銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ナイト・ウォッチャー

2020年09月19日 20時43分24秒 | 洋画サスペンス
THE NIGHT CLERK
2020年
アメリカ
90分
サスペンス/犯罪/ミステリー
劇場公開(2020/07/17)



監督:
マイケル・クリストファー
脚本:
マイケル・クリストファー
出演:
タイ・シェリダン
アナ・デ・アルマス
ジョン・レグイザモ
ヘレン・ハント




<ストーリー>
アスペルガー障害の青年バートはホテルで夜間受付の仕事をしながら、自身のソーシャルスキルを向上させるため、客室にカメラを仕掛けて客の行動を記録している。ある夜、バートの勤務中に女性客が殺され、彼が第一容疑者となってしまう。客室のカメラが無実を証明しているが、バートはその存在を明かすことができない。そんな中、美しい女性客アンドレアが次の殺害ターゲットにされていると気づいたバートは、犯行を阻止するべく奔走する。

―感想―

なんかね、ラストシーンを観ていると悲しくなる。
切ない感じの空気が画面から溢れ出ていて、妙に目頭がグッときてしまったんだよねえ。

客室にカメラを仕掛けて盗撮する事自体はいけない行為だけど、バートは、というよりバートの目的はソーシャルスキルUPの為で、別にいやらしい心があって盗撮しているのではない。
アスペルガー障害から来るコミュ障を克服したい、その一心だけで設置しているから、悪気は全然ないんだよなあ。
だけど、例え悪気が無かったとしても、それを他人(刑事)に対して公にすることは、彼にも多少の罪悪感というか秘密を明かす所までには勇気が出ず、沈黙してしまうのも当然で、一人でどうにかしようという頑張りが鑑賞者の胸を打つんだわ。
初恋からの失恋、助けなきゃという使命感。
ここの流れから最後に訪れるのが自身に突きつけられる裏切り。

アンドレアと出会うまでは女性と一切交わった事の無いバートだったのに、初キスの経験で有頂天。
これが恋なのか、と嬉しくなるも、実際は利用されていたという残酷。
もうこれでバートは、女性恐怖症になって、又恋をするという気持ちは生まれないかもしれない。
完全に吹っ切れてしまったバートは彼の秘密を刑事に全部暴露して、そっと姿を消す。

何一つ報われなかったバートがどこかの街の通りをぶつぶつと独り言を発しながら歩いて行くラスト。
アンドレアへの正義が無駄となった後の姿だけに、前述したとおり、真面目な男ほど損をする、実に可哀想な男だ・・・といった心痛む感情だけが残り切なさが強く残った。

引きこもりの男が母親から「ぼくちゃん、ぼくちゃん」と過保護に育てられる、その印象を引き継いでいる親子像でしたが、この映画の主人公バートはちゃんと仕事はしているので、その点ではまだマシ。
「うるせえババア!」とも言わないし、障害はあるが、一人の優しき青年としては好感が持てる(上司・同僚からも認められていたしね)。
感情移入が出来ちゃうと、悲惨な終わり方は観てて辛いよ。

今作の美女図鑑

アンドレア役のアナ・デ・アルマス。
キアヌ・リーヴスが女二人から凌辱を味合わされる『ノック・ノック』でも大胆なヌードを披露していましたが、本作でもプールで泳ぐシーンでおっぱいがポロリ。
最近では『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』のボンドガールにも選ばれたほどで、その美貌には目が釘付けにさせられます!

評価:★★★☆
20/09/18DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-09-18
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

コメント

グレタ GRETA

2020年09月06日 16時42分09秒 | 洋画サスペンス
GRETA
2018年
アイルランド / アメリカ
98分
サスペンス
劇場公開(2019/11/08)



監督:
ニール・ジョーダン
『ビザンチウム』
製作総指揮:
ニール・ジョーダン
脚本:
ニール・ジョーダン
出演:
イザベル・ユペールグレタ
クロエ・グレース・モレッツフランシス
マイカ・モンローエリカ



<ストーリー>
フランシスは地下鉄の座席に誰かが置き忘れたバッグを見つける。持ち主の未亡人・グレタの家までバッグを届けたフランシスは、年の離れた友人としてつき合うようになるが…。


拾っちゃいけない 届けちゃいけない

―感想―

険しい顔をしながら演説する環境活動家の話ではない。
恩を仇で返すサイコパス女が爆誕する作品である。

クロエちゃんが出ているちゅうことでクロエちゃん目的で借りたのだが、これが予想外にハラハラしながら観れて面白かった。
兎に角、イザベル・ユペールが演じたグレタという女がキチガイ過ぎて観ている俺さえもドン引き。
高級レストランで大暴れする場面が中盤での最大の見所やろなあ。

このグレタというサイコパス女の異常性が垣間見れるシーンがこれやろね。

あと、殺人ダンスも。


(実の娘の様に)監禁されて強引にピアノレッスンを受けさせられる少女がクロエちゃん。
てっきりバカンスに出かけていたと思っていたルームメイトと親父さんが、実はそれは大きな誤りというのに気付き大慌て。
何処にいった?て当然そうなる訳で、親父さんは凄腕の名探偵を雇う。
流石名探偵なだけあって、良い所まで行ってたんだけどねえ、グレタの先回りの方が上だったて事で、上記の殺人ダンスへと繋がる。

となると、誰が助けに来るのかとなる訳だが、まさかの人物!
勇気あるなあと感心するのと同時に、クロエちゃんを死ぬまで探し回っていた、そんな風な心優しき行動に、ちょっと俺、胸が熱くなった。
大事なのは亡くなった母ではない、現実に今も生きていて一緒に泣いたり笑ったり出来る心通じ合える人。

最後、閉じ込めた箱の鍵としてエッフェル塔の置物を代わりに刺すのはグレタにとっては屈辱的というか皮肉めいていると言うか、ニンマリする良いオチだった。
サイコパスが強烈だと本当に盛り上がる。
勿論、ストーカーされるクロエちゃんの恐怖顔なんかを観てても「どうにかしてあげて!」と我々の気持ちを不安の方向へと揺るがしてくるので、常に目が離せない。
どうする、どうなる、どう決着する?
先の読めなさも手伝って、ここ最近のサスペンスものでは上位に値する映画でした。

今作の可愛いクロエちゃん図鑑

髪型とかファッションにも注目して貰いたい。
場面毎に衣装が変わって、その都度可愛さ的な雰囲気も一新されるから、そういう意味でもクロエちゃんファンは楽しめるはず。
シーンの状況によっては表情も豊かにそのシーンに対して合わせてくるので、クロエちゃんを愛でるにはもってこいな1本でしょ。

評価:★★★★
20/09/05DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-09-02
メーカー:TCエンタテインメント

オフィシャル・サイト

コメント

屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ

2020年08月15日 11時04分36秒 | 洋画サスペンス
DER GOLDENE HANDSCHUH/THE GOLDEN GLOVE
2019年
ドイツ
110分
サスペンス/犯罪
R15+
劇場公開(2020/02/14)



監督:
ファティ・アキン
製作:
ファティ・アキン
脚本:
ファティ・アキン
出演:
ヨナス・ダスラーフリッツ・ホンカ
マルガレーテ・ティーゼルゲルダ・フォス
ハーク・ボームジン・マックス



<ストーリー>
安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、寂しい男女が集うバーで酒をあおっていた。一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気付く常連客は誰ひとりおらず…。

1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語。

―感想―

うぉおいっ(-_-;)
開始早々に死体解体かよ、とんでもねえ始まり方するじゃねえか。

えー、おっさん達が酒飲んで、合間に醜い女を自分の家(屋根裏)に招き犯した主人公がその後殺して、バラバラにしたそれを隠すだけの映画です。

なんつうか、一言で表すなら

汚い!

これに尽きる。

普通、お酒て美味しそうに見えるじゃない?
それすらも不味そうなんだよ。
この監督、意図的に全体を汚く見せているんじゃないかて思う位に、ヒロイン?の姿を妄想するシーン以外は画面から悪臭が漂ってきそうなんだわ。
蛆が沸いたバラバラ死体隠し場所を開けて、余りの臭いに吐くからねおっさん。
いやそれ以前に、この屋根裏へ訪れた人間は絶対に「なんだこの臭さは!」て言うのだから、相当キツイんじゃないかと。

醜男だから自分の容姿に合った醜女を抱く。
しかも中年ババアばかり。
けど、肝心な時に、勃たない。
一旦離れて、一所懸命にシコッているおっさんの努力姿が無性に嘆かわしい。
ポコチン、無修正だから、もうなんだかなあて感じもするw
ヒロイン?も若い子だけど決して美女て訳ではないのだが、全編が汚染されているから、妙に可愛く見えてくる不思議さはあった。

素面の時は好青年なおっさんだが、酒を飲むと急に人が変わる。
重度のアル中で、暴力好き。
救いようがない(笑)。
胸糞展開が果てしなく続く映画ですから、観る人によっては反吐が出るかもしれないが、これは実話を映画化したものなんだてのを考えると、何か感慨深いものがある(ほんとかよw)。

本作で誰が一番可哀想なのか。
どう見ても、このおっさんの階下に住んでいる幸せそうな一家だよね~。
天井からボタボタと蛆が落ちてきたら、俺でも発狂するわw
この件の鬱憤を晴らす為に、多分、わざと火事起こして、おっさんの隠し事を見事暴いてみせたんだろうね(んなわけあるかいwでも天誅には違いない!)

評価:★★★
20/08/15DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-07-15
メーカー:ポニーキャニオン

オフィシャル・サイト

コメント

ザ・ビースト

2020年08月08日 21時36分54秒 | 洋画サスペンス
PRIMAL
2019年
アメリカ
97分
サスペンス/パニック/アクション
劇場公開(2020/02/21)



監督:
ニコラス・パウエル
『ザ・レジェンド』
出演:
ニコラス・ケイジ
ファムケ・ヤンセン
ケヴィン・デュランド
マイケル・インペリオリ
ラモニカ・ギャレット
ジェレミー・ナサリオ
アイザック・サンティアゴ




<ストーリー>
稀少なジャガーを捕獲したフランクは、貨物船でプエルトリコに向けて出港する。しかし、船倉には元特殊部隊の殺人鬼が収監されていた。

―感想―

おいっニコラスケイジ、腹出てんぞw

ファムケ・ヤンセンの手描き眉毛、なんかおかしいだろw

殺人鬼役のおっさん、笑った時の歯がキモい

色々とツッコミながら観ていたけれど、ファムケ・ヤンセンのおっぱいは良かったよなあ。
ファムケ・ヤンセンが出てくると、そこばっかに目がいっちゃって、集中させてくんないんだもん、罪な女だよ、おっぱいは正義。

もし船内で獰猛な野獣と非道な殺人鬼が解き放たれたら、そんなコンセプトを持つ、ある意味閉鎖空間を用いたサバイバルアクション。

「聖人じゃなくてもいいから善人になって!」

「やだよ」

といいつつ、善人化していくニコちゃんの活躍が光る。
そう、他の男共が役立たずなのだから。

一人、裏切るおっさんが居るのだが、ちょっと彼は何をしたかったのか良く分んなかった。
まあ最終的には殺人鬼がジャカーに食われるんだろうなというオチは読めたが、この辺も含め直接的な描写が全く無いのは面白味に欠ける。
ただ、ニコちゃんの「あ~やる事多過ぎて面倒くせえ」と思ったかどうかは知らないが、随所で奮闘しながら格闘アクションをそれなりに見せたり、弓矢構える姿が様になっていたりと、パッとしない内容の作品に出続けていても、ニコちゃんが頑張ると華になる俳優だなて思ったよ。

評価:★★★
20/08/08DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-08-05
メーカー: アルバトロス

情報<未体験ゾーンの映画たち2020>

コメント

懐かしのあの名作をBlu-rayで観よう♪『ミザリー』♪

2020年06月02日 21時33分21秒 | 洋画サスペンス
MISERY
1990年
アメリカ
108分
サスペンス
劇場公開(1991/02/16)



監督:
ロブ・ライナー
製作:
ロブ・ライナー
原作:
スティーヴン・キング
出演:
ジェームズ・カーン
キャシー・ベイツ
ローレン・バコール
リチャード・ファーンズワース
フランシス・スターンハーゲン




<ストーリー>
山中で事故に遭ったベストセラー作家・シェルダンは元看護婦で彼の大ファンだという女性に助けられるが、彼の執筆中の小説の結末を知った女性は異常者に豹変し…。

あなたが殺したミザリーを 私が生きかえらせてあげる。

―感想―

「私、貴方の一番のファンなんですよ♪んふふふ・・・」

怖いですねえ、面白いですねえ。

イカレ女が留守している間に車椅子で家の中を調べ周り、帰って来たのを察知すると急いで部屋に戻る。
ここの流れは極度の緊張感を生み出していて、今観てもハラハラしてしまう。

初見だった時にトラウマとなったのは、アニーが作家の足をハンマーで折るシーン。
これ、ぶった切るのかと勘違いしちゃって、指の間から観た記憶がありますわ(^^;)

保安官のお爺ちゃんが訪問するシーンもドキドキしますよねえ。
「見付けた!」と思った瞬間にズドン!ですもの、あそこも初見時は衝撃的だった。

完璧に監禁している様で実は落とし穴がちょいちょい出てくるのが良いのよ。
それがあるから作家が仕掛ける「反撃」に楽しみが出てくる。
大体が失敗するのだけど、このコッソリと行う「反撃」があるのとないのとでは全然盛り上がり方が違ってくる。

こんなにも不安にさせてくれるのだから、そりゃもうやっと念願の「反撃」が「達成」出来た時のクライマックスは安堵の気持ちで一杯になります。

あんな恐ろしい体験をしちゃったら俺なら何もする気が起きなくなるけどなあ。
そこは、ちゃんと新刊を完成させちゃう辺りは、作家としての意地か、売れっ子としての執念か。

本作でアカデミー主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツ。
常に情緒不安定な行動を見せる、異常者ならではの何をしでかすか分からない気味悪さが絶品。
血まみれになっても飛びついて襲い掛かってくる姿は「あっちいけ!!」処じゃないよね、小便漏らすレベル(笑)。

評価:★★★★★
20/06/02Blu-ray鑑賞
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2003-02-07(DVD盤)
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン