高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

市島 生産者訪問ツアー その1

2007-08-31 | 生産者訪問

 先々週の日曜日に市島の生産者訪問ツアーに料理担当として参加しました。その時に作った料理の事は次回にまとめて。

 市島には若手の有機農家さん達が数名いて、皆協力しながらとても明るく・前向きに頑張っています。神戸の愛農人というお店で週末にファーマーズマーケットを開催したりして、頑張ってます。そして、私もそんな彼らと一緒に歩んで行きたいと思います。そう思わせてくれる素敵な人達です。

Dscn3029  まずはブルーベリーの畑を見学・収穫させてもらいました。
 初めてのブルーベリーの収穫体験。その実は流通しているものとは明らかに違います。しっかり完熟を迎えた実は粒も大きめで、甘い。酸味が気にならないし、しかも有機。ほんと美味な実でした。ご馳走さまでした。

 ここの園主はまだ20代後半。かなり若いくて、しかもIターンの新規就農者です。結婚を機に市島に移り住み、農業を始め、今年第一子を授かりました。もちろん、農業での収入はまだまだこれからです。にも関わらず、自分の選択を信じて頑張っている。今私の目の前にあるとても美味なブルーベリーは、これまでの悩みやこれからの不安と戦いなら、自然と調和しながら出来た傑作です。話を聞いていて、心が熱くなりました。

 その後、市島はとてつもない夕立に見舞われて、午後から予定していた他の農家さんの畑の見学やお手伝いが中止になってしまいました。農作業を出来なかったのはざんねんでしたが、ピーカン続きだった畑の野菜達には恵みの雨になったようです。
 夕方から市島の生産者の方たちの野菜を私が料理しての食事会がスタート。私自身は料理の提供でバタバタしてしまい、後半に少しだけゆっくりと話すことが出来ました。実際に話は出来なくても野菜を通じて、料理を通じての会話は出来たのではないかな、と思っています。

 この市島には私たちの良き先輩の農家さんの橋本さんがおられます。そう、私の夢の一つはその方から託されました。 その夢の話はまた後日に・・。
 私が農家さんに愛される料理人になりたい、「もし、食糧難が起こった時に、あいつが苦しんでるなら助けてやろう、と思ってくれるくらいに農業に貢献したい。」と言ったら、「もうなってる。」と言ってくれました。また、心が熱くなった。

 食材の良し悪しも大切だし、それを活かしきることも大切。でも、私はまずはこの感動を伝えたいと思ってしまう。料理人として高みを目指すだけではなくて、人として遠くまで到達したい。そのために愛するだけでなくて、愛されるだけの人物になりたいと思う。そんなことを強く感じる一日でした。

コメント (2)   トラックバック (1)

農塾 「自然治癒力を高めよう」

2007-08-29 | 大有研の活動

今週の土曜日も大有研主催の農塾があります。
今回のテーマは「自然治癒力を高めよう!!」です。

 えっ、有機農業と関係ないやん、という突込みが聞こえますね。でも本当にそうですか??

 オーガニックは体にも自然にも配慮の必要な循環です。
一生懸命に作られた野菜をさらに体に優しい方法や食べ方で、その栄養を活かしきるのも立派なオーガニックだと思いますよ。またサプリや薬に頼ることなく体調を整えることも然りだと思います。
 以前、ある農家さんがおっしゃっていました。
「人が余計なものと吸収するようになって人糞では野菜がうまく育ちにくくなった。だから余計、化学肥料が広まることになった。」と。

 今回の講師は東洋医学に通じた鍼灸の先生と栄養士の資格を持つ野菜のソムリエさん、そしてヨガの先生。是非、自然治癒力を高めて、体にも環境にやさしい取り組みを始めませんか。

 詳しい案内はこちらから

コメント (2)   トラックバック (2)

農塾 『オーガニックを広める夢と壁』

2007-08-28 | 大有研の活動

今回の農塾は若手で有機農業運動に取り組んでいる方を講師に迎えて、実際に取り組んでいることや夢、壁なんかを話してもらって、参加して下さった皆さんといろいろと考えようという企画です。

