銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ザ・ソウルメイト

2020年03月09日 17時10分07秒 | 韓国コメディ
THE SOUL-MATE
2018年
韓国
97分
コメディ/サスペンス/ファンタジー
劇場公開(2019/11/18)



監督:
チョ・ウォニ
出演:
マ・ドンソク
キム・ヨングァン
イ・ユヨン




<ストーリー>
病気の娘を持つ柔道の館長・ジャンスは、熱血警官のテジンに職務質問をされて以来、犬猿の仲に。そんな折、テジンが謎の集団に襲われ…。

―感想―

まあまあですな。
ちょっと『ゴースト』に似ている部分はある。
ドンソクがウーピー・ゴールドバーグで警官がパトリック・スウェイジ的な感じ。
そこに心臓移植やサスペンス寄りな要素をミックス。
全体的にはコメディ色が強く思えるが、ラストは中々感動風に纏めてありました。

冒頭でバス内のハプニングが起きるんだけど、これは一件落着後にも再び起きるんだろうなあて期待しちゃう。
ベタではあるが、それがあるかないかでその件に対するストレス発散具合も大分変わってくるから、ちゃんと演出されていたのには好印象。
ただドンソクの剛腕が余り(派手に)発散されないのには不満が残る。
とは言え、病気の子を想う親としての優しさが全身から溢れ出していた所には観ているこっちも心が和むものがあった。
ドンソクならどうにかしてくれるだろういうものは今作でも健在です。

今作の可愛い子役図鑑

ドンソク演じる男の愛娘ちゃん。

天使過ぎる!!
これには強面のドンソクも常に顔が緩みっぱなし(笑)。

寝顔すらも天使、つうか否がない程に可愛すぎるよこの子役ちゃん。

評価:★★★
20/03/08DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-03-04
メーカー:ツイン

情報<のむコレ3>

コメント

探偵なふたり:リターンズ

2020年01月04日 14時34分32秒 | 韓国コメディ
THE ACCIDENTAL DETECTIVE 2: IN ACTION
2018年
韓国
116分
コメディ/ミステリー
劇場公開(2019/03/16)



監督:
イ・オンヒ
『女は冷たい嘘をつく』
出演:
クォン・サンウカン・デマン
ソン・ドンイルノ・テス
イ・グァンスヨチ



<ストーリー>
未解決事件を解決する漫画喫茶店長、カン・デマンと広域捜査隊の伝説と呼ばれた刑事のノ・テスは、遂に探偵事務所をオープンする。そして、待ちに待った最初の依頼人が現れるが…。

祝!探偵事務所オープン!

この難事件、
またまた、俺たちの出番だな!


―感想―

レンタル店の棚を探っていたらこれを見付けた。
そういや借りてなかったなと。
前作観ているので大まかな人物設定とかはクリア。
まあ普通かな、突き抜けた面白さは余り感じず。

臭いおならは時には役に立つ!

これメモっとくべき。

一件落着かと思いきや、実は表向きの解決であって、真相にはまだ辿り着いていないてのは良くあるパターン。
大体韓国映画が80分で終わるはずがない(笑)。

あくまでもコメディなので何か所かクスッと笑えるシーンはあった。
クォン・サンウが演じる男の妻は恐妻家だが、接し方次第では可愛らしい一面も見せる。
上手くいってないように見えるけど、本当はあの押して引いての関係性で円満な家族を築けているんだろうなあ。

不買‼不買‼言うてるけど、これを見よ。

日本の物だらけ。
如何に日本のカルチャーに影響受けているのかが垣間見れてわらける。
実際、不買‼と喚き散らからしている人はごく一部だけらしいよ。
特にメディア。
印象操作て怖いわw

評価:★★★
20/01/03DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-08-21
メーカー:ツイン

関連作:
『探偵なふたり(2015)』(第1作)
『探偵なふたり:リターンズ(2018)』(第2作)

オフィシャル・サイト

コメント

パパとムスメの7日間

2018年06月05日 12時09分52秒 | 韓国コメディ
DADDY YOU, DAUGHTER ME
2017年
韓国
115分
ドラマ/コメディ
劇場未公開



監督:
キム・ヒョンヒョプ
出演:
ユン・ジェムン
チョン・ソミン
イ・イルファ
シン・グ
イ・ミド
カン・ギヨン
G.O




<ストーリー>
職場でも家庭でも軽んじられている47歳のサンテ。ある日、サンテと女子高生の娘・ドヨンは交通事故に遭遇。病院で目覚めると、ふたりの体は入れ替わっていた。

