銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ゾンビ革命 -フアン・オブ・ザ・デッド-

2013年03月30日 23時59分02秒 | 洋画ホラー
JUAN DE LOS MUERTOS/JUAN OF THE DEAD
2011年
スペイン/キューバ
96分
ゾンビホラー/コメディ
R15+
劇場公開(2012/10/27)



監督:アレハンドロ・ブルゲス
脚本:アレハンドロ・ブルゲス
出演:
アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス・・・フアン
ホルヘ・モリーナ・・・ラサロ
アンドレア・ドゥーロ・・・カミーラ
アンドロス・ペルゴリーア・・・ブラディ・カリフォルニア
ハス・ビラ・・・チナ
エリエセル・ラミレス プリモ

<ストーリー>
ある町で突如人々が狂暴なゾンビと化し、互いを襲い始める。怠け者のフアンはヒーローになりきり、感染者を排除する「フアン殺人代行社」を立ち上げ、仲間と共にゾンビと戦うが…。

ラテンの国からやってきた”
キューバ初のゾンビ映画は、やっぱり超絶ノリがいい!!

俺たち陽気な
ゾンビバスターズ!


-感想-

ゾンビ退治、代りに請け負います!

手には船のオールを持ってゾンビの頭部を豪快・爽快にぶっ潰す。
ニートなおっさんフアンが超人並に強いのなんのって。
ほぼ無敵、無双状態です。
他にも幼馴染のおっさんや、その息子、そして血を見ると気絶する巨体男、パチンコ使いのオカマなど仲間がいるけれど、キャラがそれぞれに立っていて良いよね。

キューバ初のゾンビ映画だそうで。
海外のゾンビ映画は面白いの作るよなぁ。
日本ももっと見習って欲しい。

ゆる~い感じのコメディなんでニヤニヤしながら観れるってのもあるけれど、ユニークな描写や、凝った演出も結構あってか中々に楽しい。


マトリックスばりの空中闊歩もあるでよ。
一応のワイヤーアクションなんだろうな。
上手くゾンビの頭の上を歩いておられます。


勿論グロもあるけど、ゾンビ映画にしては少な目かも。

でも、ぼぼぼぼぼんっと気持ち良い程に首から上が宙に舞う様はメッチャ愉快。

これがそのシーンなんだけど、ナイスなアイデアを用いた一掃作戦で凄く好きだわ。
ここだけ何回もリピートしちまった(笑)。
だって、ほんま超きもちいぃんだもん。

それにしてもゾンビの数が半端無い。
大量にエキストラを雇ったんやろか。
良くまぁここまで集められたなって、ラストでの群集がフアンに向かって猛進する場面は圧巻だった。
一部CGじゃあないよね?

題名からしても『ショーン・オブ・ザ・デッド』をリスペクトしている作品なので、あの作品が好物なら本作にもハマれるんじゃないかな。

ちょっと下ネタとかもあるけれど、基本男と男の友情と、父と娘の愛情を描いた感動作!←嘘つけぇww

本作の恋人にしたい美女図鑑

フアンの娘カミーラ役のアンドレア・ドゥーロ。
なんでイケメンでもないフアンからこんな美人な娘が出来るんだ!?
嫁さんが綺麗なんだろう、そういうことにしとこ。
父に似て、このカミーラもゾンビ相手に相当な暴れん坊さん。

評価:★★★
13/03/30DVD鑑賞(新作)
バナーを押して一日一善
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-02
メーカー:ファインフィルムズ

オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (10)   トラックバック (6)

ブロンソン

2013年03月29日 23時09分47秒 | 洋画アクション
BRONSON
2008年
イギリス
92分
アクション/犯罪/伝記
劇場未公開



監督:ニコラス・ウィンディング・レフン『ドライヴ』
脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:
トム・ハーディ『ダークナイト ライジング』・・・マイケル・ピーターソン/チャールズ・ブロンソン

