狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

メア氏は勝訴する!

2011-10-26 08:16:09 | ★メア発言

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 

沖縄タイムスのメア氏告訴の記事を再度引用する。

前宜野湾市長、メア氏を告訴へ
沖縄タイムス 2011年10月25日 09時27分 

 【宜野湾】米国務省前日本部長ケビン・メア氏が著した「決断できない日本」の中に事実無根の記載があり、社会的信用を低下させたとして、前宜野湾市長の伊波洋一さんは24日、メア氏を名誉毀損(きそん)の罪で那覇地検に刑事告訴する考えを明らかにした。26日に刑事告訴後、同書を重版しないよう、出版社へ警告する方針。

 告訴状によると、普天間飛行場の滑走路に近接する普天間第二小学校について、同著は『さすがに危険なので、日本政府も資金援助して学校の移転を実施しようとしているのですが、伊波洋一前市長ら反基地派が学校の移転に反対している』『はっきり言って、彼はこの小学校の危険性を政治的に利用していました』などと記述した。

 これに対し、伊波さんは「2003年から7年間の市長任期中も現在も、日本政府が同小を移転させようとした事実はない」と反論。「反対したことはなく、反対の動機とされる記述も事実無根。名誉を傷つける悪意のある内容だ」と批判した。代理人の新垣勉弁護士は「地検の動きを見ながら、民事の損害賠償も検討したい」と話した。

 同小移転問題は1980年代、市が国に再三要望。しかし、国の補助を受けられず、92年に頓挫した。

            ☆

記事によると伊波氏が問題にしているのは次の2点。

(1)『さすがに危険なので、日本政府も資金援助して学校の移転を実施しようとしているのですが、伊波洋一前市長ら反基地派が学校の移転に反対している』

(2)『はっきり言って、彼はこの小学校の危険性を政治的に利用していました』

ここでメア氏が言いたいのは、伊波氏が普天間第2小学校を政治利用したという時事であり、政府が移転に補助金を出すかどうかは(2)に対する補足的意見である。

日本政府が移転のための資金援助を申し出たかどうかは、仮にその事実がなかったのなら政府が普天間第2小学校を「世界一危険な小学校」とは認識していなかったことを示す。 そもそも「世界一危険」は基地反対派の左翼集団が付けた言葉であり、宜野湾市民でさえ「世界一危険」と認識している市民は一部である。

ちなみに、かく言う筆者は2年前までは浦添市民であったが、「世界一危険な小学校」の近隣に移転し現在宜野湾市民である。

まだまだ命は惜しいので本当に「世界一危険」な小学校なら、その近隣に引っ越してくるはずはない。 つまり当時の日本政府が、現在の筆者と同じく、普天間第2小学校を「世界一危険」とは認識していなかったことはごく自然な判断であったのだ。

したがって上記(1)の部分でメア氏に事実誤認があったとしても、(2)の伊波氏がこの小学校を政治的に利用したことは紛れもない事実である。

伊波前市長が普天間第2小学校を利用していた事実を以前に書いているのでそれを再掲する。

メア氏の主張が正しいことを示す何よりの証拠である。

人間の盾に小学生を!普天間移設の真相

昨日の沖縄タイムスの一面を飾った下記引用の写真は、普天間移設問題ですっかり時の人となった伊波宜野湾市長の得意のポーズである。

伊波洋一宜野湾市長(左)の説明を聞く平野博文官房長官=9日午後、宜野湾市・普天間第二小学校

沖縄を訪問した平野官房長官に普天間基地について説明する伊波市長のこのお決まりの映像は、これまで沖縄を訪問した政府要人に示したおなじみの姿であり、これまで何度も映像として全国に報道されてきた。

おかげで伊波宜野湾市長は、仲井真県知事よりマスコミ露出度は高いのではないかといわれるほど、今やマスコミで引っ張りだこである。

その勢いを駆って今年の県知事選には革新の星として立候補するとのことで、再選を狙う仲井真知事の強敵とみなされている。

伊波市長の知事選への野望はさておいて、上記のように伊波知事が普天間基地の紹介をするとき、その舞台になるのが、定番ともいえる普天間第二小学校である。

「世界一危険な米軍基地」と、そこに隣接する小学校。

左翼勢力にとってこれほど絵になるおいしい場面はない。

普天間第二小学校はいわば「米軍基地反対運動」の象徴的存在でもある。

「住宅密集地の真中にある米軍基地」と聞くと、住宅密集地に米軍が割り込んできて強引に基地を作ったという印象を受ける。

だが、実際は原野の中にできた米軍基地の周辺に、後から住民が集まってきて住宅街を作ったというのが普天間基地の実態である。

ところがNHK沖縄はこのように子供を使ったやらせ番組で国民を騙し続けている。↓

【動画】普天間基地に隣接する普天間第二小学校の子供達の声

そして普天間基地の象徴ともなっている普天間第二小学校の危険性を考慮して過去に二度も移転の話が持ち上がったが、その度に移転反対をして妨害したのは、ほかならぬ「米軍基地反対派」の左翼勢力であったというから驚きである。

【動画】⇒3/4【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12/29]

「基地反対派が小学校の移転にも反対する」という小学生を人間の盾にした恐るべき話を産経新聞が勇気を持って記事にした。

上記チャンネル桜の動画にもあるように、「世界一危険な小学校」と言われながら、これまで普天間第二小学校が移転しなかった理由を、沖縄県民は噂としては知ってはいたが全国紙の産経新聞が署名入りの活字にした意義は大きい。

那覇支局長に着任間もない宮本雅史支局長の渾身の記事を先ずはご覧下さい。

【揺らぐ沖縄】児童の安全より反対運動優先か 基地隣接の小学校移転
2010.1.9 23:26
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)に隣接し、ヘリ墜落など事故の危険にさらされてきた同市立普天間第二小学校(児童数708人)で、これまで2回、移転計画が持ち上がったが、基地反対運動を展開する市民団体などの抵抗で頓挫していたことが9日、当時の市関係者や地元住民への取材で分かった。市民団体などは反基地運動を展開するため、小学生を盾にしていたとの指摘もあり、反対運動のあり方が問われそうだ。(宮本雅史)

 普天間第二小は、昭和44年に普天間小から分離。南側グラウンドが同飛行場とフェンス越しに接しているため、基地の危険性の象徴的存在といわれてきた。

 移転計画が持ち上がったのは昭和57年ごろ。同小から約200メートル離れた基地内で米軍ヘリが不時着、炎上したのがきっかけだった。

 当時、宜野湾市長だった安次富(あしとみ)盛信さん(79)によると、それまでも爆音被害に悩まされていたが、炎上事故を受け、小学校に米軍機が墜落しかねないとの不安が広がり、移転を望む声が地域の人たちから沸き上がったという

 安次富さんらは移転先を探したが確保できなかったため米軍と交渉。約1キロ離れた米軍家族用の軍用地のうち8千坪を校舎用に日本に返還することで合意。防衛施設庁とも協議して移設予算も確保した。
ところが、市民団体などから「移転は基地の固定化につながる」などと抗議が殺到した。安次富さんは「爆音公害から少しでも遠ざけ危険性も除去したい」と説明したが、市民団体などは「命をはってでも反対する」と抵抗したため、計画は頓挫したという。

 同市関係者は「市民団体などは基地反対運動をするために小学校を盾にし、子供たちを人質にした」と説明している

 その後、昭和63年から平成元年にかけ、校舎の老朽化で天井などのコンクリート片が落下して児童に当たる危険性が出たため、基地から離れた場所に学校を移転させる意見が住民から再び持ち上がった。だが、やはり市民団体などに「移転せずに現在の場所で改築すべきだ」と反対され、移転構想はストップした。

 当時市議だった安次富修前衆院議員(53)は「反対派は基地の危険性を訴えていたのだから真っ先に移転を考えるべきだったが、基地と隣り合わせでもいいということだった」と話す。別の市関係者も「多くの市民は基地の危険性除去のために真剣に基地移設を訴えたが、基地反対派の一部には、米軍の存在意義や県民の思いを無視し、普天間飛行場と子供たちを反米のイデオロギー闘争に利用している可能性も否定できない」と指摘している

                                         ◇

 

 

 

決断できない日本 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋


                              ☆

【おまけ】

伊波前宜野湾市長(当時)は一方では、普天間第二小学校を「世界一危険な小学校」として政治利用しながら、すぐ実行可能な移転の話はおくびにも出さず、実行不可能な「基地撤去」を叫んでハワイまで出かけて行って門前払いを食らっている。

ハワイまで出かけて文字通り「門前払い」をされている
恥晒しの伊波市長一行。

            ★

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 

■カンパ協力のお願い■

琉球新報の言論封殺に対し、徒手空拳で戦いを挑んでいるドキュメンタリー作家上原正稔氏の「パンドラの箱掲載拒否訴訟」の第4回公判が2週間後の11月8日(火)、午前11時より那覇地裁で行われます。

これまで皆様のカンパにより戦いを継続してきましたが、沖縄のマスコミから村八分状況の上原氏は現在闘争資金に不足をきたしています。

担当弁護士の先生も手弁当で支援して下さっていますが、打ち合わせ等をするにも交通費等の出費を無視できません。

沖縄の閉塞した言論空間に戦いを挑んでいる上原さんの訴訟にカンパ協力をお願いしております。

三善会は、平成23年1月31日に上原正稔氏が琉球新報社を提訴した裁判「パンドラの箱掲載拒否訴訟」を支援する為、皆様の支援金のご協力のお願いを致しております。

支援金は、裁判の支援・報告会・講演会等の開催や広報活動等に活用させて頂きます。
振込手数料につきましては振込者にてご負担下さるようお願いします。

--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ.

