銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ブラッディ・ローラ 殺戮の催眠美少女

2010年03月30日 00時34分48秒 | 洋画ホラー
PARASOMNIA/08年/米/103分/劇場未公開
監督:ウィリアム・マローン
出演:ディラン・パーセル、シェリリン・ウィルソン、ジェフリー・コムズ

<ストーリー>
病院に監禁された連続殺人鬼が超能力で夢遊病の美少女を操り、連続殺人ゲームを仕掛ける。
<感想>
“眠れる美女”ことローラを演じた女優さんは、出し惜しみもせずにおっぱいを見せて、時には返り血で全身真っ赤になったりと頑張っていましたね。
それにそこそこの美貌もありましたのできちんと画になっていた。

鏡に覆われた夢の世界と、終盤での操られた母娘がクラシックを弾き奏でる中、ギミックが動き回る舞台は私好みの作り。

殺人鬼が超能力で夢遊病少女を操り、人を殺していくといった奇抜なアイデアも○。

只、少女を連れ去る主人公の青年がイケてない。
ルックスもそうだが、何か頼りなさ過ぎ。
見た目から、こいつに任せてはいかんだろって思っちゃう。

よくよく思えば、病室に寝ていた少女に一目惚れしたから自宅に連れ帰って世話する、って事自体が一般的に考えたらおかしいだろ。

道端に落ちているものを食べる少女がそんなに可愛いか?
ナイフで襲ってくる少女がそんなに愛おしいか?

異色のマニアだね君は。
当然、そんな彼に少女を守る力などなく、殺人鬼に終始やられっ放しで、主役がヒーローになれずに終了。

しかし、これを悲劇をもっての始まりとするラブ・ストーリーと見れば、意外とラストシーンが美しく感じとれるんです。
私は切なくなったんだけれどね。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
10/03/29DVD鑑賞
ウィリアム・マローン ホラー ショーン・ヤング DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)

人間狩り

2010年03月29日 23時57分47秒 | 洋画ホラー
PIG HUNT/08年/米/99分/劇場未公開
監督:ジェームズ・アイザック
出演:トラヴィス・アーロン・ウェイド、ティナ・ホァン

<ストーリー>
山で遊び半分に猟をしていた男たちが、山の住人や巨大な獣に襲われる。
<感想>
暇潰しに山奥に猟へ出かけたら、そこで幼馴染のジャンキー一味と、馬をも首根っこから引き千切る巨大猪、そしてハーレムを築くヒッピー軍団に襲われるという、ある意味トンデモ映画^^;

当初の目的は例の巨大猪狩りだったのに、途中から仲間割れの挙句に邦題通りの人間狩りに発展し、最後にはヒッピーアジトで生け贄の儀式に強制参加させられてと、展開が無茶苦茶。

本作のメインは何ですか!!

ていうか色んな‘モノ’が生息しているこの山自体が謎に満ちているんですけど。

アジア系女性を恋人に持つ主人公を筆頭に、動物の腸を見たらゲロるのに喰われた人間の手首を見ても平然としている黒人(ハーレムでのエロ顔が間抜けすぎ)、動物解体に生き甲斐を感じている弟とコカイン命の兄、女だらけの王国を構える首領(巨大猪を飼っている張本人、服装が変)と、キワモノだらけの登場人物たちによる暴走行為が退屈さを忘れさせてくれるが、これだけ個性的なキャラが揃うと中には苛立つ輩もいる訳でして。

そいつが、逃げた犬を危険も感じずに大声上げて一人で勝手に探しているデブ男。
こいつマジうざい。
早く死んでくれ1位認定。
もう叫ぶわ、泣くわで耳障り、目障り極まりないのだが、ジャンキーに頭吹っ飛ばされた時にようやく静けさが辺りを包んだ時には、心がス~としたね。

結局、一番まともに思えた人物は弟を殺されて怒りに燃えていた兄貴かと。
黒人がデロデロで鼻の下伸ばしていたハーレム女たち(こいつらも言動が腹立つ)を、問答無用で銃殺。
ここ最高。

あれ?そう言えば猪は?

あ、何か最後にようやくお披露目されてました。
けど、あっさり退治。
オイオイ・・・。

ちゅうか、猪の造形、あれは完全に『もののけ姫』のパクリやろ!!

