高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

10月11日。

2015-08-31 | 日記
今日で8月も終わり。
この夏はほんと、いろいろありました。。
今週はまだ席に余裕のある日も多いですので、
どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

さて、10月11日に大阪三休橋で、
東西の有名料理人のお料理を楽しんで頂ける
イベントが開催予定です。

あるきっかけで、なぜか若輩の私も微力ながら
お手伝いさせて頂いております。

祇園の佐々木さんや一之船入の魏さん、PVの山根さんなど
トップシェフのみなさんとお話させて頂くと、
そのとても前向きなパワーがとても心地よいのです。
こういうオーラ、とても大切なんですねーー!!

ぜひ、10月11日、楽しみにしていて下さいねーー。

http://www.aj-fa.com/event/2015/1949.html
コメント

礎。

2015-08-29 | 日記
ああー、8月も終わろうとしてますね。。

昨夜の営業のこと。
それなりに席が埋まった状態で、
来店の問い合わせのお電話を頂きました。


奥のテーブル席が一席空いていたのですが、
ちょうどピークの時間と重なってしまったので、
お断りさせて頂きました。

売り上げのこと、せっかくお客様が桜花を選んで下さった
ことを考えれば、もちろんお受けしたいです。

時間変更のご提案等などすれば良かったなという
反省もありつつ、
今 お越しのお客様のこと、
バタバタしてせっかくお越し頂いても
満足してもらえない可能性もあったので、
このような選択になりました。

これまで以上に
お越し頂くお客様がよりゆったりした時間と
お料理を楽しんで頂きたいから。

今は女将と2人で、もう一度基本から。
この思いをこれからもより強く、
大切にして行きたいと思います。

今日もよろしくお願い致します!!
コメント

激励。

2015-08-25 | 日記
台風の進路が気になりますね。
被害の出ないことを祈るばかりです。

今週は週の後半はお席埋まってきております。
今日・明日とお席に余裕がございますので、
どうぞよろしくお願い致します。

先日、お越し頂いたお客様から頂きました。
私がもっとも敬愛する、そして生き方の礎を
学ばせて頂いた方の現役時代のお店の名刺です。

比べることも、憧れることも今はしません。
ようやく、随分と前に教えて頂いたことの意味が、
分かるようになってきたから。

お客様から
自分らしく、自分の道をしっかりと歩みなさいという
激励を頂いたように思います。
このようなお客様と食を通じて出会うことが出来て、
本当に嬉しい限りです。

いよいよ自分らしい料理というものに
思いっきりがついてきたように思います。
少しずつ、「守破離」の離の段階に
近づいてきたのかもしれません、、たぶん。。
コメント

8月17日のつれづれ。

2015-08-20 | 日記
お盆、皆様はどのように
お過ごしになれましたか。

お店も3連休を頂き、リフレッシュさせて頂きました。
今週はまだまだ席に余裕がございますので、
どうぞよろしくお願い致します。

休みの一日。
京都の「魯山人展」
午後から信楽ミホミュージアムで「若冲と蕪村展」という
贅沢な鑑賞会となりました。
そして信楽をアテンドしてくれたのが同級の陶芸家篠原氏。

現代。
芸に生きる人にとっては
決して生きやすい環境ではありません。

それを嘆くわけでも、言い訳するわけでもありませんが、
それは紛れもない事実です。
ですが、彼は理由に自分の歩みを止めることありません。

料理も器も。
じっくりと味わって、じっくりと手に取って、
そんな受け手の方がどれだけおらえるでしょうか。
そんな方にもお応え出来るような、
そういうつくり手でありたいと思います。

偉大な先人の息吹と
同級の生きざまにふれて、
とても良い時間を過ごさせて頂きました。

今日からまた頑張ります!!



コメント

鱧。

2015-08-20 | 日記
昨夜はお断りするお客様もおられるほど、
盛況でございました。
本当に有難うございます。

今週末はまだ席に余裕がございますので、
お気軽にお立ち寄り下さいね。

たまには料理工程の画像をパシャリ!!
今月のおまかせの御飯は茶粥なのですが、
その付け合わせになるのが
鱧の醤油煮。

2キロサイズの鱧の骨切りした後に、
サッと炊き上げます。
単品でもご用意しております。
コメント