
これだけ無茶苦茶に振り回されておきながら、普通に和解している辺りが私的にすっきりしないんだよね~。

イーサンの何処の部分に友情を感じたのか、物語を見る限りでは謎。
どう考えても、イーサンに出会えなければ、出産に無傷で立ち会えたでしょうに。
ピーター、ボロボロやん。
それでも軽く許しちゃう所に、ピーターの性格を考えると、どうにも納得いかないんだけど。

ピーターの事を考えて、家屋毎脱走企てたり、妻のいる病院まで車飛ばしたりしていたけれど、事の発端は全部イーサンのヘマから起こった訳で、私なら、感謝どころか蹴りの一発位お見舞いしてうっぷん晴らしているとは思うし、絶対ダチにはしたくねぇよ、こんなやつ。

色んな事が起きる中、お互いに助け合い協力し合い、その長旅の末に絆が深まった

という訳でもなく、どうにも2人の友情の形に納得いく説明さが無く、腑に落ちないのよね。

キモデブにテロリスト呼ばわりされて飛行機を降ろされ、車に同乗したは良いが居眠り運転で事故を起こし腕を負傷し、メキシコ国境では不審者扱いされて拘束、挙句には暴発した拳銃の弾が命中して更に負傷、ようやく着いた病院ではへその緒を赤の他人に切られて

ありがとう

って、意味分からんわ!

愛犬がシコシコした位では笑えんぞ。
実は、缶の中身は遺灰ではなくコカインでした、位の大ボケかまさんかいっ!

その変わりと言っちゃ何だが、チャーリー・シーンの一言は自虐ネタでナイスだ。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
11/04/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-27
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (6)   トラックバック (18)

30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズ

2011年04月28日 20時20分13秒 | 洋画ホラー
30 DAYS OF NIGHT: DARK DAYS/10年/米/92分/ヴァンパイア・アクション・ホラー/オリジナルビデオ
監督:ベン・ケタイ
出演:キエレ・サンチェス、リス・コイロ

<ストーリー>
夫の命をヴァンパイアたちに奪われたステラは同じ境遇のポールらと知り合い、復讐を決意。ロサンゼルスの奥深くへと足を踏み入れ、ヴァンパイアの根絶を画策するが…。

<感想>
何時の間にやら続編が出来てました第4弾。
(第1弾はこちら。第2弾はこちら。第3弾はこちら。)

前作のラストシーンからの回想から入るので、なんちゃってジョシュ・ハートネットが出てきます。
最後でも出てきます。
でもどう見てもジョシュではありません。
だからなんちゃってジョシュです。

本作の主人公となるステラ役の女優も交代してます。
ぶっちゃけこちらの方が美人です!!
スパルタ兵みたいな顔したおっさんとHするシーンがあるのですが、この時の彼女の体が物凄く綺麗でウットリしちゃいます。
でもハメハメする時位はブラを取って欲しいものです。
男はおっぱい見ながらハメハメしてこそ興奮するんです。

その前に、傷の手当てをしてくれただけで、Hに発展するのは展開上無理矢理過ぎではないかと。

冒頭でのステラによる公演で

「この中にヴァンパイアが潜んでいます」

客、苦笑。

「笑われるのには慣れているわ。光を付けて頂戴!」

場内に設置された対ヴァンパイア用ライト作動。

「ぐぎゃ~~~~~~~~~」

客に紛れこんでいたヴァンパイア悲鳴、焼身。
他の客、驚いて場内大混乱。

ステラ、ドヤ顔!!

ここが一番面白かったような気がする。

映画の大半は、地下道やら、船内で銃撃戦やっているんだが、敵に真っ向から対決するというよりかは、突然目の前に現れたヴァンパイアに驚いて、闇雲に乱射している感じ。

やってやるぜ!と意気込んで乗り込んだ割には、皆ちょっと逃げ腰なんだが(笑)。

石なんかで顔面が崩壊するまで殴りつけたりするのもあるけれど、そこも

「いや、こっちにこないで!いやいや、いや~~~~」

みたいな成行きからの無我夢中的動作。

本当に心底からやる気あるのかこいつら。

で、船内でヴァンパイア達によるある行為をステラが陰から覗き見した事で、やめときゃ良いのに、それを試してしまうラスト。

そりゃあそうなるだろう、という余りにもお粗末な結果に君は笑って許せるか!?

関連作:『30デイズ・ナイト』(シリーズ1作目)

評価:★★☆
11/04/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-27
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コメント (4)   トラックバック (5)

霊能力者 小田霧響子の嘘

2011年04月27日 08時32分36秒 | 邦画コメディ
10年/日本/ミステリー・コメディ/TVドラマ
演出:常廣丈太、本橋圭太
ナレーター:永井一郎

出演:石原さとみ、谷原章介、大島優子、三浦理恵子、竹内寿、篠原真衣

<ストーリー>
表向きは多くのファンを抱えるカリスマ霊能力者だが、実はオーラの欠片もない普通の女の子・小田霧響子が、偽りの霊能力を駆使して事件に立ち向かう。
<感想>
偽霊能力者

事件を解決へと導く洞察力

生まれながらの推理力

お馬鹿担当な相棒

各話豪華なゲスト出演者

もろ「トリック」かと。

けど、寝ても覚めても石原さとみ愛!な私としてはそれも許す。

パソコンの壁紙はさとみたん

部屋の壁には毎年購入したさとみたんカレンダー

これだけさとみLOVEにも関わらず、実はあんまり彼女の作品観ていない。
ぶっちゃけこれもOA時は観ていない。
てか夜の23時放映って・・・。

お休みタイムじゃねぇか。

まぁぶっちゃけ面白くないんだろうな、と思いつつ、とりあえず1巻を借りてみたんだが、これが、意外とツボだった。

霊能力者を演じている大真面目なさとみたんと、事件を捜査する際のオーラゼロ、むしろお馬鹿すぎるさとみたんのギャップの差が、私的にはギュッとしたくなる程のきゃわいさで、話どうこうよりも、さとみたん観ているだけで平和な気分。

色んな表情で和ませてくれる、楽しませてくれる、愛を増幅させてくれるさとみたんがそこにいるだけでオラは満足だ。

「私には見えています」

あの衣装は反則的にエロ過ぎて、もうメロメロっす。
次巻もレンタル決定!

さとみたんの可愛さは顔だけじゃない。
心の涼しみや、お茶目な仕草にもある。

結婚するまで彼女のみ深く愛する事を改めて誓った次第であります。

オフィシャル・サイト

評価:★★★☆さとみたんには問答無用に★5つ
11/04/26DVD鑑賞(新作)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-03-30
メーカー:テレビ朝日

映画とは関係ないけれど、大好きな石原さとみたんの新CMを観て、になっちゃったので、何時でも私が観れるように貼っておきます

何なんだこの可愛さは俺の嫁になれ