―感想―

あっこれってガッキー主演でドラマ化されたやつやん、てタイトルが目に留まり、韓国版は映画用にアレンジされたんやね、どんなもんかなと借りてきた。
んが、よく考えるとガッキーのドラマ観てないや(笑)。
父と娘の心が入れ替わるてのは知ってたけれど。

お父さん役の俳優さんが面白い。
芸達者だなあて。
心が乙女だから、振る舞い全ても乙女に演じなきゃいけない。
傍から観たらオカマにしか見えないんだけれど、活き活きと演じているのを眺めていると私も楽しくなる。
娘役の子も上手いと思う。
乙女なパパとおっさんな娘のやり取りは異色の漫才をやっている様で十分コメディとして成立していた。

入れ替わりによって初めて分かる、父の苦労、そして父の娘に対する本気の愛情。
逆に父も娘の学生生活の中で味わっている勉強や恋に対しての苦労と思春期ならではの心の変化を察する。
両者それぞれがぞれぞれの苦労を分かち合った時、家族に昔あった明るさが戻って来るんだね。

「パパ、大好き!」

この一言によって映画は温かい幸せに包まれて綺麗に結束する。
我が子から煙たがられていると感じている世のお父さん方、本作を観れば何かしら娘との関係を戻せるヒントを見付けられるのではないでしょうか。
ガミガミ言うだけじゃなく、時には娘の気持ちを理解してあげるのも大事かもしれませんよ。

病院で始まり、病院で終わる。
親子の関係が全く異なった始まりと終わりですが、気分良く観終えられる事は確かです。

娘役の子のビジュアルは可愛いのか否か微妙なラインだけど、心を入れ替えたラストは心機一転の意味も込めてバッサリとショートヘアにしてたのだが、断然この髪型の方が似合っていて俺は好き。

評価:★★★
18/06/04DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-06-02
メーカー:竹書房

コメント

トラックバック

LUCK-KEY/ラッキー

2017年10月11日 15時02分25秒 | 韓国コメディ
LUCK-KEY
2016年
韓国
112分
コメディ/ミステリー/犯罪
劇場公開(2017/08/19)




監督:
イ・ゲビョク
『野獣と美女』
原案:
内田けんじ(映画「鍵泥棒のメソッド」)
出演:
ユ・ヘジンヒョンウク
イ・ジュンジェソン



<ストーリー>
伝説の殺し屋・ヒョンウクは銭湯で転倒し記憶喪失に。さらに、その場に居合わせた貧乏役者のジェソンが彼のロッカーの鍵をすり替えてしまい…。

-感想-

銭湯で石鹸踏んでスッテンコロリンのシーンしか記憶に残っていないオリジナルになっていたもので、新鮮な気持ちで鑑賞する事は出来た。
それなりに楽しめたが、話の内容が頭に残っていない中でも『メソッド』の方が笑いのユーモアが長けていた印象はある。
存在を消す事に成功した3人だけど、その後普通に役者の職業を継続しTVドラマに出演して顔晒していたら「生きてるじゃねぇか」てバレるんじゃないの?

そんな事よりも、この作品、美人率高い。
という訳で、感想は適当にさっさと美女図鑑いっちゃいましょうかね。

今作のこの娘も可愛い、あの娘も可愛い美女図鑑
気になった娘を下位から順番に画像貼っていくと(役名覚えられなかったので割愛)

ヒロインさん。
髪の毛束ねている時よりも下ろしている時の方が断然好い。

ドラマの中でのヒロインさん。

ある情報を握っている為に身柄を守って貰っているもう一人のヒロインさん。
一緒にきつねうどん食べたい。

で、栄冠の1位はヒロインの妹さん。
当然ながら右のおばちゃんではないぞ。
この子、めっちゃ可愛い。
出番が余り無いのが悔やまれる。

ブサ面のユ・ヘジンがこれら美人さん達とキスしまくる。
なんて羨ましいんだ。
俺も俳優になれば良かった。

ドラマの撮影を通して今の気持ちを台詞に置き換え間接的に愛の告白をするシーン、あそこは粋な演出ではありました。
オリジナルにもあったけ?覚えてないや。

評価:★★★
17/10/11DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-10-04
メーカー:クロックワークス

