シーブレ日記

愛艇と綴る釣り日記
最近は登山や自転車へと 遊びの範囲が拡大中

年に一度の上架メンテ

2018年10月03日 23時18分32秒 | ボート
10月1日(月)

日曜の深夜、強烈な台風24号が本州を縦断した。
僕の記憶の中でも最強じゃないかな。マジで凄かった。
明けて翌朝、台風一過のドピーカンの中、Seabreezeの上架メンテナンスを決行しました。

横須賀に来てから初だから、1年半ぶりの上架です。
平塚で整備した時はツルツルの船底だったけど、富栄養化の進む東京湾で二夏過ごしたら貝がだいぶ付いたようで船速激落ちでした。


7時、近所の漁協にお願いして上架開始。
今日は息子も呼んで二人で作業にあたります。

さっそく船底の貝を見ると、船底の前半分はパラパラだけど、船尾側はくまなく付いてます。
これじゃ走行抵抗も凄いよね。



スクレーパーで貝をこそぎ落とす。
フジツボがそれほど大きく成長してなかいのと、船台が高いので作業は案外はかどりました。
仕上げに高圧洗浄機で、苔などの有機物を全て除去して、下処理は完了です。



次に、マスキングして、シージェット033をローラーでひたすら塗布します。
左舷は息子が、右舷は僕が担当して、チャチャか塗ってゆく。
23fって、二人掛りでやると腰が痛くなる前に終わってくれる、絶妙のサイズなんですね。



昼前には一回目の塗装完了しました。


近所のスーパーで弁当買ってきて昼休憩。この間に塗料の乾燥が進む按配。

午後一で2回目の塗装を開始。
モチベーションの高いうちに、貝の多く付く艫の方から塗り始めました。(笑)

で、無事2回目の塗装も完了。
ケチれば1缶でも何とか足りそうだったけど、今回はたっぷり1.5缶使用。
これで一年間は充分持つでしょう。




さて、次も上架時にしか出来ない作業として、ギヤオイルの交換を実施。
これも無事クリア。

次、ジンク交換。
ブラケット下部、ペラ上部、エンジンブロック三箇所を交換。
場所により減り方は違うけど、1年半の使用で概ね残り2/3位な感じでした。
やはり安全を見て年一回の交換は必要でしょう。



最後にエンジンオイルも交換。
今回は敢えてメーカー純正品以外のオイルを入れてみた。もちろん粘度やグレードは合わせます。
なんつったって、SUZUKIがオイル作ってる訳ないもんね。オイルはオイルメーカーのを使えば安上がり。




16時、これで本日の予定作業は終了。
今日は偶然にも30℃越えの気温と、適度な風で、2回目の塗装も完璧に乾きました。
でも、次回は8月下~9月中旬の高温期にやるのがベストだな。10月はチト遅いかもね。

最後にマスキングテープをシューっと剥がすと、精悍な姿になった船が現われます。
この瞬間は、僕のお気に入りのシーンなんですよ。



全部の作業を終えて、17時前に下架。

軽く走らせると、見違えるような軽やかな走りが戻りました!
一日がかりの作業の結果が見事に表れ、なかなかの達成感が味わえます。(笑)

UF33以降、船が大きくなっちゃったので、メンテナンスは総て角屋メカにお任せしてました。
23fにサイズダウンしたので、久々に自分の手でやってみたけど、やはり船いじりって楽しいね。

僕が30年来やってきた船いじりのちょっとした要領など、今回息子君に多少伝授できたと思う。
過去に経験した苦労や工夫を次の世代に伝える。
まさにダーウィンの進化論ですな。


船足も軽くなり、秋の釣シーズンにバッチリ間に合いました。

東京湾を走り回ります!
コメント

オイル交換

2018年07月29日 22時40分04秒 | ボート
Seabreezeのエンジンオイルを交換をしました。
自分でエンジンオイル交換したの、たから丸以来かも。。。

