銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ミッシング・レポート

2019年05月13日 13時20分19秒 | 洋画その他(ドキュメetc.)
Spinning Man
2018年
アメリカ
100分
ミステリー
劇場未公開



監督:
サイモン・カイザー
原作:
ジョージ・ハラ『悩み多き哲学者の災難』
出演:
ガイ・ピアース
ピアース・ブロスナン
ミニー・ドライヴァー
ジェイミー・ケネディ
アレクサンドラ・シップ
オデイア・ラッシュ
クラーク・グレッグ




<ストーリー>
大学で哲学を教えているエヴァンは、妻とふたりの子どもたちと幸せに暮らしていた。ところがある日、ひとりの女子学生が失踪し、刑事がエヴァンに疑いの目を向け始める。

―感想―

主人公が男として夫としてしっかりしていればこういう濡れ衣を着せられることもなかっただろうよ。
やましい事がないのなら堂々とすればいいのだが、この主人公、なんか良く分らん病気抱えているだよね。
それを事件解決してから「実は・・・」と担当刑事に暴露しても「知らんがな、もう帰れ」そうなるわな。

途中までは犯人なのか否かの疑心暗鬼が生まれてそこそこ興味深く観てたんだけど、ラストがどうにも締まりが悪い。
主人公のその良く分らん病気が鍵を握っているかのように見せかけておきながら、失踪事件は主人公ほったらかしで検死の結果から警察側の一方的な見解で捜査終了。
単に無関係だった大学の先生が巻き込まれただけの話だった。
病気のせいにしちゃいかんだろうけど、自分の記憶に自信が持てず捜査中もふらふらしている主人公が悪い、だから怪しまれる(家族からも)。
当然だ。

評価:★★☆
19/05/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-04-02
メーカー:ギャガ

コメント

トラックバック

クリミナル・タウン

2019年01月22日 14時05分47秒 | 洋画その他(ドキュメetc.)
NOVEMBER CRIMINALS
2017年
アメリカ
86分
ミステリー/青春/犯罪
劇場公開(2018/08/25)



監督:
サーシャ・ガヴァシ
原作:
サム・マンソン『クリミナル・タウン』
脚本:
サーシャ・ガヴァシ
出演:
クロエ・グレース・モレッツフィービー
アンセル・エルゴートアディソン・シャクト
デヴィッド・ストラザーンテオ・シャクト
キャサリン・キーナーフィオナ



<ストーリー>
“優等生”ケビンがバイト中、何者かに射殺されてしまう。警察や学校の不可解な対応に疑問を持った親友のアディソンは、幼馴染みのフィービーと共に犯人を追い始める。

真実が潜む場所は、どこだ。

―感想―

こりゃダメだ、何の面白味もない映画。
友人が殺されたからと自ら事件に首突っ込む主人公が「まさか・・・あいつが」と絶句する話。

ほらニュースとかで良く流れますやん。
「なんで彼が殺されなければいけなかったのか分からない。彼は学校では優等生でした」
てインタビュー受けている同級生の映像。

「知らぬが仏」という言葉がある通り、優等生と言われている人間に限って裏の顔があるてやつだね。
本作で殺された黒人青年もそう。
実はバリバリの悪だった、そんな真実が明るみになり、殺された理由もバカにされたから、の逆恨み。

あいつは良い奴だった、で終わっておけばよかったのよ。
変に調べ上げたりするから嫌な部分まで目についてしまう羽目となる。

世間から冷たい目で見られる主人公の恋人役をクロエ・グレース・モレッツ。
彼女みたく余り関わらない方が身のため。
結局撃たれるのだから、痛い思いをしてまで彼は何か得した事があったのか?と思いたくなる内容だった。
どうやらヤング小説が原作のようで、それを後で知って、なるほど中身の薄い仕上がりになるのも必然的だったのかもねと納得した。

今作のクロエちゃん図鑑

かーいーのぉ。
しかも処女設定ときた。

こんなん直に言われたら、鼻息荒くしながら車ぶっ飛ばしてホテル直行よ!

事後のベッドで横たわるクロエちゃん観て気付いたんだけど、水泳選手並みに肩幅広いのね。

評価:★★☆
19/01/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-01-09
メーカー:ギャガ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

Re:デッド

2018年12月14日 11時55分22秒 | 洋画その他(ドキュメetc.)
SHANDA′S RIVER
2018年
イタリア
90分
SF/スリラー
R-15
劇場未公開




監督:
マルコ・ロッソン
出演:
マルゲリータ・レモッティ
クラウディア・マラス
ディエゴ・ランコ
マーセラ・ブラーガ




<ストーリー>
大学の助教授・エマは魔女狩り研究のため、ツアーガイドのジュリアが運転する車でシャンダ川に向かっていた。しかし、途中で車が故障してしまう。そこに突然何者かが現れ、エマを殺害するが…。

―感想―

魔女狩り研究をするはずが何時の間にやら殺され続けるループ地獄に陥る主人公がこちら。

無駄なサービス精神で脱ぎまくってくれますが、おばちゃんです。

ケツの割れ目も大判振る舞い、年増好きには堪らんね♪

俺は年下好きなんじゃ!!

全然ムラムラしないからもうおっぱいはいいよ。

腸ぐちゃぐちゃ取り出したり、それを無理矢理食わせたり、ナイフで首を掻っ切ったりと、グロ描写はそれなりに頑張っているけれど、同じシーン繰り返しが起点なので若干飽きてくる。
あの、毎回起きた時に時計をチェックするのは何なん?
朝の4時てのはもう分かったっちゅうねん。
そこから殺される時間までに解決策を見つけ出したんでしょ?
で、進歩してんのか?しているみたいやけど、訳分かりませんww


何言ってんだこいつw
どうにも監督が適当に考えた呪文臭い言葉だな。


結局オチとしては主人公が魔女だったて事でしょうか。

俺の頭では到底理解出来ないストーリー。

冒頭で「どや!わいのこの映画、色んな映画祭で賞貰ったんやで!!」

そう言われても・・・て感じ。
殆どが世に余り知られてない映画祭ばかりなんでしょうよどうせ。

因みに本作、エンドロールが終わり、そのままメイン画面に戻るのかと思いきや、おまけの映像が流れ始めます。
それ観て、へえ!!てはならんけどな。

評価:★★
18/12/13DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-12-05
メーカー:アドニスSQ(アメイジングD.C.)

コメント

トラックバック

デイ・アフター

2018年08月31日 13時27分10秒 | 洋画その他(ドキュメetc.)
LOCKDOWN: TODLICHES ERVACHEN
2017年
ドイツ
85分
パニック
劇場未公開



監督:
ボグダナ・ヴェラ・ローレンツ
脚本:
ボグダナ・ヴェラ・ローレンツ
出演:
アリス・ドワイヤー
ジェフ・ウィルブッシュ
ゲッツ・シュルテ
マクシミリアン・メイヤー・ブレッジナイダー




<ストーリー>
目を覚ましたリヴの前に、恋人・レックスと「君たちを救うためにここへ連れて来た」と話す見知らぬ男がいた。外の世界は既に滅びたと主張する男と3人で、シェルターでの奇妙な共同生活が始まる。

―感想―

「外には行っちゃいけねえ」系で、嘘でしたていうのは殆どない気がする。
これもそう。
主人公達は監禁したおっさんの言葉は全部妄想だと決めつけて、必死に脱出を図りやっとこさ日差しを浴びるも、え!?マジやったんかいな!!となる。
たまには裏切って来る展開も観てみたいやね。

貴方が言っていた事は正しかったわ、救助が来たから脱出しましょう

おっさんからしたら「今更何やねん!散々嘘つくな言うてた癖に!!」的な心境でしょうな。
監禁されたカップルは自業自得。
お前らのせいで街がこうなった、のだから責められて当然、殺されて当たり前。
おっさんの遣り方は正しくないかもしれないが、それでも真相を暴露し、監禁という名目で命救ってくれたのだから感謝はするべき。
だから、最後、彼女は彼氏の反撃で負傷したおっさんだけは助けようと、一緒に外へと出た、まあギブアンドテイクて事やろね。

ダニー・ボイル絶賛てあるけれど、ほんまかいな。
何処をどう絶賛したのかさっぱり分からん位に、話的にはつまらなかったんですが。
それに釣られて借りた俺もバカだが、それでも多少見所はあるかもと期待したんだがね、無かったね、うん。

評価:★★
18/08/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-08-03
メーカー:アドニスSQ(アメイジングD.C.)

コメント

トラックバック

HUNT/餌 ハント・エサ

2018年08月29日 19時34分05秒 | 洋画その他(ドキュメetc.)
PREY
2017年
オランダ
107分
パニック
劇場未公開




監督:
ディック・マース
製作:
ディック・マース
脚本:
ディック・マース
音楽:
ディック・マース
出演:
ソフィー・ヴァン・ウィンデン
ジュリアン・ルーマン
マーク・フロスト
リナス・クルル




<ストーリー>
アムステルダム郊外で牧場を営む家族の惨殺死体が発見される。相談を受けた動物園の獣医・リジーは死体の様子から、獰猛で攻撃的なライオンの仕業と特定するが、警察はそれを信じず…。

―感想―

アムステルダム内に何匹放し飼いされてるねんww
そんな2段オチとラストでしたが、個人的には中々楽しく観れた作品でした。


「俺はプロのライオンハンター、ささっと始末してやるぜ!」

ちーん。。。


「私がプロのライオンハンター、全て私に任せなさ~い!!」

ちーん。。。

ま、同じ“自称”プロでも腕の良さは雲泥の差。
前者はバカ親子だから、勝手に自滅という情けなさ。
後者は片足が無い車椅子姿であれども、的確な判断が出来、きちんと敵を追い詰めます。
只、脚が無い分、相手も賢く獰猛なだけあって苦戦しまくり健常者同様な動きも不可能とあって大激闘の末に重傷、肝心な始末をする前にへばってしまうので、その役目は元カノでもある主人公の獣医が務める羽目に。
不名誉な死、名誉な死、かなり大きな違いのあるプロ2人ではありました。

ライオンと車椅子との追いかけっこバトルシーン、酷い程の合成(丸分かり)映像でしたが(笑)、ライオンそのものは現実的でその辺は良かったね。
一部は本物、一部は作り物なのかな?そんなに違和感を抱かなかったよ。
獣医がワニの口に手を突っ込んで誤飲したスマホを取り出すシーンのワニは明らかな作り物でしょwて思ったけど。
リアルなライオンが、時には路面電車内で、時には児童公園で人間を襲う演出も恐怖感一杯に撮られていて、私は高く評価しています。

初めはライオンそのものの姿を映していないので、獣医も警察署長も本当に人食いライオンが街に潜んでいるのか疑心暗鬼なのよね。
そりゃあこんな住宅街にライオンがウロウロしているとは思わないもの。
結果的には獣医の予想通りにライオンが姿を見せて、街が大混乱を引き起こすのだが、少し思考を変えて実は全く別物の怪物が居た!とかの展開だったとしても面白かったかもしれないし、私はそういう話だったとしても許容していただろうな。
それだけ話の進み具合がダラダラせず適度にスムーズで適度にグロく楽しかったてのはあったねぇ。

評価:★★★☆
18/08/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-08-03
メーカー:インターフィルム

コメント

トラックバック

切り株画像はこちら