西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

雨の小倉城、森鴎外そして松本清張

2019年09月20日 | 旅はいつもおひとり様(古城を訪ねて)


雨の小倉城
令和1年9/20(金)、北部九州には台風が近づいていて雨模様の中JR電車に乗って小倉まで行った......今年から金曜日を完全休養日にしたので元気度に応じて活動することにしている(^^)
今回は小倉城はサブでメインの目的は森鴎外旧宅と松本清張記念館を訪ねること。
小倉については以前の記事にも述べたことがあります......お城があるだけで武家屋敷などはなくて小笠原氏15万石としての城下町の風情はほとんど残っていません😵 譜代大名だったので幕末には長州の高杉晋作らに率いられた奇兵隊などに攻められて小笠原軍は自ら城を焼いて敗走しているので戦禍に見舞われた城ということでもあります。
今よりも規模は大きかったらしいですが ビルに囲まれたお城になっているけれど町のシンボルで憩いの場所といった感じだ。残っている石垣は堂々たるものです。

さて、小倉駅に着いて先づ森鴎外旧宅を目指して歩く。狭い路地が多く周辺は飲み屋さんなんかもたくさんで たどり着いた青竹の生垣に囲まれて開放的な純日本家屋が森鴎外旧宅......鴎外は軍医時代に2年半ここに住んだらしい。
自分が生まれた鹿児島県国分(現在は霧島市)もこんな家だったなぁ......と似ていたので感無量。屋内は無料開放されていて誰れでも上がって観覧できるようになっており、鴎外の書籍が沢山展示してあった。

明治の文豪で陸軍軍医でもあり いかめしい感じがするんですがなかなかのロマンチストでもあったようす(^^)
" 阿部一族 " という短編時代小説を読んでDVD映画も見たので一度訪ねたい場所だった

庭には銅像、歌碑なんかがありました。

そこを後に小倉城へ......今回は裏側から城内へ。するとすぐに松本清張記念館があって入館、この作家の本はあまり読んだことがないけれどとにかく幅広いジャンルに渡っているのがわかる。大きな学歴があるわけでもない地道に叩きあげた巨人、創作意欲が旺盛な作家。文学界の田中角栄といったところか🌿
東京在住時代の家が館内に再現してあるのを見ると その蔵書の数たるや膨大で想像を超えるものであった😳

ここで問題発生😖 森鴎外旧宅にメガネを忘れてきたことに気づいて気分動揺😵 近視、乱視があるので普段かけ慣れていないからか気が回らずにいた.......館内が暗めにしてあることもあってどうもメガネをかけないとよく見えなかった。清張作品の映画ポスター展もあったし映画上映、インタビュー画像なんかもあったけれどあーぁとなってせっかくの松本清張もザッと眺めて出る羽目になってしまった...残念😖

雨も降ってきてダブルパンチで 近くにある中古レコード店Tに立ち寄りカントリーのレコードがないか見る(ここに来た時はいつも楽しみにしている処)......でも今回は全く収穫なしで店員さんに尋ねてもカントリーはないよ だって😵
昔好きだった笹みどりさんの LP各250円くらいで4枚あったので3枚買ったのが唯一の救い😊😄
急いで森鴎外旧宅へ引き返したら来館客の感想ノートのところに置いてあったのでひと安心......メガネ忘れの件で今回の小倉探訪は気もそぞろの小旅行となったのであった😵😖


もうひとつ、たまたまJR九州の情報誌" プリーズ "に宮本武蔵の記事が載っていたので小倉にその痕跡がないか探ってみたけど城内に像があるだけだった。武蔵は巌流島以外はやはり熊本かなぁ

コメント   この記事についてブログを書く
« 懐かしのカントリー&ウェスタ... | トップ | 今日から10月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅はいつもおひとり様(古城を訪ねて)」カテゴリの最新記事