シーブレ日記

愛艇と綴る釣り日記
最近は登山や自転車へと 遊びの範囲が拡大中

FIT SHUTTLE HYBRID

2012年02月26日 01時05分12秒 | 車・自転車・バイク
2月25日(土)

今日、8年乗ったオデッセイが引退し、フィットシャトルに交代しました。
オデッセイの最終距離は、235,233キロでした。

仕事で毎日のように乗り回していたものね。最後まで綺麗に走ってくれました。
このモデルとしては、ディーラーでもぶっちぎりの走行距離数だそうです。国内でも間違いなくトップクラスとか。乗り心地といい、扱いやすさといい、実に良く出来た車でした。
アリガトね。

 
 【23万5千キロの金字塔。ディーラー到着時に撮影です。綺麗に走りきってくれました。】

さて、新たな日々の足となる「フィットシャトル ハイブリッド」とは、どんなクルマなんでしょう?
このブログでも書きましたが、極めてシンプルな行動で、契約→納車と進んだので、僕もその実態はよく知りません。

時代の狭間に咲いたハイブリッド車なるものに乗っておきたかった、というのが車種選定の最大の理由。
トヨタとホンダのハイブリッドシステムは全然違いますが、両者ともに昨年あたりで熟成の域に達した感がありますね。
王道はプリ○スでしょうが、あれは価格設定が変でしょ。ア○アはさすがに小さすぎ。
その点、シャトルはコストパフォーマンスがのバランスが良いんですよね。

 
 【時代の寵児HYBRID。気負いの無い立ち姿ですね。Cピラーが少し特徴的かな。】

僕にとって5ナンバーは実に20年振り。初代レガシー以来です。
家のそばの鎌倉奥地や鵠沼迷路は、正直3ナンバーはキツイです。場所によっては曲がれません。このサイズが地元民の足。これからは気兼ね無く鎌倉奥座敷へ突っ込んで行けます。(笑)

忘れていけないのが、広大なラゲッジスペース。自転車がそのまんま入っちゃいます。
小型で機動力があってユーティリティー高し。高級車じゃないから少々の事でも気にならない。
もう、釣り仕様と言っても過言ではありません。

今日はディーラーから家までしか乗っていないけど、ファーストインプレッションは、何て言ったらいいんだろう・・・、究極の「可も無く不可も無く」と言った感じかな。
車を「ドライビング」しているというよりも、楽チンな乗り物を「操作」をしている感じなんですよね。
もはや機械製品ではなく、電気製品ですね。インパネ情報なんて面白すぎます。

 
 【もれなく皮ハンドルが付いてきます。(笑) そのハンドルにはボタンが14個も付いている・・・】

ナビはホンダ純正ゆえオデッセイと同じテイストだけど、中身はえらく進化してました。ナビというよりも通信機器ですね。さらにクラウド化が進めばナビシステムは不要になっちゃいそうです。たぶん、今すぐにでも出来そうです。スマホ置いておけば良いんだものね。
話には聞いていましたが、車そのものがモバイル端末というかモバイルステーションの道を模索しているようです。

車の肝はエンジンではなく、CPUに取って代わっています。技術の中心はエレクトロニクス。
この先、車屋さんが腕を振るえるのは、デザイン分野しかないんじゃないかなぁ。

ともあれ、最新の技術に触れるのは良い刺激になります。
前シーブレインで、ボルボのD4エンジンを誰よりも早く使ってみた時の驚きと同じような感じです。

 
 【オデッセイ 青い目がクールでした。 アリガトね!】

FUN TO DRIVE!
感性の赴くままにブッ飛ばしたくなったらアウディーで駆けましょう。
お仕事と釣りに行くときはシャトルで◎。

趣味のアウディー、実益のシャトルといった使い分けですかね。




コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

成田のホテル

2012年02月24日 12時34分45秒 | 釣り以外のエトセトラ
成田空港を利用するとき、僕はいつも空港近くのホテルに前泊する。
家からだと100kmぐらいあるし、高速が渋滞してヒヤヒヤするのが嫌だから。どうせ前日は仕事で東京に居るので、家に帰るより成田に行っちゃった方が無駄が無い。
それに、ホテルを利用すると駐車場が15日間無料だったりと結構お徳です。

僕はいつも成田ビューホテルを使っています。
4~5年前で、ツインルームのシングルユースが7千円ぐらい。
デフレスパイラルの波に乗り、2~3年前で5千円台。
今じゃ一泊3千円ですよ! 安い所は2千円台からあります。

駐車場代込みでこの値段。ホテルから空港まで無料バスがあるから何の問題もなし。
建物はそれなりに古いけど、元々の造りが国際ホテル。ロビーには各国のスッチー達が制服でチェックインしてます。
部屋もベッドも充分広く清潔です。アメニティーもちゃんとしていて快適に過ごせます。

都内の狭苦しいビジネスホテルでも7、8千円しますよね。
安いのは有り難いんだけど、ここまで値下がりすると、本当に日本は大丈夫なのか? って思っちゃいます。

食事ぐらいはホテルのレストランを利用しようかな。

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AMAZON

2012年02月19日 21時53分13秒 | 釣りに関するエトセトラ
 


アマゾン!
いや、遠征に行くわけじゃありません・・・

リール3台分のラインを巻き替えようと、一昨日、通販サイトamazonでPEラインを注文。
今日、早速荷物が届きました。

箱を開けると、一緒に注文した、「第一精工 高速リサイクラー」だけ入ってる。
肝心のラインが入ってないじゃん!!!
後日配送です。
今夜はリールの巻き替え作業、できません。

「高速リサイクラー」って、上州屋とかキャスティングで目に止まるたび「オッ、これ便利だな」と思いつつ、でも微妙な価格と急ぐ物ではないため、長らく購入スイッチが入らないでいた。
今回のリール3台分のライン購入のついでに、買い物リストにポチッと入れました。

うーん、早く使ってみたいぞ!

2,779円の品物でワクワクできる僕って・・・シアワセ者。


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

釣行準備

2012年02月19日 01時04分33秒 | 海外遠征
 


今日一日、あれこれと考えつつルアーセレクトしてたら、バスとシーバスルアーの混成部隊が出来上がりました。

来月の釣行で使おうと考えてます。(妄想過程なので写真もそれっぽく・・・)


狙いはネイティブのジャイアントスネークヘッド。 通称、アジアの暴君「トーマン」。

タイメン、ピーコックバスと続いた怪魚シリーズの続きです。


目指すフィールドを想像し、釣る術を考え、準備している時が非常に楽しいですね。

試行錯誤、暗中模索のその先で、ターゲット魚に辿り着いた瞬間が釣りの醍醐味。至福の瞬間です。

僕は数にもサイズにもさほど拘りません。 ただただ”納得の一匹”が釣りたいのです。


もう暫らく妄想を楽しみます。

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落語家 柳家小三治

2012年02月12日 23時12分17秒 | 釣り以外のエトセトラ
 

2月11日(土)

落語鑑賞会へ行ってきた。
自宅から徒歩3分の小ホールで開かれたもの。

なんたって、小三治が出演する。
3ヶ月前からとても楽しみにしてました。

風車、円太郎、小満ん、正楽と4人の噺家の話芸を楽しんだ後、いよいよ小三治登場。

長めの枕噺しは洒脱そのもの。談志なき今、この味を出せるのは小三治をおいて他には居ないです。
会場が小三治のテンポに巻き込まれてゆく。

 

本題「百川」が奇跡的な”間”で始まった。会場は一瞬にして江戸の下町にワープする。

僕の目は舞台の小三治を見ているが、頭の中には江戸の町並みや料理屋の二階の部屋、そこに射し込む光の具合までもが映像となって現れ、その中で百兵衛や初五郎が活躍する。

文句なしに上手いです。僕は完全にのめり込んでしまった。
こんなに涙を流して笑ったのは記憶に無いな。

TVに溢れるている「お笑い」とは、まったく次元が違うことが嫌でも分ってしまう。
本当の芸を見せ付けてくれました。

柳家小三治は子供の頃から好きな落語家さんでしたが、生の高座を見るのは始めてです。
いやー、素晴らしかった!

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イワシメバル

2012年02月09日 22時25分36秒 | オフショアの釣り
2月9日(木)

禁断の平日釣行へ行ってきました。同行はmm17さんとKAKUさん。
僕以外の二人は今年を占う初釣りとなるので、釣り物の選定は慎重を極めた。

この1ヶ月の間に三人の間でやり取りされたメールには、LTキンメ、アカメフグ、トラウト、オニカサゴ、サワラ、カワハギ、LTウィリー・・・ グルメ系目白押しですね。
最終的には、丸十丸で名人ご同行のカワハギ釣りと決まったが、前日に、海が悪く楽しめないだろうとの船長判断で残念ながら中止。目ぼしい釣り宿は木曜定休。
急遽検討の結果、旬の佐島のイワシメバルが面白そうだから、やってみようとなった。

 
 【佐島「つね丸」に乗船。佐島は子供の頃から縁のある場所です。】

7時「つね丸」出船。乗船客は、我々3人以外に常連さん1名。大名釣りです。
エサはイワシメバルには最適な5~8cmの小振りのイワシ。

 
 【このサイズのイワシが獲れないとイワシメバルは出来ません。他にモエビも配られた。】

無風快晴で実に気持ちの良い天気だが、このところ続いた時化の影響で濁りが激しい。海面には変なウネリも残っている。
メバル日和と言えるのかは微妙な感じです。

船長は、港前から葉山あたりまでの10から15mダチの根回りを細かく探る。
潮がまったく動かずアタリが出ない。船長はどんどん場所替えを繰り返す。初めて乗る船ですが、根を知り尽くしている攻めの操船です。

 
 【御用邸沖から見る江ノ島と富士。この景色はやっぱり写真撮っちゃいますね。】

小さなアタリで送り込み、ゆっくりを聞き合わせでやっと乗った。15cmクラス。
海底には海草(カジメかな)が繁茂しているのが分る。根掛りを恐れずに海草の中にイワシを落とし込むと、やっと下針に食ってくる。
メバルは完全に藻の中に隠れてしまっている様子。渋いですね。

後半になって、緩いながら南向きの潮流れが出だした。
ポツポツと拾って、僕は15~23cmを4つ。
アタリがあっても乗せられなかったのが、4、5回ありました。とにかくアタリが少ないんですよね。イワシが元気なまま上がってきます。

 
 【相模湾の黄金メバル。良い色ですね。生息環境の違いから東京湾のメバルは白っぽい。】

常連さんが竿頭で9匹。僕が掛け損ねたアタリを全部針掛かりさせていれば同じような釣果になったはず。これが腕の差というものなんですね。
常連さん曰く、今日はアタリが極端に少なく打つ手が無かったとのこと。
底荒れの典型でしょうか?

僕は以前、東京湾のドジョウメバルを何回かやりましたが、もっと頻繁にアタリ、ゴゴゴンっていう特有の引きを堪能した覚えがあります。 夜釣りならアオイソメで大型入れ食い。
こんなに難しい釣りじゃなかったんだけどなぁ。。。

今日は管釣り並みに集中力が必要でした。(笑) 釣り的には非常に面白かったです。
それにしても、最近スカッーとした釣をしてないなぁ。

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スマホ 暴走→交換

2012年02月07日 23時24分41秒 | 釣り以外のエトセトラ
スマホが急速に普及してます。
この流れに乗ってスマホを手にした人も多いでしょうが、何だかよく分らず挫折しそうになることもあるでしょう。
僕も昨年4月にスマホデビューして以来、暗闘を続けてます。