UF33以降船がでかくなっちゃったんで、メンテナンス全般は角屋メカにお任せでした。

船外機なら自分で気軽にできるっしょ!
てな感じで、エンジンオイルとフィルターとオイルチェンジャー、その他小物を購入。



90Aはオイル4リットル。
それを全部チェンジャーで吸い取って、フィルター交換して、新しいオイル入れて終わり。



オイルフィルター外す時オイルが溢れるので、それをキャッチするウエスをしっかり敷くのがポイントかな。



ほんと、小一時間で終わっちゃいます。

いや~、23フィートって何から何まで楽だぁ~~


シーブレインみたいな外洋艇は、船遊びの全てが詰まった遊びだけど、その分いろいろと手が掛かる。
その煩わしさを軽く乗り越えられる人だけが楽しめる世界だよね。
僕はシーブレインで充分楽しんだので、もう終わりで良いかなって思ってたんだけど、往生際が悪いって言うか、なんかもう一度素朴な船遊びがしたかったんだよね。

オイル交換してて思ったよ。
気軽ってのもいいなぁって。。。


コメント

中間検査

2018年05月18日 22時16分43秒 | ボート
5月14日(月)

Seabreezeの中間検査を受けました。
新たに用意した法定備品は、信号紅煙と、レーダーリフレクター。

信号紅煙は、有効期限の関係で毎回交換しなきゃならない。いい商売だなぁ・・・

レーダーリフレクターは今まで適用を受けたこと無かったが、法律が改正され東京湾を夜間航行する船は搭載が必要とのこと。
角屋メカの所にあった在庫品を貰ってきました。

あと、定員が10名だったが、現実そんなに乗ること無いので7名に減らしました。これで場所をとる救命胴衣も7名分でOK。
保険料も7名分で済みます。

併せて、昨年のボート購入時にエンジンを新品に積み替えたので、検査証のエンジンナンバーも書き換えました。

とまあ、こんな感じで無事船検(中間検査)&検査証書き換えは終了し、二日後には新しい船検証も届きました。



検査のあと、天気が良かったので息子君と普段行かないエリアのポイント探検へ。



魚探反応連発のなかなか面白そうなタイラバポイントや、アオリのキャスティングが出来そうなポイントなどなど、以前の東京湾時代に知ってたポイントを再チェックしてきました。




春の乗っ込みシーズンも一段落し、今は青物や夏の魚たちとの端境期といった感じでしょうか。
色々な釣りものが増える分、ターゲットが絞りにくくもなります。

さて、これから夏にかけて、どんな釣りで遊びましょうかね?

コメント

ボートショー

2018年03月11日 22時14分12秒 | ボート
3月11日(日)

ボートショーのチケットがあったのでチョイと行ってきました。
昨年は船の入れ替えのタイミングだったので気合入ってたけど、今年は特段の目的もなくフラっと行く感じです。

大きなボートはベイサイドのフローティング会場展示となり、みなとみらい会場は中小型艇や用品類がメインといった内容でした。

TOYOTAからレクサスブランドのコンセプトボートが出展されていたのには驚いた。
このシルバーの物体がボートらしいんですが、ボートに見えない・・・



使い道が想像できないボートですね。。。


ヤンマーにも超変態ボートがありました!



カタマラン艇なんだけど、人間は上の黒い所に乗っかって(ここまでは普通)、下の赤い部分が巨大な油圧シリンダーで波に合わせて動くとな!
するってーと、人間の乗っかってる上部は波の影響を受けずに、荒れた海でも快適にクルージングできるそうで。。。
前から見ると、二匹の巨大なワニがバクバクと口を開けながら突進してくるように見えそうだね。 怖わ~

コンセプト出品とはいえ、なんかえらい事になってますなぁ。
現在のボートオーナー達の心を繋ぎ止めるには、単なる豪華なボートを提案するだけじゃダメってことですかね???

巨大メーカーが冒険するのは良い事だよ!


コメント

今週も慣熟航行

2017年05月28日 22時23分39秒 | ボート
5月28日(日)

先週に続き、新居付近の慣熟航行に行ってきた。
今日はお気軽な一人出航をやってみようと、昼頃にぷらっとマリーナへ。

オット、駐車場が満車です。
でも大丈夫、隣のスーパーに併設のコインパに充分空きがあり何の問題も無し。てか、こっちの方が安いし!

穏やかな休日だと、結構出船する人が多いみたいですね。

さて、一人で出港準備を行う。
今日はボートフックとランディングネットを持ち込みました。
これで釣り船らしくなりましたよ。大物釣っても取り込めます。(笑)

基本、エンジン掛けて、舫い外すだけで出航できちゃう。
23フィートは楽ですなぁ。

先週は南方(観音崎方向)を探索したので、今日は北方(横浜方向)を探索してみます。

先ずは、目の前の野島防波堤の切れ目をシーバスチェック。


魚探で見ると、海底はかなり起伏に富んでるんですね。
オカッパリだとまったく分からない世界です。

テトラ帯もチェック。
メバルとかいっぱい居そうだ。
ルアー投げてる直ぐ先から、いきなりヘリが飛び立った。(驚)


そこら中に、釣り船やプレジャーボートが沢山います。
何釣ってるのか見物して回る。


ほぼ全船コマセです。
確かに小鰺がパラパラ釣れてました。


コマセ釣りは基本やらないかなぁー・・・

バイブレーションでボトム近くを引いてたら、ゴゴンと来ました。
カサゴ君登場!
君がシーブリーズファーストだよ。 アリガトね♡


ベイサイドマリーナまで見て回りました。
僕的にはマゴチのできそうな砂底場を探してたのだが、この辺はほぼ岩礁ですな。ちょっと意外でした。
アジやカサゴなんかはいっぱい居そうです。

今日もクラゲが多っかた。
ちょっと幻想的ですらあります。


2時間ぐらいで切り上げて、マリーナに帰還。
水洗い、エンジンフラッシングも一人で簡単にできました。
23フィートはホントに楽ですね。
実際、このマリーナは一人で出航してくボートを多く見受けた。
皆さん、気軽にボートフィッシングを楽しんでいるようです。

さて、周辺を見てきた感想としては、日中シーバスはベイトが入った時ぐらいじゃないかって感じがしました。
あとは時期というかタイミングが合えばってところでしょうか。

当面のターゲットは、観音崎あたりのタイラバ。
日中にマゴチ、シーバス狙うなら富津~2海保周辺。
夏過ぎからタチウオ。
たまに湾口まで足を延ばして青物。
適宜カサゴ、ってなローテーションかな。

まあ、ポチポチ楽しんでゆきましょう。
なんたって、手軽に出船できるのがなによりです。

帰りにマリーナ内の浅場にクサフグの大群が。


この時期の大潮周りの夕方、東京湾の特定の場所でクサフグの産卵行動が見られます。
まだ日が高かったので産卵は始まらないけど、祭りの前の高揚感は十分に感じられました。
ここは東京湾の自然観察にも格好の場所のようです。

今日は、クラゲとクサフグに癒されました。。。(笑)

コメント (6)

慣熟航行

2017年05月22日 00時24分20秒 | ボート
5月21日(日)

昨日デビューしたシーブリーズに今日も行ってきた。
本日の目的は、置き場での各種段取りの確認や設定、そして新海域の慣熟航行を行います。

昨夜ちょっと声掛けたら、Teiさんが来てくれるとのこと。
いつもいつも有難うございます。

先ずは燃料給油作業。
ここは簡易係留施設という位置付けなので、給油施設がないのです。ゆえに各自携行缶で燃料を持ち込むということになる。
車からボートまでの運搬方法とか、給油手順など細かな作業を検証する。
20リットル×2缶を持ち込み、昨日の回航で消費した分を給油してみたら、25リットル入りました。
慣らしの低回転で走ったとはいえ、平塚から横須賀まで走って25リットルとは、えらく燃費が良いです!
さすがリーンバーンエンジン!(嬉)


次は係船ロープの作成。
ここは両舷にYビームが設置されているので、係留は両舷4か所で舫いを取ります。
舫いロープの長さを調整のうえカットし、4本作製した。以降この固定ロープをクリートに引っ掛けるだけで係船作業は完了するはず。


では出航です!