<ストーリー>
自分をチャールズ・ブロンソンの分身であると主張したイギリスでもっとも有名な犯罪者、マイケル・ピーターソンの最高に最低な生き様を描く。

-感想-

物凄く癖のある作品です。
観る人を選ぶだろうし、私みたく何気に借りて観たら面食らう人も出てくるかもしれない。
それ位、けったいな内容。
ニコラス監督はもしかしたらキューブリックの世界を目指したのかもしれない。
現に一部からは「21世紀の時計じかけのオレンジ」と云われているらしいし。

兎に角

この映画は狂気に犯されている。
この映画は暴力に支配されている。
そしてこの映画はトム・ハーディの荒ぶる姿を延々と映し出しているのだ。

トムの怪演なくしてはこの作品は成立していなかっただろう。
正に怒号の爆発とはこの事である。

暴れる体勢に入る前には必ずと言っていいほど裸になるトム・ハーディ。
なので日本版ではトムの股間にはボカシ付き。
裸になることで、己の肉体の強さを誇示したかったのだろうか。
ボッコボコにされてたけど。
因みにオリジナルのトレーラーを見ると当然ボカシ無しなのでアレをぶらんぶらんさせておりました。

トムの気迫には引き込まれるが、すっげぇ変な映画なので万人にはお薦めできません。
でもま、ある意味面白いので怖いものみたさで観てみそ。

評価:★★★
13/03/29DVD鑑賞(準新作)
このバナー何時押すの!?今でしょ!
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-12-05
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト(英語)
コメント (2)   トラックバック (1)

ジャックはしゃべれま1,000(せん)

2013年03月28日 20時29分33秒 | 洋画コメディ
A THOUSAND WORDS
2012年
アメリカ
91分
コメディ
劇場未公開



監督:ブライアン・ロビンス
製作:ブライアン・ロビンス
出演:
エディ・マーフィ『ペントハウス』
ケリー・ワシントン『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』
クリフ・カーティス『コロンビアーナ』

<ストーリー>
相手の本など読まず、口八丁の調子のよさだけで契約をまとめている出版代理人のジャック。だが、胡散臭いスピリチュアル指導者に出会ったことからとんでもない災難に見舞われてしまい…。



-感想-

マシンガントークが売りなエディ・マーフィが喋れなくなるだと!?
なんかそれだけでも面白そうと観てみたんだけれど、結構しんみりとさせられるお話でした。

言葉一つ一つに重みがあるんだよって事なんでしょうね。

適当にベラベラと喋るだけの口なんて塞いじゃえ!

いざ喋れなくなると、自分の気持ちを人に手振りだけで伝えるってのは本当に難しい。
言葉ってどれだけ大切なものなのか、それを深く考えさせられる作品。

最後はハートフルな感じで締めくくられているけれど、そこは流石エディだけあって、喋れなくなってもきちんと笑いを生み出してくれています。

必死のジェスチャーが一番に笑えるけれど、不思議な木と一体化しているエディは、その木に庭師が水を掛けるとエディも汗だくに。
防腐剤を振り撒くとエディはへべれけになっちゃう。
一言も喋らず、人から見ると「どうしちゃったの?」なエディが可笑しいのなんのって。
んでも、自分で木に水を掛けても汗だくにはならないんだね。

商談相手と電話で契約するのに、言葉を発せ無いからと喋る人形を使ってやり取りするのは愉快だったなぁ。

エディも早や50歳ですか。
昔っから変わらないと云うか、この人、ほんと老けない若々しさを保っているよねぇ。
大好きなコメディアンの1人だけど、最近は未公開作ばかりで余り良作に巡り合えてないってのが残念なだけに、スターダムにのし上がった代表作『ビバリーヒルズ・コップ』の新作でも撮って、一念発起して欲しい所です。

評価:★★★
13/03/28DVD鑑賞(準新作)
このバナー、何時押すの?今でしょ!
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-10-05
メーカー:角川書店

オフィシャル・サイト(英語)
コメント (6)   トラックバック (2)

NINIFUNI

2013年03月27日 21時53分01秒 | 邦画ドラマ
2011年
日本
42分
ドラマ/犯罪
劇場公開(2011/06/11)



監督:真利子哲也
出演:
宮崎将『世界の中心で、愛をさけぶ』
山中崇『希望の国』
ももいろクローバー『シロメ』

<ストーリー>
誰にも気に掛けてもらえない者と、世の中の注目を浴びる存在。対照的な別々の世界が交差する時、そこに見える物は何なのかを問う。

-感想-

ブルーの早見あかりがまだ在籍していた頃のももクロちゃんが登場。
Zになる前ですね。
どんな場所でも元気一杯っすね。
寒くても常に全力少女ってのが良いですな。

で、この作品のテーマは何ですか?

「貴方はこれを観てどう想い、どう感じますか?」

そう鑑賞者に投げかけてくる作風なんですが、私は何も感じません。

強盗働いて、勝手に自殺した人間に何を感じろと?

~自分は誰にも気付かれない、気にも留められない~

んなもん、知ったこっちゃないですよ。

ももクロちゃん目当てに観たけれど、こういう実験的な作品は苦手だわ。

評価:★★
13/03/27DVD鑑賞(準新作)
バナーを1回クリック!
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-12-21
メーカー:バンダイビジュアル

情報
コメント (2)   トラックバック (2)

アウトポスト BLACK SUN

2013年03月26日 21時51分05秒 | 洋画ホラー
OUTPOST: BLACK SUN/OUTPOST 2: BLACK SUN
2012年
イギリス
101分
SF/アクション/ホラー
劇場未公開



監督:スティーヴ・バーカー『ゾンビ・ソルジャー』
脚本:スティーヴ・バーカー
出演:
リチャード・コイル『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』
クライヴ・ラッセル『クライヴ・バーカー 血の本』
キャサリン・ステッドマン

<ストーリー>
第二次世界大戦終盤、科学者・クラウゼナーは不死身のナチ軍の開発を進めていた。そして近未来、東欧に配備されたNATO機動部隊の前に、ナチ突撃隊員群ゾンビが現れ…。



-感想-

なんか細かい所が分かり難い。
ヒロインと一緒に同行する事になる男とは知り合いみたいだけど、どういった知り合いなのか説明なし。
ヒロインは復讐の為に科学者を追っているみたいだけど、それの説明もなし。
これって、何かの作品の続きですかぁ??

やっぱ続編やん。
2007年に製作された『ゾンビ・ソルジャー』がそれ。
わたし、観てるし。
んな、5・6年も前の内容なんて覚えとらんよ。

今作が初見の人にはかなり不親切なストーリーだよね。
とりあえず冒頭にでもちょっとした前作のあらすじ位入れましょうよ。
前作観ている私ですらも、この記事書く用意するまで続き物やとは気付かんかったわ。

え~と、ナチゾンビが出てきますが、そこは兵士だけあって人を喰うとかの描写は無く、あくまでも兵士として戦うゾンビです。
何処を撃たれても死なないってのは前作のままですかね。
ただ、不死身なのは電磁波が張られている区域だけで、その電磁波が破られると撃たれたら死にます。

これといった場面が無いんですよね。
ゾンビ映画でもあるしミリタリーアクション映画でもあるんだけど、妙に盛り上がりが乏しいというか。

怖くも無く面白くも無くだけど、囚われていたおっさんが、手からバリバリバリィって電気を放電させるシーンはちょっと楽しい。

バリバリバリィ~~

こんなキャラ、何かのアメコミ映画かアニメで観た記憶が・・・。
それが何かは思い出せないけど。

最後は3作目につづく。。。ってか。
忘れないうちに作ってください。

評価:★★
13/03/26DVD鑑賞(準新作)
ポチッとバナーを押してチョ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-12-07
メーカー:ファインフィルムズ

関連作:
『ゾンビ・ソルジャー(2007)』(第1作)
『アウトポスト BLACK SUN(2012)』(第2作)
トラックバック (1)

最強のふたり

2013年03月24日 22時13分29秒 | 洋画ドラマ
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE
2011年
フランス
113分
コメディ/ドラマ
PG12
劇場公開(2012/09/01)



監督:エリック・トレダノ
脚本:エリック・トレダノ
出演:
フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ
オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス

<ストーリー>
車椅子生活を送る大富豪のフィリップは、介護者面接にやって来た場違いな黒人青年・ドリスを採用する。何もかもが正反対のふたりだったが、やがて互いを受け入れ始め…。

