銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ストレイ 悲しみの化身

2020年04月30日 14時21分25秒 | 洋画ホラー
TVAR/STRAY
2019年
ロシア
90分
ホラー
劇場公開(2020/02/07)



監督:
オルガ・ゴロジェツカヤ
脚本:
オルガ・ゴロジェツカヤ
出演
エレナ・リャドワ
ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ
エフゲニー・ツィガノフ
セバスティアン・ブガエフ
アンナ・ウコロワ




<ストーリー>
息子が行方不明になって数年、悲しみから立ち直れない夫婦は、孤児院からひとりの男の子を引き取る。行方不明の息子と同じ名前を付けられたその子は、母に溺愛され育っていくが…。

―感想―




言う事コロコロ変わるやないかいこの母親。
母親自ら夫の反対押し切って引き取った癖に。
んで、しょっちゅう目を離し過ぎだろうが、その間に子供が悪さしていても自分の責任にはせんのね。
この母親、子育て向いてないわ。
挙句、お腹に赤ちゃんが出来たら、引き取った子供に対しての愛情を失っていく。
ほんまに学校の先生してたんか?て疑いたくなる位に自分勝手。

これ、誰が一番可哀想かってなると断然夫だろうね。
家族の事を大事に考え、常に前向きな姿勢(行動)とっているのに、妻に振り回されるわ、衝撃の事実を知らされるわで。
一人になるのに耐えられないからと最終的に辿り着いたのがラストのあれだろうけど、夫の姿には切なくなる。
間違いなく夫の人生をボロボロにさせたのは妻の軽率な行い。
あんな動物的な子供を引き取ると狂った様に言わなければ、夫は違う普通の子を引き取って幸せに暮らし続けられたんだろうなあ。
妻?知らん、自分が蒔いた種だろうが自分で刈り取れや。

ところでその引き取った子供って結局、何?
孤児院の子供達は「ゾンビ」と言ってたが、姿が変わったりするしゾンビではないように思うんだが、悪魔とも違うし、正体不明過ぎる。
その訳が分からない子供を演じた子役の演技も絶妙に光っていて、母親の言動を除けば展開・雰囲気は凄く好きでした。

評価:★★★☆
20/04/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-04-03
メーカー:インターフィルム

情報<未体験ゾーンの映画たち2020>

コメント

ジェイコブス・ラダー(2019)

2020年04月29日 14時29分01秒 | 洋画ホラー
JACOB'S LADDER
2019年
アメリカ
89分
ホラー/サスペンス
PG12
劇場公開(2020/01/03)



監督:
デヴィッド・M・ローゼンタール
『パーフェクト・ガイ』
出演:
マイケル・イーリー
ジェシー・ウィリアムズ
ジョセフ・シコラ
ニッキー・ベハーリー
ガイ・バーネット
カーラ・ソウザ




<ストーリー>
アフガニスタンで兄を亡くしたジェイコブ・シンガー。美しい妻と子どもに恵まれた彼は、外科医として成功し、悲しみから生活を取り戻しつつあったが…。

―感想―

俺はお前で、お前が俺で的なサスペンス風ホラー作品。

オリジナルは観ているけど、すっぱりと忘れちゃってたなあ。
そうそうこういう話やった、という気持ちにはならず、初めて観る話の様な感覚で見入ってしまった。

キーとなるのは、とあるドラッグ。
これはジェイコブの希望もあって、闇医者が処方したドラッグなのだが、兵役時代の記憶を消したくて服用、というか注射の過多によって依存症となり、幻覚を見続けてしまう男の悲劇を物語としている。
退役軍人はPTSDに悩まされるというのを良く聞くし、それを主人公が持つ病気として設定し映像化したものもこれまで多くあったが、本作のオリジナルがそれらの中でも群を抜いて丁寧に病気の「怖さ」を描いていたと思う。
リメイク版となる本作も残酷さがあり、悲しさもありで良く出来ている。

変な薬には手を出すな。
悩み苦しむなら上手く正式な病院の担当医と付き合えといった警告・助言を与えた作品とも言えるだろう。

ドラッグ依存症が辿る末のおぞましさを雰囲気と特殊効果で巧みに炙り出している。

評価:★★★
20/04/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-04-24
メーカー:ギャガ

関連作:
『ジェイコブス・ラダー(1990)』(オリジナル)

情報<未体験ゾーンの映画たち2020>

コメント

リーディングハウス

2020年04月28日 14時28分12秒 | 洋画ホラー
HAMOADON LESAFRUT YAFFA SHEL HAGVERET YANLEKOVA/MADAM YANKELOVA'S FINE LITERATURE CLUB
2017年
イスラエル
88分
コメディ/ホラー/サスペンス
劇場公開(2020/01/03)



監督:
ギラッド・エミリオ・シェンカー
脚本:
ギラッド・エミリオ・シェンカー
出演:
アニア・バクスタイン
ケレン・モル
イフタフ・クライン




<ストーリー>
ヤンケロヴァ夫人が主催する秘密の文学クラブ。参加者は女性限定とされているが、毎週開催される会合には、なぜか男性たちも招かれている。クラブの女性たちが、誰が最も魅力的な男性を招待するかを競い合っているのだ。しかし部屋に入ったが最後、男性たちは2度と出てくることはなく……。

―感想―

これ何時になったら面白くなるねん。

男が座った椅子が突然ガシャーン!てなった瞬間は「おっ!きたか!」て前のめりになったのに、何も起きなかった。
おいっ(-_-;)

つかホラーじゃねえし。
まあちょっとコメディ要素は入っているけど別に笑えない。

で、観終わって思った訳よ、ロマンス映画じゃね?と。

愛を知らなかったおばちゃんが初めて異性にときめく、そんな話。

もっと、内容的におどろおどろしいものを期待したのだが、おばちゃんが好みの異性を見つめて目をとろ~んとさせているだけのものだった。

ドア止めに使用したドラム缶を銃で撃って屋敷全体が爆破されるラストは好き。
まあそこだけしか見せ場が無いというね、なんじゃつまらんのぉ。

評価:★★
20/04/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-04-22
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

情報<未体験ゾーンの映画たち2020>

コメント

デッドナイト

2020年04月27日 16時20分53秒 | 洋画ホラー
DEAD NIGHT
2017年
アメリカ
88分
ホラー
劇場未公開



監督:
ブラッドフォード・バル
出演:
ブレア・グラント
AJ・ボーエン
ソフィー・ダラー
エリス・ルースマン
ジョシュア・ホフマン




<ストーリー>
雪山のロッジに到着したジェームズ一家は暖炉で火をおこすため、薪を取りに森の中へ入っていくと女性が倒れているのを見つける。妻のケーシーは女性を病院へ連れていくため一人車でふもとの病院まで向かうが、ロッジでは助けた女性によって一家が惨殺されてしまう。唯一生き残ったケーシーは復讐する為、斧を手に森の中をさまよう。

―感想―




ホラー映画のあるあるネタを初っ端からするのやめい(笑)。

これ、開始5分で「あ、ぜってえつまらんわ」という勘が働いたのだが、ほんとその通りだった。
ていうかさあ、意味がさっぱり分からんのだが。
あのフード被った集団は何者なのさ。
悪魔を誕生させてどうこうする話?
詳しい説明がされないから、何が起きているのか理解に苦しんだ。
気持ち悪い虫を口の中へ無理矢理入れたりと、描写的にはグロい事が起きているんだけど、それらがどういった設定なのかが分からんから楽しめないし、面白くねえなあという感情に繋がる。
不条理系ホラーだとは思うのだが、訳分からん映画は駄目だ、観る気がどんどん失せていく。

評価:★☆
20/04/26DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-03-11
メーカー:プルーク

コメント

エンド・オブ・ナイトメア

2020年04月26日 14時33分08秒 | 洋画ホラー
QUIET COMES THE DAWN
2019年
ロシア
97分
ホラー
劇場未公開



監督:
パベル・シドロフ
出演:
アレクサンドラ・ドロズドワ
アナスタシア・クイモワ
アレクサンドル・モロチニコフ
クズマ・コトリェレブ




<ストーリー>
20歳の誕生日に、兄の自殺を目撃してしまうスベトラーナ。兄はカルト教団ドーンや悪夢について調べていたことが分かり、スベトラーナは睡眠学研究所で明晰夢を利用した集団治療を受ける。なぜ悪夢を見るのか?そして、悪夢から解放されるのだろうか?

―感想―

こりゃあ堪らん、ヒロイン演じた子が滅茶苦茶可愛い。
しかもやたらとお胸を(´∀`*)

台詞が耳に入ってこない、胸の谷間ばかり凝視しちゃいました。

これも、そういう感じだし。
サービス精神溢れる所は称賛しないと。
良い者は良いのです。

話そのものも割と良かった(終盤まで)。
4人の見知らぬ男女が、夢セラピーを受けるのだが、それぞれが目にしている光景、これは「夢」なのか「現実」なのかで疑心暗鬼になりだす。
もしこれが「夢」でセラピーとしては成功だと言うのなら、俺だったらもう二度と体験したくないなあ。
やだよ、悪霊に襲われるとか、体験者同士で殺し合うとかさあ。
しかし、結末を観ると主催者側の狙いは全くの別でして。
ここがイマイチ良く分らんのだわ、なんか「悪魔」とか「秘密結社」とかのワードが出てくるから、そっち系の話だったのか~て気分的に萎えた。
どうやら「選ばれし者」を探しているらしく、その人物を見つけ出したらどうなるのかまでのハッキリとした説明のないまま、よどんだ雰囲気を残して終わってしまうのでモヤモヤとした気持ちだけが出てしまう結果に。
そこまでのホラータッチ強めの展開が面白かっただけに、余計この意味深で不完全燃焼気味なエンディングは残念。
兄の自殺も含め、全体像が鮮明に見えてこない作品はなんか評価し辛いっす。

今作の可愛いロシア女優図鑑
スベトラーナちゃん。

ジャケ写を見た瞬間に「この子可愛いんじゃね?」という俺の直感を信じて借りたのだが正解だった。
ただ、可愛い子は濡れ髪になるとその可愛さも倍増するのだが、この子はそうでもなかったんだよなあ、珍しい。

評価:★★★
20/04/25DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へにほんブログ村 映画ブログへバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-03-11
メーカー:プルーク

コメント