日朝協会「京都府連合会」です。韓国・朝鮮との友好を進める、日本人の団体です。1カ月¥500 841-4316福谷気付

 世界の出来事から日本・韓国・朝鮮の未来を見る。
 皆さんの声を生かして活動を進めます。

大会決議実現に向けた、新たな結束を!

2008-09-30 | 投稿・投書・私の意見

 

     集団自決 記述回復必ず

 

 

県民大会1周年 実行委がアピール

 

                                      沖縄


 高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決」の記述から「軍命」が削除された問題で、「検定意見撤回と記述回復」などを求め、十一万六千人が集った県民大会から一周年となった二十九日、同実行委員会主要六団体は、「大会決議実現に向けた、新たな結束を!」と題するアピールを発表しました。

 アピールは、大江・岩波裁判などにふれながら、検定意見は「当初から政治的意図で『沖縄戦の歪曲(わいきょく)』を企図していた」とし、これにくみした文科省の責任を不問にするわけにいかない、と強く非難しています。「沖縄戦の事実は事実としてしっかりと教科書に残すべきであり、事実を歪(ゆが)めてはならない」と強調。一方、現状は何ら解決されず「まだ道半ば」と評し、大会決議実現まで「県民とともにその先頭に立って奮闘する」としています。

 沖縄県庁内で記者会見した玉寄哲永副委員長(沖縄県子ども会育成連絡協議会会長)は、「(決議の)実現まで一歩も退かない」との決意をあらためて表明しました。現在不在となっている大会実行委員会委員長への就任を現・県議会議長に求めていると明かし、「新しい実行委員会で十一万人の総意を文科省・政府に要請したい」と今後の展望を語りました。

 会見には沖縄県老人クラブ連合会の知花徳盛常務理事、沖縄県婦人連合会の大城節子会長、沖縄県PTA連合会の大田守会長、青春を語る会の崎山麗子さんが同席しました。



■関連キーワード

コメント

アジアの友好は広がっていく

2008-09-29 | 投稿・投書・私の意見

 

   日本共産党代表団が

 

        ホーチミン市党委員会と懇談


 【ホーチミン市=井上歩】不破哲三社会科学研究所長を団長とする日本共産党代表団は二十七日、ホーチミン市入りし、同市党委員会のレー・ホアン・クアン副書記(同市人民委員会主席)と懇談しました。

 不破氏は、ホーチミン市と南部の人々は米国のかいらい政権による激しい弾圧下で独立と自由を求め英雄的なたたかいを進め、ドイモイ(刷新)路線でも経済の中心として「ベトナムの革命と国の建設のなかでとくに困難な任務を担ってきたことを知っています」とのべました。

 不破氏はさらに、一九六六年の初訪問で故ホー・チ・ミン主席ら党指導部から、複雑な国際情勢の影響を受けながら南部で続く闘争の経過と現実を聞いたことは、今でも忘れがたい記憶だと説明。「ベトナムが目標とする未来をはやく実現するために市と南部が役割を果たすことを期待します」と表明しました。

 クアン副書記は「ホーチミン市へのあたたかい言葉、私たちのたたかいに対する深い理解を語っていただいたことに感動しました」とのべ、弾圧下の戦いなど当時の南部の状況を説明。「文明的、社会主義的な都市に発展させるため努力していきたい」とのべました。

 懇談にはグエン・バン・ドゥア同市党常任副書記が同席。続いて同市党委員会主催の夕食会が開かれました。

 党代表団は二十八日夜、ホーチミン市から帰国の途につきました。


コメント

国連の役割が果たされつつある!

2008-09-25 | 投稿・投書・私の意見

 

 国連総会 一般討論を開始

 

         国連中心に共同を

 

 

金融・エネルギー・食料・温暖化問題

 

                                      事務総長が訴え


 【ニューヨーク=鎌塚由美】国連本部で開かれている第六十三回国連総会は二十三日から、各国代表による一般討論演説が始まりました。冒頭、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、世界規模の金融・エネルギー・食料の危機や新たな紛争、温暖化などの問題に直面し、「各国が共通の未来に向かうのではなく、内向きになる危険がある」と警告。各国政府が「地球規模のリーダーシップ」をとるよう訴えました。


米大統領 イラク戦争正当化

 潘氏は「世界はわれわれが認識している以上に変化している」と指摘。アジアやラテンアメリカ、新興諸国で「活力とリーダーシップの新たな中核」が出現し、世界の直面する課題がますます複雑になっていることをあげました。

 その上で「他国との協調なくして自国民の福祉も前進させることはできない」と述べ、国連を中心にした諸課題の取り組みを強調。とくにミレニアム開発目標の達成のため「意欲的かつ具体的な」行動を求めました。

 任期最後の国連演説となるブッシュ米大統領は、テロリズムや過激主義とのたたかいの必要性について語ったものの、貧困削減のミレニアム開発目標には一切言及しませんでした。

 さらに、国連無視でイラク侵攻を行ったことを棚に上げ、イラクやアフガニスタンは「過去七年で積極的にテロを支援する国家からテロとたたかう民主主義へと変化した」などと主張しました。

 イランのアハマディネジャド大統領は、イラクでは「人々の投票によって民主的政府が打ち立てられたが、六年後も占領者が居座っている」と指摘。アフガニスタンについても北大西洋条約機構(NATO)軍の駐留で「無辜(むこ)の人々が、日常的に爆撃にあっている」と批判しました。



■関連キーワード

コメント

彼は、日朝協会京都府連の会員でもありました。

2008-09-21 | 投稿・投書・私の意見

top_rogo.gif (16396 bytes)

                                          「コマーシャル」を借りました

〈本の紹介〉 爆沈・浮島丸 歴史の風化とたたかう


若い世代に真実伝えたい

 太平洋戦争が終結し、戦乱の幕が閉じようとしていた最中、事件は起こった。

 敗戦からわずか9日後の1945年8月24日、京都府舞鶴市佐波賀沖で海軍輸送艦「浮島丸」(全長114メートル、4730トン)が大爆発。船体は真ん中から二つに折れ、海の藻屑と化した。

 多くの朝鮮人労働者とその家族を乗せた船の突然の爆発。釜山港に向かうはずがなぜ? 犠牲者の数は…多くの謎が今もなお残る。

 本書は、①浮島丸事件の概要を紹介②追悼活動のあゆみをたどる-事件の「謎」を追い、犠牲者を追悼する舞鶴市民「浮島丸受難者を追悼する会」(96年結成)による事件を「記憶と記録にとどめ」ようとする草の根活動の軌跡をまとめたものだ。

 長年、「追悼会」を支えてきたのは須永安郎さんと故・野田幹夫さん。約40年にわたる彼らの追悼活動は、62年当時、野田さんが舞鶴市の中学校に赴任したことに始まる。そして、生活指導を担当していた野田さんと教育委員会社会教育課に勤めていた須永さんが、ひょんなことから出会い活動の輪を広げていく。

 慰霊祭、モニュメント作り、映画制作の協力、交流会…二人三脚で歩んできた二人の活動は、私たちにさまざまな示唆を与えてくれる。

 「そもそも歴史というものは、過去をなつかしく思い出すだけのために、あるのではありません。現在や未来に生きる私たちが、ものごとを理解したり、判断する際の重要な『ものさし』として歴史は存在しているのです」(「あとがき」より)

 舞鶴湾を臨む下佐波賀の海辺にある「浮島丸殉難者追悼公園」には、「追悼の碑」が建っている。碑の中央に立つチマ・チョゴリ姿の女性像はぐったりとした赤ん坊を抱え、目の前に広がる舞鶴湾を、真っ直ぐにじっと見つめている。そこには、植民地から解放され迎えられた帰国の喜びと希望、そしてその期待を無残にも阻まれたいくつもの「恨」が眠っている。

 決して過去の問題ではない、あまり知られていない浮島丸事件と、その追悼活動を一人でも多くの人に、とくに若い世代に知ってほしいと、著者は願っている。

 事件の真実に迫り、活動体験をありのままに綴っている本書は、事件に対する十分な知識がなくとも、読みやすく、わかりやすいだろう。歴史の風化をとどめるうえで助けの糸口となる一冊。(品田茂著、高文研、1600円+税、TEL 03・3295・3415)(姜裕香記者)

                                                                          [ 朝鮮新報 2008.9.19 ]

 

<SCRIPT language=JavaScript> </SCRIPT>
コメント

世界の流れを正確につかんでおこう!

2008-09-20 | 投稿・投書・私の意見

 

「対テロ戦争」の誤り 米国の地位低下

 

 

  国際戦略研が「概観」を発表


 【ロンドン=岡崎衆史】英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は十八

日、世界の安全保障情勢を分析した「二〇〇八年版戦略概観」を発表し、「対テロ戦

争」の誤りで米国の国際的地位が低下し、同盟国も含めた米国離れが進み、世界

が多極化しているとの見方を示しました。

 概観は、米国の国際的地位は対テロ戦争開始後の「過去八年にわたって低下し

た」とし、特に二〇〇三年のイラク戦争後の影響力の失墜は「異常な大きさ」だと強

調しました。

 概観は、米ブッシュ政権が9・11同時テロへの対応策として「対テロ戦争」を掲げた

ことは、「問題の本質と対処の仕方を誤った」と指摘。その結果、米国に集まった同

情が、「その行動への嫌悪、発言への不信に置き換わった」と分析しました。

 米国の影響力低下は、

(1)北大西洋条約機構(NATO)加盟国が米国が支持するグルジアとウクライナの  

 NATO加盟を拒否し、アフガニスタンでの武力偏重の対応を拒絶していること

(2)湾岸、アラブ諸国が経済、安保分野で米国以外の国とも関係を強化しつつあるこ

 と

(3)アジア諸国での米国を含まない「東アジア首脳会議」の存在

(4)中南米での米国の影響力の消滅―など、NATO同盟国や伝統的に影響力の強

 い地域を含む世界で進んでいると述べています。

 IISSのチップマン所長は発表の記者会見で、欧州、中東、アジアなどの各国は、

米国に向かって自ら提言していくことが重要だと語りました。


コメント

世界平和のために!

2008-09-19 | 投稿・投書・私の意見

 

   核兵器廃絶を提唱

 

 

       国際戦略研、異例の報告


 【ロンドン=岡崎衆史】ロンドンに本部を置く国際戦略研究所(IISS)が十六日、「核兵器廃絶」と題した報告書を発表し、核兵器廃絶を正面から取り上げ、それに向けた具体的取り組みの開始を呼びかけました。

 各国の軍事力に関する報告書を出してきたIISSが核兵器廃絶を呼びかけるのは異例のことです。

 報告は、「核保有国は核兵器を全廃する政治的、道徳的義務を持つ」とし、保有国が核不拡散条約(NPT)下のこの義務を果たそうとしなければ、「核兵器をめぐる秩序を長期にわたって維持、強化することはできない」と警告。核不拡散体制の維持にとって、核保有国による核廃絶の努力が不可欠との考えを示しました。

 報告は、核廃絶が求められる理由として、(1)NPT体制を維持し、「核秩序の崩壊」や「競争や戦争によるより危険な(拡散の)活動」を防ぐ(2)原子力の民生利用の拡大が核拡散につながるのを防ぐ(3)核兵器によるテロの防止(4)非核保有国による核兵器取得の防止(5)偶発的な行為による核兵器使用とそれによる惨状を防ぐこと―を挙げました。

 報告は、核廃絶実現のため、有力シンクタンクの主催で、核保有国、非核保有国双方の専門家が参加するハイレベルの非公式委員会を設置し、核軍縮の実施状況の検証など、廃絶実現に不可欠な具体的措置の検討を行うことを提唱しました。

 また、二〇一〇年のNPT再検討会議について、「世界の核秩序の刷新にとって重要な機会だ」として、これに向けて、核廃絶の具体的検討を始めるよう促しました。


 国際戦略研究所(IISS) 一九五八年に設立された民間の国際的研究団体。国際安全保障や軍備管理に関する情報提供と研究が目的。現在、百以上の国に、専門家、研究者など二千五百人の個人会員と四百五十の協力団体を擁しています。各国の軍事力を比較した『ミリタリー・バランス』と、世界の軍事・政治情勢を総括する『戦略概観』の二つの年次報告を刊行。毎年、地域の安全保障に関する国際会議も主催しています。



■関連キーワード

コメント

大企業の社会的責任が問われる。

2008-09-18 | 投稿・投書・私の意見

 

  法人減税・消費増税 経団連が提言


 日本経団連は十六日、法人税率の引き下げとともに消費税を含む「税制改革」を求めた二〇〇九年度の「税制改正」の提言を発表しました。

 提言は法人課税に関し、「グローバルな競争環境に税制を合致させていく」ことが重要であると指摘。現在、約40%の法人実効税率(国税と地方税の合計)について、30%程度への引き下げを想定し「国際的な整合性がとれる水準まで引き下げていくことが最大の課題である」としています。

 また、多国籍企業が減税の恩恵を受ける外国税額控除制度の「抜本的見直し」や「移転価格税制の見直し」を提言しています。

 さらに、特定の大企業向け減税に通じる研究開発促進税制の拡充を要求。企業再編にかかわる税制の見直しも求めています。

 消費税については、〇九年度から三年間にわたる「税制改正」を念頭に社会保障財源として「消費税を含む税制抜本改革が待ったなしの状況」と強調しています。「環境目的の新税には強く反対」としています。



■関連キーワード

コメント

東アジアでの科学的社会主義の理論水準を高めるために!

