シーブレ日記

愛艇と綴る釣り日記
最近は登山や自転車へと 遊びの範囲が拡大中

乗っ込みマダイ

2018年04月14日 21時31分53秒 | オフショアの釣り
4月13日(金)

乗っ込み気配ムンムンのマダイ狙いリクエストで、NGさん、KIさん、ITさんの三名がご来船。
一昨年、タイラバで5kgアップを釣り上げたNGさんを筆頭に、やる気満々のメンバーです。

7時半出船ですが、、、北風7~8m/sとやや強め。
今日は徐々に風が落ちる予報なので、安全な範囲でやってみることにする。
取り敢えず防波堤の外まで出てみると、風の割には波が掘れておらず、スローなら何とか走れるかな~って感じです。

本命ポイントまではとても走れないが、近場の40mダチの根から始める。
何か所目かのポイントでITさんヒット。
指4本のタチウオでした。




時間の経過と共に徐々に風も落ち、それに合わせて我々も徐々に沖目のポイントへ移動を繰り返す。
潮はトロトロと流れているもののアタリが出ない。

昼頃には風も落ち、本命ポイントに入れた。
さて釣って貰いましょう!



ムムム、皆さんアタリの無い時間が続く。

魚探反応はそこそこ出るんですが、口を使ってきません。

ついにシビレを切らして僕も参戦。

アレッ、直ぐに釣れちゃいました。
偶然かどうかは分からないが、何かが違うのかもしれません。



NGさんヒット。
ヒラメ! ってよく見たらカレイでした。珍しい。



終わってみれば、マダイ船中3枚。アタリも3、4回あったかな。
外道でタチウオとカレイという結果になりました。

外道も含め、ちょっと渋い一日でした。

帰宅後、同日出ていた他のタイラバ船の釣果を見ると、やはり各船苦戦した模様。船中ZEROの船もあったようです。
マダイは結構、好不調の波が激しいターゲットですね。
前日爆釣なのに翌日はパッタリなんてのを、僕も何回も経験しています。

まあ、風の季節ゆえ出れない日も多い中、一日釣りが出来ただけでも良しとしましょう。

なんかこの辺は一年中タイラバで遊べそうですね。
久里浜より南側のマダイのパターンは、その昔に解明済みなので、
この船では、湾央部のマダイを解明してみたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強風の日々

2018年04月08日 22時57分33秒 | 釣り以外のエトセトラ
この一週間は、暑かったり寒かったり、土砂降りやゲリラ雨だったり、突風や大風だったりと、変化に富んだというか波乱に満ちた天気が続いた。
週末に予定されてた釣りも早々にキャンセル。


そんな中、沢田教一の写真展を見てきた。
60年代にベトナム戦争の最前線で写真を撮り続け、その実績が評価されピリュツァー賞を取ったカメラマンです。



僕は大学生になった頃に彼の写真に触れ、何がしかの感情を僕に植え付けた写真の数々です。


水曜日、長く患っていた叔母が危篤との報が入り、金曜日に亡くなった。
葬儀等の段取りでバタバタしてました。斎場の関係で葬儀は10日あまり先となった。


そして今日(日曜)も強風。
車は洗う先から海岸の砂が飛んできて直ぐに汚れてしまう。
洗車してもしょうがないので、気合を入れてスタットレスからサマータイヤへの履き替えを敢行。
例年は残雪期の登山を視野に入れ、GWまではスタットレスだったな。




夕方、自転車で海岸ポタリング。
連日の強風で、路肩に溜まった砂がロードバイクには厄介だ。
今日の海もざわついていた。




海を眺めているとちょっとホッとするね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マゴチを狙ってみたが

2018年04月01日 20時35分32秒 | オフショアの釣り
3月31日(土)

H/Hさんより、マゴチ爆釣中との報によりスクランブル発進です。
弟子筋のHMさんも乗船。

爆釣ポイントが何所か情報ないし、そもそもこんな早い時期にマゴチ釣りやったこと無いし。。。
ってことで、夏のメジャーポイントのやや深い側に行ってみた。


マゴチ船、一艘も居ない・・・
ここじゃないのかな?