評価:★★
10/03/29DVD鑑賞
サバイバル・アクション・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (1)

アティック

2010年03月23日 23時25分17秒 | 洋画ホラー
THE ATTIC/08年/米/82分/劇場未公開
監督:メアリー・ランバート
出演:エリザベス・モス、トム・マロイ、ジョン・サヴェージ

<ストーリー>
霊にとりつかれた女性が、成仏させる“鍵”を見つける為、屋根裏を探索する。
<感想>
物凄い傑作(『エスター』)を観た後だと同じホラーでも何だかなぁ^^;

画質がえらく古臭いので80年代のホラーかと思ったら、普通に最近の作品だった。
題材が幽霊もの、もしくは悪魔崇拝ものだけに敢えてアンティーク調にしたんやろか。
それならばもっとゴシックホラーみたく、おどろおどろしいものにすれば良いものを、作り的には現代B級ホラーそのもので、大して面白さもない。

最後にはどんでん返しオチみたいなのがあるんだけれど、何処かで観たようなもので新鮮味が余り感じられず、更にその後のエピソードが付け加えられた事で、折角のオチが有耶無耶になり、結局何が何だか良く分からない内容になっちゃっている。

「幽霊が棲む家」と捉えればいいのかな?

監督は『ペット・セメタリー』を撮った人だけに期待したんだけれど・・・。

下では無いけれど上でも無い、ありふれた普通のホラー。

評価:★★☆
10/03/23DVD鑑賞
メアリー・ランバート サスペンス・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (1)

エスター

2010年03月23日 22時35分54秒 | 洋画ホラー
ORPHAN/09年/米/123分/劇場公開
監督:ハウメ・コジェ=セラ
出演:ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン

<ストーリー>
子供を失った夫婦の家にやって来た幼い養女は、愛くるしい顔の殺人鬼だった!?
<感想>
いやぁ良い意味で裏切ってくれましたねぇ。
てっきり『オーメン』系のオカルトものなのかと思ってましたから。

ゴス&ロリファッションでトンカチ片手に殴る!殴る!
時には父親に色気で攻めまくる!!

養女として引き取られてから徐々に本性を現していくエスターちゃんに恐怖。
加え、何でこんな幼い子がそんな事するんだとムカッとしてくる。
無表情で「FUCK!」とか言っちゃうし。

更に、いち早くエスターちゃんの異変に気付く母親に対し、何時までも鈍感な父親には苛立ちまくり。

あどけない笑顔の裏に狂気が潜むというエスターちゃんの悪魔的なキャラ作りにより、我々観客の感情を終始揺さぶる辺りは、製作者側の思惑通りといった感じで、してやられましたね。

一体エスターちゃんの目的は何なのか、彼女に隠された秘密は何なのか、といった興味心によりグイグイと物語に引き込まれていく中、唐突に明かされる驚愕の真相!!

これまた、してやられたり、です。

“ちゃん”が“さん”になった瞬間(この意味は観た方にしか分かりません!!)、エスター自身も‘それなりの人’に見えてくるんだから不思議。

これは演技力による凄味か、それとも演出力による錯覚か!?

後半での緊張感、緊迫感は半端無いですよ。

子供が大人を殺しちゃいかん!
という考えなんてどうでも良くなっちゃいますから。

アメリカでも、こういった正統派なホラー映画を撮ろうと思えば撮れるんやね。
怖いホラーというよりかは、途中までは不快な気分にさせつつも最終的にはアッと驚かせてくれるホラーかも。

ホラーファンも当然ながら、ホラーが苦手な方にも観て欲しい傑作ッス。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★☆
10/03/23DVD鑑賞
サスペンス・ホラー ジョエル・シルヴァー レオナルド・ディカプリオ ダーク・キャッスル・エンターテインメント R15+ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (16)   トラックバック (8)

狼の死刑宣告

2010年03月22日 00時15分02秒 | 洋画サスペンス
DEATH SENTENCE/07年/米/106分/劇場公開
監督:ジェームズ・ワン
出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン

<ストーリー>
息子をギャングに殺された男が法の裁きに満足せず、自ら犯人に復讐。だが、それがギャングのボスの怒りを買い、抗争に発展する。
<感想>
頭が吹き飛び、足がもげる。

過激なバイオレンスショックの数々は流石『ソウ』シリーズ生みの親であるジェームズ・ワンならではと言った所か。

変な役柄しか印象にないケヴィン・ベーコンが、本作では家族を殺された副社長という一般的な人物を好演。

しかしガチで頭髪を剃り、後部に剃り残しをチラつかせながら、ショットガンとマグナム装備で復讐の鬼と化す辺りは、彼以外に誰が出来ると思わせる程の適役で、リアリティも兼ね揃えているので思いっきり感情移入出来る。

息子を目の前で殺され、犯人に復讐するも、ギャング一味の報復に遭い、妻をも失う。
この事で、優しいパパ像が完全にぶっ壊れた男は、大金で銃を買い、素人とは到底思えない銃捌きで悪党に裁きを下していく。

この一連の流れには否応無しに引き込まれ、又、男の取る行動には共感さえ生まれる。
これも全て、序盤で裕福な家庭の幸せな日常を、嫌味無く丁寧に描いていた事が上手く活きている証拠。

