高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

10月31日のつれづれ。

2017-10-31 | 日記
今日で10月も最終日。
残念ながら桜花は仮装しておりません、。

昨日の夜の営業は御一組様のみでした。
その御客様にこんなに暇だったら、
もっとお客が来るように居酒屋にしたらええのに、
というアドバイスを頂きました。

自分が不甲斐ないと思いますが、
別に怒っても、ムカついてもいませんよ。


確かに2年前なら確かに繁盛店と言えていたかな??

値段が上がることによって減る御客様を覚悟しながら、
「日本料理の素晴らしさを身近に」感じてもらえるようにと
努力してきました。

今、ようやくそのスタートライン付近に
辿りつけかもしれません。
これまでの努力が少しずつ形になり始めてきました。

料理も人柄も、私自身以上のものは出てきません。
最大限考え、悩んで、思考錯誤して。
あとは、御客様を信じてベストを尽くします。

今の前菜は敢えてタンパク質を入れず、秋の野菜だけで
「吹き寄せ」を表現しております。

とても地味かもしれませんが、
手間ひまをかけております。
豊穣の秋、収穫の秋だからこそ、滋味を
噛みしめてほしいというメッセージです。

もっとお客様と素敵なキャッチボールが出来るように
今日も頑張りまーーす!!!
コメント

日本の美意識。

2017-10-28 | 日記

先日、短い時間でしたが
京都で開催中の国宝展を観に行ってきました。

展示されているのもがすべて国宝という、
とても贅沢な内容ということあり、
とても見ごたえのあるものでした。

正直、衣装や書に関しては
まだまだ感覚が鈍です。
が、ここ最近絵に関しては
感じるところ多く、とても大きな
刺激を受けました。

ここ最近、日本料理店でも
綺麗な盛り付けであっても、
西洋的な美に浸食されていているように思います。

今の生活様式が西洋化している中、
日本料理が文化としての表現なのか、ただの形式的な型に
とどまるのかは大きな違いです。

創業時にはこんなことを考えることもなかったですが、
今は先人がこれまで磨き上げてきた美意識を
とても大切にしたいと思うようになりました。

緊張と緩和、
繊細さと崩し、
余白のもつ力。

定型の形からの逸脱、
そして昇華。

そういうことを意識することで、
目の前に作品はより多くのメッセージを伝えて
くれるようになりました。

さて、私の料理はどこまで表現、伝えることが
出来るようになるでしょうか。

まだまだ発展途上の店主より。
コメント

10月25日のつれづれ。

2017-10-25 | 日記
先週末の台風に続き、
今週末もまた台風の影響が出る可能性が、、、。
本当に環境の変化にビックリしますね。

今週から昼食が月・火・木・金曜日の
営業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。

今週の夕食営業ですが木曜日は御予約で満席と
なっておりますが、その他の日はまだお席に
余裕ありますのでどうぞよろしくお願い致します!!

海も荒れているので全体的に入荷が少ないのですが、
久しぶりに納得のいく生鮪が入荷しておりますよ。
おすすめです!!!
コメント

10月21日のつれづれ。

2017-10-21 | 日記
今週末は大荒れの天候になりみたいですね、、。
大きな被害が出ないこと祈ります!!
桜花は明日、明後日(月曜日)と連休を頂くことになりました。

昨夜はお客様からの頂き物がとても
多い日となりました。本当に光栄です。
和歌山尾崎酒造の杜氏小林さんに頂いた
お酒もその一つ。いよいよ来週から蔵入りだそうです。
彼の頑張りに負けないように、
お客様からの御期待にお応え出来るように、
私もしっかりと頑張らないと!!

今日は足元の悪い中、
有難い事にご予約を頂いております!!

もう少しお席に余裕ございますので、
よろしければお願い致します!!
コメント

10月19日のつれづれ。

2017-10-19 | 日記
雨、続きますね。

今日のおすすめは何と言っても「すじあら」です。

なかなかの高級魚でして、8キロアップのサイズのものは
普段はなかなか手に入らないので思い切って仕入れてみました。

もちろんお造りでの提供なのですが、
大きなカマの塩焼きが一人前、大きな大きな頭の酒蒸しが
一人前だけご用意出来ます。

明日、明後日は徐々に席が埋まってきております。
今日はまだまだお席に余裕ございますので、
どうぞよろしくお願いします!!

コメント