H/Hさん達はまずエサとなるシロギス釣りを始めます。
で、僕はソフトルアーでチャレンジ。

するってーと、僅か2投目でマゴチヒット~
ルアーで良いんじゃないの?



50cmぐらいかな。コロンと太った美味しそうなマゴチでした。
これは爆釣かと思ったが、あにはからんや後続無し。
さらにシロギスが全然釣れない。


移動。
今度はシロギスは釣れるもののエサにはデカ過ぎ。上手く行かないなぁ。




後半大きく場所を移すと、そこにはマゴチ船の船団があった!

仲間に入って始めるが、まったくヒットなし。周りも釣れてない。


しょうがないので、マゴチポイントを転戦する。

横浜まで行ってしまいました。




おかしいですねぇ。
マゴチ爆釣情報は、何所なんでしょう?
H/Hさん、ついにマゴチを諦め毎回好調のタイラバ希望です。


向かい風が強くなって来て走り辛いが、18ノットぐらいでタイラバポイントへ移動。

外洋の綺麗な潮が入って居り、ちょっと不安がよぎる。


しばしの後、H/Hさんヒット!



良い感じのやり取りの後上がって来たのは、なんと良型のクロダイ。



クロダイも乗っ込みなんですね。

今日はどこも14℃台後半と水温がずいぶん上がってました。

これから先、水温の上昇と共に海の中も賑やかになってくることでしょう。
あとはベイト待ちかな。

マゴチ釣りはエサの確保が問題ですね。
釣り船が使ってるサイマキを、マイボでは手に入れる術が見つかりません。

あくまでエサ釣(泳がせ)で狙うか、潔くルアーで攻めるか、悩しいところです。
実際、今日はルアーでマゴチ釣れました。

このへんは判断に迷う所ですねぇ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春!

2018年03月28日 22時17分49秒 | 釣り以外のエトセトラ


春ですね!


先日長男が結婚しました。挙式は5月の予定。

産前産後の2か月を我が家で過ごした長女は、本日元気な女の子と共に旦那の元へ戻って行きました。

そして次女はめでたく大学を卒業。来週から社会人として世の中へ飛び出して行きます。


みんな頑張れー!



これにて私の子育て完了と見て良いのではないでしょうか!?

ヒャッホー!

お疲れ様でしたーーーー!!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青物&タイラバ出撃

2018年03月24日 19時14分13秒 | オフショアの釣り
3月23日

大雪やシケが続きここ数日の青物動向が分からないものの、本命サワラ&抑えタイラバって感じで出船。
毎度お馴染みのH/Hさん、らばぁさんがご乗船。

朝一、手前のサワラポイントに気配無いので、南の大場所へ走ると、もう広範囲に鳥山ブンブン!
ルアー船や引っ張り船が入り乱れてお祭り状態。

早速参戦!



ヒットー!
おっと、、、イナダ、君じゃないのよ、サワラを釣りたいのよ。。。(笑)

その後もイナダ連発~
やってりゃ幾らでも釣れそうです。春だねえ。。。



サワラも居るんでしょうが、イナダの大群に押されサワラの食う間が無い感じです。

やがて鳥も静まり、朝の饗宴終了~


我々も久里浜に戻りタイラバ開始。

潮止まり時間帯を挟んで、ポツポツと食いました。

タイラバ初のハナダイ。



定番ゲストのホウボウ。



そして本命マダイも5枚ゲット。今日は大型は出ず1kg前後でした。
20cm位の小振りは余裕でリリース。



乗らないアタリは相変わらず多数あり。これがまたタイラバの面白さでもあるのですが。。。

今日は潮が流れてる時間が短く、さらに二枚潮っぽくて、マダイはちょっと渋めだったように思います。
でも夕マヅメのラストヒットなどは水深35mですから、もう乗っ込みなんですね。



タイラバで釣れると信じられる人は、是非テロテロしに来てくださいな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なごり雪

2018年03月21日 19時01分28秒 | 釣り以外のエトセトラ
桜の開花宣言がありましたが、
今日は朝から雪です。



湘南の我が家でも、昼ぐらいには薄っすら積もりました。

”なごり雪”ですね。。。

ということで、今日は休日だけどじっと家に籠ってました。


最近の出来事としては、日曜の晩にH/Hさんご紹介の魚料理屋に行って来ました。
これが驚くほど美味い魚を出してくれて、正直驚きです。

お任せで頼んだ刺身。
食べちゃった後で申し訳ないけど、この並びを見れば魚通なら唸りますよね。
それもそれぞれの魚自体が、絶妙な熟成や締めが施されており、激旨なんです。




このサワラは、H/Hさん持ち込みの一品。
なんか結構釣ったみたいですよン。



他にも、唸らされる一品がぞろぞろ。
店長の魚へのこだわりは半端じゃないですね。

ちなみに、僕は魚食べるのも大好きなんですが、自分で釣った魚はあまり持ち帰りません。
何故なら、素人の僕が料理してもあんまり美味くならないから。
ゆえに、ちょっとあんちょくですが、美味い魚を食べたければプロの店で食べる、が僕的な結論となってます。

このお店、大船にあります。
H/Hさん、ありがとうございました。
また行きましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボートショー

2018年03月11日 22時14分12秒 | ボート
3月11日(日)

ボートショーのチケットがあったのでチョイと行ってきました。
昨年は船の入れ替えのタイミングだったので気合入ってたけど、今年は特段の目的もなくフラっと行く感じです。

大きなボートはベイサイドのフローティング会場展示となり、みなとみらい会場は中小型艇や用品類がメインといった内容でした。

TOYOTAからレクサスブランドのコンセプトボートが出展されていたのには驚いた。
このシルバーの物体がボートらしいんですが、ボートに見えない・・・



使い道が想像できないボートですね。。。


ヤンマーにも超変態ボートがありました!



カタマラン艇なんだけど、人間は上の黒い所に乗っかって(ここまでは普通)、下の赤い部分が巨大な油圧シリンダーで波に合わせて動くとな!
するってーと、人間の乗っかってる上部は波の影響を受けずに、荒れた海でも快適にクルージングできるそうで。。。
前から見ると、二匹の巨大なワニがバクバクと口を開けながら突進してくるように見えそうだね。 怖わ~

コンセプト出品とはいえ、なんかえらい事になってますなぁ。
現在のボートオーナー達の心を繋ぎ止めるには、単なる豪華なボートを提案するだけじゃダメってことですかね???

巨大メーカーが冒険するのは良い事だよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三寒四温

2018年03月10日 22時45分57秒 | 釣り以外のエトセトラ

一雨ごとに暖かくなって来ますね。

このまま三寒四温を繰り返しながら、春がやってくるのでしょう。

春は花粉症で辛いけど、僕の場合年々症状が軽くなってる気がします。
なんでも、歳をとると鈍感になるとか何とか・・・

これから5月ぐらいまで風の季節だから、
沖に出るのも予定が立てづらいですね。

今日は久しぶりに”湘南犬リク”と海岸まで散歩に出掛けた。
勇気を出してアウター持たずに家を出たけど、寒く無かったヨ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サワラはどうかな?

2018年03月04日 10時18分02秒 | オフショアの釣り
3月3日(土)

神出鬼没のサワラ。
このところ好調の情報が流れており、にわかにサワラ狙いが盛り上がってきている。

H/Hさん、らばぁさんの乗船にて、SeaBreeze1か月ぶり以上のお久しぶり出船です。(2月は一回も出船しなかったなぁ)

サワラは鳥山を探してキャスティング。
鳥山が出るまでは近辺でまぐれ当たり的なジギングで探ることになる。

マリーナ出ての水温は11℃。まだ低いね。
観音崎を回り一発目の潮目を超えると12℃台に上がる。この辺も有力なポイントだが鳥がまったく居ない。

春一番の時化前は剣崎が絶好調だったとの情報もあり、我々は剣崎まで一気に走った。
剣崎の手前の潮目を挟んで13℃台に上がり、鳥がそれなりに哨戒飛行している。
注意して探すと、鳥がさし始めた。

急行して開始!


イワシの群れがてんこ盛り。
ヒットは時間の問題だろう!


鳥の動きに合わせて小まめに移動を繰り返しながら、ジグをキャストする。
だんだんルアー船や、引っ張り漁師船も増えて来る。
雰囲気は悪くないのだが、何故か水面にサワラがまったく跳ねない。食い気が無いようで、ベイトを追ってない感じだ。

それでも鳥は凄い事になってくる。


プレジャーボートもどんどん増えて来て、そうするとチョット鳥が固まっただけで各船が鳥山めがけて全開走行。
もうマグロのキャスティング会場みたいな殺伐とした雰囲気になってくる。
でも、全然跳ねないので、周りの船でも釣れてるシーンは一回も見えない。
当船も、らばぁさんがイナダを一本キャッチしたのみ。

潮止まりのタイミングで、サワラ狙いはいったん休止し、サブターゲットで用意してきたタイラバゲームで地合い待ちすることにする。
ちなみに、ベテラン釣り師の両名はまだタイラバでマダイを釣ったことが無く、タイラバで釣れるという確信がいまだ持ててないということ。
わかります、タイラバって超スローな釣りなので、釣れる確信が無いとモチベーションを保ちづらい釣りなんですよね。

開始早々、らばぁさんに程なくヒット!
それもけっこうデカそうです!
初のヒットに喜ぶ釣り師。


タイラバでの初キャッチは、2kgオーバーのナイスサイズ!


これで、らばぁさんはタイラバへの不信感は一気に解消された模様。

僕もヒット、これはホウボウでした。

上げ潮が動き出したが、あんなにいた鳥はきれいさっぱりいなくなってしまったので、潮目付近を探すと、サワラの跳ねが2、3発見えた。
ジグキャストを続けるがヒットしない。
今日はおかしいですねぇ。サワラの活性が低い感じです。
朝あんなにいたイワシの大群もきれいさっぱり居なくなってしまった。春の海は難しいです。

このまま剣崎を諦め、手前のポイントに戻ります。戻しながらも水色や水温を見ながら、上げ潮で南側の潮がどのように入り込んでいるのか見ながら走る。

で、定番ポイントに戻ると鳥パラパラ。
魚探には上層にベイト、ボトムにも良い反応あり。
タイラバへの信頼感がグッとましたらばぁさんは再びタイラバ投入。
再びデカ目をヒットさせるも、リーリングの途中で残念バラシ。

僕にも2回ヒットで小さめを一匹キャッチ。

頑張ってジギングしてたH/Hさんもたまらずタイラバを開始すると、、、
オメデトウゴザイマス!
初タイラバマダイをキャッチです!!!


これでお二方とも、タイラバアレルギーは解消したかな?(笑)

さて、本命のサワラがまったく跳ねないし、なによりヒットが得られてない。
12℃台との潮目を探しもう少し北上すると、まさにその潮目にイワシの大群。朝剣崎に居たベイトの群れが、上げ潮に乗ってここまで北上したのでしょう。
しかしベイトは沢山いるものの、依然としてサワラの跳ねが出ない。こうなると、方々にジグを投げてまぐれヒットを待つ以外やり用がない。

こんな感じで夕方までやったけどついにサワラのヒットは得らませんでした。

帰宅後、サワラのルアー船の釣果を見たら、手前のポイントで結構獲ったようです。
自分的には朝一の剣崎はアリだったけど、その後魚は北に移動したのではという推理もあったんですが、剣崎好調という事前情報に引っ張られ過ぎてしまった感が否めません。
戻した時は地合いは過ぎてたと言う事ですね。失敗しました。

うーん、神出鬼没のサワラを捕まえるのは難しいですね。

一方、サワラの地合い待ちにちょこっとやっただけのタイラバで、マダイ3枚、ホウボウ1本、他にアタリやバラシが3、4回あったので、タイラバは1年を通して楽しめそうです。
これはこれで面白いと思います。


さてと、確定申告始めるか。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一安心です

2018年02月26日 23時31分51秒 | 釣り以外のエトセトラ

先週の金曜日に、我が長女が女の子を無事出産しました。
いつ生まれるかとハラハラしてたけど、今どきのお産は実にシステマティックに事が運ぶんですね。
スマホにあらかじめ登録しとくだけで、陣痛が始まると電話一本で専用のタクシーがやって来て、病院まで運んでくれます。

病院だってすべてのことが流れるように進んでゆきます。
出産という古式ゆかしい行事でも、時代は進んでるんだなぁと妙に感心した週末でした。

病院に顔を見に行ったけど、赤ん坊ってこんなにちっこかったかね?
絶対にガサツには扱えないなぁと改めて思ったよ。
抱っことか、おっかなくって無理ですわ。

明日からは、赤ん坊が我が家にしばらく居るようです。
犬と僕の居所が、大幅に制限されるのはやむを得ないでしょうな。。。
お産という行事に男の出る幕は全くありません。

ということで、このたび僕は”祖父”の称号を拝することになったわけですが、
僕のどこをどう探しても”祖父”の威厳も自覚もないので、僕はなんも変わりませんね、たぶん。

何はともあれ、無事に生まれてくれて良かったよ。
みんな幸せになってくれるといいね!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

厳冬期 裏山アルプス主脈縦走

2018年02月17日 21時43分53秒 | 釣り以外のエトセトラ
羽生結弦の演技は圧巻でしたね!
感動しました。

これ以上ないプレッシャーの中、最高のパフォーマンスを出し切り、そして最高の結果を出す。
凄いものを見せてもらいました。


僕も刺激を受けて、厳冬期 裏山アルプス主脈縦走へ!

まあ、犬の散歩ですが。。。



この辺の人気散歩コースはやはり鵠沼海岸とかなんだけど、僕は断然この裏山コース。
僕の中ではコース中に穂高や大キレットや槍ヶ岳などを設定して歩いてます。(笑)
強風&ホワイトアウトしてる雪山をラッセルしながら歩いてる設定とか。。。(おれヤバイかな)


今日は一日TV見てたので、体が固まっちゃいました。
というのも、只今我が家には、嫁に行った長女がスポーニングで帰省中。もう臨月なんで誰かが家に居ないとならんわけです。
次の大潮周りが怪しいんですよね。
で、今日は僕しか居なくて見張りしてんたけど、今日の所は大丈夫そうなので夕方、チョイと穂高に登ってきました。


で、裏山アルプスの裏穂高 登頂!

おお、エベレスト富士が見えてます。




やっぱ、ヤバイかなオレ。
最近やることが多いというか、別次元の物事が同時進行してて、ときどき理解が追い付かなくなりそうです。。。

温泉にでも浸かってリセットしたいなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小春日和のフィッシングクルーズ

2018年02月10日 22時31分03秒 | オフショアの釣り
2月9日(金)

今日は浦賀からmm17キャプテンのレンタルボートで出航です。
乗船はKGYさんと僕。

この時期は水温がグッと下がり、1年のうちでも釣り的に一番厳しくなるけど、今日は天気も良くて凪予報ゆえ、のんびり沖に浮かぶだけでも充分。そんな気持ちでやって来ました。

朝のマリーナも暖かくて春のよう。
ジギング&タイラバの道具立てを持ち込み、8時半に出航。


マリーナを出てすぐ、珍しく小規模な鳥山が見えた。
もしやサワラ?

鳥山に接近してみると、7、8cmのシコイワシの群れが水面直下に見えます。
東京湾でイワシ見るの半年ぶりぐらいかな。ず-と居なかった。

すると目の前にイワシを蹴散らすようにサワラがあちこちで跳ねてる!!!

キター!!!

千歳一隅の大チャンスです!

多くの船が待ち望んんでいながらも、なかなか姿を現さなかった鰆の群れが、今僕らのボートの周りで跳ねまわってます。

皆さん慌ててタックルにルアーを付けて投げまくる。

僕はジギングロットにメタルジグ+アシストフック、リーダー30ポンド、、、ヒットしても切られるわ・・・
mm17さんはバイブ投げてるし、KGYさんはブレード系投げてます。
サワラなんか想定してないから全員ちぐはぐなルアーだけど、目の前で炸裂するイワシとサワラの狂乱に我々も大興奮。
下の写真の左の海面の白い点々は、逃げ惑うイワシです。



mm17さんに一回ヒット!

残念バレ。

こんなこと繰り返すうち、群れはどんどん移動してゆく。
サワラ追っかけ大運動会に突入する?

何となくみんなビジュアル的に満足しちゃって、予定通りタイラバ行こうかってことで、サワラエリアを離脱しタイのポイントへ。

ポイントに入って巻いてみるも、ぜんぜん潮が流れてません。
水色に濁りが無くなってる。外洋からの潮が入り込んだ証拠だ。水温計が無いから分からないが、明らかに高水温。
これがサワラとイワシを送り込んだのでしょう。
逆にマダイは水温の変化が激しいと一時的に悪くなるかも。メンタル勝負のタイラバはチト厳しいかな。

今日は天気も良いベタ凪のクルージング日和。
燃料使い放題なので、mm17キャプテンの初エリアに遠出してみようかとなった。

一気に勝山に向けて南下ー!

気持ち良いねーーー



勝山に到着。
ここら辺まで来ると、東京湾といっても雰囲気はガラッと変わります。



大場所の沖根に案内し、mm17キャプテンの操船でジギング開始。





KGYさん、ヒット!

カンパチ ゲット~!!! パチパチパチ



mm17キャプテンは、得意のインチクに変えて、根魚狙い。

で狙い通りカサゴ、オニカサゴと連続ヒット~



KGYさんは珍しいクロムツキャッチ。
この辺まで来ると、魚種も釣れっぷりも、同じ東京湾でも剣崎以北とは違いますね。何というか外洋性の野趣が出てきます。
僕自身、この辺はあまり来ないけど、意外と好きなエリアです。

で、僕は、、、タイラバで粘ってみたけど、やはりというか岩礁系のポイントとの相性はあまりよくないようです。。。(笑)

この辺のポイントは僕自身未開拓なところがいっぱいあります。
チョイ沖の超深場に掛けてのディープジギングなんてのも今後のテーマとしては面白いと思ってる。



帰りルートで久里浜のシーバスを少しチェックしてみると、一発バイブレーションにヒットしたが、ジギングロッドのごついティップが弾いてしまいフッキングしなかった。
ということで、本日私は釣果に全く貢献できませんでした。。。(汗

しかし、良い天気だった。

今日は春の気配漂う潮風と太陽をいっぱい浴びて、とても気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。
ボートライフには、こういう至福感があるから止められませんなぁ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ライジャケ義務化

2018年02月04日 16時32分33秒 | 釣りに関するエトセトラ
2月1日から、小型船舶の乗船者は全員ライフジャケット(救命胴衣)の着用が義務化されました。
一人でもライジャケ着てないと、船長に免停等の罰則が課されちゃいます。
実際に沖で見掛ける釣り師たちも、最近は殆どの人がライジャケを着用してますね。

一方、クルーザータイプの船は、やや着用率が低いように見受けられる。
これは船自体が大きくて安心感があることや、船に乗り慣れてないゲストが多くライジャケの有効性を知らないからかもしれない。
実際、夏のクルージング時に、水着で乗船してるゲストにライジャケ着用を求めるのは、やや無理がある気もしますね・・・
でもこれからは義務化なので、マリンレジャーを楽しむ人は、乗船中は着用しなければなりません。

さて、わがシーブリーズは釣り師しか乗らないので、ライジャケ着用率は100%。

ライジャケ(救命胴衣)であれば、ショルダータイプでも、ウェストタイプでもOK。




ただし、桜マークの付いている認定品じゃないとアカンそうです。


磯釣り用やウェーディング用などの高価なライジャケでも、桜マークが無いとダメらしい。
この機会に、ご自分のライジャケに桜マークが付与されているか調べてみることをお勧めします。

あとウェストポーチタイプは邪魔にならなくて使い勝手が良いのですが、救命浮環に分類されるようで、これもダメみたいです。


今後ライジャケを新調する場合は、桜マークの付いてるものを選んどけば間違いないでしょう。

保安庁も気合が入ってて、ライジャケのチェックに躍起になってるので、沖に出るときはお気を付けくださいませ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒中のタイラバゲーム

2018年01月28日 23時02分54秒 | オフショアの釣り
1月28日(日)

極寒の季節です!
今日は、息子氏とタイラバ縛りでのスクランブル出航です。

7時半出航。
北風がやや吹いているものの、昼には落ちる予報。
水温は10.2℃! 横須賀の海ってこんなに下がるんだ。。。
ホームポートを深浦に移してまだ一年経たないので、来る季節全部が初体験だが、さすがにこの低水温に心は少々怯んだよ・・・

観音崎の80mダチからスタートするも、反応は乏しい。
上げ潮がいくらか残ってるうちにとポイント移動を積極的に行う。



僕にヒット!
小気味よい引きを楽しんでると、、、バレタ

またヒット!
小型ながらマダイゲット!

息子氏にもアタリは出るが乗らない。
乗ってもバレる。 食いが浅いのかな?


風は落ちて良い凪になってきた。
久里浜沖を見に行くと、こっちの水温は12度台後半。観音崎~久里浜間で水温が大きく変わるようですね。
ただ久里浜沖はコマセ船で大賑わい。タイラバは分が悪そうだ。

観音崎に戻すとマダイシャクリ船が集結してきました。
今の時期はこの辺が熱いのかな?


アタリが遠いので、初めての場所を開拓すべく大移動。
誰もやってないのでダメ元で探索すると、魚探には良い反応が出てきた。

僕にヒット!
良い型~


息子氏ヒット!!
さらに良い型~~


途中、イナダの猛攻も。。。(帰港後の写真だけどこんなサイズ)


ここらで上げ潮終了→潮止まり→下げ潮効きだすも→ノーヒットの辛抱タイム→夕マズメという流れ
この間、良い反応が結構出るのだが、口を使わない。
今日は下げ潮が気に召さない模様。タイは結構潮に左右されますね。

夕マズメのゴールデンタイムに向け、かなり積極的にポイントチェンジを繰り返す。
こんな即見切りは息子とだから出来るのかな。普段はもう少しゆったりやると思います。。

でここが最後と宣言したポイントに入る。
ラスト10分という所で、息子氏にビッグヒット!!

これは今までとはだんち。 良型マダイ確定!

アッ、バレタ・・・・

持ってるんだか、持ってないんだか・・・・

これにて終了~

本日の釣果はこんな感じ。


今日は息子氏と、タイの攻め方をあれこれ推理しながら多くのポイント巡りを行うという、マイボ的ゲーム感の強い釣行でした。

低水温時期の割には、これだけ釣れてくれれば御の字かな。
タイラバゲームは一年中楽しめそうですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタッドレスタイヤ 2

2018年01月23日 23時25分49秒 | 車・自転車
昨夜の雪は一気に来ましたね!
おかげで、新しいスタッドレスタイヤ DUNLOP WITER MAXX 02 のテストが出来ました。(笑)

17時に品川の事務所を出て藤沢に向かう。
この時点で車道にも雪が積もりだしてました。こりゃ積もるわ。



すでに首都高は通行止めなので、僕はR1をひた走る。
車は少なめだが、ノーマルタイヤでふらつきながら走ってるのが結構居ます。

取り敢えず新しいスタッドレスタイヤの信頼性を確かめるべく、信号で強めのブレーキを踏んでみると、ABSを殆ど作動させずにスッと停止。
ほほう、なかなか良いじゃない。
軽い登りの発進でも、なんの不安もなく走り出します。

チョイと寄り道して、裏道のワダチの無い積雪10cmぐらいの急坂を上り下りしたが、タイヤはギュギュギュって雪を踏みしめながら、しっかりグリップし不安無し。

横浜新道の手前でR1が大渋滞。
はて?と思ったら、横浜新道全線通行止め!

ワダチを外し新雪を乗り越えてUターン。

ここでもガッツリグリップしてくれます。これは頼もしい。

横浜駅前を通り関内経由で戸塚に向かう。
もうこの辺は車も殆ど走っておらず、雪は道路に積もり放題。
新A4と新スタッドレスはなんの不安もなく走ってくれます。



んが、保土ヶ谷あたりで登り坂が出てくるといきなり大渋滞、、、てか殆ど動かない。
1時間ぐらい掛けて渋滞の先頭に行くと、大型トレーラーがくの字になって動けずに道路をふさいでる。なんでそんな態勢になったのよ!?

少し進むとまた大渋滞。
上り坂のあちこちに大型車から軽自動車までがスタックして道路を塞いでる。
こんなことの繰り返し。

ただね、A4の渋滞アシスト、ブレーキホールド、そしてスタッドレスのお陰で、僕自身は基本的にノンビリ座ってるだけで事足ります。
精神的にも肉体的にもかな~り楽。

藤沢に辿り着いたら、なんとまあ23時過ぎ。
6時間かかりましたわ。

さて、このタイヤの性能ですが、もう十分ですね!
高速旋回性能はさすがに試してないが、かなりのレベルだと思う。少なくとも普通に走る分にはなんの問題もありません。
DUNLOPちょっと見直しました。

実は、DUNLOPは僕がラリーに出場し始めた頃、ギャランにSP52Rってのを履かせてました。クセの無い使いやすいタイヤでした。
その後ヨコハマタイヤのスポンサードを受けてラリーマスター3ってのに履き替えたら、タイムがだんちに速くなった。
さらにその後に開発中のタイヤ(後にADVAN03として市販)が支給されたらもうビックリ。ダートなにの舗装路を走るがごときグリップ性能。
ADVAN TEAMが発足して、連戦連勝の時代となりました。
それ以来、僕はダンロップに戻ることは無かった。

しかし、今回のウィンターマックスで見直したよ!

トップシェアのブリジストンとヨコハマに続く第三の座を、高次元でしっかりキープしているようです。
シビアな競技とかでないなら、コスパ的にぶっちぎりの1位でしょう。

ちなみに当時出場した志賀高原ラリーとか、スパイク無しのラリータイヤで雪の林道を全開走行してました。
なんであんな走りが出来たのか、自分でも不思議でなりません。(笑)

なんか中途半端なインプレッションになってしまったけど、渋滞中に夜の雪景色をず~と見てたらこんなことを思い出したよ。

大雪降るの分かってて、わざわざ車で出掛けちゃうんだから、いまだに雪道ドライブも好きなんだよね。

雪が降ったら、ノーマルタイヤで出掛けるのは止めた方が吉でしょう。
特にプロドライバーの車が雪で動けないのは、チトみっともないかも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加