クズのギャングによる身勝手な殺人が、幸福を夢見る家族の将来を破壊し、そして普通の男の良心をも粉砕する。

クズにはクズなりの死を!と、観る側にも同情心をも捨てさせる事で奮起を促せ、片っ端からワルどもを非道に始末していく様は、興奮と共に感動すらも押し寄せてくるが、全てにカタが付いたラストでは何とも言い難い悲しみだけが漂い、痛く胸が絞め付けられました。

ぐったりと血まみれでソファーに座り、思い出のビデオを観ながら、僅かな希望を聞かされるも、今更後戻りは出来ないと、表情には出てなくとも、その場の空気でその悲壮感が読み取れるケヴィン・ベーコンの姿も素晴らしい。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
10/03/21DVD鑑賞
サスペンス・アクション ジョン・グッドマン リー・ワネル R15+ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (12)   トラックバック (7)

ザ・コールデスト

2010年03月21日 22時52分50秒 | 洋画ホラー
FRITT VILT II/08年/ノルウェー/94分/劇場未公開
監督:マッツ・ステンベリ
出演:イングリッド・ボルゾ・ベルダル、マルテ・スノレスドッテル・ロヴィク

<ストーリー>
雪山で発見された複数の他殺死体の一体が蘇り、人々をピッケルで惨殺していく。
<感想>
生き残ったヒロインがピッケル片手に道端に倒れ、発見した保安官が駆けつけていく。
序盤でのこのシーンはサイドミラー越しにワンカットで映し出された、私一番のお気に入りシーン。

幾ら殺人鬼でも生命最優先だからといって、生命力が半端無くタフな化ケモンに電気ショックを施したらいかんよ。

お陰で見事に復活したピッケル大男が、命を救ってくれた医者どもを感謝の言葉も述べずにぶっ殺していく。

閉鎖間近の病院が舞台なので、若干殺される人数が少ない(患者3人だけ!)ので寂しい気もするが、逆に無駄な殺人シーンを排除した事で物語のテンポを良くし、緊張感が上手く維持されている。
更に数少ない惨殺シーンも一瞬ではありながら、時には残酷に、そして抵抗する過程を描きつつも最期は無惨というシチュエーションにより、相手はガチで不死身じゃないのかと不気味な印象すらも植え付けてくれる。

下手なB級『13金』亜流ホラーを見せられるよりかは、大真面目に殺人鬼の理由無き暴れっぷりを描いている本作の方が十分に怖い。

幻覚に悩まされ怯えるだけのヒロインが、再び殺人鬼の横暴を目の当たりにし、戦う女へとシフトチェンジするハイライトは抜群に心地良い。

「一度殺したわ」

と捨て台詞を吐いてショットガンをぶっ放すラストの何とも言えない痛快さ!

余り印象に残らなかった前作に比べると、本作は見事なまでにスラッシャーホラーとしてのツボを押さえた好作へと変化を成し遂げている。

一連の流れを知る為にも前作を観ておいても良いとは思うが、本作だけ観ても何ら支障も無く、私としては前作は観なくていいから、本作は観てくれ!と太鼓判を押したくなる程、滅茶苦茶面白かった。

続編はこうして作るんだ!と言う、云わばお手本の様な作品。

関連作:『コールドプレイ』(第1作)

評価:★★★☆
10/03/21DVD鑑賞
スラッシャー・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (4)

切り株画像(映画『ソウ6』より生きる為の選択死)

2010年03月21日 03時57分38秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
ジグソウの後継者が仕掛けた選択ゲームの先には切り株answer?

1枚目

腹肉VS片腕win!

2枚目

この腕は誰の?そして何に使うか、後継者?

3枚目

家族の恨みの成れの果て・・・。
総切り株度

レヴュー『ソウ6』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

ソウ6

2010年03月21日 03時57分13秒 | 洋画ホラー
SAW VI/09年/米/95分/劇場公開
監督:ケヴィン・グルタート
出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツィ・ラッセル

<ストーリー>
ついに明かされる殺人鬼ジグソウの遺言と遺品の謎、そして真の後継者とは?
<感想>
結局箱の中身を明かさなかった前作から短いようで長い1年。
待ったなぁ。

待たされただけの白黒つけた中身だったので安心しました。
ジグソウ人形だったらどうしようかと思っていたけれど^^;

冒頭のゲームはかなりエグい。
名ばかりのホラー好きは耐えられるやろかね。

息止め我慢大会、首吊り選択ゲーム、回転木馬銃殺ゲーム、そして制限時間付き迷路脱出。

毎度の事ながら愉快?な究極選択拷問器具が出てくるけれど、人間のエゴというものが滲み出ていて、こりゃあ助ける側のおっさんも困ったもんだで哀れですよ。

結局はおっさんに試された選択ゲームではなく、おっさんに蔑ろにされた家族への判決を求めたゲームだった訳で、この過去作には無かった捻りあるどんでん返しのラストには、程良く唸らされました。

