シーブレ日記

愛艇と綴る釣り日記
最近は登山や自転車へと 遊びの範囲が拡大中

一安心です

2018年02月26日 23時31分51秒 | 釣り以外のエトセトラ

先週の金曜日に、我が長女が女の子を無事出産しました。
いつ生まれるかとハラハラしてたけど、今どきのお産は実にシステマティックに事が運ぶんですね。
スマホにあらかじめ登録しとくだけで、陣痛が始まると電話一本で専用のタクシーがやって来て、病院まで運んでくれます。

病院だってすべてのことが流れるように進んでゆきます。
出産という古式ゆかしい行事でも、時代は進んでるんだなぁと妙に感心した週末でした。

病院に顔を見に行ったけど、赤ん坊ってこんなにちっこかったかね?
絶対にガサツには扱えないなぁと改めて思ったよ。
抱っことか、おっかなくって無理ですわ。

明日からは、赤ん坊が我が家にしばらく居るようです。
犬と僕の居所が、大幅に制限されるのはやむを得ないでしょうな。。。
お産という行事に男の出る幕は全くありません。

ということで、このたび僕は”祖父”の称号を拝することになったわけですが、
僕のどこをどう探しても”祖父”の威厳も自覚もないので、僕はなんも変わりませんね、たぶん。

何はともあれ、無事に生まれてくれて良かったよ。
みんな幸せになってくれるといいね!


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

厳冬期 裏山アルプス主脈縦走

2018年02月17日 21時43分53秒 | 釣り以外のエトセトラ
羽生結弦の演技は圧巻でしたね!
感動しました。

これ以上ないプレッシャーの中、最高のパフォーマンスを出し切り、そして最高の結果を出す。
凄いものを見せてもらいました。


僕も刺激を受けて、厳冬期 裏山アルプス主脈縦走へ!

まあ、犬の散歩ですが。。。



この辺の人気散歩コースはやはり鵠沼海岸とかなんだけど、僕は断然この裏山コース。
僕の中ではコース中に穂高や大キレットや槍ヶ岳などを設定して歩いてます。(笑)
強風&ホワイトアウトしてる雪山をラッセルしながら歩いてる設定とか。。。(おれヤバイかな)


今日は一日TV見てたので、体が固まっちゃいました。
というのも、只今我が家には、嫁に行った長女がスポーニングで帰省中。もう臨月なんで誰かが家に居ないとならんわけです。
次の大潮周りが怪しいんですよね。
で、今日は僕しか居なくて見張りしてんたけど、今日の所は大丈夫そうなので夕方、チョイと穂高に登ってきました。


で、裏山アルプスの裏穂高 登頂!

おお、エベレスト富士が見えてます。




やっぱ、ヤバイかなオレ。
最近やることが多いというか、別次元の物事が同時進行してて、ときどき理解が追い付かなくなりそうです。。。

温泉にでも浸かってリセットしたいなぁ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小春日和のフィッシングクルーズ

2018年02月10日 22時31分03秒 | オフショアの釣り
2月9日(金)

今日は浦賀からmm17キャプテンのレンタルボートで出航です。
乗船はKGYさんと僕。

この時期は水温がグッと下がり、1年のうちでも釣り的に一番厳しくなるけど、今日は天気も良くて凪予報ゆえ、のんびり沖に浮かぶだけでも充分。そんな気持ちでやって来ました。

朝のマリーナも暖かくて春のよう。
ジギング&タイラバの道具立てを持ち込み、8時半に出航。


マリーナを出てすぐ、珍しく小規模な鳥山が見えた。
もしやサワラ?

鳥山に接近してみると、7、8cmのシコイワシの群れが水面直下に見えます。
東京湾でイワシ見るの半年ぶりぐらいかな。ず-と居なかった。

すると目の前にイワシを蹴散らすようにサワラがあちこちで跳ねてる!!!

キター!!!

千歳一隅の大チャンスです!

多くの船が待ち望んんでいながらも、なかなか姿を現さなかった鰆の群れが、今僕らのボートの周りで跳ねまわってます。

皆さん慌ててタックルにルアーを付けて投げまくる。

僕はジギングロットにメタルジグ+アシストフック、リーダー30ポンド、、、ヒットしても切られるわ・・・
mm17さんはバイブ投げてるし、KGYさんはブレード系投げてます。
サワラなんか想定してないから全員ちぐはぐなルアーだけど、目の前で炸裂するイワシとサワラの狂乱に我々も大興奮。
下の写真の左の海面の白い点々は、逃げ惑うイワシです。



mm17さんに一回ヒット!

