銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

牛首村

2022年06月23日 21時27分18秒 | 邦画ホラー

2021年

日本

115分

ホラー

劇場公開(2022/02/18)

監督:
清水崇

『樹海村』

脚本:
清水崇

出演
Koki,・・・雨宮奏音/三澄詩音
萩原利久・・・香月漣
高橋文哉・・・倉木将太
大谷凜香・・・アキナ
莉子・・・ミツキ
竜のり子・・・三澄妙子
松尾諭・・・山崎壮志
堀内敬子・・・三澄風歌
田中直樹・・・雨宮直樹
麿赤兒・・・三澄実

<ストーリー>

奏音は自分そっくりの女子高生が映った心霊動画を見つける。牛首マスクを無理やり被せられ、廃墟に閉じ込められたところで、その映像は途切れた。奏音は何者かに導かれるように、動画の撮影地へと向かう。

あの事故も、失踪も、
すべてアノ風習のせい。

―感想―

その村には入っちゃなんねえシリーズ第3弾。

主役はキムタクの娘。

親の七光りなポッと出の、しかも演技未経験な人が、メジャー映画、ホラー映画でちゃんとやれるんかいなと、そこに最も興味持って観たんだけど、予想に反して普通に上手かった。

平凡な日常シーンは女子高生らしく、恐怖シーンではきちんと慄く表情と、場面毎に使い分けてたし、台詞も全然棒読みじゃなく、自然体に演じている様に見えた。

そこは流石、キムタクの血を引いているだけのことはある。

後、モデルが本職だけあってスタイルが抜群に良き。

横から顔を映すと若干、キムタクの面影と重なるが、言うても普通に可愛い子だと思う。

一人二役という難役もこれが女優デヴューとは感じさせない演じ分けをしていた。

ま、彼女に関しては良い意味で裏切られた、といった印象だったわな。

べた褒めはしないけど、決して下手ではない女優としての才能がないとは言い難い。

さて、もう一つの問題は作品ですよ。

これね、自分的には今までの村シリーズの中では1番清水崇監督らしさが出てたかな、と。

というのも、自分の姿が反射されるガラスの使い方ね、この本人じゃない、向こう側に映っている「モノ」が「何か」であるてのをさり気なく演出していて心臓ビクッとなる。

1度それを体験すると、同じ様な状況になった時に、又「何か」が映ってるんじゃないのかと凝視しちゃう訳で、「あ~今回は別に無いのk、うぉぉいっ(;゚Д゚)」とね。

余りそれを繰り返しされちゃうのもどうかとは思うけど、連続してじゃなく、絶妙な間隔で来るから、割と楽しい(怖いとちゃうんかいw)。

屋上から水たまりにドボンッも恐怖描写としては好きな部類。

あんなのを目の前で見た後に、平常で居られる松尾諭、あんたの方が恐ろしいわ(笑)。

「独りじゃ寂しいでしょ」

結局この言葉が持つ力が最もな怖さである事に気付かされる本作。

ハッピーエンドと見せかけて、からのラストカットにも戦慄を覚え、シリーズ3作目にして監督も少し本気出してきたかと、前2作よりかはちょっぴり内容には満足。

評価:★★★

22/06/23DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-06-22

メーカー: 東映ビデオ

関連作:

『犬鳴村(2019)』(第1弾)
『樹海村(2021)』(第2弾)
『牛首村(2021)』(第3弾)

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マニアック・ドライバー

2022年04月09日 15時14分29秒 | 邦画ホラー

2021年

日本

75分

ホラー/サスペンス

R-15

劇場公開(2022/01/07)

監督:
光武蔵人

KARATE KILL/カラテ・キル

脚本:
光武蔵人

出演:
木村知貴
古川いおり
佐山愛
卯水咲流
きみと歩実
園部貴一
近藤善揮
木村圭作
川瀬陽太

<ストーリー>

狂気に取り付かれたタクシードライバーのフジナガは、最高の生贄を殺し、自身もこの世から消えようと考えていた。そして遂に生贄を見つけるが…。

この獲物(オンナ)
俺と死んでもらう。

―感想―

ジャパニーズジャーロと謳っているようだが、ピンク映画じゃないですかねえ。

なのでボカシばっか。

性器にボカシは分かるが、運転するタクシーのナンバープレートにまでボカシとはこれ如何に。

今時、運転手がわざわざ降りて客側のドアを手で開けるタイプも珍しい。

兎に角、妄想、想像のシーンが非常に多く、しかも長いしくどいし意味不明だしで「何やねんこれw」て思わず口に出して言ってしまったわ。

一応、オチらしきものはあるのと、尺が短いのが救い。

だが全然俺好みの映画ではなかった(笑)。

首を絞められた女の口から、血だけじゃなく何か固形物がドロドロ出てたけど、あれ何?内臓吐き出してたの?

犯人が自室に仕掛けていた装置(罠)も本来、どういう目的のものだったのかも良く分らん。

最後になるまで犯人の顔を隠しているとか、そういうホラーテイストを予想してたのだが、端っからガンガン顔見せしてたもんで、もうその時点で萎えた。

グロは良いけど、過度なエロを俺は別に求めていなかったんだよなあ。

取り合えず女優は皆、無意味におっπ大放出。

そういうのが好きな人には楽しめる、のかどうかは俺も自信はない。

 

評価:★☆

22/04/09DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-04-06

メーカー: マクザム

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CUBE 一度入ったら、最後

2022年03月03日 16時59分30秒 | 邦画ホラー
2021年
日本
108分
サスペンス/ホラー
劇場公開(2021/10/22)



監督:
清水康彦
原案:
ヴィンチェンゾ・ナタリ
コンセプトデザイン:
カイル・クーパー
主題歌:
星野源『Cube』
クリエイティブアドバイザー:
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演:
菅田将暉後藤裕一
甲斐麻子
岡田将生越智真司
田代輝宇野千陽
斎藤工井手寛
吉田鋼太郎安東和正



<ストーリー>
謎の立方体の中に突然閉じ込められた男女6人。彼らは知恵を絞って数々の殺人トラップをかいくぐり、自分自身と向き合いながら命懸けの脱出を目指すが…。

死のトラップ迷宮。
生きて出られるか。


―感想―

これが脚本から何まで全部オリジナルなら日本映画にしてはアイデアとか頑張ったなと及第点は与えたい。
だがリメイクとなると話は別だ。

内容とは関係ないが、レンタル版にも使われているジャケット。
センス無さ過ぎ。
こういう人たちが出ているんですよ♪
そんな宣伝なんかいらん。
映画ファンて出演者目当てに映画館までわざわざ足を運ぶのか?
そうじゃないだろ、中身で勝負せえよ、と。
何この、話気になるポスターは!位のセンス良い図案を考えろての。

で、本作だが、キャラクター個々の背景が薄い。
オリジナル版は(随分前に観たので記憶が散漫だが)確か何かしらのバックボーンを持っていたはず。
それらが剥き出しにされた時に、人間同士の争いなんかに恐怖を感じたものだが、リメイク版ではその辺がキャラクターによっては希薄。
岡田将生演じる越智なんてキャラ設定が全く掴めない。
それ以前にえらい苛々させられるだけの人物としか目に映らず、映画観ていて苛々させるなんて、つまらないの次に苦痛。
越智の存在だけで鑑賞の楽しみをぶっ壊している感じよ。

斎藤工が演じる井手だけがまともそうに見えたのだけど、早く帰りたいと言う理由が明確にされないまま死亡。
こういう手抜きなキャラ立ちをさせているから誰かに感情移入することも無く、だから例え命落としても取り残されても裏切られても俺の心が揺らぐことはまっーーたくなかった。

他にも各々の才能を使い、皆で協力しつつ脱出を目指すというオリジナルにあった設定すらも弱めてしまい、菅田将暉が1人カツカツとシャツのボタンを使って床とかで計算しているだけの印象しか残らず。
他の人物はその間、壁の隅っこで休んでいるだけだよ?
ここから出る気あるのかよて思うんだわ。
子供を出したりアンドロイド?を正体として見せたり、オリジナルにない要素を足してはいたが別に展開が良くなったという感じはしない。
無事、脱出となるラストも、この流れならそうなるよねと予想は出来る極平凡なもの。

ほんま、日本て他国の映画をリメイクするの、ドヘタだわ。

唯一、俺の心が響いた点、それは杏さんが、えらい美人だった、以上です。

評価:★★☆
22/03/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2022-03-02
メーカー:松竹

関連作:
『CUBE(1997)』(オリジナル)

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

呪怨:呪いの家 Vol.1~Vol.3

2021年08月28日 17時42分59秒 | 邦画ホラー
2020年
日本
56分・55分・56分
ホラー
TV



監督:
三宅唱
プロデューサー:
一瀬隆重
脚本:
高橋洋
一瀬隆重

特殊造型:
スクリーミング・マッド・ジョージ
出演:
荒川良々小田島泰男
黒島結菜本庄はるか
里々佳河合聖美/重松久美
長村航希桂木雄大/小林勝次
岩井堂聖子白い服の女
井之脇海深沢哲也
テイ龍進高坂保
松浦祐也小田島祐也
土村芳久世真奈美
柄本時生
仙道敦子深沢道子
倉科カナ有安君江
藤井武美辻井由佳
松岡依都美河合美奈
足立智充野口匠
大和田南那水上芳恵
葉月ひとみ兵藤真衣
松嶋亮太真崎圭一
久保陽香真崎千枝
カトウシンスケ灰田信彦
柳沢なな灰田景子
山田暖絆重松俊樹
中村シュン佐々木篤
禾本珠彩小田島一葉
夙川アトム諸角勇作
安野澄諸角智子
浦山佳樹砂田洋



【Vol.1】
<ストーリー>
心霊研究家の小田島は、オカルト番組で共演した新人タレント・はるかから部屋で奇妙な足音がするという話を聞く。そして彼女から、足音を録音したテープが送られて来るが…。第1話と第2話を収録。

―感想―

清水崇が過去に捨て去った古き良き「怖さ」を、この俺自身が良く知らない監督さんが拾い上げ現在に再び呼び起こしてくれた。
これまで何度も劇場版等でシリーズ化されてきた『呪怨』の初TVドラマ版。
まだ1巻しか現時点では観ていないが、歴代トップ3に入る位の怖さになっていると思う。

今の所、伽椰子も俊雄も出てきていない。
代わりとなるのか白い服の女が度々姿を現している。
清水崇が作り上げたホラーキャラクターとは切り離し、全くの別物な話になっているのだろうか。
その辺は2巻、3巻を見れば自ずと分かって来るのだろうけど、その2巻以降の展開が予告編を観た限りでも滅茶苦茶不気味なのだ。

これはもう・・・期待しちゃっていいですか!?

訳アリ物件となる「家」が主軸となるのは同じ。
だが、このTVドラマ版では登場する人物が皆、訳アリ人間であり、その事で終始画面上に漂う空気感がかなり「危ない」。

劇場版で視聴者に相当な衝撃を与えたフライパン殺人。
TVドラマ版には、それに似た黒電話殺人がある。
文字通り、黒電話でボッコボコに殴って殺す。

霊感のある母子、娘の先生と寝る糞母親、「家」の中での強姦、幼女誘拐。
ヤバいだろ、ヤバすぎるだろてな描写がたった1時間弱の間に詰め込まれており、不安無しでは観られないし、俺自身の精神もおかしくなりそうだ。
こういうのが、後2巻続くのかと思うと、ワクワクしちゃう(笑)。

第1巻はキャラクター紹介に焦点を当てている形だったので、それが終わった後の2巻以降にヤバ目の動きが起きる事は必至。
さあて、どういった「最凶」を用意しているのか、2巻、3巻もレンタル済みなので、深夜じっくりと目や耳で味わいたいものだ。
眠れなくなる位の恐怖を頼む!

今作の可愛い子役図鑑

おおっ!えらいめんこい子が出てきたな、と嬉しくなったのも束の間、柄本時生がこんなめんこい子をいきなり!?
ひ、酷すぎる。

【Vol.2】



<ストーリー>
母となり、息子と雄大と3人で暮らしている聖美。どん底の生活の中で、彼女は白い服を着た女の幽霊を見続けていた。ある日、哲也の夢を見たはるかは彼の母に会いに行くが…。第3話と第4話を収録。

―感想―

ほら、思った通りだ。
エグさが加速し始めたで。
確か、実際に妊婦の腹を裂いて胎児を取り出し、受話器とキーホルダーを腹部に詰め込まれた残忍な事件があったよね。
あれ。
あれを、やっちゃっている。
本作ではベルが鳴る電話機でしたが。

刺殺した際、直後ゲロ吐く男だけど、胎児を取り出すのは平気なのかよ。
その辺の境界線が分からんわ(^^;)

そういう現実にあった事件をモチーフにした描写を入れたりしている中、本編内のTVに映されるのは時代設定に沿っての「女子高生コンクリート事件」や「阪神淡路大震災」、そして「地下鉄サリン事件」。
リアルなものを取り入れる事で、ドラマを寄り現実味を帯びさせた形風に仕上げ、視聴者に強烈なトラウマを植え付けさせようとする。
陰湿なホラーに仕上げる為には、時にはこういった作りも「有り」だろう。

1巻の感想で述べた様に、訳アリ物件である「家」が舞台となっているが、実は登場人物の何人かは、その家の場所を知らない。
荒川良々が演じる主人公の心霊学者もその一人かと思われたが、本当は幼少時代に住んでいた事が「記憶の呼び起こし」として判明する。
そして、遂に皆が、「家」との繋がりに置いて何かしら関係性が明確となる、のが第2巻でのハイライト。

最終巻となる次巻では荒川良々も再び「家」の中へと足を踏み入れてしまうのだろうか。
一体どういった結末が待ち受けているのか、今夜、私は目撃する事となる。


取り出された胎児は死に、土の中へと埋められるが、呪いのアイコンとして現れ始める。
この造形を担当したのがスクリーミング・マッド・ジョージ氏。
久しぶりの造形仕事だったようだが、彼の手腕を発揮させた血まみれの赤子姿は想像を絶する気持ち悪さであった。

【Vol.3】



<ストーリー>
小田島は、自らの過去が呪いの家と深く関わっていたことを悟り、刑事に頼んで家の中に入れてもらう。そこで聖美の幻を見た小田島は、彼女を捜し始めるが…。第5話と最終第6話を収録。

―感想―

結果的に伽椰子も俊雄も出てこなかった。
だがこれで、この2人が登場しなくても『呪怨』という作品は成立出来るてのが立証されたよね。

代わりとなったのが白い服の女であり、虐待によって昏睡状態の寝たきりになっている少年であり、屋敷に住みつく黒猫である。
彼女らを目撃した者は極限の恐怖を感じ、そして精神がどんどんと壊れていく。
普通の一般人だった者が、急に言動がおかしくなる様は本当に観ていて不気味。
だがホラーとしてはそれが面白いのだ。

例の「家」でお祓いを済ませれば「呪い」は解けるんじゃないのか?
そういった淡い期待も木端微塵に砕け散る。
関わった人間は絶対に逃げ切れない最恐の「呪い」。
設定が多少変更されても『呪怨』はそうでなくちゃ。
『呪怨』にハッピーエンドなんてファンは誰も求めていないのだから。

初のTVドラマ版となった本作だが、あの終わり方は、わざとそういう終わり方にして視聴者に対し強い不安を押し付け様とする意図を持つ企みなのか、それとも第2弾が製作され曖昧なままになっている部分を補足していくのか。
自分的には後者かなと思えて仕方がないんだけど、後味の悪いラストカットという意味ではホラーとしてインパクトはある。

因みにエンドロール中に流れる曲が耳に残る位に凄く気味が悪いです。

評価:★★★☆
21/08/26・27・28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-08-04
メーカー:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

樹海村

2021年06月11日 16時44分18秒 | 邦画ホラー
2021年
日本
117分
ホラー
劇場公開(2021/02/05)



監督:
清水崇
『犬鳴村』
脚本:
清水崇
出演:
山田杏奈天沢響
山口まゆ天沢鳴
神尾楓珠阿久津輝
倉悠貴鷲尾真二郎
工藤遥片瀬美優
大谷凜香アキナ
安達祐実天沢琴音
原日出子天沢唯子
國村隼出口民綱



<ストーリー>
古くから伝わる強力な呪いが不気味で壮大な樹海の奥深くに封印された。13年後。姉妹の響と鳴の前に、あれが出現。そして、樹海で行方不明者が続出し…。

―感想―

識別感覚、俺鈍ってきているのかなあ。
姉妹の顔が同じに見えて、たまにどっちがどっちなのか分からなくなってしまった。
つか、おばあちゃんかよ、お母さんだと思って観てたわ。
なんか個性が無いんだよね、どいつもこいつも。

説明が多い、演出過多。
あのさ、こういうのはシンプルなのがええのよ。
余計なものをダラダラ入れられたら白けてしまう。
集中力が途切れてくると怖いものも怖いとは感じなくなるし。
いや、この映画、怖いか?

そもそも村の話なのかと思いきや、どっちかっていうとコトリバコの話で、殆ど村なんて出てこねえやん。
題名違くない?て。
そのコトリバコに関わった者は「死」が迫って来るのだが、何人か無関係な人も死んでたような。

樹海には一回も行った事のない俺だけど、入ったら出られないとか、そういう不気味な場所だってのは知っているし、だからその気味の悪い樹海をメインに描いて欲しかったんだわ。
コトリバコうんたらかんたらを主軸にした話の進め具合に、俺が求めていたのと違うてのはあった。
何故コトリバコが神出鬼没にあちこち現れるのか、ちとその辺も理解に苦しむ。
それと無理くり感動的に纏めんでもいいよ。
今の和製ホラーにブルブル震えるものを期待しない方がええんかね、大衆向けにエンタメ色強くする必要ないと思う。
清水崇監督はインディーズ時代、ホラーに対して容赦しない演出と情熱を突き詰めていた初心を取り戻して欲しい。

評価:★★☆
21/06/11DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-06-09
メーカー:東映ビデオ

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする