高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

京阪線美術巡り。

2016-05-09 | 日記
春はGWが終わると共に、、、。
今日からお仕事再開の方も多いのではないでしょうか。

昨日の御休みは、京阪線の美術巡り。
大阪淀屋橋の東洋陶磁美術館の「宮川香山」展、
京阪七条京都国立博物館平成知新館の「禅―心をかたちにー」、
最後に京阪三条京都市美術館の「モネ展」。

朝から回ったので少し余裕はあるかなと思ったのですが、
どれも本当に素晴らしい内容で見ごたえ十二分。
大阪に戻った時にはとっぷりと日が暮れておりました。。

修行時代から良く美術館など見に行きなさいと
言われましたが、この歳になってその意味がよく分かります。
というより、作品の凄さが理解出来るようになった来た、
という感じでしょうか。

初代宮川香山のの超絶技巧と飽くなき探求心。
心の豊かさを問う、禅宗美術。
線から色彩へ、写実から抽象的な表現に。

先人の自分自身の枠を作らずに、
深く自分と向き合い姿勢とそこから
生み出す作品、言葉に本当に多くの学びがございました。

またこれからの自分に活かして参りたいと思います。
ぜひ、ご来店の際には、
今回の感想をお尋ねくださいませ。

今週もどうぞよろしくお願い致します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 5月5日のつれづれ 永楽展。 | トップ | 5月12日のつれづれ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