それと並行しての新たな幕開けを予感させるエンディング+おまけ。

何処まで続くよ、このシリーズは(笑)。

流石にもう人物関係が訳分からなくなってきたので、続編では全てを一度リセットしてのジグソウゲームを展開させて貰いたいってのが、一ファンとしての願いかも。

関連作:
『ソウ』
『ソウ2』
『ソウ3』
『ソウ4』
『ソウ5』
『ソウ6』
『ソウ ザ・ファイナル 3D』
『ジグソウ:ソウ・レガシー(2017)』

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
10/03/21DVD鑑賞
ホラー トビン・ベル ジェームズ・ワン リー・ワネル ライオンズゲート R15+ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (12)   トラックバック (5)

ディセント2

2010年03月21日 03時00分42秒 | 洋画ホラー
THE DESCENT: PART 2/09年/英/95分/劇場公開
監督:ジョン・ハリス
出演:ショーナ・マクドナルド、ナタリー・メンドーサ、ダグラス・ホッジ

<ストーリー>
唯一の生存者が錯乱していたため、業を費やした救助隊は彼女を連れて洞窟へ・・・。
<感想>
生還した主人公が記憶喪失になっていて、救助隊が無理やり彼女を引っ張って再び洞窟に向かうという筋書きは、続編へと持っていくアイデアとしてはかなり面白い試み。

お前ら本当に救助隊か?と疑いたくなる間抜けな行動を取りまくる面々に失笑しつつも、バカはバカなりに景気良く死んでくれるのでそれなりに楽しい。

対照的に地底人の能力を熟知している主人公が、真剣に生きる術を探りながら、足手まといはほったらかしでガンガン前に進んで行くので緊張感も生まれる。

このバランス崩れな人間の描き方が面白さを生み出してはいるよね。

後半でのサプライズもまた良い。

ちょ、あんた生きてたんかい!!

まさかの生き残り登場で話に拍車が掛り、で、あの選択でしょ?
カッコ好いじゃねぇの~。
得体の知れない化け物に食らいついて最期の反撃なんて私には真似出来ねぇッスよ。

いや~、良い!面白い!最高!!

って喜んでいたのに、ラストに余計なシーンを・・・orz

いらんいらん。
一気に白けたわ。

続編への布石だろうけど、これでは余りにも締りが悪い。

関連作:『ディセント』(第1作)

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
10/03/20DVD鑑賞
モンスター・ホラー ニール・マーシャル R15+ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (8)   トラックバック (5)

2012

2010年03月21日 02時09分23秒 | 洋画サスペンス
2012/09年/米/158分/劇場公開
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート

<ストーリー>
マヤ暦の予言通り、世界同時多発する未曽有の天変地異と、現代の箱船計画を描く。
<感想>
毎作思う事なんだけれど、エメリッヒは人間ドラマも深く描き過ぎなんだよな。
こちとら、迫力あるディザスター場面を早く観たいのに、ちっとも始まらない。

「整形外科医がおっぱい触っても問題ないだろ」
「セックスした場所なんかに連れていくなよな」

ど~でもいいですから。
タイタニック』じゃないんだから、ドラマ部分は極力省略すべき。
無駄に長いし、頻繁にあるからもうダレダレ。

確かにディザスター場面は凄かった。
けど、真面目に描いているようでそうでもない。
あんなに運転テクニックが上手過ぎる普通の男が何処にいる!
これじゃあコメディだ。

ラストなんか、不法侵入した男がやらかした大ごとを自己解決しただけなのに、乗員抱き合って

「イェイ!!」

なんじゃそりゃ。

本作を最後に、エメリッヒ自身はやるべき事をやり尽くしたとかで、ディザスター映画からは足を洗うそうだが、私から言わせれば片腹痛い。

地球崩壊の集大成ならば、変に大陸を残さず人類、皆殺しにしろ。
本当に“無”にしてこそディザスター完結と言えるでしょ。

主人公は死なないといった定番も排除!
またかよって感じで苦笑いするしかないじゃない。

チャチャッとコンパクトに纏めて、人類が死に絶え地球が終わったという内容だったならば、間違いなく本作で描いていた感動シーンよりも数倍心に響いていたと思うんだが、どうだろうか?

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
10/03/19DVD鑑賞
ローランド・エメリッヒ ディザスター・パニック・サスペンス ジョン・キューザック アマンダ・ピート ダニー・グローヴァー ウディ・ハレルソン DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (8)   トラックバック (5)