2008-09-16 | 投稿・投書・私の意見

 

    ベトナムで2回目の両党理論会談

 

            日本共産党代表団、23日から訪問

 

 

                           不破社研所長が団長


 日本共産党とベトナム共産党との間で、二回目の両党理論会談をおこなうために、社会科学研究所所長の不破哲三氏を団長とする日本共産党代表団が二十三日から、ベトナム共産党中央委員会の招待でベトナムを訪問することになりました。

 ベトナム共産党との理論交流は、昨年一月の志位和夫日本共産党委員長のベトナム訪問のさい、ノン・ドク・マイン・ベトナム共産党書記長との首脳会談で、両党関係を二十一世紀にふさわしく発展させるという長期展望をもって合意したものです。

 ベトナム共産党は一九八六年以来、ドイモイ(刷新)路線のもとで、「市場経済を通じて社会主義へ」の道を現実に進んでいます。日本共産党は、高度に発達した資本主義の条件のもとで民主的変革に取り組みながら、将来、社会主義への道に踏み出すときには「市場経済を通じて社会主義へ」の路線をとることを党綱領で明らかにし、社会主義の問題の理論研究をすすめています。

 この二つの党の理論交流は、二十一世紀の世界的な発展を展望するうえでも、重要な意義をもつものです。

 両党の第一回理論会談は昨年十一月、日本共産党本部でおこなわれました。日本側の代表団長は不破氏、ベトナム側の代表団長はベトナム共産党中央委員会の理論評議会議長のトー・フイ・ルア書記局員(中央教宣委員長)でした。そこでは、マルクスの理論の現代的意義、現代の世界論と資本主義論、市場経済や政治的民主主義の問題など社会主義の理論問題が、理論交流の主題となりました。

 現在、ベトナム共産党は、二〇一一年の党大会の準備に関連して、広範な主題にわたる理論研究にとりかかっている最中です。今度、ベトナムでおこなわれる第二回の理論会談は、そういう時期におこなわれるもので、科学的社会主義(マルクス主義)の理論そのものの問題、現代の世界の特徴と新しい動向の問題、社会主義の政治・経済の諸問題、現代の資本主義の評価と分析の問題などで、前回の会談の成果を踏まえてのより立ち入った理論交流・意見交換が予定されています。

 


コメント

アジアもヨーロッパのように!  大きく変化!

2008-09-16 | 投稿・投書・私の意見

 

深まる北東アジアの経済関係

 

             政府間協力のあり方も議論

 

                              中国で博覧会


地図

 【北京=山田俊英】中国東北部を軸にした北東アジアの経済関係が深まりつつあります。九月二―六日に吉林省長春市で開かれた第四回北東アジア投資・貿易博覧会では、過去最高の貿易契約が結ばれました。ロシア、日本、韓国、北朝鮮などの閣僚や政府高官が参加したフォーラムも開かれ、政府間協力のあり方を含めて議論しました。地方同士の交流も進んでいます。

 博覧会のなかで二日に行われた北東アジア経済貿易協力高級フォーラムでは、六カ国の閣僚、政府代表らが発言。中国の王岐山副首相は、「北東アジア各国は相互融合を進めており、協力の潜在力は大きい。政府間協力の仕組みを整えたい」と提案しました。

 四回目となる今回のフォーラムでは、中国、ロシア、北朝鮮の三カ国が国境を接する図們江地域の経済協力をめぐって意見を交わしました。国連、アジア開発銀行の代表もこの地域の経済開発を支援する考えを示しました。

 同博覧会は中国中央政府と地元、吉林省政府の呼びかけで二〇〇五年から毎年開かれています。事務局によると、外国企業三百十八社を含め八百社が出展し、欧米を含め六十九カ国から五万人、二万社の代表が博覧会を訪れました。今回成立した貿易契約は四億七千五百万ドル(約五百十億円)。第一回から一・六倍に増えました。

 政府レベルでは、中国、韓国、北朝鮮、ロシア、日本、モンゴルの政府代表が開会式とフォーラムに出席しました。アルメニア、スリランカも閣僚を派遣しました。

 二日から四日にかけては北東アジア地域自治体連合の第七回総会が中国山東省済南市で開かれ、「平和で繁栄した北東アジア」を築くことをうたった宣言を発表しました。同連合は中国、日本、韓国、ロシア、北朝鮮、モンゴルの六十四の自治体、地方政府が加盟する組織です。

 宣言は、人、物資、情報のネットワークづくりや環境保護で協力を強め、「開かれた北東アジア」に向けて加盟する自治体、地方政府を増やす方針を決めました。


コメント

相変わらずの話・全員小泉内閣の閣僚?

2008-09-12 | 投稿・投書・私の意見

 自民総裁選候補「政治とカネ」

 

   高級料亭ざんまい・疑惑の献金…


 福田首相が政権を投げ出して、実施される自民党総裁選。立候補者の「カネ」の問題をみてみると―。


麻生幹事長

 政治資金の使い道が問題視されているのは麻生太郎幹事長です。

 資金管理団体「素淮(そわい)会」は、二〇〇六年の一年間で、東京・銀座や六本木、赤坂などの高級クラブや高級料亭、サロンなどに百七十三回、約三千五百万円も支出していました。一日に百万円を超す支出があるのは七回も。

小池元防衛相

 小池百合子元防衛相は、環境相時代に、支部長を務める「自民党東京都第十選挙区支部」が、同省主催の国際シンポジウムを随意契約で受注した「コングレ」(大阪市)から百万円の献金を受け取っていました。

 受領日は、前回総選挙の公示四日前の〇五年八月二十六日で、公共事業受注企業からの「選挙に関する寄付」を禁止した公職選挙法に抵触する疑いがあります。

与謝野経済財政担当相

 与謝野馨経済財政担当相の資金管理団体「駿山会」は、「必ずもうかる」などの強引な勧誘で被害が続いている商品先物業界の政治団体から、〇〇年から〇五年の六年間で、計三千九百五十五万円の資金提供を受けています。

石原元政調会長

 国土交通相時代、迂回(うかい)献金疑惑が国会で取り上げられたのは、石原伸晃元政調会長です。

 〇〇年七月から〇二年五月までの間に、「日本歯科医師連盟」(日歯連)から自民党の政治資金団体「国民政治協会」に一千万円ずつ四回、計四千万円が流れ、その直後に自民党本部を経由して、石原氏が支部長の「自民党東京都第八選挙区支部」に渡っていたというもの。

石破前防衛相

 石破茂前防衛相が支部長の「自民党鳥取県第一選挙区支部」は、〇五年十二月、経済産業省所管の中小企業を支援する「新連携対策補助金」の交付を受けた宮崎県の建設会社から十万円の献金をもらっていました。

 国の補助金を受けている会社が、交付決定の通知を受けてから一年間の政治活動への寄付を禁止した政治資金規正法違反の疑いが持たれる献金です。


コメント

一度お召し上がってください。一年中大丈夫!

2008-09-09 | 韓国・朝鮮の旅
韓国料理 >> 韓国料理レシピ
韓国風五目そうめん

のどこしのよいそうめんは、夏の風物詩。今回紹介するそうめん料理は、夏だけではなく四季を通して楽しめる一品だ。手軽な昼食や夜食はもちろん、お酒や食事のあとにも愛される家庭料理の一つだ。暖かいそうめんのおいしいさは、食欲旺盛の秋にマッチする逸品料理である。

◇ そうめん…400グラム
◇ 牛肉(固まり)…300グラム
◇ 椎茸…8枚
◇ ゆで卵…2個
◇ 梨…1個
◇ 細ネギ…5本
◇ 赤唐辛子…1個
◇ 塩…中さじ1
◇ 刻みニンニク…各中さじ2
◇ ゴマ、ゴマ油…少々
◇ ヤンニョムジャン
  (醤油…大さじ5、刻みネギ…大さじ1、刻みニンニク…中さじ1、粉唐辛子…中さじ2、ゴマ…大さじ1、ゴマ油…大さじ2分の1、生姜、コショウ)
  1. 牛肉は、沸騰するお湯に生姜と中まで火を通す。
  2. 1の牛肉を出し、重りをのせた後、残り湯に塩中さじ1とコショウで下味を調う。
  3. 椎茸は厚めの千切りにし、ゆで卵は輪切りにする。
  4. 梨は四等分にし種をとり半月きりにし、細ネギは4センチの長さに切る。
  5. 赤唐辛子は、種を取り斜め切りにし、1の牛肉は薄切りにする。
  6. 別の鍋にそうめんを入れ、短時間で茹で上げる。
  7. ボウルにヤンニョムジャンの調味料を入れ、味を調える。
  8. 用意した材料を大きい皿に盛り、1の肉汁とヤンニョムジャンをかけて完成させる。
  • そうめんを入れる器は、改めて暖めておくと一層風味が出るのでおいしく頂ける。
  • 容器は、しゃぶしゃぶ用の鍋でもよい。
■カロリー = 2,018カロリー
■タンパク質 = 127.9グラム
■脂肪 = 43.9グラム
■糖分 = 319.3グラム
■調理時間 = 約60分
■材料 = 4人分
コメント

歴史の旅を含めてのカテゴリーですよ、

2008-09-06 | 韓国・朝鮮の旅

 

     「日の丸・君が代」

 

    強制は戦前への逆戻り

 

 

 東京地裁で  原告ら不当性を証言


 東京都教育委員会の「日の丸・君が代」強制に従わなかったことを理由に処分された都立学校教職員百七十三人が、処分の取り消しなどを求めた裁判の第八回口頭弁論が四日、東京地裁(中西茂裁判長)で開かれました。原告の教員ら五人が「日の丸・君が代」を強制した都教委の通達の不当性などについて証言しました。

 元都立高校教員の原告は、無許可の自動車通学をした生徒に対し、その思いをきちんと聞きつつ、なぜ許可できないかを丁寧に説明することで本人も納得した経験を紹介。「教育は生徒の理解と納得を前提に、その発達力を助長し、発達を保障するもの。そのためには指導などを教職員が自由に議論することが必要で、強制は教育の本質に反する」と述べました。

 沖縄出身の都立高校教員の原告は、沖縄戦での集団死(「集団自決」)にもふれながら、「戦前の教育は天皇のために命を捨てろという洗脳の場に使われた。世論が二分しているものを通達で押しつけることは戦前の教育に戻る」と語りました。

 元養護学校教員の原告は、従来の卒業式では卒業生一人ひとりがスポットライトの中で決意を語る場を設けていたのに、通達後の式では、校長から照明はやらず、下で歌えと命じられ、ライトを使えなかったと証言。重い知的障害を持つ子どもたちに「君が代」の意味を理解させることは困難で「教育課題として現実からかけ離れたことだ」と述べました。

 

 「命令」は、何があっても従わせる! 絶対服従精神の教育、殺してでも従わせる。

これが、日の丸・君が代問題の到達するところです。朝鮮人を日本人にしてしまった

過去が今、再び、繰り返されている。

内閣が、国会を、そうして裁判所まで動員して・・・地方自治体まで動員して・・・・


■関連キーワード

コメント

簡単にできて結構うまいチヂミ

2008-09-04 | 気になるマスコミの記事

 

                                    「民団ホームページより」

 韓国料理 >> 韓国料理レシピ

ホバッジョン「ズッキーニのチヂミ」

◇ズッキーニ…1本
◇小麦粉…カップ2
◇水…カップ2
◇塩…小さじ1
◇化学調味料…小さじ1/6
◇サラダ油…大さじ5
☆ヤンニョムジャン
◇にんにく(すり下ろし)…大さじ1/2
◇ねぎ(みじん切り)…大さじ1と1/2
◇ごま油…小さじ1
◇粉唐辛子…大さじ1
◇醤油…カップ1/2
◇化学調味料…小さじ1/5
◇コショウ…小さじ1/5
◇すりごま…小さじ1
①ズッキーニはつやのある物を準備、水洗いして千切りにする。
②ボウルなどに小麦粉、水を入れ泡立て器でよく溶かす。化学調味料、塩で塩加減を合わせたら①のズッキーニを加えよく混ぜる。
③フライパンにサラダ油をひき②を一たま取って流し入れる。
④ねぎと、にんにくを醤油に入れ粉唐辛子、すりごま、ごま油、化学調味料、コショウを加えヤンヨムジャンをつくる。
⑤焼き上がったチヂミを皿に盛って④のヤンヨムジャンを添える。
  • 30分
コメント