銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

婚前特急 -ジンセイは17から-

2011年10月31日 00時39分51秒 | 邦画ドラマ
09年/日本/27分/青春ドラマ/WEB
監督:前田弘二
主題歌:加藤ミリヤ 「People」

出演:吉高由里子、柳英里紗、藤原希、山下リオ、佐戸井けん太、国生さゆり

<ストーリー>
現在、5人の恋人を持つ24歳の池下チエ。高校時代に中学生と淡い恋を育んでいた彼女は、やがて50代の文筆家に乗り換え、その後も三角関係や四角関係に巻き込まれ…。
<感想>
auの携帯動画として配信されたドラマをDVDに纏めた作品。
正直ストーリーはどうでもいいです(オイ

吉高ちゃんのコス動画として観れば十分イケます。
私もそんなつもりで借りましたからワハハ。

セーラー服姿カワユスな~●^^●

率直な意見としては本編よりもメイキングの方が、素の吉高ちゃんを一杯観れて凄く良かったッス。
目元緩めながらデレッとした顔で吉高ちゃんの動き、表情一つ一つを瞬き惜しんで見つめてました。

それではいってみましょう。
チエちゃん、もとい吉高由里子5連発!





はぅ~たまらん。

関連作:
『婚前特急 -ジンセイは17から-(2009)』(ケータイ配信ドラマ第1弾)
『婚前特急(2011)』(映画版)

評価:★☆吉高由里子には★5つ
11/10/30DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-14
メーカー:KDDI



普段ドラマは観ない私ですが、吉高ちゃん観たいが為に月9の「私が恋愛できない理由」は毎週すっげぇ楽しみにしています。
で、そのドラマ観ていて、恥ずかしながら大島優子ちゃんにも淡い恋心を抱くようになっちゃった(笑)。
なんでかわっかんないんだけど、妙にこうなんかドキドキするんッスよ。
AKBなんて!と思っていたのに・・・。
で、興味本位で優子ちゃんのオフィシャルブログ「ゆうらりゆうこ」を覗いてみたんですが、UPされている本人の写メがヤバイ程かわゆい。
と言う訳で、最近の日課は優子ちゃんの記事を読んでコメント残す事だったり。
一推し記事は10/29の「吸い付き虫に気を付けろ!」
正直、1枚目の写メにある優子ちゃんの表情にはやられちゃったな~。

以上、私の他愛もないつぶやきでやんした。

私的推しメンBEST3
殿堂

石原さとみ

2位

吉高由里子

3位

大島優子

私の好み無茶苦茶か?^^;
コメント (2)   トラックバック (1)

パラダイス・キス

2011年10月26日 23時20分09秒 | 邦画ロマンス
11年/日本/116分/青春ロマンス・ドラマ/劇場公開
監督:新城毅彦
原作:矢沢あい
主題歌:YUI『HELLO ~Paradise Kiss~』
エンディングテーマ:YUI『YOU』

出演:北川景子、向井理、山本裕典、五十嵐隼士、大政絢、賀来賢人、加藤夏希

<ストーリー>
有名進学校に通う女子高生・早坂紫は、ある日専門学校の学園祭のショーモデルを頼まれ、そこでデザイナーの卵たちと知り合うが…。
<感想>
北川景子の女子高生姿はギリセーフかなぁ。

う~ん。。。
期待したほど胸キュンするシーンが無かったです。
原作が少女漫画だからもっとドキッとさせられたりジーンとさせられたりするのかと思っていたけれど、至って普通のロマンスって感じで、特別思い出深い場面にも出会えず、最後まで感情変化も無いまま観ちゃってました。

あ!そういや、実和子役の大政絢が良かった。
癒し系キャラってのも私的にツボだったけど、声がむちゃ可愛かったな~。
何気にいちゃつき後のブラ見せもオイシイww

それ位か(笑)。

まぁ北川景子が別に好みでもファンでもないし、向井理に至ってもイケメンとは思ってないし。
(じゃあ観るなよってか。暇潰しに借りただけだからねぇ。すまんね。)
てか、あのファッションで学校に乗り込んで来る向井理にすっげぇ引いた。
恥ずかし過ぎるだろ。
浮きまくりじゃねぇか。
こいつには羞恥心ってものがないのか。
反感買うかもしんないけれど、帽子も似合ってねぇし。
ダサッって思っちゃったら終わりやね。
一気に魅力感じなくなっちゃった。

本編最大の見せ場であるはずのファッション・ショーに関しても。
ここは大袈裟過ぎてもいいからもっと盛り上げるべきでしょ!
って思っちゃう位、地味。
北川景子と向井理とのキスシーンを撮りたいが為の前振り程度みたくなっちゃっている。
あの北川景子のウォーキングの何処に観客が魅了されて拍手喝采巻き起こしたのかも想像が付き難い。

2人のキスはラストのニューヨークにおけるアパートの一室でのワンシーンだけに絞った方が良かったんじゃないかなぁ。
お互い好きなのにそれを言えないまま離れ離れになっちゃって、それでも運命のいたずらか異国の地で出会った事で感情を抑えられなくなり、初めての口づけを交わすってなシチュエーションの方が絶対感動的なものになったと思うんだけど。

全体的に観て、どうにも私をドキドキさせてくれるような演出が凄く乏しい。
おもわずこっちまで照れてしまいそうな位の愛の表現を映し出して欲しかったな~。

優等生ぶった生真面目臭いロマンスはどうにも好きになれません。

好みの作品じゃなかったけれど不思議と退屈はしなかったのが救いかな。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
11/10/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-26
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
コメント (10)   トラックバック (14)

REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇

2011年10月26日 02時10分17秒 | 洋画ホラー
QUARANTINE 2: TERMINAL/11年/米/86分/細菌パニック・ホラー/劇場未公開
監督:ジョン・ポーグ
脚本:ジョン・ポーグ

出演:メルセデス・マソーン、ジョシュ・クック、マッティ・リプタク

<ストーリー>
ロサンゼルスを飛び立った小型旅客機内で突然乗客が激しく嘔吐し、凶暴化。危機を感じた機長は緊急着陸を決行するが、ターミナルは防護服を着た警官隊が包囲しており…。

<感想>
スパニッシュ・モンスター・パニックの傑作『REC/レック』のメリケン産リメイク『REC:レック/ザ・クアランティン』の続編。

オリジナルの方はパニック・ホラーからオカルト・ホラーへとジャンルを変えつつ、きちんとP.O.Vを抑えて面白怖く最高の変貌を遂げていました。

が、こちらは2作目でも感染パニックを継続してます。
前作の惨劇から間を置かず、舞台を飛行機へと移行。
乗客の1人が例のアパートから持ち出した実験用モルモットを機内に持ち込んだ事から、事態は一気に悪化。
デブがモルモットに噛まれた事で、ゲロを巻き散らしながら一気に狂人化。
次々と乗客に噛みつき、お仲間急増。
ゲロを舐めた猫も凶暴と化し、モルモット群も逃げ出した為、生き残りは一目散にターミナルへ。
しかし、後から後から感染者も物凄い勢いで追いかけてくる有様に、1人また1人と犠牲となっていく。

うわ~やっちゃったな~ってのが率直な感想。

だってこのシリーズってP.O.Vが売りでしょ?
それを廃してしまったら何の取り柄もないやん。
一応、終盤に暗視ゴーグル視点の描写はあるんやけど、ちっともドキドキさせる為の効果を発揮していないですし。

恐怖的な演出も薄く、はっきり言って全く怖くない。
感染者が襲ってくる辺りにも工夫というものが感じられず、単に細菌が広がって犠牲者が増えていく様を特にこれといった盛り上がりも見せず、足早に描いているだけ!

あれがこうなって結局そうなりました

という何ら捻りも味付けも無い、バカでも考え付きそうな平凡なストーリー展開。

いかに本家の方が続編作りの上手さが突出しているかが良く分かる。

大方予想はついていたけれど、やっぱり米人にオリジナルの続編作らせたら下手糞ですな。
アイデア勝負のこの時代に、変化球を交えず堂々とストレートで挑んで来る潔さには鼻で笑っちまうわ。
雰囲気だけは一丁前にホラーだが、面白いホラー、怖いホラーとしてはまるで成り立っていない。
誰が観てもダメだこりゃ、な一本。

本家の3作目は凄く観たいが、こちらの3作目はもういらんぞ!!

オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『REC:レック/ザ・クアランティン(2008)』(第1作)
『REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇』(2011)(第2作)

評価:★☆
11/10/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-26
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コメント (4)   トラックバック (1)

私がクマにキレた理由(わけ)

2011年10月26日 00時51分17秒 | 洋画コメディ
THE NANNY DIARIES/07年/米/106分/コメディ/劇場公開
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
原作:エマ・マクローリン『ティファニーで子育てを』

出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァンス
<ストーリー>
大学を卒業したばかりのアニーは、ある日事故に遭いそうになった少年を助けたことをきっかけに、彼の母親から子守りとして雇われる。
<感想>
「私の名前はアニーです」
と名乗った所
「え?ナニー(子守り)なの?だったらウチの子の世話をお願い」
と、何か成り行きでセレブ家庭の子守りをする事になった女性のお話。

子守りちゅうより、奴隷やん(笑)。

何せ奥様が自分勝手だし、世界は私を中心に回っているみたいな考えをお持ちになられているので、子供の事はほったらかしで自由気まま。

そんな彼女に振り回されっ放しのアニーはストレスが溜まる一方。

母親には内緒で始めた仕事故、ろくに電話で話も出来ない。
同じマンションに住む男性に好意を寄せるも、デートしたら即クビなのでアタックも出来ない。

苛々が募り仕事を辞めたいという気持ちが高ぶるも、子守りをしている少年グレイヤーがかなり自分を慕ってくれているので、どうにも決心がつかず。

そんなあやふやな気持ちでずるずるとナニーの仕事をし続けるアニーでしたが、遂に恋人の存在がバレてジ・エンド。

一方的に言いたい事言われて追い出され、最後に渡された給料ははした金。

ブッチ~ン

ときたアニーはクマにキレるのです。

クマとは縫いぐるみのクマさんで、その中には
‘ナニーカメラ’
が仕掛けられているのですが、それを見付けたアニーがカメラに向かって鬱憤を晴らすのです。

でもそこに映っていたのは、子供の面倒を一切見ない母親に対しての、アニーからの優しさとも取れるお願いが込められたセリフの数々でした。

それを観た奥様は心改めて・・・。

落ち着く所にきちんと落ち着いた感じの終わり方ですかね。
話の纏まり方は良いと思います。
けど、それほど心に残る様なストーリーではなかったかなぁ。
もうちょっと心が温まるものがあっても良かったんじゃないかな。
それとスカーレット・ヨハンソンの存在が余りにも薄過ぎます。
奥様を演じたローラ・リニーにインパクト有り過ぎってのもあるのですが。

退屈させない作りにはなっていますが、作品としては思っていた程コメディしておらず、普通な感じでした。

スカ嬢のピンクパンティもろ見せに全く色気を感じなかったは、多分紐パンじゃなかったからだろうな。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/10/25TV鑑賞(BS)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2009-11-06
メーカー:ショウゲート
コメント (4)   トラックバック (17)

マイティ・ソー

2011年10月22日 00時18分04秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開
監督:ケネス・ブラナー
製作総指揮:スタン・リー

出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキンス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェレミー・レナー

<ストーリー>
神の世界の戦士・ソーは、その傲慢さから神の国を危機にさらしてしまう。それに怒った父・オーディンは、ソーの力と権力を奪い地球に追放するが…。
<感想>
俺様神様、マイティ・ソー!!

CMで流れていたこのフレーズ結構好き。

神々の方たちが人間界の人々と関わって行く事で、どう話が弾んでいくのかと思っていましたが、ちょっとコメディ風味も味わえつつ、豪快なアクションも楽しめ、面白い作品になっていました。

序盤でのヨトゥンヘイム(氷の巨人がいる国ね)における筋肉王子ソーの豪快な暴れっぷりからしてワクワクしっ放し。
ムジョルニア(通称むにょむにょ(笑))を使ってのガッツン!ドッカン!は派手さが爆発しちゃって楽しかったな~。
スーパーマンみたく移動する姿も大袈裟で笑えちゃう。

王の怒りに触れ、追放されたソーが人間界に落ちた最初辺りは異国人交流みたくクスッとなります。
電流ビリビリや注射打たれて即行気絶するソーの情けない姿にププ。
ぼけぇと歩いていて車に激突されるソーが可笑しい過ぎ。
美味い!ガシャンッ、おかわり!!とか最高。
ペットショップ店員とのやりとりにもアハハ。
「馬をくれ!」だもん。

ロキが放ったデストロイヤーとコスプレ軍団(爆)との田舎町大決戦は、終盤に入る前の一番の見せ場。
高貴な心を得たソーが、ムジョルニアを手にした途端、人間の体から神の体へと戻る所はすっごくカッコ良い。
友もタジタジだったデストロイヤー相手に圧勝。
俺様最強!!
みたく粉塵の中から歩み出てくる堂々たるお姿に惚れ●^^●

そりゃあこんな男前で強くて紳士的なソーだったらジェーンもイチコロだわ。
うわ、もう辛抱たまらん!!
と、ジェーンの方から情熱的にキスしまくるのだから。
その気持ち、分かるわ~。

フォフォフォとバルタン星人みたく分身攻撃しかけてくるロキに対しても、流石王も素質を認めたソーだけあって苦戦ってのも殆どなし。
全編、ソーの一人舞台って程で圧倒的な力の強さを見せつけてくれて爽快でした。
だから、余計にウォリアーズ・スリーの影の薄さを痛感されられちゃいましたね。
なんか余り役に立ってないんだもん浅野忠信。

強さの他に愛と優しさも学び、一回りも二回りも成長したソー様の地球を見降ろしジェーンを想う眼差しがとっても素敵で御座いました。

本作もお約束通り、エンドロール後に『アベンジャーズ』とリンクするシーンがありましたが、ふふっ、そうは簡単にはくたばりませんってか、悪玉ロキさん。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『マイティ・ソー(2011)』(第1作)
『アベンジャーズ(2012)』
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』(第2作)
『マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)』(第3作)

評価:★★★★
11/10/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-21
メーカー:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
コメント (14)   トラックバック (50)

赤ずきん

2011年10月19日 21時28分09秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
RED RIDING HOOD/11年/米・加/100分/ダーク・ラブファンタジー/劇場公開
監督:キャサリン・ハードウィック
製作:レオナルド・ディカプリオ
製作総指揮:キャサリン・ハードウィック

出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース、ジュリー・クリスティ

<ストーリー>
ダガーホーン村の少女・ヴァレリーは、親が決めた結婚から逃げるため恋人のピーターと共に村を出ようとするが…。
<感想>
2人のイケメン君を手玉に取る大人版赤ずきんさんのお話やね。
その赤ずきんを演じるアマンダ・サイフリッドが本当に綺麗。
彼女だけ周りから浮いているみたくぽわっと明るいのよ。
まるで闇夜に照らされる満月みたい。
白く透き通った肌に目が吸い寄せられそうでした。

グリム童話「赤ずきん」をモチーフにしている事もあり、きちんと狼との関わりも描かれています。
本作では狼人間として登場。
昼間は人間ですが、赤い月が浮かぶ夜になると凶暴な狼へと変身するのです。

その狼を倒すべく村にやってくるソロモン神父役にゲイリー・オールドマン。
彼もまた以前に狼人間と化した妻を殺した経緯があるらしく、化け物は必ずこの村の何処かに身を潜め、赤ずきんことヴァレリーを常に狙っていると断言し、教会を拠点に狼人間探しを始めて行きます。

さて一体、村人の誰が狼人間なのか。

中盤以降はこれ一点に絞られてくるので、自然と狼人間探しに私も付き合ってしまう面白さがありました。

結構、意外な人でしたよ~。
裏の裏を突かれた感じですかね。
色々と怪しそうな人間が出てくるんですよ。
だから中々、こいつだ!と決められずに最後まで見せられて

あ、な~るほどぉ

と驚かされました。

狼人間の正体が明かされた後、それまでにあった伏線が一気に回収されスッキリ感も一入。
それとソロモン神父の銀の爪がああいう形で役立ってしまうとはね^^

ロマンスよりサスペンス色が強かったので、私的には楽しめた作品でした。

途中、聞き覚えがある曲のイントロが薄らと流れ、「あれ?」と思いつつも確信が持てず、空耳だったのかな?と。
でもエンディングでしっかり流れて「あ!やっぱり」って。
好きなんですよ、この曲。

Crystal Visions by The Big Pink

評価:★★★☆
11/10/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-19
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (10)   トラックバック (36)

KING GAME キングゲーム

2011年10月17日 00時07分02秒 | 邦画サスペンス
09年/日本/93分/ミステリー・サスペンス/劇場公開
監督:江川達也
原案:江川達也

出演:石田卓也、芦名星、窪塚俊介、前田愛、堀部圭亮、山本浩司、夏目ナナ、川村ゆきえ、木村佳乃

<ストーリー>
ある日突然、何者かによって同じ場所に集められた10人の見知らぬ男女。彼らはそこで命じられるままに王様ゲームを行うことに。
<感想>
王様だ~れだ。

密室で繰り広げられる王様ゲーム。
さて、どんな危ない展開になっていくのか!?

なりません。
ちっともハラハラするような王様ゲームになっていきません!

もっとさぁ、こう死を賭けたゲームとかを要求していく残忍なものを期待したんだけど。
最初はまぁポッキーを咥えて男同士でキスなんて初歩的なものでもいいよ。
その後も男女がディープキスしながら別の男が実況中継するとか?
それぞれが自己紹介していくとか?
ボンテージを着こんだ女を皆が鞭でビシバシ叩くとか?

どーーーーーーーーでもいいですから!

全員が見守る中で公然セックス

とか

1番が3番の頭を銃で撃ち抜く

とか

エログロで攻めてこんかい!!

結局出た死者は1人だけ。
それもゲームとは関係ない病死って何さ。

それと、途中離脱者がどんどん出てくるんだけれど、誰かに何かをされる訳でも無く、自らヘリに乗り込んで帰国ってふざけてんのか?

部屋の気圧を下げて幻覚を見せるなんてのも、一体何が関係あるのか意味不明。
虎が現れて、参加者がワ~~~ってなって木村佳乃が恐怖で失禁。
気圧が戻って、はぁ一安心。

つっまんねぇんだよ!!!

オチとしては、王様ゲームをして勝者になった者が、ある国の本当の王様になれるという、なんじゃそりゃなモノ。
参加者の先祖が遥か昔、その国の王を助けたので、恩返しがしたかったんだとよ。
あっそう。

いやはや何一つ面白くない内容の映画に貴重な時間を使ってしまいました。
豪華出演者の無駄使い。
こんな映画に出る事を快く引き受けた役者たちは心が広いね~。
やっぱあれか?
出演料だろ?
江川達也、無駄金持ってそうやもん(笑)。

川村ゆきえのヘンテコな演技しか記憶に残っておらん。
こりゃ困った。

江川達也って漫画じゃぶっ飛んだものばっかり描いているのに、実写映画撮ると真面目ぶって普通、いやそれ以下になっちまう。
映画でもバカにならんかい!!!!

オフィシャル・サイト

評価:
11/10/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-07
メーカー:ファントム・フィルム
コメント (2)   トラックバック (3)

GANTZ: PERFECT ANSWER

2011年10月16日 01時05分09秒 | 邦画アクション
11年/日本/141分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開
監督:佐藤信介
原作:奥浩哉

出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、水沢奈子、戸田菜穂、綾野剛、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之

<ストーリー>
100点を目指して順調に得点を積み重ねる玄野たち。しかし、加藤の不可解な復活とガンツメンバーの周囲を嗅ぎ回る謎の男が出現し、ガンツの何かが狂い始める。
<感想>
う~んと、まぁ無難な作りかな、と。

原作の世界観が好きだから、物語がオリジナリティになっても、あの無茶苦茶さを実写で観れるという喜びみたいなものがあったから退屈せずに観れました。

それと映画として最後はどう落とし前をつけるのかに凄く興味あったし。
原作は完結していないけれど、映画として完結させるにはあの終わり方でも十分でしょ。
良い感じの衝撃的な〆方になっていて私的には満足な方かな。
玄野が下すにはこれしかないであろう「PERFECT ANSWER」になっていたと思います。

ただ、商店街がドッカンドッカンしたり、地下鉄電車内で乗客巻き込んでの血まみれ大乱闘が巻き起こったりと迫力ある画が所々で観れる事は確かだけど、前作程のワクワクしたものがちっとも得られなかったのが残念。

金かけているなってのは伝わってくるのに、観る側を楽しませてくれているなというのが伝わってこないのがどうにも。

玄野くんが多恵ちゃんおんぶして猿飛び佐助みたくビル群をピョンピョン跳び回られてもねぇ。

偽加藤と玄野とのタイマン勝負にも熱くなれるものが感じられなかったし。
味気無いチャンバラをダラダラと見せられてもハートが燃えないのよねぇ。
復活した加藤がもうちょっとアクションに華を添えるのかと思いきやてんで弱いってのもなんだかな~^^;

前作が面白過ぎたので、本作にもかなり期待していたんですが、監督が完結編として守りに入り過ぎちゃった為か、物語の流れに関しても見せ場であるはずのアクションに関しても中途半端な感じがしてならないです。

山田孝之演じる男の存在理由もイマイチ良く解らん。

玄野の決断で全て丸く収まって皆がハッピーなエンディングも良いけれど、もうちょっとしんみりさせられる様な感動的なものも欲しかったです。

作品としては期待以下な出来だったけれど、まぁいいや!
吉高由里子を一杯観れたしさ●^^●♪
画面に出てくる度にニヤニヤしちゃってさ、私(笑)。
吉高由里子観て何1人気持ち悪くニヤけているのさ!と自分にツッコミ入れたくなったよワハハ。

前作のレヴューでもやりましたが、今回もやりますよ。
またかよ!と幾ら言われようが、好きな人は記事として記憶に留めておきたいのです。
それではいきましょう。
今作の小島多恵ちゃん。
もとい吉高由里子8連発!!








沢山の素敵な笑顔と綺麗な涙を有難う

因みに

この2人も可愛かったりするのです

オフィシャル・サイト

関連作:
『GANTZ ガンツ ~the first stage~(2004)』(アニメ版)
『GANTZ ガンツ ~地上波未放映篇~(2004)』(アニメ版)
『GANTZ(2010)』(実写版第1作)
『GANTZ: PERFECT ANSWER(2011)』(実写版第2作)
『ANOTHER GANTZ(2011)』(金曜ロードショー特別企画版)
『GANTZ:O(2016)』(劇場版CGアニメ)

評価:★★★☆吉高由里子には★5つ
11/10/15DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-14
メーカー:東宝
コメント (10)   トラックバック (41)

フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :交霊/メモリー

2011年10月15日 00時31分10秒 | 洋画ホラー
FEAR ITSELF/08年/米/各話約40分/ホラー/TVM
監督:ロブ・シュミット、ルパート・ウエインライト

<ストーリー>
女子高生のシェルビーは親友との霊遊びの最中、自殺した友人の霊と交信。霊は「私は殺された」とふたりに告げ…。「交霊」と「メモリー」の全2話を収録。

<感想>
著名なホラー監督が集った1話完結のホラー作品。
第1話目『交霊』

監督は『クライモリ』のロブ・シュミット。

ハロウィンの夜、2人の女子高生が日本で言う「こっくりさん」を始める。
すると、彼女らの同級生である目に見えない霊が現れ、2人に「私は殺された」と文字で告げる。
果たしてその同級生は誰に殺されたのか。

話が進むにつれ、犯人が殺されたと告げる同級生が在籍していたチア部の顧問ではないかと疑いが持ち上がってきます。
女子高生の1人がその先生の家に侵入し、ある薬を見付けた事で確証を得るのですが、しかし・・・。

ラストは2段オチになっていますが、話の辻褄性がしっかりとしているので納得出来る範囲に収まってはいます。
サスペンスとゴーストホラーが上手く噛み合っていて面白い作品になっているのではないでしょうか。
只予測できるビックリ演出ばかりだったので、その辺にはもう一工夫が欲しかったかも。

第2話目『メモリー』

監督は『ザ・フォッグ』のルパート・ウエインライト。

あるマンションに引っ越してきた青年。
しかし、その日を境に、ある男の幻覚を見る事になる。
相談した神父によれば彼の前世ではないかと。

日増しに幻覚は強くなり、彼はその男が恋人を惨殺する記憶(メモリー)にまで辿り着きます。
そしてその行為は現実とシンクロしていき・・・。

ラストはこれまた意外な結末。
見せられた記憶通りだと殺すはずが、実は・・・というオチは捻りがあって面白い。

最後は盛り上がっていくのだが、そこまでは現実と過去を行ったり来たりを、殺人に至るまでの‘説明’として淡々と描いているだけなので、ちょっと退屈に思える所が勿体無い。

2作品共、ハラハラさせる演出が少しばかり薄い気がする。

関連作:
『フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :二人の男/Xデイ』
『フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :マンイーター/疑惑』
『フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :交霊/メモリー』
『フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :サクリファイス/獣医』
『フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :声/ドッペルゲンガー』
『フィアー・イットセルフ :コミュニティ/生還/サークル』

評価:
『交霊』★★★
『メモリー』★★☆
11/10/13DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-07
メーカー:エクリプス

モンスターズ/地球外生命体

2011年10月14日 23時41分29秒 | 洋画サスペンス
MONSTERS/10年/英/94分/SFモンスター・サスペンス・ロマンス/劇場公開
監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:ギャレス・エドワーズ
撮影:ギャレス・エドワーズ

出演:スクート・マクネイリー、ホイットニー・エイブル

<ストーリー>
地球外生命体のサンプルを乗せたNASAの探査機が地球帰還目前に大破し、メキシコの半分がモンスターの繁殖する危険地帯として隔離されている近未来を舞台に、ひょんなことからその危険地帯を通って一緒に帰国するハメになった一組のアメリカ人男女の運命を描く。
<感想>
主演男女2人以外は現地調達のエキストラという、異色の低予算モンスター映画。

モンスター登場シーンは必ず夜。
全形をはっきりと観てとらせないのは低予算故の監督なりの工夫か。
それでもタコ型モンスターの触手が戦闘機を湖底に引きずり込む場面や、のしのしと歩む場面は迫力的に描かれています。

昼間のシーンは専ら現状を撮影し続ける専属カメラマンが、社長令嬢と共にメキシコの危険地域を抜け、アメリカ国境付近まで逃げる様を追ったロードムービーなのだが、街の惨状を明確に映し出す事によって、一種のドキュメンタリータッチになっている所がユニーク。
ポイント的にモンスターの姿を見せず、敢えて咆哮と音、そして軍用機が飛び交う様を映す事で、何時何処から奴らが出てくるか分からない緊張感みたいなものを常に抱かさせる辺りにもアイデアが行き届いている。

モンスターが出るのは夜のみと先に書いたが、これが凄く活きているのが、終盤での2人が軍の助けを待つ休憩所でのシーン。

2体の巨大なモンスターが出現し、頭部を赤く発光させながら愛の契りを交わすのだが、2人が余りの美しさに魅せられていき、その姿に触発されたのか、内に込めていたお互いへの想いを打ち明けるかの様にキスという行為で愛を確かめ合う。

脱出という苦境の中で芽生えた愛が、モンスター同士による愛の馴初めにより、ようやく最後で成熟されるといったこの一連の流れの持って行き方には、ロマンスというジャンルを成立させる事にも成功していて、演出力の巧さに思わず舌を巻かされてしまった。

しかし、それ以上に唸らされたのが、その後の出来事。
実はこのラストシーンは冒頭のシーンと繋がっていた、というからくりがあったのだ。
軍によって引き離され、別々の軍用車に乗せられた2人。
改めて冒頭シーンを見返してみればはっきりするが、余りにも酷い恋の顛末となっている。
一旦2人の結ばれる姿に心を温めさせておきながら、惨劇をもってそれも一時の夢だったと、一気に奈落の底に突き落としてくれる明から暗へと引き継がれた嫌~なエンディング。
エンドロールが流れ出した瞬間、なんとも言えない重苦しい空気を感じ取り、「え?まさか・・・」と半信半疑でもう一度冒頭を再生させて観直し、改めて「うわぁ~」と悲観。

後味最悪な余韻をグッと引き寄せる上では見事なまでのロマンス崩壊悲劇を完成させているではないか。
やるなぁギャレス・エドワーズ監督。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
11/10/13DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-14
メーカー:クロックワークス

関連作:
『モンスターズ/地球外生命体(2010)』(第1作)
『モンスターズ/新種襲来(2014)』(第2作)
コメント (14)   トラックバック (16)