羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

『漢字語源辞典』あれこれ

2019年07月16日 13時18分44秒 | Weblog

このブログに、『漢字語源辞典』を近くの古書会で見つけて、その値段に驚いた話を書いた。

昭和40年(1965)9000円のものが「500円」という安さに、著者と本がかわいそうと思った。

今日になってアマゾンを調べてみたら、5000円から16000円までの幅があって、納得したところだった。

私の感覚がまずまずだったことがわかって、ようやく落ち着いた。

ま、でも、驚くべき掘り出し物だったわけで・・・・、ちょっと複雑であります。

後に編纂された学研『漢和大事典』を引く当たって、この『漢字語源辞典』を読んでおくことで、藤堂明保が意図したところが非常によく分かることを体験した。

アマゾンのコメントにも音韻(字音)の問題として、上古音(周・漢代)を主にしていることから、もっと古い甲骨文字の殷代以前の音はわかりようがないとしても、「単語家族」をすべて鵜呑みにするのは危ういと書かれていた。私も同感。

しかし、耳の記憶は、非常に正確である。多くの文化が持っている口伝というあり方は、かなりの精度で伝えられていくことから、音の変化はあっても核になる音は残っている可能性も無きにしも非ず、ではないだろうか。

「単語家族」が書かれた当時、解読された甲骨文字数は約1500字、未解読を含めると3000字であった、とある。その数字だけをみても、甲骨文字が殷代に初めてつくられたとは、誰も思わないだろう。優れた体系を持った文字群は、おそらくそれ以前の時代に、何がしかの萌芽があり、ある程度の体系化がなされていたと考えるほうが自然だと思う。

この一冊は、くるべくしてきた、と思いたい。泉下の三千三先生の采配で、あの古書会の棚に、鎮座させたのではあるまいか、と思いたい。

「エッ、いいんですか」(私)

「はい、いいですよ」(店主)

躊躇わずに手に入れたくなる「ワンコイン」というおまけまでつけてくれた。

それに、誰も読んだ形跡がない綺麗な本だった!もう一つのおまけ付きであった。 

 

*次回は、「貞」と「鼎」のことを書きます。

コメント

『漢字語源辞典』のページをめくる日々

2019年07月15日 09時11分04秒 | Weblog

語源にしても字源にしても、なるほどと納得はしてしまうのだが、どこかこじつけ感を否めないことが多い。

そんなこともあって、語源俗解とまで言わなくても、語源・字源を扱う学者は、二流学者と言われることに頷くこともある。

 

さて、それはそれとして、野口三千三存命中には、出会うことがなかった藤堂明保『漢字語源辞典』が手に入ってはじめて「単語家族」の概念が掴めた。

この本によると「単語家族」とは、幾つかの字で書かれたコトバをひとまとめにして、その基本義を探り当てる研究で、厳密に言うと語源研究とはやや違う、とある。

藤堂明保の履歴をインターネット上ではあるが、検索してみて驚いた。

藤堂漢字・言語学は、当然のこととして「音韻論」を中心にしてなされるように、運命付けされていたことがわかった。

彼は、中国大連で生まれた。その後、第一高等学校から東京帝国大学へ進学、昭和13年に卒業と同時に、留学生として北京に赴く。

その後、大陸で招集され退役してからは軍属として中国語の通訳を務めた。終戦時は上海にいたという経歴を持つ。

生涯のうち前半は、中国各地の音をふんだんに聞いていたことになる。

「言葉は音である」から、繰り返すが彼の漢字学が、音韻論を中心とした解釈になっても不思議はないことが想像できる。

《字形の異同から共通する音義素を抽出しようとする伝統的な文字学の手法ではなく、字音の異同を重視し、字形が異なっても字音が同じであれば、何らかの意義の共通性があると考える。》

以上のことから、藤堂は「単語家族」を提唱していった。

 

そこで私自身の名前でる「操」の字を調べてみた。

基本義:上に浮く、表面をかすめる。

単語家族:巣・燥・藻・抄・鈔等々。

「操」の旁(つくり)は、高い木の上に鳥が集まって、口々に鳴きさざめくことを表す。そこからいくつかの経過を辿って「上に浮く」という基本義を導き出す。

《「操」の意味は、「把持するなり。手+旁(パソコンで打ち出せない) 声」・・・・マユの表面から生糸をかすめて手中に収める意であったのが、のちに「手中に収める」方に重点が移り、「操守」の意となった。名詞は「ミサオ」と訓じる。》