関連作:
『鍵泥棒のメソッド(2012)』(オリジナル)

コメント
トラックバック (4)

フィッシュマンの涙

2017年05月30日 13時29分39秒 | 韓国コメディ
COLLECTIVE INVENTION
2015年
韓国
92分
ドラマ/コメディ/ファンタジー
劇場公開(2016/12/17)



監督:
クォン・オグァン
脚本:
クォン・オグァン
出演:
イ・グァンスパク・グ
イ・チョニサンウォン
パク・ボヨンジン



<ストーリー>
製薬会社の新薬治験に参加した青年・パクは、謎の副作用で魚人間に突然変異してしまう。製薬会社の非道な実態を知った国民の怒りが爆発する一方で、パクは若者たちのヒーローとなるが…。

さようなら
ヒューマンたち


-感想-

変な映画。
特殊メイクと言って良いのかどうかも悩む被り物魚人。
一応目と口がちょっと動けるのは評価するが。

実際に起きそうで起きない、起きなさそうで起きそうな話て感じかな。
たまにこういう奇妙な作品を出してくる所が韓国らしいのだが、ちと自分には合わなかった。
そもそも思ってたほどちっとも笑えないし、面白い要素が見当たらない。
自分から新薬治験に応募してその結果なんだからグダグダ言わずに受け入れろよ、金目当てに先走ると碌な事にならないという皮肉か?まあ最後は魚人として生きて行く事に自らが選択して海に入っていきましたが、優雅に泳いじゃったりして新しい人生も満更でもなさそうで良かったやん。
笑うって事もなかったし、感動させられるて事もなかったし、ただただ変な映画。
途中から俺何観てるんだ?て妙な感覚に襲われたけれども、あーヒロインの子だけ観てたらそれでいいや、て思えてきた。


これ、どう観てもうんこ食っているようにしか見えないんですけどw
韓国人てうんこ食う習慣があるらしいから(知らんけど)、違和感はねえか。

後々カルト的な作品として言い伝えられるかもしれないが、好みは分かれるだろうねぇ。

今作の韓国美女図鑑



ボヨンちゃん可愛いよボヨンちゃん。
傲慢で強気な女性ジンをキュートに演じてました。

評価:★★
17/05/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします。
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-05-03
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント
トラックバック (1)

探偵なふたり

2017年02月26日 20時08分22秒 | 韓国コメディ
THE ACCIDENTAL DETECTIVE
2015年
韓国
120分
コメディ/ミステリー
劇場公開(2016/02/20)



監督:
キム・ジョンフン
脚本:
キム・ジョンフン
出演:
クォン・サンウカン・デマン
ソン・ドンイルノ・テス
ソ・ヨンヒイ・ミオク
パク・ヘジュンイ・ジュンス



<ストーリー>
“シャーロック・ホームズ”級の推理力と洞察力を持つ“まんが喫茶”のしがない店長、カン・デマンと刑事、ノ・テスは犬猿の仲。ある日、デマンの友人の刑事が殺人容疑で逮捕され…。

警察がダメなら、
俺たちの出番だな!


-感想-

キリが無いので今回は敢えて美女図鑑を作成していないが、キリが無い位に美女率の高い作品。
中でも個人的に1番好み顔だったのが喫茶店のウエイトレスでした。

うんこがリアル過ぎて汚ねぇ。
トレンチコートに嫌がらせで擦り付けるのは笑っちゃったけど。

友人の冤罪を晴らす為に躍起になる刑事になれなかった男デマンと、自身の辞職を迫られて一泡吹かせてやると張り切る現職刑事ノ・テス。
凸凹バディムービーですね。
お互いに恐妻家て事で意気投合するも、それぞれの推理を巡って対立。
どっちが正しいのかってなるんだけど、結果的にはどちらも正解。
ノ・テスは初めから「妻殺しは先ず夫を疑え」と言ってたけど、そんなはずはないとデマンは別の犯人を推測。
けどそのデマンの推測をノ・テスは真っ向から否定。
誰が真犯人なのか、二人はその目で確かめる事になるが、どっちも合ってるやん!てなる。

映像で見せるよりも台詞合戦を主にしているので、名前と顔を良く把握していないと脳が混乱してくる恐れあり。
まあでも、犯人の正体を観れば「ああこいつか」て納得が出来る点では安心。
なんとなーくだけど犯行動機も掴めるし、要は「交換殺人」てのが理解出来ていると全てに整理がつく、かな。
「離婚」「借金」「浮気」この3つのワードも物語を知る意味では重要だろうね。
2時間は若干長いかな。
この手の内容だともう少しコンパクトに纏められた様に思えたが、犯人が複数なので彼等の思惑を一つずつ描くにはこれ位長くなってしまうのも仕方ないかぁ。

題名の「探偵なふたり」は事件解決後にデマンとノ・テスが「俺たち気が合うな!」と新たに探偵業を立ち上げる所で終わるので、そこに引っ掛けたのかな。
タイトルテロップもエンドロール直前に出してたし、そもそも本筋でのノ・テスは現役バリバリの刑事、デマンは“刑事ごっこ”を楽しんでいる漫画喫茶の店長だからまだ探偵では無い訳で、そういう意味でも題名が指し示しているのはオチの部分で間違いないと思うのだが、どうだろうか。

評価:★★★
17/02/26DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-07-20
メーカー:CJ Entertainment Japan

関連作:
『探偵なふたり(2015)』(第1作)
『探偵なふたり:リターンズ(2018)』(第2作)

オフィシャル・サイト(日本語)
トラックバック (2)

ミスターGO!

2015年01月16日 21時42分41秒 | 韓国コメディ
Mr. Go
2013年
韓国
133分
コメディ/スポーツ
劇場公開(2014/05/24)



監督:
キム・ヨンファ
脚本:
キム・ヨンファ
出演:
シュー・チャオウェイウェイ
ソン・ドンイルソン・チュンソ
キム・ガンウキム
オダギリジョーイトウ



<ストーリー>
最下位の球団・ベアーズは大物ルーキーとしてゴリラのGOを入団させる。初打席で特大ホームランを打ち、世間は大騒動。一躍“代打の切り札”として快進撃を始めるが…。

九回二死満塁。代打、ゴリラ。

-感想-

期待した程大して面白くなかった。
平均並みの作品やと思う。

サーカスのゴリラを韓国プロ野球のバッターボックスに立たせるというプロットそのものは発想がユニークで好きだけれど、ぶっちゃけもっとハチャメチャとした内容を想像してただけに、至ってシンプルな展開に肩透かし食らった感はある。
ホームランを打つだけのゴリラじゃなぁ、なんか盛り上がりが乏しい。
投手として相手チームがもう一匹の気性の荒いゴリラを雇うが、ゴリラVSゴリラの歴史に残る様な対決があっさりと終わってしまったのも多少の不満感も出る。

ゴリラを日本球界に呼ぶために、中日の関係者が視察にやってくるが、オダギリジョーという日本人俳優をきちんと起用している所は評価出来る。
後、最先端CG技術で作られたゴリラね。
これは見事。
まるで本物のゴリラがバッターボックスに立っているかの様で、何ら違和感を抱かず映像(背景や俳優との共演)に馴染んでしまっているのには大きく感心させられてしまった。

ただ、日本人役の俳優に土下座させる所や、オダジョーが「韓国野球は素晴らしい!」とカメラに向かって叫ばす所は、日本を見下している韓国人らしさが見えて苦笑は生まれるが。
「日本球界に行った韓国人プレイヤーは成功せずに怪我だけして帰ってくる」て。
馬鹿にし過ぎだろ。
イ・デホとか阪神のオ・スンファンとか実際に成功している選手もおるっちゅうねん!

後もう一つ、主役の女の子が可愛くない。
相方のゴリラの方が愛着が持てるてな時点でアカンでしょ。

評価:★★★
15/01/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-01-06
メーカー:ギャガ

オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (2)   トラックバック (5)

怪しい彼女

2015年01月12日 00時47分25秒 | 韓国コメディ
MISS GRANNY
2014年
韓国
125分
コメディ/ファンタジー/ドラマ
劇場公開(2014/07/11)



監督:
ファン・ドンヒョク
『トガニ 幼き瞳の告発』
出演:
シム・ウンギョンオ・ドゥリ
ナ・ムニオ・マルスン
ジニョンパン・ジハ
イ・ジヌクハン・スンウ
ソン・ドンイルパン・ヒョンチョル
パク・イナンパク氏
ファン・ジョンミンエジャ
キム・スルギパン・ハナ
キム・ヒョンスクパク・ナヨン



<ストーリー>
オ・ドゥリは、歯に衣着せない毒舌で、我が道を猛烈に突き進む、最凶のハタチの女の子。しかし、実は70歳のおばあちゃんだという彼女の秘密を誰も知らず…。

突然、20歳(ハタチ)。

-感想-

前作『トガニ 幼き瞳の告発』とはこれまた180度違うジャンルの作品を監督は撮ったものだ。
70歳の婆さんが写真館で写真撮影をしたら、あら不思議。
神が齎した奇跡か、あっという間に二十歳のピチピチギャルへ!

苦労した実際の青春時代。
旦那は結婚後直ぐに死に、生まれてきた子供には貧しい故にろくな食べ物も与えられず、“ニギリ”として育てて行く。
そんな過酷な時代を必死に生き抜いてきた婆さんに、もう一度青春を!と神様は華やかな奇跡を与えたのだろうか。

基本はコメディ。
随所にコミカルなシーンを入れていて、声に出して笑ってしまう。
パクちゃんがTVで観ていた韓国ドラマの良い所場面で「つづく」になるのは、あるあるネタで一番可笑しかった。

でも流石に監督がファン・ドンヒョクだけの事はあり、泣かせるシーンもしっかり用意。
オ・ドゥリ(オードリー・ヘプバーンのオードリーを捩った名前)が自分の母親だと確信した息子が、「母さん、新しい人生を歩んで!」という言葉に「私は生まれ変わっても同じ人生を選ぶよ。そして貴方を産んで立派に育てるよ」と答えるシーンは涙無しでは観られません。
超感動的シーンでした。

良い夢を見せて貰ったよ・・・。

瀕死の状態にある孫の為に元へと戻る事を決意した婆さん。
毒舌吐きの嫌な姑の様に見えて、本当は一番に家族の事を心配している素敵な姑。
その優しさには家族達も今回の珍事件を経験した事できっと気づいたはずだろう。
それは息子の妻が元に戻った婆さんに対して態度を良い方向に変えている姿で確認し得れましたよね。
婆さんが二十歳になる前は何処と無く家族間に溝があるように見えたけれども、最後はその溝も無くなり仲睦まじい一家になっていたのには心地良い印象を受けました。

歳を取ったら若くなりたいと願うのは誰もが一緒。
その皆が抱く願望を上手く作品に反映し、笑いを与えながらもラストには仄々しさを感じさせる内容に仕上げた監督の演出力が見事。

そして、オチにはまた笑いを。
パクちゃんの新たな生き様が気になるなぁ。

評価:★★★☆
15/01/11DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-01-07
メーカー:CJ Entertainment Japan

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『怪しい彼女(2014)』(オリジナル)
『20歳よ、もう一度(2014)』(中国版リメイク)
『あやしい彼女(2016)』(日本版リメイク)
『ベトナムの怪しい彼女(2015)』(ベトナム版リメイク)
コメント (10)   トラックバック (21)

バンガ?バンガ!

2013年05月31日 12時57分27秒 | 韓国コメディ
2010年
韓国
110分
コメディ
TVM



監督:ユク・サンヒョ
出演:
キム・インクォン
キム・ジョンテ
シン・ヒョンビン
Holman Peter Ronald


<ストーリー>
借金まみれの冴えない田舎の青年・パンは、ブータン人の振りをして働き始める。そこで出会った仲間たちと「外国人のど自慢」に出場して賞金を得ようと、練習に励むが…。

-感想-

先述の『サニー』と一緒に借りた作品なんですが、割ときちんとしたコメディになっていて面白かったです。

ブータン人に化けた韓国人という設定からして可笑しいのですが、そんな偽者ブータン人パンが誰にもバレないように必死のパッチで他の外国人労働者の中に紛れ込み、椅子工場で何食わぬ顔して働こうとするドタバタぶりが滑稽。

しかしそんな中でベトナム人女性と出会い、恋に落ちた事で雲行きが怪しくなってしまう。
そのままブータン人で貫き通すのか、それとも彼女にだけは自分は韓国人だと打ち明けるのか、その辺の駆け引きみたいなのもドキドキさせてくれて楽しませてくれます。

『サニー』もそうでしたが、“歌”というのは人の心を綺麗に結び付けてくれるんですよねぇ。
本作も「のど自慢」という一つのプロットが良い感じで流れのクッションになっているので、最後には仄々とした雰囲気を味合わせてくれるのが素敵です。

展開に嫌らしさがないので終始、御機嫌な気持ちで鑑賞出来るコメディ作品でした。

今作の嫁にしたい美女図鑑

ベトナム人女性グェン・レトゥ役のシン・ヒョンビンさん。
正真正銘の韓国女優さんなのですが、不思議とベトナム人に見えてしまうメイクマジック。
序盤ら辺はそんなに意識して観ていなかったのですが、とあるパーティシーン(上画)での美しさに目を奪われてしまいまして、そこからは無性に可愛く思えて仕方が無かったのでした(*^^*)
パンとのキスシーンでは彼女の照れさから出たぎこちなさが絶妙の可愛らしさを出していてちょっぴり胸キュン。
あれはシチュエーションの良さ以上に演出が上手い!
それに応えたシン・ヒョンビンさんの演技力もピカイチ!!

評価:★★★☆
13/05/31DVD鑑賞(旧作)
秘密がバレない内にバナーを押そう!
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-08-24
メーカー:E-MOTION
コメント (2)   トラックバック (1)

ハロー!?ゴースト

2012年10月21日 00時14分53秒 | 韓国コメディ
HELLO GHOST/10年/韓国/111分/ロマンス・ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/06/09)
-監督-
キム・ヨンタク
-脚本-
キム・ヨンタク

-出演-
*チャ・テヒョン『Sad Movie <サッド・ムービー>』・・・カン・サンマン
*コ・チャンソク『クイック!!』・・・ヘビースモーカーゴースト
*チャン・ヨンナム『ハーモニー 心をつなぐ歌』・・・泣き女ゴースト
*イ・ムンス・・・エロじじぃゴースト
*チョン・ボグン・・・食いしん坊ゴースト
*カン・イェウォン『クイック!!』・・・ヨンス
<ストーリー>
自殺願望のある青年・サンマンは、搬送された病院で4人の幽霊に取り憑かれてしまう。彼は4人が生前やり残した願いを叶えてあげることになり…。

迷惑ゴーストたちが招くのは、
思いもよらないハッピーエンド!?

たくさん笑って、思い切り泣いて、
人生を変える‘感動’がここにある


<感想>

人は大きなショックを受けると記憶をなくしてしまう・・・

ヨンスがサンマンに語るこの言葉が物語の大きな伏線になっています。

脚本が秀逸でしょ!
正直、サンマンに取り憑いた4人のゴーストたちの願いそのものに何の意味があるのかさっぱり分からなかった。
カメラを取り返して欲しいやら海を見に行きたいやら一緒に買い物に行って欲しいやら。
サンマンは願いを叶えてあげるとゴーストたちも成仏してくれるだろうと仕方なしに手伝ってあげるんだけれども、それらが達成されても“だからどうした”程度の想いしか浮かばないのですよ。
特に何かの恩恵がある訳でもなく、物語は終盤へと差し掛かってしまいます。

ゴーストたちの計らいもあってか看護師のヨンスと良い仲にはなるのですが、彼らの願い事そのものの意味が伝わってこない。
特にどうでもいい事なんだろうな、そんな気持ちで観ていたんです。

と・こ・ろ・が!!
ところがデスよ。
サンマンがヨンスに巻き寿司を作ってあげて仲良く食べていた時に、彼がふっとある事を思い出すのです。

「普通、巻き寿司にはほうれん草を入れない?」
「うちはお母さんが血の色が良くなるようにとほうれん草の変わりに・・・お母さん?」

そうです。
ここでサンマンは大事な事、大切な事を思い出すのです。
完全に記憶を無くしていたせいで忘れていたある事を!!

この記憶を無くしていた理由もきちんと映像で説明してくれます。

そうか
そういうことだったんだ!

ラストに用意されていた‘仕掛け’は感動でいっぱい。

この‘仕掛け’があった事で、ゴーストたちの願い事の意味も綺麗さっぱり解決、納得。
もうその後エンドロールまでは涙・涙のつるべ打ち。
エンドロール中の
「パパ、この写真に写っている人たちは誰?」
このセリフまでもにグッと心温めされちゃいました。

韓国映画はストーリー作りも見事ですね。

この記事を読まれて本作に興味持たれた方は、是非鑑賞する際には
「なんだろうねこれ」
程度の気持ちで観続けて下さい。
そして最後にアッと驚き、さっとティッシュを手に取り涙腺を緩ませて下さい。
それが正しい観方だと思います。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
12/10/20DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2012-10-12
メーカー:ツイン
コメント (14)   トラックバック (6)