桟橋を出れば、そこは横須賀軍港。
もう、普通じゃない佇まいの船が所狭しと停泊してます。
どこまで近づいて良いのか分からないので、微妙な距離感で港内を巡ってみた。

これは自衛艦。
どことなく帝国海軍の戦艦を彷彿とさせるフォルムです。


こちらは米艦船。
確かに感じが違いますね。


奥の方には潜水艦が停泊してる。
何やらもの凄い勢いで水煙が出てました。謎の多い船です。


そんなことしてたら、何所からともなく米軍の監視艇が近づいてきて何やら言って来た。
50m以内立ち入り禁止とは聞いていたので、そこまで近づいてないんですがねぇ。
米兵に食って掛かってもろくな事にはならないので、素直に離脱しました。


沖に出て、方々にある根を一つ一つチェックしてゆく。
プロッターの等深線を目安に、海底地形や暗岩の有無などの確認をしてゆく。
各所で数投ずつルアーを投げたりして、猿島から観音崎方面を見て廻りました。



この辺りの海底地形は極めて複雑です。
人為的な掘り下げなどもあって、一筋縄ではいかない感じですね。

Teiさんが第二海堡に行ったこと無いというので、東京湾をひとっ走り横断。
思いの外近い、というか速い!
大型船の引き波に全速で突っ込んでみたりしたが、やっぱこの船、走りが良いです。

第二海堡にはイワシが大量にいて、イタダキマス状態!
なのに、ヒットしない・・・
おかしいな?


再び東京湾を横断して、平潟湾をチェック。
住友ドック周りの岸壁打ちをちょこっとやってみる。


その他、初めて訪れる護岸だらけで、シーバスのポイントは無尽蔵にありそうです。
夜になれば、メバルなども凄そうだ。
でも、これらの護岸に接近して釣りして良いのかは不明。
今後、情報収集してみます。

16時、帰港。
桟橋の水道で洗艇できるのは有難い。
さらに、エンジンフラッシングツールを使ってエンジンフラッシングする。
これはなかなかのスグレモノだ。



全ての作業を終えてキャビンをロック。
帰港届けをポストに入れたら、出航から帰港までの一連の流れは完結です。
これで次回からはスムーズに利用できるでしょう。

このマリーナは、リゾート感満載の伊東とは真逆と言っても良いだろう。
日本の船の歴史そのもののような、横須賀港の一角に船を置くというのもなかなかのものです。
ここは船好きの域を超えて、ディープな船マニア向けのマリーナかもしれませんね。

いよいよシーブリーズのページが始まりました。

面白くなりそうです!


コメント

Sea Breeze デビュー!

2017年05月20日 22時28分29秒 | ボート
5月20日(土)

Sea Breeze がデビューしました!

本日、整備していた平塚リバーポートマリーナから、新たな母港となる横須賀船浦ボートパークに回航しました。
僕にとって、6代目のボートです。

マリーナスタッフにより下架作業開始。
始めて試乗した時に比べて、ずいぶん精悍な風貌のボートになりましたね!


めでたく進水!
おー 浮いた姿もなかなか!


ついでに後姿も、いいっすねぇ。


いっぱい写真撮っちゃいました。
つまり、かなり気に入った船に仕上がって、嬉しくて仕方ないということです。(笑)

さあ、出航しましょう! 

9:00
回航の開始です。
角屋メカが横須賀まで乗船してくれるので、浅瀬のある川の中は角屋メカが操船します。


新エンジンは実に静かで、滑らかに回ってます。
マニュアルによると、新エンジンの慣らし運転は、デットスロー15分、1/2開度2時間、2/3開度1時間、全開7時間となってます。

難所の河口も無事超えて、いよいよ海に出ました。


快晴無風、絶好の回航日和です。
ここでデットスロー15分はクリア。
ここからは僕が舵を取り、1/2アクセル開度の3000回転、9ノットでのんびり走ります。


センターコンソールに、Tトップ。
いやー、風を感じる解放感と海との一体感が素晴らしい!



相模湾にはとても綺麗な潮が入っており、なんとなんと、トビウオがいっぱい飛んでました。
さらに、なんかでっかい魚がジャンプ!
Sea Breeze の船出をお祝いしてくれてるみたいです。

約2時間の航海で三崎港に入港。
ここに来るのは、二代前のシーブレインが久里浜から伊東に引っ越しした時以来ですな。
懐かしいなぁ。



三崎港を出たところで、アクセル開度2/3 4500回転、18ノットに上げる。
このスピード、僕は結構好きなんですよね。海の細かな変化が良く分かります。

ほどなく剣崎の灯台をかわし、東京湾に入ります。
昨日もこの辺で釣りしてたんだけど、本日は釣りは無し。純粋に航海します。



かつての母港、久里浜が見えてきた。
勝手知ったる海域です。
今回はもっと湾奥を母港とします。



観音崎灯台をかわし、さらに北上。



猿島の沖を通過します。


この辺で初期慣らしの3時間をクリアしたので、いよいよ全開走行をやってみる。
6000回転で28ノットでました。
このエンジンの上限は6500回転なので、もう一延びできそうですが、もう十分速いですわ。

船の引き波とかにぶつけてみたが、実にソフトライドでほとんど叩かないです。
さらに、波捌きが秀逸で、スプレーがまったく船内に入ってきません。
ほんとに、この船けっこういい設計だと思います。

母港の目印、追浜のガントリーが見えてきた。


横須賀港の入り口にある沖提、野島防波堤。
ここは僕の中学時代のクロダイ道場でした。


ここでマリーナに電話して、入港の最終連絡。
野島防波堤の内側は、米軍横須賀基地や自衛隊の施設海域なので、ちょっと緊張します。
もちろん、一般の釣り船やプレジャーも居ません。独特の雰囲気ですが、Sea Breezeはここが母港故、静静と入港してゆきます。

11:50
深浦ボートパークの指定バースに無事到着しました!



民間マリーナとは違うので、基本的には自分ですべてやります。
角屋メカと協力して、舫ロープの長さ調節や位置決めなど船固めをし、あとエンジンの洗浄など実地指導を受けて一段落。
天候にも恵まれ、予定通り回航は無事終了しました。

Sea Breeze 本日デビューです!

どうぞ気軽に乗りに来てください。
一緒にポイント開拓しましょう!






コメント (6)

次のボートです!

2017年05月08日 00時21分28秒 | ボート
先般試乗した23フィートの小型フィッシングボートが僕の元に来ることになりました!
現在、角屋メカの所で鋭意整備中です。

僕にとって6代目のボートということになりますな。
いったい、何回乗り継げば気が済むんだろね・・・?

GW中、時間を見つけては角屋メカの所へ行って、整備や艤装の打合せを行ってました。


センターコンソーラーだったので、Tバールーフ仕様にします。
これは据え付け中の様子。

仮止めも終わった全景です。
なかなかカッコ良くなりそうです!


エンジンもピッカピカ!!


あとは、船底塗装や魚探取り付けなどを行えば完成です。



新しいボートの船名は、

”SeaBreeze” (シーブリーズ)

前艇の”SeaBrain”、略してシーブレの韻を踏み、DNAを引き継ぎました。
この船も、愛称は”シーブレ”で行きましょう。


ホームポートは、横須賀の「深浦ボートパーク」の係留保管としました。
昨年から一般募集が始まった市営の係留施設です。
 http://www.maris.or.jp/fukauraboatpark/

伊東サンライズマリーナはとても居心地が良く、ダイナミックなポイントも近くって魅惑的だったが、このボートで外洋はチトきつい。
久しぶりに静かな内湾で、シーバスやマダイ、青物と遊びたくなったので、10年振りに東京湾復帰としました。

整備が完了次第、横須賀に回航予定です。
今度は自宅からもグッと近くなるし、係留保管なので手軽に出航できそうです。

御用とお急ぎでない方は、気軽に乗りに来てくださいな!
一緒にポイント開拓しましょう!!



コメント (4)

試乗からの、、、決まりだな!

2017年04月27日 00時12分26秒 | ボート
4月23日(日)

次のボート候補に試乗してきました。
これが思いの外、良かったんですよ!

 SUZUKI F230

23フィート 船外機仕様のセンターコンソール艇です。
まさにお手軽フィッシングボート。
定番中の定番といったカテゴリーのボートです。


前記事の”塔ノ岳トレーニング登山”の帰り道、角屋メカの所に寄って試乗をお願いしました。
(山登りの後にボート試乗もどうかと思うが・・・)




河口から海に出てみると、南風6~7m/sぐらで、白波チラホラの海面。
ボートの走破性を試すには丁度良いコンディションです。

スロットルを開けてゆくとスルスルと加速し、チョッピーな波にも叩かれること無く余裕の走りを見せる。
波さばきも上々で、横風でもスプレーが船内に殆ど入って来ません。
前艇のフェニックスもそうだったが、船内ドライ性能はとても有難いものです。

湾内でよくあるこの程度の波なら、23~24ノットで何の問題も無く巡航できますね。

直進性はかなりGood。半面、スピードが乗ってるとステアリングの応答性はやや鈍いかな。

釣りで重要な静止安定性ですが、これは必要にして充分な安定度。
この辺は日本のフィッシングボート、ぬかりはありません。

印象として、1、2フィート上のような乗り味です。
なかなか出来の良いボートと思います。


試乗のあと上架して船体をじっくり拝見。




オーッ、なかなかカッコいいじゃん!

シアーラインがぐっと盛り上がってて、船首側のボリューム感を出してます。
ボトム形状は船首のVがやや深めかな。
このあたりが走りの良さに繋がってるのかも。


ってことで、、、

もうお分かりと思いますが、この船 気に入っちゃいましたぁー!

少し化粧直して、シーバスと遊べるボートに仕上げようと思います。


過去の記事を遡ったら、久里浜から伊東に移ったのは2007年3月。
ジャスト10年。

東京湾復帰の方向で、各方面調整中!!!


コメント

継続へ

2017年04月21日 13時02分27秒 | ボート


僕が初めてマイボを手にしたのは25歳のとき。
12f、5馬力の船外機船でした。
その時以来、僕の活動範囲は陸上のみから、海上にも及ぶようになった。

シーブレインが僕の元を去ってから、はや二ヶ月。
30年以上続いたボートが途切れてしまった訳だか、太古の生物が進化の過程で海から陸を目指したように、この僕も時の流れにそって陸に上がるのアリかと思った。
むしろ陸に上がった勢いで、その海抜標高を6000m、7000mへと、ヒマラヤ奥地の行けるとこま行ってみるか、なーんて壮大な夢も描いてみた。


そんな僕の前に、ポッと現れたり消たりする次なるボート候補たち。
陸に上がろうとする僕の後ろ髪を、この娘達が引っ張るのよ。(笑)

何艇か見てるうち、気軽に乗れるボートならアリかなぁ、、、と。
なんたって、30年慣れ親しんだ標高ZEROメートルの世界だもんね。
海への回帰願望。
DNAの奥に刻まれた記憶には逆らえないということか。(笑)


ということで、僕のボートライフは継続する方向で動き始めました。

さて、次のボートとはどんな世界を描くことになるのでしょう?
楽しみです‼

デビューはGW明けぐらいかな。

コメント