フリーズしたり、予期せぬ画面が現れたり、知らぬ間に電話掛けてたりなどは日常茶飯事。
それは自分の未熟さゆえと思い込み、使いこなせぬスマホの壁に暗澹たる思いでした。

ところがどっこい、自分の未熟さもさることながら、スマホ自体もまだまだ未熟な機器だって事が分かってきた。つまり、上手く動作しない事の半分はスマホ側にも責任があるということ。
この事実を理解すると、凄く気が楽になった。

  
  【よく出来たアプリ「潮汐なびFREE」 今日は満月なんですね。】 

ある時、何もしないのに画面がどんどん切り替わったり、電話番号欄に7が勝手に連打されたり。
ビックリしてホームボタン押しても、再び勝手にアプリが起動し連打が始まる。電源落としても勝手に立ち上がり再び暴走。
半分パニック状態になりながらも、裏蓋をひっぺがしバッテリー抜いてやっと止めました。
もうオカルトの世界です。

こんな事が度々起こった。
この現象を冷静に観察すると、画面の”ある一点”を連打している状態になっている。
その”ある一点”に電話のアイコンがあったので電話アプリが立ち上がり、その”ある一点”に7のキーが位置していたので7が連打されたというわけ。

ドコモショップで状態を説明したら、その様な現象は他では報告されてないとのこと。僕の言ってる事を素直には信じられない様子。
ところがですよ、うまい事にカウンター上でその現象が始まった。
事態を目撃した担当者も、さすがに驚いてた。

インパクトあったんでしょうね。その場で新品に交換となりました。
残念ながら最新機種への交換はダメだって・・・

電話帳などのデータ移植できたが、アプリの設定などは一からやり直し。当然前と同じにはなりませんヤネ。
まあ、大掃除したと思って、心機一転新しい環境を一つ一つ構築してゆきます。
概ね落ち着きましたが、どうしても回復しないのがWi-Hi接続。

  
  【難航したWi-Hi接続の復旧。たかだかこの画面だけなのに。。。】

肝心のdocomo MzoneのIPアドレスが蹴られる。交換前は普通に繋がったのに。
地下鉄の駅で粘るもダメ。仕事中にスタバに寄って慎重にパスワード入れ直してもダメ。

日を改め、徹底抗戦の覚悟でタリーズに陣取り、落ち着いて一から紐解く。
いろいろやった結果、既存の”docomoネットワーク”を一旦削除し、「Wi-Hiネットワークを追加」して、SSID、WEPキー、ID、PWから入れ直したらやっと繋がった。
書けばこれだけだけど、ここまで辿り着くのに小1時間掛かりました。達成感すら感じましたね。
もし同じ状態になった人居たら試して下さい。

スマホはこういう事が良くある訳です。
大半のユーザーも、なんやかんや言いながらも慣れてゆくんでしょう。

不便さを乗り越えてしまえば、スマホは極めて便利な道具でありますね。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ノープランの週末

2012年02月06日 00時30分46秒 | 釣りに関するエトセトラ
小田原の管釣り場を後にして、夕暮れの西湘を伊東に向けて車を走らす。
アウディーのポジショニングライトが一番映える時間帯です。

熱海辺りは払い出しの風なので海はフラットだけど、山から強烈な風が吹き降ろし海面から白い水煙を巻き上げている。
恐ろしく強い風が吹いているんですね。大島は21m/sだって。

夕食をチャチャと済ませ、松川の河口でシーバスルアーを投げる。
先週、出たばかりのニューロッドを手に入れた。
XORシルバーシャドウSSXX-74Mというボートシーバスロッド。ラインMAX 24lbとかなりヘビー級。
シイラロッドのパワーとシーバスロッドの繊細さを併せ持った感じのロッドです。もちろん7.4fとロングキャスト対応。
このロッドを試投てみたくてウズウズしてたのだ。

最新ダブルエックスブランク特有のシャキっとした仕上がりなのに、投げるとルアーウェイトが胴にしっかり乗ります。
軽くて高性能なのに、ピーキーさを感じさせない上手い作り込みです。
ルアーの初速が速く、且つコントロール性の良いロッドですね。良い仕事をしそうです。
今後、このロッドでいろいろ遊ぼうと画策しています。

それにしても風が強い。 てか暴風で体がもって行かれそうになります。無理! 
コンビニで夜食をたっぷり買い込み、早々にシーブレインにしけ込みました。

キャビンの中でコーラ&ポテチ、カジキやバスのDVD、思いっきりカウチに過ごします。
室内灯を消すと、スカイハッチから青白い月の明かりが差し込んで来る。
癒される空間だなぁ。

深夜になっても外は轟々と風が吹き、時折船体が揺れます。明日は無理かな。


朝です。まだ変な風が残り水平線はグチャグチャしている。出られない程では無いけど・・・
目の前の初島では連日ブリがボイルしてるけど、とりたてて釣りたい訳でもないので、そのままゆっくりとキャビンで朝食タイム。


【エンジンは快調みたいです。3ヶ月走ってないから分んないけど・・・】

小一時間エンジンを掛け、各部をチェック。問題ありません。

シーブレインは、かれこれ3ヶ月出ていません。
まあ、FBコンバーチブル艇の使い方としては、こんな感じでOKなんでしょう。

まだ午前中だけど、マリーナの温泉へ。
露天風呂に浸かったまま見渡す、海やマリーナの風景はなかなかオツなものです。
こういうマリーナって、他にはあんまり無いんじゃないかな。

 
 【マリーナ併設の温泉。外観は微妙だけど中はいたって快適!】

お昼頃には穏やかな海になったけど、温泉でポッカポカになった後で海に出る気なんて起きません。
夕方には家に戻り、少々仕事。
ToDoリストまったく無しの、気まぐれな週末でした。

アカメフグ、管釣りときて、次はカワハギ釣りが控えております。
繊細な釣りが面白くて仕方ないキョウコノゴロ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エリアトラウト

2012年02月05日 21時22分53秒 | 淡水の釣り

2月4日(土)

土曜日は風が残るけど、日曜は凪。立てたプランは土曜日に管釣り寄って、その後伊東へ。日曜の朝下架して近場でオニかブリでも狙ってみようかと。

昼過ぎに小田原の開成フォレストスプリングに到着。3時間券購入。週末なのに結構空いてます。
先ずはロデオの0.9gグリーンで開始。二投目で早くも1キャッチ。
おっと 今日はいいんじゃないの? 時速10匹ぐらいいけるんじゃない!?

意外と風が強い。入った場所はもろ向かい風で、強烈なブローが入るとラインスラッグが物凄い事になる。空いてる訳だ・・・
風上側に移動。やはり皆さんこちらサイドが人気です。

 
 【これは1stポンド。意外とハイレベルな釣りが展開されてます。】

それから2時間、まさかまさかのノーキャッチ。
フライ組みはバンバンヒットしているが、ルアー組みはかなり苦戦です。最初の1匹は何だったんでしょう?

やっとヒット。が、まさかまさかのアワセ切れ。ラインに傷があったんでしょう。
普段ぞんざいな釣りばかりやっているので、僕はフィネスゲームの何たるかを忘れていたようです。
釣りの基本を疎かにしてはいけませんね。次に繋げます。 反省!

気分を変えて暫らくミノーイング。これは全然ダメ。チェイスすらしない。
スプーンに戻し、ラスト15分でやっと2匹目キャッチ。 以上!

いやはや、風に翻弄され厳しい釣りでした。
管釣りって侮れません。なかなか難しい釣りですね。
今日はかなり真剣にやってましたが、途中からは変な焦りも出てきました。
僕は、釣れなきゃ釣れないなりに、その釣りを楽しんでしまう性質なんだけど、管釣りはどうも大らかになれませんね。
やはり、「釣る事」に拘る世界だからかな。
3時間やって坊主とか食らったら、二度と行きたくなくなりそうです。

さて、箱根の山に日も翳り始めました。
伊東へ向けて移動です。

続く


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする