高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

6月26日のつれづれ。

2018-06-26 | 日記
今週はドタキャンではないのですが、
キャンセルがいつくか出ましたのでお席ご用意出来ます。
水無月の前菜も残りわずかで終了となりそう??ですので、
ぜひお越しくださいねーー
(??なのはお許し下さいね、、)

桜花のお米の生産者さんである能勢の原田ファームさんが
送って下さった、とまと。

有機農業って、何?
環境問題や人体への影響、味、いろいろと
あるのだろうけど、私は生き方の価値観だと思う。
いろいろリスクもあり、本当に手間もかかる。
だけど、それも含めて自分がこのように生きたいから、
マイペースで自然に共に生きる姿はとても素敵です。

私にとってはこれ以上のとまとはない。
それは物質的な価値観では測れない、
人と人とのキャッチボールだから。

料理人として、生産者の方とこのような縁を
紡げていること・誇りを与えてくれる素敵なとまと。
コメント

6月20日のつれづれ。

2018-06-20 | 日記
このタイミングの雨、、。
大阪北部の方では大きな被害が出ているところあり、
心が痛みますね。

桜花も多くのグラス、器を棚に並べておりますので、
今回はたまたま被害が出なかっただけ。

今しばらくは
営業終了後にグラスや器を出来るだけ割れないような
位置に移動させるなどしております。
これからしばらく余震に気をつけながらの生活と
なりますね。

今回のことでもちろんキャンセルなども出ていますが、
それは当然 仕方ないこと。
なかなかこの状況でお店の告知をするのも
憚られるのですが、ワールドカップの初戦が
劇勝だったように、逆に前向きに頑張りたいと
思います。
皆様のお問い合わせをお待ちしておりますね。



先週の日曜日は父の日。
家族のチョイスは私のためか自分たちのためかは
別として、一緒に食事をするって
本当に幸せなことだと痛感してます。








コメント

18日の地震の影響について。

2018-06-18 | 日記
激しい揺れに見舞われた
大阪の朝でした。

多くの方から安否確認等頂きました、有難うございます。

おかげ様で家族も無事で
自宅、お店も最小限の被害でした。
有難うございます!!

今後の状況に気を付けながら、
本日の夕食から営業させて頂きます。

インフラ面など、
いろいろと不自由等あるかと思います。
どうぞ少しでも被害が出ませんことを
願っております。   
コメント

6月14日のつれづれ。

2018-06-15 | 日記
大して忙しくもないのに、
連日仕込み・仕込み・仕込み。

今年の梅仕事は農家さんとのご縁があり、
大粒の梅が入荷したと思ったら
微調整が上手くいかず、まさかの出来に、、。
思ったような仕上がりではないなら、
思い切って青梅のペーストにすることで
想定外の御料理へと仕上がりそうです。

失敗は成功の母といいますが、
本当に自分でもまさかの展開に喜んでおります。
と、こんな手間暇がかかり過ぎて、
なかなか帰れませんね、、、。


今月のおまかせ、楽しみにしていてくださいね
コメント

6月13日のつれづれ。

2018-06-13 | 日記
今週金曜日は御予約で満席ですが、
それ以外の日はまだお席に余裕ございます。
皆様のお問い合わせをお待ちしておりまーす。

今月の煮物椀は乾物です。
昨年、故豊下さんと一年間大阪の食文化を
テーマにした連載時に教えて頂いた、
梅雨前に乾物を食べてしまう、という大阪の
ものを無駄にしない「始末の料理」から
生まれた一椀です。
この地味な料理を
八木さんの教えてのなかで洗練させ、
滋味のある料理へと昇華出来ればと思っています。

原木椎茸はしっかり柔らかく、
高野豆腐は甘くなり過ぎないようにフワフワと。

まだまだ至らぬ料理人ではありますが、
これまでの学びを少しずつ形にして
お客様に喜んで頂けるように頑張ります!!
コメント