西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

オムニバスとはなんぞや

2018年03月05日 | オムニバス レコードは楽し

オムニバス レコードとは何ぞや
私は「 オムニバスレコードは楽しい 」というカテゴリーを設けています。この"オムニバス"とは何ぞや...と思われる方がおられるかも知れません......辞書で"omnibus" と引くと" 乗り合いバス " と書いてあります。つまり、1枚のレコードにたくさんの歌手が乗り合わせたアルバムということです。CDの時代になってからはコンピレーション アルバム(compilation=編集したもの)と云われることが多くなりました......でも私はオムニバスの呼び方の方が好きですよ。ジャケットに顔写真が載せてあると正にピッタリ...の感じがするんです(smile)
メリットは色々な歌手のスタイルを広く浅く知り得ること。大体がその歌手の代表的な歌が入れてあるからカントリー・ミュージックの大筋を掴むことが出来ること。
CDでも同じ......初めから全曲一人の歌手を買うよりかずっと合理的で経済的、気に入ったらその歌手のアルバムを買うようにすればいいと思います。 欠点はすこし時代的に遅れることかな......写真はガラクタ市で見つけた100円の日本発売の古〜いレコード、写真の人物が当てられたら貴方はすごいよ
コメント   この記事についてブログを書く
« ひなまつり | トップ | ヒルビリー・ヘブン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オムニバス レコードは楽し」カテゴリの最新記事