さぁ、人生に繰り出そう。

-感想-

凄く素敵な映画でした。
観ている私もクリーンな気持ちになると云うかね。
フィリップとドリスの厚い友情、深い絆にほっこりさせられちゃったなぁ。

私はねフィリップは介護人を募集はしていましたが、それは表向きな事だけであって、本当は心から冗談を言い合える、笑い合える

友達

が欲しかったんじゃないのかなぁと思ったんですよ。

それがドリスだったんだろうねぇ。
障害者を障害者として扱わない厚かましい態度にピンときたんだろうね、面接時に。
その後彼の人柄と性格を知るうちにどんどん波長が合って来たのでしょう。
もうどこからどうみても障害者と介護人という間柄に見えない。
ようやく見つけた信頼し合える最高の友人。
怖いもの知らずな所が正に“最強のふたり”。

ドリスがフィリップに吐く言葉は他人が聴くと酷いかもしれないけれど、フィリップ自身は悪意に感じていない。
毒気はあるけれど、全てにユーモアが含まれている。
「こいつ、言いたい事言いやがる!」
一瞬はそう感じるけど自然とドリスの笑顔あっての毒舌に、釣られてフィリップにも笑みがこぼれてしまう。
気兼ねする事無く何でも思った事、感じた事をそのまま呆気らかんと言って来るドリスが本当に友達として好きで好きで仕方がないんだろうなって。

だってさ、彼が辞めた後のフィリップの落ち込み様ったら半端無かったじゃない(笑)。
大切なおもちゃを奪われてしまった子供みたいだった。

そんなフィリップの元にドリスが「やぁ、どうした!」と帰って来る。
夜のハイウェイでの暴走ドライブで見せる楽しそうな顔、髭剃りの時に見せるフィリップの嬉しそうな顔ったらもう。
私までハッピーな気分になりますわ。

後半に向けて感動がじわじわと来る。
ドリスが最後にフィリップに対して取った粋な計らいには彼にしか出来ない優しさを感じさせられて一気にブワッてなってしまった。

(´;ω;`)ブワッ←分かるかな私の気持ち

そこで流れる音楽がまた涙を更に大きく誘うんだよね。

この作品は映画ファンなら是が非でも観て戴きたい。
因みにDVDには視覚障害者用に音声ナビも収録されています。
だからそういった意味でも色んな人に観て(聴いて)欲しいです。
温かい友情に乾杯。
心地好い感動を味合わせてくれた作品に大感謝。

ハリウッドでのリメイクが決まったようですね。
毎度の事ながら不安を募らせますが、主役2人のキャスティングにはコリン・ファースとクリス・タッカーが予定されているそうで。
私的には何かこれは違う様な気がする。
フィリップ役こそダスティン・ホフマンだろって思ったのは私だけだろうな、うん。

評価:★★★★★
13/03/24DVD鑑賞(新作)
一日一善!バナーをポチッとな。
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-22
メーカー:ギャガ・コミュニケーションズ

オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (24)   トラックバック (60)

パラノーマル・アクティビティ4

2013年03月23日 21時44分03秒 | 洋画ホラー
PARANORMAL ACTIVITY 4
2012年
アメリカ
88分
ホラー
劇場公開(2012/11/01)



監督:
ヘンリー・ジュースト『パラノーマル・アクティビティ3』
アリエル・シュルマン

出演:
ケイティー・フェザーストン『パラノーマル・アクティビティ3』
キャスリン・ニュートン
ブレイディ・アレン

<ストーリー>
2011年11月。女子高生・アレックスとその家族は、隣家の息子・ロビーを預かることになる。だが彼が来て以来、家の内部で次々と奇妙な現象が起こるようになり…。

-感想-

今回はね、違う意味で愉しかったのです。
やっぱね、ヒロインは可愛くなくちゃ。

今作の恋人でもいい娘でもいい美女図鑑

多くの超常現象を目撃する事になるアレックス役のキャスリン・ニュートンちゃん。
恋人ベンとの会話の記録を主にPCを使ってのチャット映像として画面に映し出されるので顔のアップ率高め。
かなりの美少女だったので、映画は退屈でしたが、可愛いキャスリンちゃんが一杯観れてそこは満足。
最後はどうなっちゃったのかな?ん?