志をしっかり守り通すという意味の「操」となったわけだ。

それなりにわかる、しかし・・・。

「単語家族」に素直に納得できることと、中国語の音を理解していないところからくる「なぜ?」という疑問を感じることとがあって、そこを考えるのが面白い。

以前「医は仁術展」で知ったことだが、「漢方」というのは、中国の医療を学んで日本人が日本国内で発展させた日本の医療行為をさしている。つまり「漢方」は中国伝統医療そのものを表しているのではない、ということと考え合わせると、極論だけれど、日本語の中の漢字は、すでに日本の文字としての意味を持っていて、日本の「漢字」だと言えないだろうか。

 

伝統の中に脈々と流れる字音や字義が、時代とともに変遷を遂げる。さらに日本では訓読みするという翻訳を行った。そこに日本の意味が加わって、言葉の奥行きが増し、異質な文化の陰影が加わると思いも掛けない「言葉の世界」が誕生する。

こう考えてみると、漢字の解釈の広さと深さが浮き彫りになるが、もともと言葉とは自由な広がりを持つものとして、改めて、言葉とは何か? 文字とは何か?を考えてみたくなる。

野口先生が、漢字の字源、大和言葉の語源をたどる面白さにハマった、その危うさも承知しながら、昏迷する世界に入り込まないことを祈りつつ、『漢字語源辞典』のページをめくる日々である。

コメント

坐禅 ふたたび 四十八日目

2019年07月15日 08時54分14秒 | Weblog

藤堂明保『漢字語源辞典』昭和40年(1965)が手に入ってから、日曜日、土曜日の朝日カルチャー「野口体操講座」で、テーマとして話をし終わると、気づくことがある。

著者の戦前、戦中、戦後を想像していると、小説を書きたくなる? 興奮を覚える。

そんなこともあって、しばらくの間呼吸が浅くなっているのを感じていた。

そこで今朝は、何が浮かんできても右から左へ、左から右へ流すことに決めて坐り始めた。

・・・・・、・・・・・、・・・・・・・。

おかげで吐く息を長く、深く吐くことが出来た100だった。

姿勢も保たれていたことに安堵。

コメント

坐禅 ふたたび 四十六日目、四十七日目

2019年07月13日 09時00分30秒 | Weblog

四十六日目は、50回を数えたころ、水道の再検診で中断。

実は、我が家は木戸の鍵を開けないと、検診ができない。

改めて坐り直そうかと思ったが、所用で出かける時間も迫って、断念。

 

今朝、四十七日目は、ただ呼吸を数えているうちに、100回となってしまった。

こういう日もある。

で、坐禅を始める前と後には体操をする。

どちらがかけても今ひとつの感があって、前後の体操と坐禅が一つのまとまりとして、からだを整えてくれるような気がしている、たぶん。

コメント

『藝える(うえる)』PDF

2019年07月09日 20時01分47秒 | Weblog

野口体操公式ホームページ「のネット通信」から『藝える』のPDFに入ることができます。

http://www.noguchi-taisou.jp/nonettsushin/nnetp1.html

スクロールすると、文章も読めます。

コメント

本の紹介 2冊

2019年07月09日 15時12分56秒 | Weblog

一冊めは、東京藝術大学広報誌『藝エル(うえる)』4

「東京藝術大学のいま、これから。」と副題がついている。

特集「藝大生のための 本特集」の中に『私の一冊 『「学生にすすめたい」「人生を変えた」先生にきく 私の一冊』

さまざまな科の教授・准教授に一冊をあげてもらう企画。

最後に 澤和樹(学長)『原初生命体としての人間』野口三千三 三笠書房 「体を知って 自分を知る」

《藝大生の頃に受けた野口三千三先生の「野口体操」は、最も思い出深い授業です。・・・・・》

近日中に、野口体操公式ホームページにあげたいと思いっている。

 

二冊目は、藤堂明保『漢字語源辞典』学燈社 昭和40年初版 昭和51年19版 

赤い字で《お茶の水女子大学図書館 和書昭和51年》とあり、青い字で「消印」となっている。いつ手放したのかは、わからない。

定価は、9,000円 

高円寺西部古書会で見つけて、棚の前を2、3回行ったり来たりして、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、レジへ向かった。

「定価がついていませんが、おいくらでしょうか」

出店してる古書店主に聞いてくれた。

「エッ、500円ですか」

思わず聞き返してしまった。

内容からしても、藤堂さんにお気の毒な気がした。

索引を入れて914ページもあり、英文の概要もある立派な研究・専門書である。

自宅に帰ってページをめくってくと、読まれた形跡が全くない。

勿体無い!

この分野は本格的に取り組む学生がいないのだろうか?

 

さて、内容は、音韻論を中心とした語源、そして「単語家族」の考えによる研究等、藤堂言語(文字)学の集大成である。

この本を読んで、藤堂明保編『漢和大字典』学習研究社を引くと、字典に書かれている内容が、今までとは全く違ったレベルで理解できるようになる。

実は、野口三千三先生は、どちらかというと白川静文字学を重んじて、漢字の解釈をされていた。

『野口体操 おもさに貞く」は、白川説によって書かれているくらいだ。

しかし、この本に出会ってみると、迂闊だったと気づかされた。

藤堂言語学に真正面から向かい合わなかったことに、反省しきりである。

漢字の学びは、さまざまなアプローチがあって、たった一つの正解があるわけではない。

藤堂学説を学ぼうとしなかったことに自戒の念を抱く。

今からでも遅くはない。

 

今週、7月13日土曜日の朝日カルチャーのレッスンには、この2冊を持参する予定。

詳しい内容は、その時にさせていただこうと思っている。

 

コメント

坐禅 ふたたび 四十五日目

2019年07月09日 15時05分07秒 | Weblog

またしても邪道!?

50回を数える少し手前で、背筋を伸ばしたまま、肩を上下したり、軽く回したり、首を前後・左右にかたむけてほぐす動作をしてしまった。

なぜか?

じっと座り続けた状態で終えると、右の上腕が痛むからだ。

肩からぶら下げて、動かすことをしないと負担がかかって、痛みが出る。

で、100回を数え終わってからは、「やすらぎの動き」「真の動き」ほか、いくつかの動きをしてほぐしてから、次に移る方が調子が良いことを体験している。

そんなわけで、邪道と言われそうな本日の坐禅もどきでありました。

コメント

坐禅 ふたたび 四十四日目

2019年07月07日 09時08分18秒 | Weblog

たった二日だが、雨上がりに40分ほどの散歩ができた、昨日・一昨日。

今朝、体操をしながらふくらはぎに、ある種の充実感を得ていた。

一通りいつもの体操をおえて、そのまま結跏趺坐の姿勢をとった。

違う!

ふくらはぎの充実感が、腰を安定させてくれている。

そうか!

左右の肩は、前かがみでない位置に落ち着く。

さて、静かに呼吸を行う。

坐禅に何を求めているのか。

形而上のことでないことははっきりしている。

今のところ、からだ芯で、しっかり呼吸できるように、かな!

正座でキーボードに向かっているが、本日も背骨が気持ちよく立っていることを実感してます。

この感じは気持ちがいいことこの上ない。

コメント

信じる・・・・。

2019年07月06日 10時06分11秒 | Weblog

今年、春の彼岸に、鉢植えの植え替えを行った。

何年もやらなかったために、鉢の底にある水切り穴から根が出て、土に伸び出していた。

そのために鉢の中の土が少なくなっても、生きられたのだった。

特に芯の太い根が、しっかり根付いていた楓を強引に引き抜いて、新しい土で植え替えを行ってしまった。

朝のこと。

その日の夕方前には、葉が萎れ始め、一緒に手伝ってくれた隣家のお兄さんが気づいて、心配していた。

「大丈夫ですよ。植物は思いの外、強いから・・・」

いったものの、自信はなかった。

以前、ここまでではなかった木だったが、水やりと太陽と風を調節するだけで復活する経験から、その言葉が出てきた。

 

さて、3月から4月の間は、日差しと風が強く当たらないところに置いた。

5月に入ってから東の朝の光をたっぷり浴びて、そのまま夕方まで日差しがある場所に移動させた。

その間、水やりは欠かさず。

春だというのに、枯れてきた葉は雨と風にハラハラとちってしまった。

それでも元気のない縮れたままの緑の葉が、枝先に残っていた。

枝は死んではいないことを一本づつ確認して、水やりと日差しを当てることを続けていた。

復活することを信じた。。

 

梅雨に入って長雨が続き、それでも気温が高い日もあった。

雨が続くと水やりを行う必要がないので、様子をみることもしながった。

ところが、雨が上がった日に楓の鉢の様子をみると、しっかり緑の葉が茂っていた。

三年待つ気でいたのが、なんとおよそ3ヶ月で復活してくれていた。

植物は強い。

生命力に感動した。

土、水、光、風・・・・・思わず手を合わせてしまった。

野口三千三先生の名言。

『信じるとは、負けて・参って・任せて.待つ』

そして、地道で適切な行動。

野口先生の“植物に貞く”、とはこういうことだったのか!

死してなお生きておられる。

 

コメント

坐禅 ふたたび 四十三日目

2019年07月06日 09時59分22秒 | Weblog

昨日に続き、今朝も坐ることができた。

しばらく坐れなかった期間に、少々猫背になっていた。

激痛のあった右肩だけでなく、左肩も前に傾いた。

それが結跏趺坐で坐って二日目にして、肩の位置が戻ってくれた。

おかげで本日は、久しぶりに背骨が通ってくれる感じが戻ってきた。

それだけで気分がよろしい。

休憩も継続も大事だ。

無理強いをいしないことも・・・・・。

コメント

『なつぞら』〜『帰郷』〜『あれよ星屑』が繋がって描かれる「真実」

2019年07月05日 09時51分51秒 | Weblog

今朝も朝ドラを見ていた。

読んだ順に、山田参助『あれよ星屑』(大人買い)、浅田次郎『帰郷』(言葉の力に感服)を、今朝の『なつぞら』が繋げてくれた。

戦争末期から敗戦後を生の感じで知りたくて、ノンフィクションの本に加えて、これらを読んでいたのだった。

漫画でなくては描けない真実、技巧を技巧と感じさせない小説家の筆による真実。

時代に生きた人々の息遣いが、うめき声が聞こえてくるようであった。

漫画と小説は、親兄弟姉妹との縁を切り・切らされ、故郷に帰ることができない男たちと女たちの戦後をリアルに描いている。

 

そして、今日である。

『なつぞら』では、空襲で親を失った浮浪児の運命を描いてくれた。

本当のことのようで本当にはなかったこと、本当ではないようで本当にあったこと。

ドラマ・小説・漫画といったフィクションだからこそ描ける、描いてほしい真実がある。

 

見えてきたんですよねー。

戦争末期から敗戦後、GHQの占領が解けてしばらくしてもまだまだ戦後、昭和40年代にさしかかる頃までの野口三千三の生き様や思いが、見えてきたんですよ!

すごく、リアルに。

 

同世代と言える浅田次郎の小説の中の帯の言葉。

《戦争は知らない。だが、ゆえなく死んで行った何百万人もの兵隊と自分たちの間には、確かな血脈があった。ジャングルの中や船艙(ふなぐら)の底や、凍土の下に埋もれていった日本人を、外国人のように考えていた自分が、情けなくてならなかった。ー「不寝番」より》

コメント

坐禅 ふたたび 四十二日目

2019年07月05日 09時44分28秒 | Weblog

本当に久しぶりに坐った。

とても新鮮。

坐っているうちに、ひらめいた。

野口三千三の敗戦後、野口体操へと流れだすわかれ道が、見えてきた。

野口体操に出会った時から持ち続けた問いに対する、自分の中での一つの答えかもしれない。

というわけで、本日は、気持ちよく呼吸が整いました!

コメント

激痛

2019年07月04日 08時58分42秒 | Weblog

実は、上腕と上腕の付け根に、体操・夜間睡眠時・日常の思わぬ動き等々で、激痛が走っていました。

少しだけ軽減されてきていますが、しばらくの時間が必要です。

パソコン動作、坐禅で坐った後、電車に30分以上坐って乗った後なども、気持ちの悪い痛みがあります。

軽く腕を振って散歩すること、野口体操の一部の動きは、むしろやっている方が調子がいいようです。

というわけで、しばらくブログ書きもお休みしていました。

レッスンや授業は休まずに続けていますが、行き帰りに背負っているリュックの肩紐の下に厚めに畳んだタオルをあてがったり、それなりの工夫をしています。

 

そんな中でも楽なのは、読書であります。

今は、昭和19年から20年の終戦直後に関する本を読んでいます。

中でも小説『帰郷』浅田次郎 大佛次郎賞 第四十三回受賞作は、久々に感銘を受けた作品でした。

帯には『戦争によって引き裂かれた男たちの運命。名もなき人々の矜持ある生を描く小説集。』とあります。

若い人にこそ読んでいただきたい。

 

しばらく、腕をかばって、そっと生きることにします。

コメント