銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

告白

2011年01月18日 01時06分37秒 | 邦画サスペンス
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開
監督:中島哲也
原作:湊かなえ『告白』
脚本:中島哲也
主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』

出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛

<ストーリー>
「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される。
<感想>
凄い衝撃的な作品を作っちゃったな~って。

冒頭の松たか子演じる教師が淡々と長々と「告白」する場面から、これから何が始まって何が起こっていくんだと、ぐいぐい引き込まれてしまった。

「告白」した松たか子が早々と退場しちゃって、この先どうなるんだろうと思っていたのだが、少年A・Bや、学級委員長の「告白」によって、深みにあった真実が掘り起こされていく構成には意外性を感じ、面白いというより怖かったです。

鬼監督・中島哲也指導の下、表情豊かに演じる学生たちの演技は素晴らしく良かった。
それだけにいじめを犯す者、いじめられる者、引き籠り恐怖に怯える者、そして自暴自棄になり強行に走る者などの心情や苦痛、叫びがリアルに伝わってくる。

だから少年法の存在というものに疑問を抱き、それが被害者となる人間をどれだけ苦しめ、加害者となった人間に何を齎しているのかというものをじっくりと考えさせる時間さえ与えてくれる。

よくよく考えれば、この作品には悲しみを背負った人間しか出て来ない。
しかもその誰もが心の奥底に暗闇を抱え込んでいる。

そこから立ち直れるか、立ち直れないか、前に進めるか、進めないか。

非人道的な“復讐”を間に挟み込む事で、現代社会に置ける今の人間の“姿”というものを実に上手く描き、浮き彫りにし、「これじゃ駄目だ」「現実を受け止め、正しい道を生きなければならない」そんなメッセージを、時限爆弾と共に画面上で爆発させ訴え掛けている様にすら思えるラスト近くの件には、正統な人間としての生き方を改めて考えさせられる。

けど、松たか子の再登場と恐ろしい言葉で一気にそんな考えは一掃されちゃうんですけどね。

≪誰もが真面目ぶっているけれど、追い詰められた人間なんて皆、同じでしょ≫

な~んてね。

他人の裏の心なんて分かんないよ。
自分が悲劇に見舞われた時、どんな行動を起こすのかも分からないのにさ。

オフィシャル・サイト

評価:★★★★★
11/01/17DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-14
メーカー:東宝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 案山子男 オン・ザ・ビーチ | トップ | バッド・ルーテナント »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (プレゼント)
2011-01-18 01:11:35
気になるので今から借りに行きたいと
思います!!
Unknown (yukarin)
2011-01-18 10:47:03
おおっ高評価ですね。
今までにない衝撃的な作品でしたね。
>プレゼントさんへ (ヒロ之)
2011-01-19 21:35:07
借りてきて下さい。
面白いですよ。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-01-19 21:36:17
もう、なんていうか、映画に恐怖しましたね。
どっか~んとくる内容と、松さんの演技でした。
満点評価でしょ、これは。
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2011-01-26 00:59:39
おぉ~、観てよかったようですね~。
これは、私も見終わった後、どっか~んときてました。
松サン、よかったですねぇ。
どうなるのかしら?って、目が離せなかったです。
アカデミー賞外国語映画賞ノミネートが、外れちゃって残念でしたわぁ。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-01-29 16:48:35
こんちは~^^

先日2回目の鑑賞をしましたが、やっぱり凄く出来のいい映画だと改めて確認しました。

ノミネートされなかったのは残念ですが、候補としてあがっただけでも大したもんです。

何でももうリメイクの話が来ているみたいですね~。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-06 20:22:08
TB有難うございました。
今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの
満足度でした。単純に面白いと一言で
終わらせてはいけないほどの衝撃がありました。
復讐を達成するため、善人でいるのか、自らも
悪人となるのかその境界線を彷徨う松たか子の
演技にも魅了されました。
>シムウナさんへ (ヒロ之)
2011-02-08 19:09:04
コメント有難うございます。

素晴らしく良く出来た作品でしたね。
2回も観ましたが、やっぱり出来の凄さには恐れ入りましたって感じでした。

面白いで片付けてしまうような作品ではないですね。
色んな現在の社会にたいする批判などが含まれており、観終わった後は色々と考えさせられましたね。

松さんの演技には私も魅了されました^^
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2011-11-12 22:38:43
原作の雰囲気は損なってなくて良かったと思います。まぁ逆に原作読んでるので衝撃は無かったですが...
ただ映画の出来とは関係ないですが、テーマが重いので個人的にはちょっと観るのがしんどかったです。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2011-11-13 02:25:43
コメント有難う御座います。

原作に沿う内容だったみたいですね。
原作ファンも納得の出来でしたが、原作を読んでいない私でも衝撃を受けた作品でした。

確かにテーマは重いです^^;
それでも観る者の心に突き刺さる様な展開には怖さを感じつつも、作りの上手さに唸らされる作品にはなっていました。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
告白 (本と映画、ときどき日常)
監督 中島哲也 出演 松たか子     岡田将生     木村圭乃 湊かなえ原作の同名小説の映画化です。 松たか子の落ち着いた演技。 周りの少し過剰な演技。 イイ感じでマッチしていました。 娘を生徒に殺された女教師が復讐するお話。 ある意味ホラーでした。...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
『告白』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件 (オールマイティにコメンテート)
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子 ...
劇場鑑賞「告白」 (日々“是”精進!)
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
「告白」 (古今東西座)
この映画『告白』に関して書くべきことは凄い!の一言で済んでしまうのかもしれない。表方、裏方共に才能ある人たちが、その実力を遺憾なく発揮できれば、これだけ凄い作品が出来上がるということなのだろう。元々ベストセラーになった湊かなえの原作小説(いつものことな...
これが私の復讐です~『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、このクラスの生徒に殺されたんです」  湊かなえのベストセラー小...
告白/松たか子、岡田将生、木村佳乃 (カノンな日々)
湊かなえさんの原作小説はハードカバーで平積みされていた頃から気になっていたんですが、文庫本になったら買おうかなと保留。2009年の本屋大賞を受賞したときにやっぱり買ってしま ...
中島哲也監督 「告白」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
告白 - goo 映画 公式サイト⇒http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 【あらすじ】 女教師・森口悠子の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見。 森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の...
告白 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立 ...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
告白 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白い。 加えて、「下妻物語」や その年のベ...
告白 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
物語は【告白】で始まり、【告白】で繋がり、【告白】で終わる。 09年本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、『告白』(湊かなえ/ ...
映画「告白」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。     【送料無料】告白完全版【Blu-rayDiscVideo】 映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森...
「告白」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
13歳の殺人犯。 3歳の被害者。
『告白』 (こねたみっくす)
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な~んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心 ...
「告白」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
告白  監督/中島 哲也 (西京極 紫の館)
【主演】  松 たか子  木村 佳乃  岡田 将生   【ストーリー】 女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、彼女の勤務する中学校のプールで溺死体で発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームで「娘はこの1年B組の生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白...
「告白」 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。
告白 (Diarydiary! )
《告白》 2010年 日本映画 シングルマザーで教師の森口の一人娘が亡くなった、
『告白』・・・“なーんてね” (SOARのパストラーレ♪)
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。
告白 (勝手に映画評)
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずなのに 作りが違っていました・・・ 素晴らしい出来です。 例に...
映画レビュー「告白」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]◆プチレビュー◆淡々としたモノローグに戦慄を覚える異色ミステリー。レディオヘッドの音楽がレクイエムに聞こえる。 【70点】 とある中学校の ...
『告白』 (ラムの大通り)
----ニャに。この変なハート? 「超話題の映画『告白』の試写でいただいたもの。 あまりに緊張感がスゴイので、これを握って…ってことらしい。 実はこの映画、 ずいぶん前に、とある仕事の関係で その内容を調べてみたことがあったんだけど、 どこにもストーリーが紹介さ...
告白 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】 変わった映画を観させてもらいました。
★「告白」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 松たか子はなーー、声のトーンがイマイチ、ひらりんに合わず、 ヴィヨンの妻もHEROの検事の助手も良かったけど・・・。 今回は原作の評判が良かったのと、 予告編見てたら、ドッカーーンと爆発するシーンがあったので、 こりゃまた、中島哲...
「告白」美しいだけにむごい (ノルウェー暮らし・イン・London)
原作を先に読んでいたので、いったいこの小説をどのように映像化したのか??と、ものすごく気になっていた作品。 でも、どんなに頭をひねっても、正直想像つかなかった。 ところが、原作を読んだ印象『告白しているのに、どこか他人事』なイメージが、この必要以上に美...
告白 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを中島哲也監督が映画化。 とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告...
告白 (風に吹かれて)
命の重さを考える公式サイト http://kokuhaku-shimasu.jp2009年本屋大賞を受賞した同名小説(湊かなえ著)の映画化監督: 中島哲也 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」ある中学校の
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘の愛美は事故で死んだのではなくこのクラ...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
告白 (5125年映画の旅)
「私はシングルマザーです。娘の愛美。愛美は死にました。警察は事故死と判断しました。でも事故死ではありません。愛美は、このクラスの生徒に殺されたんです。」一人の教師が ...
告白 (Memoirs_of_dai)
な~んてね 【Story】 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す…。 評価 ★★★★☆(4.6P) 【感想】 「な~んてな」はいかりや長介。  more...の前にRanking  
告白 (2010) 106分 (極私的映画論+α)
 4ヶ月ぶりの映画鑑賞に、これを選びました。
告白 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月14日(月) 21:50~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『告白』公式サイト 中学校が舞台。 松たか子演じる教師、娘が生徒に殺されたと復讐に燃えるミステリー。 原作は本屋大賞受賞。例によって...
告白 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
告白’10:日本◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプ ...
『告白』 (つれづれなるままに)
HBCシネマ倶楽部 『告白』の試写会に行ってきました。 いゃ~、重い映画でした.
「告白」:白河バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
この建物は? 学校経営支援センター。 最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 もちろん中島哲也監督の「告白」は湊かなえ原作のフィクションだけど、映画は「告白」み....
告白 (そーれりぽーと)
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのク...
告白 (メルブロ)
告白 320本目 2010-24 上映時間 1時間46分 監督 中島哲也 出演 松たか子(森口悠子) 、 木村佳乃(下村優子(直樹の母))      岡田将生(寺田良輝(ウェルテル)) 、  ...
「告白」小説<映画でした (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作→忘れた頃映画 という順番で見ました。 いやぁ~凄かったです。原作よりも映画の方が・・・。4つ★半
告白 (晴れたらいいね~)
映画館で邦画を観ることは、年に1本な私が観てきた。どうも気になったから。原作は、持っていますが未読です。中島監督の下妻や松子がお気にいりではあるけれど、原色ポップとは無 ...
No.220 告白 (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51745880.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
告白 (とつぜんブログ)
監督 中島哲也 出演 松たか子、岡田将生、木村佳乃、西井幸人、藤原薫、橋本愛  非常に不愉快な映画である。神経に障る音、映像、登場人物、そして、なにひとつ救いのないストーリー。観て決して気分が晴れる映画ではない。  それでも、この映画は傑作。それもエン....
告白 (食はすべての源なり。)
告白 ★★★★★(★満点!) 私の2010年、Best of movieでした。DVDになりましたね。 作品としての演出、完成度の高さに脱帽(いや、話は暗いんですけどね) すごいです。 原作も読んだけど、映画もすごい。本の映画化が多い中でも、映像化されても楽しめた作品です...
「告白」 (或る日の出来事)
間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。