大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

地球上最も命中精度の高い核爆弾「B61-12」

2018年07月07日 16時16分41秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)





核爆弾B61-12 B61は可変威力弾頭であり、サブタイプにもよるが最大170ktの威力を持つ。信管はフル・ヒューズ・オプション(FUFO)であり、空中爆発・地上爆発・遅延爆発に対応している。

@B1B爆撃機は言うに及ばず、F-15でもF-35からでも発射できます。その精度はピンポイントですから、半分の威力でも効果は200%。今の場合、その標的はジョンウンから近平にチェンジしました。hi


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シリア戦場ライブ Daraa 7... | トップ | 米軍 負傷した兵士をいかに... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2018-07-09 13:32:18
核爆弾って、被害を大きくするために目標の少し上空で爆発させるのが定石で、だから地下に非難と言うのは意味があるんだったと思いますが、こういうミサイルって、地表(または地下)の目標に直接当てて爆発させるんでしょうか? そうすると、地下核シェルターは意味なくなるのでしょうか? バンカーバスターの核兵器版という言い方もありでしょうか? 
北極熊さん、こんにちは! (@sekisei)
2018-07-10 13:11:29
はい、これには色々なバージョンがあるようで、
おっしゃるようなバンカーバスターで、
地中に潜り込ませて爆発させるタイプもあります。

北朝鮮の地下豪は地下300mとも400mともいわれていますので、
何発か撃ちこめば生き埋めになるでしょうね。
なんせ核爆弾ですから・・・・
日本製の某社のエレベーターが使われていると聞いた事があります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

米ユニラテラリズム(良い意味での)」カテゴリの最新記事