残念バレ。

こんなこと繰り返すうち、群れはどんどん移動してゆく。
サワラ追っかけ大運動会に突入する?

何となくみんなビジュアル的に満足しちゃって、予定通りタイラバ行こうかってことで、サワラエリアを離脱しタイのポイントへ。

ポイントに入って巻いてみるも、ぜんぜん潮が流れてません。
水色に濁りが無くなってる。外洋からの潮が入り込んだ証拠だ。水温計が無いから分からないが、明らかに高水温。
これがサワラとイワシを送り込んだのでしょう。
逆にマダイは水温の変化が激しいと一時的に悪くなるかも。メンタル勝負のタイラバはチト厳しいかな。

今日は天気も良いベタ凪のクルージング日和。
燃料使い放題なので、mm17キャプテンの初エリアに遠出してみようかとなった。

一気に勝山に向けて南下ー!

気持ち良いねーーー



勝山に到着。
ここら辺まで来ると、東京湾といっても雰囲気はガラッと変わります。



大場所の沖根に案内し、mm17キャプテンの操船でジギング開始。





KGYさん、ヒット!

カンパチ ゲット~!!! パチパチパチ



mm17キャプテンは、得意のインチクに変えて、根魚狙い。

で狙い通りカサゴ、オニカサゴと連続ヒット~



KGYさんは珍しいクロムツキャッチ。
この辺まで来ると、魚種も釣れっぷりも、同じ東京湾でも剣崎以北とは違いますね。何というか外洋性の野趣が出てきます。
僕自身、この辺はあまり来ないけど、意外と好きなエリアです。

で、僕は、、、タイラバで粘ってみたけど、やはりというか岩礁系のポイントとの相性はあまりよくないようです。。。(笑)

この辺のポイントは僕自身未開拓なところがいっぱいあります。
チョイ沖の超深場に掛けてのディープジギングなんてのも今後のテーマとしては面白いと思ってる。



帰りルートで久里浜のシーバスを少しチェックしてみると、一発バイブレーションにヒットしたが、ジギングロッドのごついティップが弾いてしまいフッキングしなかった。
ということで、本日私は釣果に全く貢献できませんでした。。。(汗

しかし、良い天気だった。

今日は春の気配漂う潮風と太陽をいっぱい浴びて、とても気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。
ボートライフには、こういう至福感があるから止められませんなぁ。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ライジャケ義務化

2018年02月04日 16時32分33秒 | 釣りに関するエトセトラ
2月1日から、小型船舶の乗船者は全員ライフジャケット(救命胴衣)の着用が義務化されました。
一人でもライジャケ着てないと、船長に免停等の罰則が課されちゃいます。
実際に沖で見掛ける釣り師たちも、最近は殆どの人がライジャケを着用してますね。

一方、クルーザータイプの船は、やや着用率が低いように見受けられる。
これは船自体が大きくて安心感があることや、船に乗り慣れてないゲストが多くライジャケの有効性を知らないからかもしれない。
実際、夏のクルージング時に、水着で乗船してるゲストにライジャケ着用を求めるのは、やや無理がある気もしますね・・・
でもこれからは義務化なので、マリンレジャーを楽しむ人は、乗船中は着用しなければなりません。

さて、わがシーブリーズは釣り師しか乗らないので、ライジャケ着用率は100%。

ライジャケ(救命胴衣)であれば、ショルダータイプでも、ウェストタイプでもOK。




ただし、桜マークの付いている認定品じゃないとアカンそうです。


磯釣り用やウェーディング用などの高価なライジャケでも、桜マークが無いとダメらしい。
この機会に、ご自分のライジャケに桜マークが付与されているか調べてみることをお勧めします。

あとウェストポーチタイプは邪魔にならなくて使い勝手が良いのですが、救命浮環に分類されるようで、これもダメみたいです。


今後ライジャケを新調する場合は、桜マークの付いてるものを選んどけば間違いないでしょう。

保安庁も気合が入ってて、ライジャケのチェックに躍起になってるので、沖に出るときはお気を付けくださいませ。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする