真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「だまされてペロペロ わかれて貰ひます」(2018/制作:セメントマッチ/提供:オーピー映画/監督:池島ゆたか/脚本:五代暁子/プロデューサー:あぶかわかれん/撮影アドバイザー:清水正二/撮影監督:海津真也/録音:小林徹哉/編集:山内大輔/音楽:大場一魅/効果・整音:AKASAKA音効/助監督:出縄来太/監督助手:木村龍二/撮影助手:宮原かおり・赤羽一真/照明助手:広瀬寛巳/スチール:津田一郎・山口雅也/挿入歌:『愛しのピンナップ・レディ』作詞:五代暁子、作曲・歌:大場一魅/制作協力:Abukawa corporation LLC./仕上げ:東映ラボ・テック《株》/出演:神咲詩織・佐山愛・篠田ゆう・八ッ橋さい子・フランキー岡村・間瀬翔太・GAICHI・細川佳央・松井理子・上久保慶子・山ノ手ぐり子、周磨要他六名)。出演者中、山ノ手ぐり子以降は本篇クレジットのみ。
 帽子まで黒尽くめで、赤いマフラーを巻いた女の後姿、大体いはゆるさそりルック。女の携帯が凡そスマホぽくない着信音で鳴り、「はい別れさせ屋、紅工房で御座います」と電話をとるサングラスの目元を、後姿に分割画面で切り込んでタイトル・イン。ピンクに於いてまゝある無頓着でもあれ、それなりに作為を感じさせる画面に比して、無造作極まりないタイトルのレタリングに早速暗雲が立ち込めなくもない。
 「エピソード1」、御馴染「スターダスト」の、開店前店内。開口一番「別れたいの!」と今んとこ尾崎カスミ(佐山)が、ママで姉のキミエ(松井)に声を荒げる。三年前、姉の店でホステスをしてゐたカスミは、高木部長(仮名)以下四人連れで来店した、未だ夫の尾崎慎一(フランキー)と出会ふ。周磨要ら七人が、その他店内部隊。資産持ちといふ点―のみ―に喰ひつき半年後に慎一と結婚したカスミではあつたが、面白味に欠ける人柄と、カスミ曰く“高校生以下”の夫婦生活に心底臍を曲げるか匙を投げる。キミエづてでカスミに、別れさせ屋「紅工房」の女社長・紅(神崎)から連絡が入る。紅は不審者に追はれた坂下か阪下ユリを装ひ、帰宅途中の慎一に接触。因みにここで不審者要員として、プリミティブなTシャツをキメた広瀬寛巳は別に投入されない。ひろぽんなら、“ストーカー”なんてプリントされた箆棒なTシャツでさへ、自然に着こなして呉れるにさうゐない。
 「エピソード2」、妻(遺影を掠りもせず)と八年前に死別した高木健太郎(GAICHI/ex.幸野賀一)はゴミ捨て場にて、急死した夫との思ひでが残るマンションを処分し、近所に越して来た上村麻衣(篠田)とやもめ・ミーツ・やもめする。各々取り残された側、とかいふデリカシーがあるのかないのかよく判らない切り口―大体齢が大分違ふ―で仲良くなるのも兎も角、なほ一層アメイジングな飛躍が高いのが、風邪で伏せつた高木の見舞ひに、麻衣が独居の高木邸を訪れる。幾分回復すると勢ひで抱きついて来た高木を麻衣も受け容れ、既に高木は勃たないながら、二人は男女の仲に一線を越える。
 配役残り、アイドル上がり―ブリザドとかいはれても全然知らんけど―の間瀬翔太は、カスミが日中日常的に家に上げるセフレ・南トモヤ。オッパイから舐める後背位で、濡れ場の火蓋を切る的確な論理が麗しく花開くのはいいとして、この男、百歩譲つてチャラいのは役柄にせよ公称三十二歳の割に緩んだ体躯は頂けない。八ッ橋さい子は、トモヤの本命カノジョ・サクラ。直截に筆を滑らせると、修正が施されてゐないと面相が些かどころでなくオッカナく、恐らくカメラもその点を配慮してか、不用意に寄らないやうにも映るのは気の所為かしら。縦に伸ばした日高ゆりあみたいな上久保慶子と、イコール五代暁子の山ノ手ぐり子は、後妻業の女に―全部自分のものになる筈の―財産を半分奪はれてしまふとヒステリーを起こす、高木の一人娘・ゆかりと、ゆかりが父親と麻衣の相性を看て貰ふ占師・千石。仕方がないともいへ、肌の老いを情け容赦なく捉へる五代暁子のアップは、もう少しどうにか手加減出来なかつたものか。今度は千石経由で紅工房起動、細川佳央が、故三浦課長―が麻衣亡夫―の部下・柿崎マモルを名乗り、麻衣に接近する「紅工房」の男別れさせ屋・シュンスケ。
 牧村耕次×なかみつせいじ×竹本泰志のセメント三兄弟は温存、細川佳央が四作連続登板する以外は、何と2001年第三作「女ざかり、SEX満開」(主演:佐々木麻由子)以来の随分な池島組大復帰ともなる幸野賀一を始め、目新しい男優部で挑んだ池島ゆたか2018年第一作。
 自身に対するのとは対照的といふかまるで別人の、慎一がユリと致す際の情熱的かつ手練にも長けた様子をユリから聞き、隠し撮りした映像を見るに及んで、カスミは激しく動揺する。と、いふのが、エピソード1に於けるドラマ上の肝。にしては尾崎家の夫婦生活を完全にオミットしてしまつた以上、ユリとの情交で尾崎が発揮する格差、あるいはカスミ目線では落差とその所以を全く埋められてゐないのが、神咲詩織と佐山愛のオッパイは目一杯愉しませるものの、裸映画的にはなほさら致命傷。十全に裸がある分まだマシと低い志で首を縦に振るのであればそれまでだが、折角絡みを通して物語を膨らませる格好の好機であつたらうに、大魚を釣り逃がした感は否み難い。八ッ橋さい子がピンク初陣で豪華四番手に飛び込んで来る、瞬間そのものには確かにサプライズもあれ、醒めたのちには蛇足すれッすれの雑なエピローグといふ程度の印象に止(とど)まる。片や、完全に独立する―逆にいへば全くリンクしない―エピソード2の方はといふと、兎にも角にも。兎にも、角ッにもビリングを無に帰すレディエンスを爆裂させる、篠田ゆうが素晴らしい。ちやんとレンズも入つてゐる、メガネがエクストリームに素晴らしい。脱いでエロいのはある意味当たり前、着衣の時点で既に、そこに普通にゐるだけで鬼よりもクッソどエロい物腰レベルの優位性が、その姿がフレーム内にある間終始―下―心豊かに観てゐられる、極上の眼福を轟然と撃ち抜く。尾崎こと幸野賀一が貫禄と発声で矢張り大雑把な姦計を押し切る、最終的には一本調子の展開自体は他愛ない点なんぞ、この際とるに足らない些末、すて措くに如くはない。当サイトは改めて篠田ゆうの存在をジャスティスと激賞するところではあるのだが、世間、ないしは狭い界隈でブレイクする気配が見受けられないのは、例によつてこの男の節穴が明後日だか一昨日を向いてゐやがるからなのか。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 好奇心レイプ/... 馬と女と犬 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。