 まずは、オーガニックプラットホーム風雲の谷口さん。
 主に兵庫県で活躍していて、市島の生産者の皆さんや愛農人さんのスタッフを中心に活動されています。
 まだ若い彼女が立ち上げて、同年代の周りのスタッフといろいろな活動を行っているのは、ほんとうに素敵だと思います。実際にアースディ神戸とか市島産地ツアーとか行って、有機をより身近にした取り組みも実現させています。

 壁ー同世代の活動でどうしても軽い乗りに思われたり、参加する方も一時的なことが多い。人手不足。
 中心にいるからじゃなくて、いろいろな悩みやたくさんの希望を持ちながら能動的に進んでいる姿にとても刺激を受けました。そして、PCやプロジェクターを使いこなす彼女、アナログな私は大違い・・。格好よかったです。

 その後、少しだけ私。
 私は今の活動を始めたきっかけなんかを話しました。
 今の活動は「自分の棚卸」を始めたことから始まった事や多くの人の出会いの中で今の自分の中でのやりたいことがライフワークになったこと。料理に携わるということ。 何度も料理人を辞めよう思った事があるけど、辞めなかったのはやはりこの仕事が好きだから。そして、今はこの仕事にたくさんの可能性を感じていて、自分がどれだけ実現することが出来るかに挑戦してます。

 壁ー自分の中では確信を持っているつもりでもまだまだ説明不足だったり、思いがちゃんと整理出来ていなかったり、私自身が力不足だったりまだまだ発展途上の私がこうやって人前で話すこと自体、ほんとうは良いことではないのかもしれません。。
 興味を持ってくれる人は多いとは思うけど、なかなか足を運んでくれたり、継続してもらうことが出来なかったり。 歯がゆい思いが交錯する。押し付けることが出来ない、でも一歩を踏み切る事の大切さを。そして、 自分達の仲間で作り上げた谷口さんと、先駆者との出会いの中でその活動に参加した私。スタイルもビジョンも違いますが、オーガニックを大切にしたいとい共通の思い。この思いが多くの方に伝わったらよろしいなー。

コメント   トラックバック (11)

野菜ソムリエと一緒に市場見学

2007-08-21 | イベント案内

 今週の土曜日に野菜のソムリエ ベジフルコミュニティー大阪主催で市場見学を行います。

 普段は見るチャンスの無いセリや市場の中を見学します。見学の他にも中央市場内ならでは新鮮な魚を味わうことが出来るお寿司の昼食やフルーツの食べ比べもあります。残念ながら私は参加が微妙な状態ですが、野菜の流通などに興味のある方は是非ご参加ください。

 詳しいご案内はこちらから

コメント

アグリカルチャーの親しむ週末

2007-08-16 | 生産者訪問

今週末もアグリカルチャーにどっぷりです。

 土曜には大有研の農塾の2回目があります。
若手の有機農業運動に携わる方を講師に迎えて,これからどのように農業や環境に取り組むかを一緒に考えてたいと思います。 講師はオーガニックプラットホーム風雲代表の谷口葉子さん。才色兼備の天然素材です。
 
 そして、なぜか私も講師を務めますほんとは他の人を探しまくったのですが、都合が合わなかったり、見当たらなかったりで・・。まさに「代打オレ」状態です。でも努めるからには、しっかりと自分の棚卸をしてありのままの自分の考えを聞いてもらおうと思います。

 そして、日曜日は兵庫県市島のブルーベリー収穫ツアー!!
<wbr></wbr><wbr></wbr><wbr></wbr><wbr></wbr><wbr></wbr><wbr></wbr>これは今度は谷口さん達のイベントに私が料理担当として参加します。(こちらは少し準備が遅れていますが、 ようやくメニューが定まって来ました!!。)市島のアミーゴ達が作る野菜で料理を作るのが、今からとても楽しみです。

 大有研の方はまだ参加者を募集中、市島のツアーの方も若干名の余裕があると思いますので、是非参加してみては如何でしょうか!!

 ちなみにカルチャー(文化)の語源が、カルチベートという物や心を「耕す」というところに由来するってしってはりましたか。昔からの人と土の関係は今のヒートアイランドの都市からは考えられないほど、密接やったんどすなー。

コメント