さて、本作は消えたケイティと幼子ハンターのその5年後を描いた作品。
主人公アレックスの弟ワイアットには養子という設定があり、これがアレックス家族が恐怖のどん底に陥る原因にもなっています。

どうってことのない映像がダラダラと流れるので恐怖感は余りないのですが、暗視カメラを使ってのドット画が齎すカラクリ映像は割かし面白いものになっておりました。
ケイティがソファから立ち上がるシーンは騙し絵みたいで中々宜しい。

台所の包丁がヒュンッて飛んでいくのもビックリ演出としては良いのではないかな。

このシリーズは大体終盤は盛り上がりはありますが、ほんとそこまでがつまらんよねぇ。
もう少し部分的にもホラーファンをも唸らせる程の恐怖映像を投入して欲しい所ではあります。

DVDには完全版が入っていまして、先ずそちらから観たのですが、何が追加されてたのか後で劇場公開版と比べてみたら、ハロウィンシーンとかパーティシーンとかどうでも良いものばかりでした。
でね、妙に長く感じる96分の完全版をエンドロールまで見届けて「やっと終わったよ」と停止ボタン押そうと思ったら、突然また冒頭から流れ始めたんだよね。
しかもDVDレコーダーのタイムコードはそのまま継続中。
100分過ぎても、一度観たものと何ら変わり無し。
でも、何かギミックが隠されているんじゃないかと気になるじゃない。
で、そのまま観続けてたんだけど、アレックスがギター弾いているシーンでいきなりブツッと映像が切れて、メインメニューに戻った。
なにこれ?
ウチのレコーダーだけの現象?
これこそケイティの呪いだったら映画の世界より本気でリアル世界のこちらの方が怖いんですけど!

評価:★★☆
13/03/22DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-22
メーカー:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『パラノーマル・アクティビティ(2007)』(第1作)
『パラノーマル・アクティビティ2(2010)』(第2作)
『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT(2010)』(日本版続編)
『パラノーマル・アクティビティ3(2011)』(第3作)
『パラノーマル・アクティビティ4(2012)』(第4作)
『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印(2014)』(スピンオフ)
『パラノーマル・アクティビティ5』(第5作)
コメント (6)   トラックバック (10)

リンカーン/秘密の書

2013年03月22日 19時58分01秒 | 洋画アクション
ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER
2012年
アメリカ
105分
アクション/ファンタジー/ホラー
PG12
劇場公開(2012/11/01)



監督:ティムール・ベクマンベトフ『ウォンテッド』
製作:
ティム・バートン
ティムール・ベクマンベトフ

原作:セス・グレアム=スミス『ヴァンパイアハンター・リンカーン』
出演:
ベンジャミン・ウォーカー・・・エイブラハム・リンカーン
ドミニク・クーパー『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』・・・ヘンリー・スタージス
アンソニー・マッキー『崖っぷちの男』・・・ウィル・ジョンソン
メアリー・エリザベス・ウィンステッド『遊星からの物体X ファーストコンタクト』・・・メアリー・トッド・リンカーン
ルーファス・シーウェル『ツーリスト』・・・アダム
マートン・ソーカス『アリス・イン・ワンダーランド』・・・ジャック・バーツ
ジミ・シンプソン『デート&ナイト』・・・ジョシュア・スピード
ジョゼフ・マウル『シャドー・チェイサー』・・・トーマス・リンカーン
ロビン・マクリーヴィー『ラブド・ワンズ』・・・ナンシー・リンカーン
エリン・ワッソン・・・ヴァドマ
ジョン・ロスマン『地球が静止する日』・・・ジェファーソン・デイヴィス
キャメロン・M・ブラウン・・・ウィリアム・リンカーン
アラン・テュディック『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 スティーヴン・ダグラス

<ストーリー>
大統領となって人民を味方に付けたリンカーンは、母の命を奪ったヴァンパイアたちへの復讐を誓うのだが…。

昼は大統領
夜はハンター

あの大統領には、
若き日から挑み続けた
誰も知らない戦いがあった――。


-感想-

ゾンビでのリンカーンは鎌でしたけど、ヴァンパイアのリンカーンは斧ですか。
しかも仕込み銃。
このアイテムは格好良いのか悪いのか微妙な所ではありますが、切れ味は中々の鋭さです。

大統領になる前の若年期と大統領になってからの中年期と2パートに別れているけど、どちらとも相手するのはヴァンパイアです。

若年期は色んなヴァンパイアと戦って腕を磨いていく過程を描き、中年期では親仇である親玉と対峙するってな単純なストーリーですが、アクションシーンに拘っているだけあってそこそこに楽しい画にはなってる。

若年期での見せ場は暴走する馬の群れの中での戦い。
中年期での見せ場は激走する汽車の中・外での戦い。

迫力はあるけれど、オーバーに見せすぎて若干観難い、起きている様が解り辛いってのが惜しい。

まぁ一種のエンタメ作品としてはそんなに悪くはないので、気楽に観るには丁度良い感じの仕上がりにはなっています。
時にはふっと消えたりと、ランク上のヴァンパイアは多彩な動きを見せてくれるのでそこは面白かったかな。
無双する程の滅茶苦茶強いって訳でもないリンカーンも1人の人間らしくて良いんじゃないでしょうか。
ピンチに陥って逆襲に転ずる。
こういう基本的な描写も作品によっては必要やと思うんですよね。
小さく盛り上がるシーンはそこそこにあったので退屈はしませんでした。

個人的に気に食わなかったのが、メアリー・エリザベス・ウィンステッド嬢の吹き替え担当者。
すっごい下手糞。
やる気あるのかよ!て思うほどに酷い棒読み。
全然感情が篭っていない。
エンドロール後に吹き替えスタッフが紹介されて初めて誰だか解った。
選ばれたからにはちゃんと仕事しろよ、相武紗季!

評価:★★★
13/03/22DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-22
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト
コメント (10)   トラックバック (36)

SAFE/セイフ

2013年03月21日 20時32分17秒 | 洋画アクション
SAFE
2012年
アメリカ
94分
アクション
R15+
劇場公開(2012/10/13)



監督:ボアズ・イェーキン
脚本:ボアズ・イェーキン
出演:
ジェイソン・ステイサム『キラー・エリート』・・・ルーク・ライト
キャサリン・チェン・・・メイ
ジェームズ・ホン『地球が静止する日』・・・ハン・ジャオ
クリス・サランドン・・・トラメロ市長
ジョセフ・シコラ・・・ヴァシリー
ロバート・ジョン・バーク『リミットレス』・・・ウルフ警部
レジー・リー『ダークナイト ライジング』・・・チャン・クワン
アンソン・マウント『HICK-ルリ13歳の旅』・・・アレックス・ローゼン
サンドール・テクシー・・・エミール

<ストーリー>
地下鉄のホームで飛び込み自殺を図ろうとした元特命刑事のルークは、ひとりの怯えた少女が妻を殺したロシア人の一団に追われているのを目撃し…。

この命、
絶対に
守りきる。


-感想-

感想?
そんなもん

ステイサム兄貴が今回もカッチョエエ!

てだけで十分だろ。

・・・ごめんなさい。
そんなに滅茶苦茶面白いとは思えませんでした。

ステイサムのバッバッバッなアクションしか印象に残っておりません。

単純にアクションを楽しみたい方はどうぞ
ってな感じかなぁ。

中国人の少女が可愛くない(笑)
もうちとキュートな子おらんかったんかいな。

「女は見てくれじゃない。
ユーモアがあるかどうかだ」

殺されたステイサム兄貴の女房ってどんだけブサイクなんだ?
写真としても画面に出さない所をみると相当なもんなのか?
逆に気になるわ。

評価:★★★
13/03/20DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-20
メーカー:ポニーキャニオン

オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (12)   トラックバック (20)

ザ・ウーマン 飼育された女

2013年03月20日 21時40分34秒 | 洋画ホラー
THE WOMAN
2011年
アメリカ
104分
ホラー
劇場公開(2012/10/20)



監督:ラッキー・マッキー『MAY -メイ-』
原作:
ジャック・ケッチャム『ザ・ウーマン』
ラッキー・マッキー
脚本:
ジャック・ケッチャム
ラッキー・マッキー

出演:
ポリアンナ・マッキントッシュ『襲撃者の夜』
ショーン・ブリジャース
アンジェラ・ベティス『ツールボックス・マーダー』

<ストーリー>
妻と子供たちと平凡に暮らしていた弁護士・クリスは、趣味であるハンティング中に森で見つけた野生の女を家の倉庫で飼育すると宣言する。だが、女は人喰い一家の生き残りだった…。

捕らえ、監禁し、飼育しようとした女は
――人喰い女だった?!


-感想-

何でこんな森深き場所に人喰い女が居て、しかも大怪我を負っているんだ?
詳しい説明も無く唐突に始るオープニングなので人によっては戸惑いを見せるかもしれない。
ただこれだけは解って欲しい。
本作は前作『襲撃者の夜』の続きだってことを。
レンタル店にも置いてあるので未見の方はそちらから観た方がより入り込み易いかな。
食人女役は『襲撃者の夜』に続いて同じくポリアンナ・マッキントッシュ。
膨よかな胸とボカシなしのヘアをオールヌードで披露してくれます。

獣の様な言葉も話せない汚い女を普通の女性の様に生まれ返させる目的で監禁・飼育始めた一家の主・クリス。
しかし本当の目的は綺麗になった女を性のはけ口にする事だった。

親父も親父なら、息子も同類でして。
この男二人が最低最悪で不快極まりない。
妻と娘も居るが言葉と力の暴力で完全に親父の言い成り状態。
反抗的な態度を見せるものならサンドバッグ並にパンチラッシュを浴びせる有様。

終盤、長女の妊娠を疑う女教師が家を訪ねてくるが、ここでも親父は教師に対して威圧的に言葉で責め、そして引きずり回した挙句に納屋に居た犬と“それ”に襲わせ、喰わせる!
“それ”に関してはまさかそんな生き物がそこに居ようとは予想にも出来ずかなり驚かされる事必至。
それ”を含め、女性は皆、親父に飼育されていたという裏の秘密がこうして暴露された訳だが、息子と一緒に笑みを浮かべながら教師が喰われる全てを見届ける姿が憎たらしいというか腹が立つ。

兎に角女性軽視が酷く、そんな描写が多い為に気分が悪くなってくるのだが、教師が“それ”に襲われているシーンと同時進行で長女が食人女を解き放ってしまう!
ここの描き方がワクワクさせる程の秀逸さで、教師の姿がどんどん酷くなっていくのに、長女は食人女の鎖を外すのに手間取っちゃって、そのモタモタ加減に良い意味で苛々してきて自然と「早くしろよ!」という気持ちが高ぶってしまうのだ。

そして待ちに待った瞬間。
遂にキターというこのワンショット!

姐さん、殺っちまって下さい!!

鑑賞者の鬱憤を代りに晴らしてくれるかの如く一種の楽しみ的な感覚にも陥る痛快なリベンジシーン。
それまでが非道極まりない展開だっただけに、もうここで味わうカタルシスは半端なかった。
ただ欲を言えばもう少しじわじわと痛めつけて欲しかったかも。
ちょっとあっさり加減の復讐だったかしら。
ま、でも胴体真っ二つにされる様に、臓物抉り出されて喰われる様にザマァwwってはなったけどね。

観る者をある程度不快にさせるだけさせて逆襲という方法で一気に高揚感を持たせるラッキー・マッキー監督の演出方法は上手い。

前半=不快
後半=愉快

ポリアンナ・マッキントッシュさんの食人女成り切りぶりも見事でした。

流石鬼才ジャック・ケッチャム。
何時もながらの問題作ですけど、面白いのを書く人ですよ。

評価:★★★☆
13/03/20DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-08
メーカー:エクリプス

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

参考:『襲撃者の夜』
コメント (12)   トラックバック (4)