弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

官僚と報道機関の関係

2018-04-29 15:32:48 | 歴史・社会
日本の報道・ジャーナリズムが「権力の監視」機能を発揮していない理由は、大きく次の2点に集約されると言います。
○ 記者クラブ制度
○ 特ダネ至上主義
ここでいう特ダネとは、
①その報道がなければ世の中に知られることがなかったような特ダネ
②明日公表されるニュースを今日独占して報道するような特ダネ
の2種類がありますが、数量的には②が多数を占めます。

日本のジャーナリズムのこのような問題点を記載した書籍として、このブログでは、過去に以下のような記事を書いてきました。

上杉隆「ジャーナリズム崩壊」2008-11-18

長谷川幸洋「日本国の正体」2010-01-05

牧野洋「官報複合体」2012-08-14

この中で、長谷川幸洋「日本国の正体」2010-01-05 について振り返ります。
日本国の正体 政治家・官僚・メディア――本当の権力者は誰か
長谷川 幸洋
講談社

このアイテムの詳細を見る

---ブログ記事抜粋--------------
大新聞をはじめとする日本のジャーナリズムは、「他紙よりも一刻も早く報道すること」を至上命題としています。そして、取材源を官僚に依存する記者は、官僚から特ダネ情報を他紙記者よりも早く受け取ることにより、特ダネをモノにします。実は情報を提供した官僚は、その報道によって自分の推し進める政策を後押しさせたいのであって、官僚自身の代弁者として好適な記者に特ダネ情報を漏らしているのです。このとき記者は役人から、政策を記したペーパー(紙)を併せて受け取ります。
官僚は、自分たちが推し進める政策を自分たちが思うとおりにうまく報道してくれる記者を選択し、情報を渡します。従って、官僚の政策を批判的に記事にする記者は情報が流れません。記者のうち、官僚から紙をもらえる記者は10人中1、2名しかいないということです。特ダネ記者になりたくて官僚に取り入っていくうちに、知らず知らず、記者は官僚の代弁者=ポチに成り下がっていきます。
記者は、「自分が官僚から信頼された結果として情報をもらえるのだ」と思い込んでいるそうで、「自分は官僚の代弁者に成り下がっている」とは気付かないのだそうです。

以上の議論において、「記者クラブ」は登場しません。つまり、記者クラブがあろうがなかろうが、日本の新聞記者は官僚の代弁者となってしまっているのです。この点については、今回の長谷川氏の著書で理解した事項でした。

なぜ日本の新聞報道はそんなことになってしまったのか。以下の3点が挙げられます。
(1) 日本の新聞は、「他紙よりも一刻も早く報道すること」を至上命令とする。
(2) 情報を持っているのは官僚であり、官僚と記者との間に圧倒的な情報格差が存在する。
(3) 記者は「官僚は、自分たち記者と同様に中立の立場」と思い込んでいるところがある。

上記(3) の認識はさすがに今では薄れていることでしょう。
しかし(2) は厳然として存在し、(1) のスタンスを取る限り、記者は官僚に取り入ることから逃れられません。
---ブログ記事抜粋終了--------------

さて、ここからは今日的問題についてです。
財務事務次官セクハラ事件に関して、当事者としては、事務次官本人、被害女性記者が登場します。被害女性記者の女性上司も登場してきます。
私は、最も重要で性悪な当事者として、「テレビ朝日という会社」を挙げなければならないと考えます。
上記長谷川幸洋著「日本国の正体」でも明らかなとおり、日本の報道機関は、主なニュースソースを官僚に頼っており、特ダネをものにするには、高級官僚から「特別に懇意な記者」として扱われることが最重要です。

今回の財務次官は、スケベオヤジであることが広く知られていました。テレ朝としては、そんな事務次官から「特別に懇意な記者」として扱われるような人材を、財務次官番記者として人選するであろうことは想像に難くありません。テレ朝は、「あなた好み」の記者を人選したものと思われます。この人選は、直属の女性上司によってではなく、財務事務次官と同じような根性を持っているもっと上の上司によってなされたものでしょう。

勤め人である女性記者は、上司の人選にノーということはできず、繰り返しセクハラ発言を受けた後も、呼び出されたら出て行かざるを得ませんでした。相談を受けた会社側は、直ちに女性記者を番記者から外すべきでしたが、それができませんでした。

この事件は、テレ朝という会社のスケベ根性が、すべての発端であったといっても過言ではありません。
夜中の12時からはじまったテレ朝記者会見を、私はライブで観ていました。会社は良い子ぶっていましたが、なぜ今まで(事務次官が辞任するまで)公表しなかったのか、という点は曖昧なままです。「官僚に逆らったら情報がもらえなくなるので、逆らうことはできない」とは言えないでしょう。
テレ朝以外の報道機関も、テレ朝と同類ですから、上記のような問題点に切り込むことは結局できないのですね。フリージャーナリストが問題に切り込むしかないのでしょう。
コメント

八ヶ岳山麓 美しの森

2018-04-22 15:13:35 | 趣味・読書
4月14日の土曜の朝、休みなのでどこか出歩きたいが、ヒノキの花粉が最盛期で出歩けない、どうしよう、と家内と相談していました。家内が調べたところ、標高が1000m以上だと、ヒノキも杉も花粉が少なくなる、という情報が得られました。軽井沢までいけば1000mを超えます。わが家は甲州街道沿いなので、八ヶ岳の方が便利です。そこで、八ヶ岳ソサエティに電話してみたところ、本日は泊まれるということです。さっそく予約して、車で出かけることとしました。朝、10時過ぎのことです。

天気予報ではこれから天気が崩れるということです。出発時点で曇天でした。ほんの軽くウォーキングする程度、ということで、行き先は八ヶ岳山麓の天女山に決めました。

中央高速を長坂インターで降り、天女山をめざします。天女山入口の交差点に到達すると、何ということでしょう、天女山駐車場へ通じる道路が通行止めになっているのです。去年の11月に閉鎖した、と記されています。もう4月だというのに、いつまで閉鎖なのでしょうか。
しょうがないので、天女山入口交差点を右折し、美しの森山に向かうことにしました。途中、まきば公園の大駐車場も閉鎖されていました。この界隈は、まだ春夏の行楽シーズンに突入していないということでしょうか。

美しの森の駐車場に到着しました。ここは、昨年の10月23日に訪問しています。こちらに記載したとおりです。
車を降りると、結構肌寒いです。それでも、薄手のセーターと登山用レインコートを羽織れば十分です。美しの森山へ向かうのではなく、等高線に沿ってカラマツ林を縫う道を歩くことにしました。川俣川渓谷の音がかすかに聞こえるあたりまで歩きましたが、霧も出てきたこともあり、元来た道を引き返すこととしました。
道の途中から階段道路を上がり、美しの森山の展望台まで上がりました。
展望台から駐車場までは、階段状の木道を下ります。
途中、東野方角をみると、遠くに白いパラボラアンテナが見えました。下の写真です。


下は、上の写真の拡大写真です。


このパラボラアンテナ、野辺山の電波天文台(国立天文台野辺山)にある45m電波望遠鏡で間違いないでしょう。ここも、昨年訪問しました。下の写真は、そのときに撮影した45m電波望遠鏡です。


八ヶ岳横断道路を経由して、八ヶ岳ソサエティに到着しました。その日、宿の部屋で何をやっていたかというと、カーブボールでエクセレントスローを達成すべく、ひたすら赤ボールを投げ続けていました(ポケモンGOスペシャルリサーチ)。といっても、目の前にポケモンが出現しなければボールを投げられません。ポケモンが出現し、ボールで捕獲しても、「逃げろ、逃げろ」と祈ります。そのまま捕獲完了したら、もうボールを投げられないからです。できるだけボールから逃げやすくするため、黄色い実を与えました。
エクセレントスローを達成したのは、食堂で夕食が運ばれるのを待つ間でした。

本日の夜9時から、宿で天体観測の夕べが計画されていました。雨ですから観測はできませんが、私だけ出席することとしました。
時間になったので会場に出かけていったら、出席者は私一人でした。一人で講師の話を聞かせていただきました。野辺山電波天文台の話が出たので、「美しの森山から見えるパラボラは野辺山ですか?」と質問したところ、確かに美しの森の階段のところから野辺山の45mアンテナだけが見えるとのことでした。

ところで、標高1000m超での花粉飛散量ですが・・・
宿のフロントで聞いたところ、標高が高いとはいえ、花粉は飛んでくるということでした。本日、美しの森で散策する間、マスクは外していました。これでは、花粉から逃れるどころか、逆効果だったかもしれません。

宿のフロントに、日本蜜蜂の蜂蜜が置いてありました。われわれは日本蜜蜂の蜂蜜がおいしいことを知っていますので、高かったですけれども小瓶を3個、購入しました。瓶のラベルには「製造者名 平井剛」(北杜市)とあり、ネットで調べましたが見つかりませんでした。
コメント

ポケモンGOスペシャルリサーチ

2018-04-15 18:07:21 | 趣味・読書
ポケモンGOにリサーチ機能が追加されました。開始は今から2週間以上前ですから、3月の末ごろでしょうか。リサーチ機能には、「フィールドリサーチ」と「スペシャルリサーチ」の2種類があります。

まず「フィールドリサーチ」について。
ポケストップを訪れたときに課題(フィールドタスク)を受け取り、その課題をクリアーすると、スタンプがもらえます。スタンプをもらった日が7日に積み重なると、ご褒美がもらえます。私はすでに、2回分(7日×2回)のご褒美をもらいました。2回とも、ご褒美はファイアー(ポケモンの一種)でした。
私は、去年8月のレイドバトルでファイアーを1匹ゲット済みでしたので、これで合計3匹になったところです。

次に「スペシャルリサーチ」です。
こちらは、順番にクリアーすべき課題が定まっています。1段目から8段目まで8段階に分かれ、各段で、3つのタスクが指定されています。以下に、1段目(1/8)から8段目(1/8)までのタスクを列挙します。
---------
(1/8)のタスク
ポケストップ5個を回す
ポケモンを10匹掴まえる
ポケモンを5匹送る

(2/8)のタスク
相棒と歩いてアメ2個もらう
グレートスローを10回投げる
タマゴを3個かえす

(3/8)のタスク
トレーナーレベルを15にする
ジムバトルで2回勝利する
レイドバトルを2回行う

(4/8)のタスク
カントーメダルをシルバーにする
ポケモンを20匹進化させる
相棒と歩いてアメを5個もらう

(5/8)のタスク
メタモンを1匹捕まえる
グレートスローを20回投げる
ゴーストタイプのポケモンを10匹捕まえる

(6/8)のタスク
レイドバトルを10回する
コイキングを進化させる
トレーナーレベルを25にする

(7/8)のタスク
ポケモンを捕まえる時にきのみを50個使う
カーブボールのエクセレントスローを1回投げる
カントーメダルをゴールドにする

(8/8)のタスク
ミュウを捕獲する
---------
この中で、
(3/8)のタスク:トレーナーレベルを15にする
(4/8)のタスク:カントーメダルをシルバーにする
(6/8)のタスク:トレーナーレベルを25にする
(7/8)のタスク:カントーメダルをゴールドにする
については、私(トレーナーレベル:38)はすでにクリアーしているので、無条件で「クリアー」となります。

そのほか、淡々とこなすことでクリアーできる課題が大部分です。
(5/8)のタスク:メタモンを1匹捕まえる
については、メタモンがたまにしか出現しないため、長期戦になると覚悟したのですが、そのわりには2~3日うちにゲットできました。

(6/8)のタスク:コイキングを進化させる
については、たまたまコイキングのあめを700以上保持していたので、一発でOK(コイキングのアメ400個で進化)でした。

その一方で、以下の3つの課題については苦労しましたし、課金を結構消費しました。

(5/8)のタスク:ゴーストタイプのポケモンを10匹捕まえる
この課題にチャレンジしたのは4月8、9日頃でしたが、その頃は、ゴーストタイプのポケモンとは野生でほとんど遭遇しませんでした。そのため、家にいるときは、ご近所に出現しているポケモンを頻繁にチェックし、ゴーストタイプがご近所で出現したと察知したら「ちょっと捕まえてくる」と家人に言い置いて家を飛び出し、その方法で3匹をゲットしました。そのほか、フィールドリサーチの景品でゴースゲットを2回、レイドバトルでゴーストタイプゲットを5回、これでやっと10匹の捕獲に成功しました。
フィールドリサーチでは、「グレートスローを3回する」の景品がゴースであるとの情報が入ったので、そのタスクが入手できるまでひたすら入手タスクを捨て続けましたが、結局目的のタスクは(初期の偶然の1回を除いて)一度しか入手できませんでした。
その後、4月11日以降は、野生でゴースが頻出するようになりました。現時点では、このタスクはさほど困難なタスクではなくなっているでしょう。

(6/8)のタスク:レイドバトルを10回する
レイドバトルを行うにはレイドパスが必要で、無料のレイドパスは1日に1個しか入手できず、同時に1個しか保有できません。有料のレイドパスを購入できるのですが、今まではほとんど無料のレイドパスのみでプレイしてきました。今回、このタスクをクリアーするため、それと上記のゴーストタイプをレイドバトルで入手するためも加え、有料のプレミアムレイドパスをいくつも購入することとなりました。

(7/8)のタスク:カーブボールのエクセレントスローを1回投げる
私は、カーブボールがどうしても上手に投げられず、普段は使っていません。さらにエクセレントスローとなると、特定の短いタイミングに、的の中心にボールを当てなければならず、それをカーブボールで仕留めるなど至難の業です。
モンスターボール(赤玉)は有料で購入することもできるのですが、今まで購入したことはありません。すべて、ポケストップをめぐって無料で入手してきました。
しかし、今回のタスクでは、カーブボールで何度投げてもエクセレントスローを達成できないので、大量の赤玉を消費するハメとなりました。早く次に進みたいとの焦りもあり、今回は赤玉を有料で購入することとなってしまいました。
いくら練習してもカーブボールはうまくならず、なかなか的の中心にヒットしません。しかし、これは確率の問題ですから、根気よく(課金で赤玉を購入しつつ)トライを続ければいつかは成功するはず、とひたすら投げ続けました。
そしてとうとう、成功するときが来ました。

その次の(8/8)タスクでミュウが出現しますので、後は捕獲できるまで赤玉を投げ続けるのみです。
こうして、私はミュウのオウナーとなることができました。4月14日のことです。
コメント