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メア氏を刑事告訴!伊波前市... | トップ | 死刑宣告!竹富町教育へ、無... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
後釜がはずされそうで、、、。 (義挙人)
2011-10-26 08:18:02
狼魔人様
おはようございます。
毎日、拝読しております。

落選後は、病弱のカントクの後釜として有力候補でしてが(地元では、カントクは勇退し、ヨウイチを、、、、)との予定でしたが、カントクの体調が良くなると、カントクも本職に執着仕出したので、本人は、カントクに対して、、、、「ハナシガチガウじゃないと」、ワジッテル、、見たいょ。
Unknown (あああ)
2011-10-26 11:44:26
なにもわかっちゃいない、
馬鹿かおまえは
Unknown (◯◯◯)
2011-10-26 14:23:17
なんか上のほうでわけわからんこと書いてるのはほっといてニュース来ました。

文科相「竹富町に無償給与しない」 教科書独自採択受け
http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY201110260211.html

発言の前後がわからないですが、これは衆議院TVにアップされるであろう本日の文部科学委員会の瑞慶覧の質問は要チェキですね。
Unknown (Unknown)
2011-10-26 18:02:33
沖縄問題の現状を現地出身の仲村氏から聞いた。内地の人が驚くような状態になっている。中共は沖縄「同胞」を救出すると言っている。
いつから日本人が支那人になったというのか。
現在多くの日本人の会合で常に「沖縄解放」の大きな旗が振られているという。これは日本人向けではない。支那人向けだ。支那人はこの写真を見て沢山の沖縄県民が日本から離脱を希望しているように誤解するという。ひどい話だ。出鱈目も極まった感じだ。
しかし支那人人には論理は通じない。武力だけだ。だから日本が核自衛すれば手のひらを変えて迎合してくる。それが支那人だ。幸い原爆は非対称兵器だ。一発で百発に対抗できる。日本は何はともあれ核自衛だ。憲法改正を含めてあとはそれからの話だ。
沖縄には外から宣伝と威嚇のために多くの敵性人が送り込まれているという。日本民族主義者は沖縄支援では日本人としての連帯を強調したい。沖縄戦で戦死された守備軍軍人は、全国都道府県から選抜された国民だった。沖縄の人だけではなかったのだ。
沖縄では小学校の学芸会で日本軍をおとしめる芝居をやらせているという。
完全な倒錯した異常な社会が作られている。許せない。
沖縄の民族主義政治家を応援し、民族の聖地沖縄を日本民族主義の鉄の城に変えよう。
明日はわが身だ。
駿河山人
http://pub.ne.jp/surugasankei/

Unknown (Unknown)
2011-10-26 18:10:51
在日米軍削減で存在感増す豪州:
米国民としては、白人を守るほうが分かり易い。
だからアジアの米軍は極東から豪州の防衛に移るのではないか。
「アジアはアジア人に任せよ」、は朝鮮戦争直前の米国内の意見だ。
それがふたたび現れてきた。日本は危ない。自衛を急げ。日米安保はすでに形骸化している。
安保問題は米国が白人防衛に切り替えてゆく可能性がある。防衛線を豪州に下げるのだ。日本人は気付きが遅すぎる。
米国の撤退に備えれば、核自衛しかない。サルでも分かる論理だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すぐに中共宇宙軍の時代が来る:平松茂雄先生
平松先生は防衛庁時代から中共の軍拡に警鐘を鳴らしてきたが、上層部は受け付けなかった。
自民党が中共に侵食されていたからだ。
このため国民が知らないうちに、日中の軍事力格差は巨大なものになってしまった。
日本国民は自国の政府に騙されたのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
普天間移設:
沖縄は県民の政治情報が反政府勢力に管理されている。自由ではない。
これは放置すべきではない。少なくとも新聞一社は民族主義に変えて、反日報道を止めさせるべきだ。
国民への報道なのだから一部勢力に勝手にさせてはならない。自由を否定する自由はない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沖縄問題:
一川国防相は品がない人間だ。酒好きの赤ら顔の親父というところだ。
これが国防大臣ではプーチン、その他の狼になめられる。
一川の自慢は国防に無知なことだという。素人が高速道路でハンドルを取る。
どうなるかは素人でも明らかだ。それを許す乗客も馬鹿だ。子供が乗っているのだ。
沖縄問題では、極東は過去の延長ではないことを県民に早く知らせることだ。
沖縄は国防の重要な地点、戦争に備えて県民を本土に移住させることもありえる。
沖縄の倒錯し混乱した価値観と情報を正常化することが一川の仕事だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
普天間基地問題:
一川防衛相が米国の国防長官と会談。米側はサイバー攻撃では先手を打つべきという。
国防に専守防衛はないということだ。攻撃は最大の防御である。
それにしても一川は酒焼けしたようなただの親父だ。眼に知性の光がない。
国防に無知なのが唯一の自慢だという。
素人がメスを持って子供の心臓手術を始めている図だ。
親は恐怖で泣き叫ぶ。それほど危険であきれた泥鰌人事だ。
国防省は高度な専門職だ。自衛隊出身者に限るべきだ。敵の責任者は皆軍人だ。
素人などいない。泥鰌は、国民の安全など屁とも思っていない。
保身一筋の泥沼路線では日本は落ちぶれるだけだ。国会の池を選挙でカイボリせよ。

駿河山人
http://pub.ne.jp/surugasankei/


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL