高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

5月25日のつれづれ。

2020-05-25 | 生産者訪問
はじめての出来ごと、目に見えないものだけに
解釈、対応の違いは人それぞれ、大きく異なりました。

ですが、少しずつ時計の針が動き始めようとしています。

桜花は本日の夜はお休みを頂き、
明日の夜からの営業に備えての準備に追われています。

4年前に撮影してもらったら家族集合があります。
人生のなかで特別な写真です。
あれからまだ4年、もう4年。
これを撮影した直後、人生で一番辛い時間を
家族全員で過ごすことなります。

何度も泣いて、絶望して、本当に辛い時期でした。
それでも周りの方に支えられ、励まされ、
今は少しだけ心から笑えるようになってきました。

これからが本当の正念場を迎えるのでしょう。
悲観でなく、可能性を信じて顔を上げて前向きに。

生きていればこそです!!

コメント

5月21日のつれづれ。

2020-05-21 | 生産者訪問
少しずつですが出口政策は拡大しておりますね。

本日はお持ち帰りの折りの対応のため、夜の営業はお休みと
させていただきます。
明日、明後日の土曜日はまだ若干でしたらご対応出来ますので
ご連絡お待ちしております。

今後の営業につきましては本日発表される内容に基づいて
決めたいと思いますので改めてご連絡させて頂きますね。

どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

5月14日のつれづれ。

2020-05-14 | 生産者訪問
ようやく大阪では出口政策が始まろうとしておりますね。
油断は禁物ですが、
明けない夜はないと信じて頑張りましょう!!

季節も移り変わり、春から新緑の季節に。
食材も日々変化していき、折の内容も少しずつですが
変化しております。

お持ち帰りの折はしばらく継続しますので、
前日までにご連絡下さい。

夜はテーブル席は2組様限定、
カウンター席も間を空けての営業となります。
こちらも前日までにご予約頂けましたら
自粛要請の範囲内で精一杯おもてなしさせて
頂きます!!

どうぞよろしくお願い致します!!

現在の折のお料理です。
梅ビーフと能勢原木椎茸と山菜のすき焼き、犬鳴ポークさっぱり煮、河内鴨ロース煮・つくね、大阪千両茄子、泉州水茄子揚げ浸し、射手矢さん玉ねぎ炊いたん、タナカファームさんの玉子カステラ、千早川鯉の揚げ煮、王子さん朝堀り筍含め煮、泉州水蕗紫蘇煮、碓井豌豆含め煮、蛍烏賊佃煮と姫皮味噌和え、よもぎ麩味噌煮、そら豆、大根のさや、スナップえんどう豆、木の芽
コメント

5月初旬の営業について。

2020-04-29 | 生産者訪問
自粛期間継続のなか、
皆様のいろいろとストレスを感じながらの生活かと
思います。

今年のGW期間も思うような過ごし方が出来ないかも
しれませんが上手くストレス発散をしながら
収束にむけて皆さんと頑張れたらと思っています。

自宅での食事が増えることは良いことも沢山あるかと
思いますが毎食の用意は本当に大変です。
少しでも息抜きになればと
桜花に縁のある生産者の方々の食材を盛り込んだ
お持ち帰り用の折(税込み2500円)を
ご用意しております。
また季節の食材を練りこんだ薬味味噌
(現在は鯛味噌と柚子七味味噌です)も
ご用意しておりますのでお問い合わせください。

GW期間の営業について。
5月2、3日はお休みとさせて頂きます。
4,5,6日はお持ち帰りの折のご予約を承ります。
またご予約を頂けましたら13時から席数を限っての
昼酒、チョイ飲みでの営業を致しますので
御気軽にお問い合わせお待ちしております。

皆でovercome コロナ!!
笑顔でお会い出来る日まで頑張りましょう!!
コメント

4月23日のつれづれ。

2020-04-24 | 日記
今週の土曜日、日曜日はお休みとさせて頂きます。

夜の営業はほぼないのですが、お持ち帰りの折には
20種類以上の食材を盛り込んでいるので,
なかなかに手間がかかります。。

なのに、夜の営業がないと思うと胃痛なのに
ついつい手間のかかることをしてしまって、この時間、、、、。
自家製の蕗の薹味噌と鯛味噌赤。
原価のそうだけれど、どれだけ手間かかるのか、、。
思い入れがあり過ぎて、ついつい売りたくなくなる始末。。

数量限定です。
折りと一緒に如何でしょうか。
蕗の薹味噌110g 700円(税込)
筍料理や和え物に。
鯛味噌赤 110g900円(税込)
酒の肴はもちろん、ご飯のおもとに。


少しでも食事の時間の笑顔の一助となりますように。


コメント