高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

大阪府有機農業研究会主催 有機農家さんと過ごすロハスナイト

2008-09-30 | 大有研の活動

 ロハスナイトは、参加する有機農家さんが作っ野菜を食べながら、楽しい食事の時間を過ごすOrganic Party。今回も大阪・兵庫から7組の有機農家さんが参加して下さいます。 
 
 今回、協力して下さるお店は兵庫県御影にあるガーデンオリエンタル蘇州園さん。ブライダルの行われる、とても素敵な空間の中で、有機で作られた旬の野菜を、イタリアンビュッフェの素敵な料理で提供して下さいます。
 有機農家さんとの楽しくて、美味しいディナーに参加してみませんか?

 オーガニックやロハス、体に優しいお料理に有機農業。少しでも興味がある方なら、是非参加してほしい今年最後の交流会です。 参加してくれる農家さん達からの素敵なプレゼント(抽選)も用意しております。 
 (食べ放題・飲み放題ではありませんが、充分に楽しんでもらえる量の料理・ワインなどの飲み物をご用意させて頂きます。)
 

日時 1018(土)受付17時 開始17時半
会場 ガーデンオリエンタル蘇州園
    http://www.thegardenorientalsoshuen.com/ 
    阪急御影駅より徒歩5
会費 6000円(高校生以上) 子供2000円(高校生以下)
定員 40
お申し込み・お問い合わせ
大阪府有機農業研究会(TEL&FAX)06-6864-1026
e-mail
daiyuken@hotmail.com (蘇州園さへの直接の申し込み等のお電話はご遠慮下さい

コメント   トラックバック (2)

あまから手帳 9月号。

2008-09-25 | メディア

9

 もう10月号も発売されていますが、あまから手帳9月号の食育の種というテーマで、
やなもり農園さんで開催したBBQのことが掲載されています。

Sp1100907  料理人なので、自分の店や料理を取り上げてもらうことも
嬉しいのですが、今回のように食育とか食に関わる活動を取り上げてもらることは、それ以上に嬉しいことです。

 世の中には、私以上に美味しい料理を作る人はきらぼしの如くおられます。最大の目標は、天神坂のおやっさん。
 なので、たぶん一生追いつけません。料理人として生きる限り、一生涯勉強です。
 
 料理人が出来ることは、もっとたくさんあると思います。今は、料理人という職にいろいろな可能性を感じています。

 ある生産者の方がおっしゃって下さいました。
「料理の鉄人などでも、目立つのは料理人だけ。その食材を生み出した生産者にはほとんどふれない。複雑な気持ちになりますよ。でも、森田さんは生産者にスポットをあててくれます。
それがとても嬉しいし、励みになります。」

 実は、良い食材ほど、料理法を悩ませます。
 それは、それ自体で完成しているからです。良い食材を使うことで、 美味しい料理を作ることは簡単に出来ても、持ち味を最大限に活かした料理を作りのは、容易ではありません。

 だからこそ、生産者に敬意を払います。食べてもらう方に喜んでもらることが出来るように、精一杯頑張ります。
 
 11月にも大阪の生産者さんに協力してもらって、
BBQを開催します。
 土にふれてもらって、ほんとうの意味でのいただきますを感じて
もらって、生産者の思いを感じてもらって、もちろん食を楽しんでもらって。

 たくさんの方に伝えたい、食の大切さや楽しさを。
出来れば、それを次世代につむぐことが出来たら、最高です。

 イベントの詳しい内容は、こちらからどうぞ。
http://www.osakashokubunka.com/index.html 

コメント (2)

秋の山路。

2008-09-24 | 茶道

0918  9月最後の御稽古のお菓子です。

 求肥の皮からうっすらと見える栗。

 まさに今、山歩きをしておると栗が道端にコロコロと転がり始めてる季節ですね。これから始まる紅葉は冬へ向かう季節の物悲しさと癒しを与えてくれますね。

 四季の豊かな自然の表情を感じることが出来ることは、本当に贅沢ですね。

コメント   トラックバック (1)

草喰 なかひがし

2008-09-22 | 料理日記

 今月の初めに京都の草喰 なかひがしさんにお伺いしました。

Dscn4206_2  掛け軸やお花からは重陽の節句の趣を感じることが出来、料理からも秋の始まりを感じることが出来ました。せっかくのなので、幾つか料理をご紹介。

Dscn4192_2 

芋名月の八寸(衣被ぎ小芋、栗素揚げ、卵黄身味噌漬け、茄子に鮎のテリーヌ、おくらに醍醐、白無花果と枝豆ときな粉酢和え、秋刀魚寿司)

Dscn4196

しろ味噌の椀物。鹿ケ谷かぼちゃと茗荷。

白味噌の濃厚さとあっさりとした南瓜の甘み、茗荷の風味がとても良かったです。

Dscn4204 

 おくどさんで炊かれたご飯。

 信楽の土鍋で炊かれたご飯はほんと美味です。たっぷりの香の物が嬉しいです。おこげは岩塩で頂きます。

 シンプルながら食材を使いきる、食材の組み合わせの妙は流石です。いろいろと勉強になりました。

コメント

熊五郎らーめん

2008-09-20 | 料理日記

Photo  出先で中途半端で短い時間で食事をとらないといけない時に、とても重宝します。

 いわゆるチェーン展開ですが、なかなか高いレベルを維持していると思います。 

らーめんへの味はもちろんでしょうが、らーめん以外にも、いろいろなサイドメニューと組み合わせ出来るのが人気の秘密なのでしょうね。

コメント