高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

4月最終日。

2011-04-30 | 筆者の徒然なるままに

 昨年の4月20日に桜花がオープンして、一年が経ちました。一周年のお知らせが遅れるほど、相変わらずのバタバタです(苦笑)

 そんな中でも、一年を通じて、生産者さんとふれあう機会が作ることが出来たことは、自分でも少し頑張れたかな??と思っています。
 少しでも桜花を応援してくれる方に知ってほしくて、少しでも桜花を応援して下さる生産者さんのことを知ってほしくて。
 通常営業にプラスの作業も増えるので、正直とても大変です。ですが、これは独立前から取り組んでいたことだし、このことが自分自身を育ててくれました。自分の在り様だと思っています。

 今日は4月最終日、桜花の周年ウイークも最終日です。
 今日は箕面ビールさんをお招きして、箕面ビールさんの樽生を味わってもらいます。三年連続世界一を獲得した大阪が誇るブリュワリー。生産者の話を聞きながらゲストの方、生産者さん、スタッフみんなで楽しい時間を過ごしたいと思っています。

 たくさんの感謝の気持ちを心に、今日も頑張りますよ!!

コメント   トラックバック (2)

つれづれ。

2011-04-29 | 生産者訪問

 昨日はGW突入直前ということもあり、たくさんのお客様がお越し下さいました。ほんとに有難うございます。
 この4月はランチは2回転、ディナーも1回転以上する日が初めてありました。
これもたくさんの方に桜花を応援していただいているからこそ。本当に感謝でございます!!

 流石に今日はゆっくり営業だと思いますが、キッチンは明日の箕面ビールさんのイベントの準備に取り掛かります。
 今のところのメニューですが、わかさぎ南蛮漬け・犬鳴ポークの生姜焼き・若鶏のから揚げ・ブルスケッタ・枝豆・じゃがいもの香草焼き・出汁巻・菜園サラダ・炊き込みご飯をご用意する予定です。
 時間の変更などによりキャンセルもありましたので、まだ参加者を募集しております。ご都合が良い方は、ぜひお越しくださーーい!!

 あと、3日ですが、犬鳴ポークの川上君が協力してくれることになりました。また、今回のワインのテーマは日本です。どうぞお楽しみに!!

 流石に今週は疲れたです。。。ゆっくりと休みたいと思いつつ、今日も頑張ります!!
 明日の箕面さんのイベント終了後は打ち上げだーー!!!

コメント (2)

4月30日 箕面ビールさんの生樽ビールを楽しむ会。

2011-04-29 | 旬菜桜花で開催されるイベント案内

 最新の記事は一段下になります。

  30日に開催します、箕面ビールさんのイベントの内容が変更になりました。近々での変更にて大変ご迷惑をおかけしますが、ご確認お願いします。

 日程ー4月30日 19時15分受付 19時30分開始 21時30分終了予定。時間を延長して一部のみの開催。
 会費ー5000円(今年世界一を獲得したインぺリアルスタウトを含む)
 定員ー30名ほど。(当日はスタンディングになるかもしれませんが、ご了承ください。) スタート時は大下社長が、後半には仕込みを終えた大下工場長が駆けつけて下さいます。
 
 まだ若干名のお申し込みを受け付けておりますので、よろしくおねがいします。

 追記ー明日、明後日ともに席が埋まってきております。ご来店の際には一度ご連絡の上、お越し頂けましたら幸いです。また、29日の祝日は夜のみ営業致します。皆様のお越し、お待ちしております!!

 

 

コメント

3日のイベントについてのお知らせ。

2011-04-26 | 旬菜桜花で開催されるイベント案内

 3日のイベントにお越しの皆様にご連絡です。

 3日ですが、現地最寄駅での集合の予定となっておりましたが、参加人数が多かったためにバスでの移動ということになりました。
 それに伴いまして、下記のようにイベント内容が変更になっておりますので、ご確認お願い致します。

 ○集合場所ー5月3日 10時 近鉄難波ビル横南都銀行(時間厳守)
  解散ー現地16時15分出発 その後バス移動。近鉄難波ビル到着後解散。

 ○会費ー7000円(バス代・保険込み)ー今年は今までに無いような凶作のためにお一人一本の収穫体験は不可能ということです。ですが、生産者の王子さんご指導のもと、掘りたての筍を味わって頂いたり、焼いたりして食べて頂きます。もちろん、日本酒やビールなどをご用意いたしますし、犬鳴ポークや泉州水茄子や貝塚早生玉ねぎなどもBBQにてご賞味して頂きます。 食後には、久しぶりに抹茶をご提供させて頂きます。(持ち込みなども歓迎です。)

 今回は筍も不作、また料理担当も桜花のみということでバス代込みの参加費を値下げさせて頂きました。豪華な料理をご提供することは出来ませんが、竹林での時間を楽しんで頂けるように頑張りたいと思っております。
 
 ご理解頂けますようにお願い致します。
 
 

コメント   トラックバック (1)

こころざし。

2011-04-25 | インポート

Photo    今日、産経ウエーブさんの伝統野菜を特別試食会に参加しました。大阪の春の食材を、上野修三さんが監修した献立です。上野さんは大阪の食文化の第一人者であり、私が料理人としても人間としてももっとも尊敬する方です。

 料理はとても学ぶことが多く、いつもながらその発想の豊かさに驚かされます。ですが、今日はそれ以上に学ぶことがありました。

 それは食事会終了後、上野さんと作家の高木先生と私とスタッフの片原さんとお話しする機会を得たことです。

 高木さんは上野さんとはもう40年近くのお付き合いがあり、ずっと上野さんの料理のファンだそうです。お互いに刺激し合いながら、ともにそれぞれの分野でご活躍されています。

 そんなお二人といろいろと食についてお話させて頂きました。始末とは、料理人の料理とは、食とは。短い時間でしたが、とても充実した時間でした。

 旬菜桜花の特徴を紹介して下さるとき、一番多いのは生産者さんとのつながりの深さです。また、それがあるからこんなちっぽけな私でも、多くのメディアが取り上げてくれたのだと思っています。また、桜花を大切に思って下さる方は、たぶん私の取り組みや桜花のコンセプトに賛同して下さる方だと感じております。

 私もお店もそのような方々の期待、応援して下さる方の期待にしっかりと応える使命があると感じております。ただおいしい料理を提供するだけでなく、ただお客様をおもてなしするのではなく、ちゃんと食への思い・農への思い・生産者への思いも一緒に届けることが出来ないと桜花の責任は十分に果たすことが出来ないのだと。

 先日受けた心の傷はなかなか癒えそうにありませんが、その後のたくさんの励ましや今回の学びから、、より自分やお店の方向性が明確になったように思います。

 先人がまだまだ頑張っている。決して楽をしているわけではないけれど、まだまだ自分の頑張らないと!!

 

コメント