弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

普天間第二小の校庭に米軍機窓枠落下

2017-12-16 18:43:10 | 知的財産権
沖縄タイムス+プラス ニュース2017年12月14日 06:29
米軍ヘリ窓、普天間第二小に落下 体育の授業中 1人痛み訴え
『13日午前10時8分ごろ、米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリの窓が宜野湾市立普天間第二小学校の運動場に落下した。宜野湾署によると窓は約90センチ四方の金属製の外枠があり、重さは約7・7キロ。アクリル製とみられる透明板が現場に散乱した。発生時は体育の授業中で児童54人が運動場におり、十数メートルの距離にいた小4男子の左肘に風圧で飛んできた物が当たり痛みを訴えた。喜屋武悦子校長は「許しがたく、憤りを感じている」と述べ、沖縄防衛局に米軍機が同小上空を飛行しないよう求めた。』

私は東京住まいですが、2014年3月19~22日にかけて家族で沖縄旅行し、そのときに普天間第二小学校を見に行きました。このブログの「沖縄訪問(1)」(2014-03-30)で記事にしました。
そのときの訪問先として、私が唯一希望したのは普天間第二小学校の訪問です。
旅行中、レンタカーを借りました。3月21日、万座のホテルを出て那覇に到着する途中、万座と那覇との中間に位置する普天間基地を訪問したのです。
下の地図の中心「+」に普天間第二小学校が位置しています。

普天間基地は北東から南西に延びており、普天間第二小学校は基地の北の端に食い込むようにあります。上の地図の左下にある「地図」をクリックするとgoo地図に移動できます。ここで「航空」を選んで航空写真で見てみると、普天間基地と普天間第二小学校の位置関係が明確になります。

さて、我々は普天間第二小学校の正門に到着しました(下写真)。
  
小学校正門                    正門付近から普天間基地方向を望む

静かです。
その日は日本の祝日(春分の日)でしたが、米軍基地も訓練お休みなのでしょうか。航空機の発着は一切ありませんでした。
右上写真は、正門前から南西方向を撮影したものです。この先に、普天間基地が存在しているはずですが、樹木に遮られて基地の施設を見ることはできません。

私がなぜ、普天間第二小学校を見に行きたかったか。訪問時からさかのぼることさらに3年前、2011年11月に以下の記事を書きました。
前宜野湾市長がケビンメア氏を名誉毀損で刑事告発」2011-11-07 以下に再現します。
--2011年記事抜粋------------------
ケビンメア著「決断できない日本 (文春新書)」については、10月9日にこのブログで紹介しました。その中で普天間問題について
『普天間基地の近くには小学校もあり、(宜野湾)市長はいつも小学校が危ないと心配していました。日本政府はこの小学校を移転させようとしたのですが、驚くべきことに移転に一番反対していたのが市長だというのです。かれはこの小学校の危険性を政治的に利用したのです。』
と紹介しました。
この問題で、前宜野湾市長だった伊波洋一氏が、2011年10月26日、メア氏について、名誉毀損容疑で那覇地検に告訴状を提出したというニュースが流れました(前宜野湾市長、「本に虚偽記載」とメア氏を告訴)。この中で、メア氏は読売新聞の取材に対し、「本の記述は事実で、告訴は不当だ」と語ったそうです。
前宜野湾市長(市長在籍2003年4月~2010年10月)が、市長時代に小学校の移転問題にどのように取り組んでいたのかという点については「事実問題」ですから、直ぐにでも真相が明らかになると思っていたのですが、その後何も報道されません。
そこで、ネットで調べることにしました。

メア氏は勝訴する!」には、『那覇支局長に着任間もない宮本雅史支局長の渾身の記事を先ずはご覧下さい。』として産経新聞の「【揺らぐ沖縄】児童の安全より反対運動優先か 基地隣接の小学校移転(2010.1.9 23:26)」を参照しています。
『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)に隣接し、ヘリ墜落など事故の危険にさらされてきた同市立普天間第二小学校(児童数708人)で、これまで2回、移転計画が持ち上がったが、基地反対運動を展開する市民団体などの抵抗で頓挫していたことが9日、当時の市関係者や地元住民への取材で分かった。市民団体などは反基地運動を展開するため、小学生を盾にしていたとの指摘もあり、反対運動のあり方が問われそうだ。(宮本雅史)
普天間第二小は、昭和44年に普天間小から分離。南側グラウンドが同飛行場とフェンス越しに接しているため、基地の危険性の象徴的存在といわれてきた。
移転計画が持ち上がったのは昭和57年ごろ。同小から約200メートル離れた基地内で米軍ヘリが不時着、炎上したのがきっかけだった。
当時、宜野湾市長だった安次富(あしとみ)盛信さん(79)によると、それまでも爆音被害に悩まされていたが、炎上事故を受け、小学校に米軍機が墜落しかねないとの不安が広がり、移転を望む声が地域の人たちから沸き上がったという。
安次富さんらは移転先を探したが確保できなかったため米軍と交渉。約1キロ離れた米軍家族用の軍用地のうち8千坪を校舎用に日本に返還することで合意。防衛施設庁とも協議して移設予算も確保した。
ところが、市民団体などから「移転は基地の固定化につながる」などと抗議が殺到した。安次富さんは「爆音公害から少しでも遠ざけ危険性も除去したい」と説明したが、市民団体などは「命をはってでも反対する」と抵抗したため、計画は頓挫したという。
同市関係者は「市民団体などは基地反対運動をするために小学校を盾にし、子供たちを人質にした」と説明している。

その後、昭和63年から平成元年にかけ、校舎の老朽化で天井などのコンクリート片が落下して児童に当たる危険性が出たため、基地から離れた場所に学校を移転させる意見が住民から再び持ち上がった。だが、やはり市民団体などに「移転せずに現在の場所で改築すべきだ」と反対され、移転構想はストップした。
当時市議だった安次富修前衆院議員(53)は「反対派は基地の危険性を訴えていたのだから真っ先に移転を考えるべきだったが、基地と隣り合わせでもいいということだった」と話す。別の市関係者も「多くの市民は基地の危険性除去のために真剣に基地移設を訴えたが、基地反対派の一部には、米軍の存在意義や県民の思いを無視し、普天間飛行場と子供たちを反米のイデオロギー闘争に利用している可能性も否定できない」と指摘している。』

上記「メア氏は勝訴する!」と同じ方の「人間の盾に小学生を!普天間移設の真相(2010-01-11)」には、『昨日の沖縄タイムスの一面を飾った下記引用の写真は、普天間移設問題ですっかり時の人となった伊波宜野湾市長の得意のポーズである。』として、写真(伊波洋一宜野湾市長(左)の説明を聞く平野博文官房長官=9日午後、宜野湾市・普天間第二小学校)を掲載しています。
『伊波市長の知事選への野望はさておいて、上記のように伊波知事が普天間基地の紹介をするとき、その舞台になるのが、定番ともいえる普天間第二小学校である。
「世界一危険な米軍基地」と、そこに隣接する小学校。
左翼勢力にとってこれほど絵になるおいしい場面はない。
普天間第二小学校はいわば「米軍基地反対運動」の象徴的存在でもある。
「住宅密集地の真中にある米軍基地」と聞くと、住宅密集地に米軍が割り込んできて強引に基地を作ったという印象を受ける。
だが、実際は原野の中にできた米軍基地の周辺に、後から住民が集まってきて住宅街を作ったというのが普天間基地の実態である。』

伊波前宜野湾市長「メア氏を告訴」』には、
『去年、民主党の前幹事長岡田氏が、普天間第二小学校を移転するなら国が金を出すと発言したことがある。しかし、すぐに普天間の議員から反発が出て、発言を打ち消した。宜野湾市が移転を希望するなら国が金を出すというのは暗黙の了解あるようなものである。そして、宜野湾市の革新系の政治家が移転に反対しているのは事実である。』とあります。岡田氏が学校の移転について述べたのは2010年12月8日のようですから(岡田氏「政治の役割」 普天間第二小移転案)、伊波氏が宜野湾市長を辞めた後ですね。直後の1月には、県民の受け止めに敏感に反応したためか「移転の考えはない」と考えを翻しています(「信頼構築」空振りに 岡田幹事長来県)。

以上から、(歴代、前伊波)宜野湾市長と宜野湾第二小学校移転問題との関連は以下のような事実は明らかであるようです。

1.昭和57年(1982)頃、安次富盛信市長の時代に、小学校を移転する計画が実行の直前まで進捗しながら、市民団体の反対によって頓挫した。
2.伊波市長は、普天間第二小学校を「危険な小学校」として宣伝材料に使っていた。
3.伊波市長が、普天間第二小学校を移転しようと動いた形跡はない。
4.伊波市長辞任後だが、民主党幹事長が小学校移転について肯定的に語り、その後否定に転じた。

それでは、ケビンメア著の問題箇所と対比してみましょう。
『普天間基地の近くには小学校もあり、宜野湾市の伊波前市長はいつも小学校が危ないと心配していました。日本政府も放置できず、この小学校を移転させようとしました。
ところが、驚くべきことに移転に一番反対していたのは伊波氏でした。はっきり言って、かれはこの小学校の危険性を政治的に利用していました。この小学校がなくなれば、基地に反対する材料が減ると思い、移転に反対していたのです。普天間基地は自分を政治的に引き立ててくれる存在というわけです。「基地のない沖縄」を標榜する革新系地方政治家の正体がこれなのです。』

私が調べた範囲では、「伊波前市長は小学校が危ないと心配していたが、移転しようとした形跡はない」ということです。「伊波市長は移転に反対していた」という情報まではありませんでした。
ところで、伊波市長辞任後ですが、当時の民主党岡田幹事長が「普天間第二小学校の移転に積極的に関与する」旨の発言をしたところ、「県民の受け止めに敏感に反応」して考えを翻した、という経緯があるようです。そうとしたら、市長が伊波氏であっても、やはり地元と同じ意見、即ち「移転に反対」という意思を有していた可能性は十分にありそうです。
--2011年記事終わり------------------

今回普天間第二小学校で検索したら、上記のストーリーとは反対の記事がありました。

「普天間第二小学校移転は反基地運動に妨害された?【誤解だらけの沖縄基地】((上)(中)(下)

私は普天間基地関連では、以下のように対処すべきだろうと考えています。

《短期的対応》「普天間第二小学校を安全な場所に移転する」
まずは子どもたちの安全を優先すべきです。
一方、普天間に住む一般市民も危険にさらされています。
《中期的対応》「普天間基地を辺野古へ移転する」
普天間と辺野古の人口密集度合いを考えれば、どちらが安全かは明らかです。
《長期的対応》「中国の軍事力拡大で米軍の沖縄拠点は安全でなくなる。海兵隊の拠点をグアムなどの後方に引き下がる」
長期的対応を早期に実現したいがために、中期的対応や短期的対応を行わない、ということではないでしょう。
コメント

月面の地下トンネルと「宇宙特急」

2017-12-06 20:42:48 | 趣味・読書
月に巨大地下トンネル
2017/11/26付日本経済新聞 朝刊
『10月、月の地下に長さ50キロメートルにも及ぶ巨大な空洞が存在することが日本の月探査機「かぐや」の観測データの解析からわかった。太古の昔、月で溶岩が流れた際にできたようだ。月の成り立ちを探る上で重要な場所になる。太陽の有害な紫外線や高エネルギー粒子の襲来を避けることができ、温度も一定なので、月基地の建設地としても注目を集めそうだ。』

月の地下に巨大な空洞を確認
2017年10月18日 JAXA
『国際共同研究チームは、日本の月周回衛星「かぐや」に搭載された電波レーダ、月レーダサウンダーで取得したデータを解析し、月の火山地域の地下、数10m~数100mの深さに、複数の空洞の存在を確認しました。確認された地下空洞の一つは、「かぐや」が発見した縦孔を東端として、西に数10km伸びた巨大なものです。地下空洞の存在を確実にした今回の成果は、科学的にも将来の月探査においても重要なものです。溶岩チューブのような地下空洞内部は、月の起源と進化の様々な課題を解決出来る場所であり、また月における基地建設として最適の場所だからです。』

月面の地下に巨大な地下トンネルの存在ですか。

この話を新聞で読んで、私は50年以上前、1950年代に読んだ絵物語「宇宙特急」を思い出しました。
何冊かのシリーズ単行本です。「絵物語」と呼ぶ所以は、ページの半分が文章、半分が挿絵で占められているからです。新聞の連載小説が、文章:2、挿絵:1の比率ですから、それよりも挿絵の比率が高い、といった印象です。

私のおじさんが世田谷で歯医者をやっていて、その待合室に「宇宙特急」全巻が置いてあったのだと記憶しています。おじさんの家に遊びに行ったとき、夢中になって読んだのでしょう。同じ絵物語で「少年ケニヤ」も読んだ記憶があります。

そこでさっそく調べてみたところ、以下のサイトにたどり着きました。

宇宙特急   絵物語
このサイトのお陰で、あっという間に50年代の自分にタイムスリップしてしまいました。このサイトのご主人は私(1948年生まれ)と同年齢かもしれませんね。
宇宙特急の主立ったページが掲載されています。驚くべきことに、私はほとんどのシーンについて記憶が蘇ったのでした。小さい頃に読んだ絵物語やマンガの威力はすごいものがあります。

さて、月面の地下空洞と宇宙特急との関連です。

宇宙特急は、地球制覇を狙う異星人である「怪星人」と、主人公である日本人少年を含む地球人との戦いを描いたものです。舞台は、東京、明神礁、地球を回る人工衛星、そして月へと進行します。月に降り立った主人公たちが、タンクのような乗り物に乗って怪星人と戦ううちに、そのタンクが月面の深い割れ目に落下し、遙か地下の空洞に落ち込むのです。不思議なことに、その地下空洞は空気で満たされ、宇宙服なしに人間が生活することができました。そしてそこには月人が住んでいたのです。
宇宙特急絵物語の中の241号に記載されています。10万年昔、月には水も空気も存在し、高度な文明を持つ月人が生活していたのですが、大戦争が勃発し、水爆の爆発で空気も水も吹き飛んでしまったのです。たまたま地下要塞に立てこもっていた一部の月人のみが生き延び、現在に至ったというのです。

どうです。
月面の溶岩チューブ地下空洞の話を聞いて、私が宇宙特急を思い出す理由がおわかりいただけたでしょうか。

さて、今回宇宙特急絵物語の各ページを読ませていただいて、驚いたことがあります。何と、私はほとんどのシーンについて記憶が蘇ったのでした。そのような挿絵があったことを憶えていたのです。
小さい頃に読んだ絵物語やマンガの威力はすごいものがあります。
現在、わが家には角川まんが「日本の歴史」全15巻を所有しています。小2と年長組の孫がときどき読んでいます。この年代で興味を持ってこのまんがを読めば、しっかりと記憶が残るのではないか、と期待しているところです。
コメント