一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

同級生のケーキ屋さん

2018-11-11 | 実生活

高校の同級生の葛城くんご夫妻が店に来てくれました。

お二人が伊川谷でベルグバーンというケーキ屋さんをしていることは、美容院をしている楫くんから聞いていたし、頑張っていることも知っていた。

当店のスタッフ森脇によるとベルグバーンは有名なお店で、森脇も何度か行ったことがあるという。
そんな名店を同級生がしていることが誇らしく、来てくれたことが嬉しくて書いています。

懐かしい先生や同級生の話などで盛り上がり、楽しい時間を過ごして、万年筆を買って帰ってくれました。別れ際にケーキ屋さんにも行かせてもらうと約束して。

翌日、定休日だったので、妻とベルグバーンに行ってみました。

店の場所は、何度も前を通り過ぎていたので知っていました。今まで立ち寄るきっかけがなかっただけでした。

店の裏にある駐車場に停めて、感じのいい店構えを見ました。
外からはケーキ屋さんだとは分からない、店内の様子が簡単に分からないところが、30数年ぶりに話したお二人らしく感じました。
これ見よがしに店内を見せたり、派手な看板や告知もない奥ゆかしさ、美意識に共感しました。

店内には、別世界があった。
「ええ仕事やな」と言ったのは、ケーキ屋さんは人を幸せにする素晴らしい仕事だということだけど、お二人の仕事も素晴らしいと思いました。

ちょうど妹がタイから帰っていたので、4人分のケーキを買って帰った。
また絶対来たい。ケーキを買うなら、ここに来ようと思いました。

お店もケーキも素晴らしいけれど、清潔感のあるお二人の感じが好きで、ケーキ屋さんという仕事にピッタリの人たちだった。

ベルグバーンは、母校伊川谷高校のすぐ近くにあって、通学していた時はまだ畑だったような気がする。
伊川谷高校は、その名前から分かるように神戸の西の端にある田舎の高校でした。
私たちは、少なくとも私は世間知らずで、何も分かっていない高校生だった。

同級生で大きな会社の重役になっているとか、いわゆるエリートはいないようだけれど、自営業で頑張っている人が何人もいます。
店に来てくれる高校の時の同級生は結構いて、齢をとったせいか高校の時よりもむしろこだわりなく楽しく話しています。

ここ数年で母校のことがとても誇らしく思えてきた。

自分の居場所があって、仕事や暮らしに真剣に向かって、楽しんでいる人は幸せだと思う。
卒業して32年も経って、50歳になっていい齢だけど、皆それぞれいい齢のとり方をしていると思った。

同級生に会って自分の仕事について考える。

私たちの仕事は、自分の楽しみを人に伝えて、共感してもらって他の人にも楽しんでもらう仕事だから、自分が楽しめばいい。それだけ。
長くやってきて、今だにそんなことを言っている。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 筆文葉とかなじともこさんの独立 | トップ | 出張販売シーズンの終わり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

実生活」カテゴリの最新記事