風音土香

21世紀初頭、地球の片隅の
ありをりはべり いまそかり

「賢治さんとおさんぽする、秋」

2018-09-24 | 文化


昨日は午後からマルカンビル1階にてイベント。
「花巻てならいキッチン&ライブ
 賢治さんとおさんぽする、秋」
PAやら、ライブやらいろいろとお手伝いだった。

第1部は
兵庫県在住ながら年に何度も花巻を訪れていただいている
賢治研究家・料理研究家の中野由貴さんのトークと
それにまつわる料理をいただくもぐもぐタイム。



料理といっても
キッチン使用が限られていることと
参加人数がなかなか確定できなかったこともあり?
賢治さんも食べていたであろう花巻産の野菜や果物中心。
結構な人数の方が参加されていた。
中には林風舎の宮沢和樹さんも!!
好評だったみたい(^^)

第2部はフリーライブ。
このイベントを主催された「みのおてならい」の方のご主人と
そのお仲間によるビートルズカバーやオリジナル。
リゾネーターギターがいい感じの枯れた音を出していた。
ここまではPAも絶好調。

しかしその後の我々のステージになると
いやーハウるハウる(^^;
マイク4本(1本は三線用)にライン2本(ピアノとギター)で
狭いところに並んだ挙句、ちょいとライン系上げすぎたか?
特にピアノの低音がハウっていたなぁ。
目一杯チャンネル使ったことも悪影響になったのかも。

今回の反省は
・三線はマイク取りではなく、やっぱりピックアップ使えば良かった。
 三線用のマイクでキャノン使ったため、ギターはDI使わず直結。
 それも良くなかったかな?
・スピーカーはちゃんと前に出して、モニター使うべし
 ズボラしてモニター端折るべからず
・チャンネル使うときはちゃんと余裕持ったミキサーじゃなきゃダメだね
あと、前から思ってたけど、少し予算的に余裕できたら
もう少し出力大きいパワードスピーカーが必要だなぁ。

という反省点をメモっとこう(笑)
コメント

9月23日

2018-09-23 | 生活の風景


本日はマルカンビル1階でこんなイベント。
ちょっとだけライブ演りマス。

そして今日は我々の32回目の結婚記念日。
長いこと一緒にいるなぁ。
これまであっという間だったような気もするけど
当時のこと思い出すとやっぱり昔だ(^^;
ついでに(笑)
今日は親父とお袋の59回目の結婚記念日でもある。
おめでとう。

で、今日は午前中撮影があり、
14時半からは上記のイベント参加。
特別なことは何もない(笑)
コメント

カンタくんのぶどう

2018-09-22 | 生活の風景




東京からやってきて
地域おこし協力隊員を3年勤めあげ
期限後はぶどう農家になったカンタくんの初収穫。
贈答用のキャンベルの掛け紙とリーフレットは
花巻の売れっ子デザイナー菜摘ちゃん作だ。
なんか、とてもうれしい。

甘い新品種が最近はたくさん出てきているので
キャンベルを久しぶりに食べたけど
あっさりとした甘みがとても美味しい。
じんわりと胸に迫る嬉しさとともに味わった。
ごちそうさま。
コメント

「新 神楽と出会う本」

2018-09-21 | 読書


神楽に関する学術書は古くから数多あるものの
一般向けに全国を網羅した神楽紹介本は実はそう無い。
神楽そのものに興味ある人はいろいろ見ているかもしれないが
実際に伝承している人たちは、実は他地域の神楽に触れる機会が
これまたあまり無いのかもしれない。
私のように伝統的生活慣習から興味ある人間はともかく
地域の神楽を伝承している神楽衆たちにとっては
自分たちの芸能の肥やしになる情報には興味あるだろうが
比較文化的アプローチや古典芸能、郷土芸能全般に対する興味は
もしかしたらそれほど無いのかもしれないからだ。
まして伝統的芸能は生活慣習とセットになっていることが多いので
単に芸能だけ見てもその本質が理解することは難しいから。

だからこそ、この著者のような第三者の目が大事だ。
特にこの方は元々がミュージシャン。
神楽における音楽(お囃子など)に注目した考察は
これまでに無いアプローチではなかろうか。
(舞の所作や衣装、道具などの研究書は数あれど)
使う楽器やリズムなどの関する記述も詳しいが
個人的には口唱語や神歌が取り上げられていることに興味を持った。
それこそ初めてじゃないの?
神歌は神楽の拍子を奏でる時に合わせる歌。
口唱語も太鼓や笛、舞などのリズムを口で覚えるものだ。
中でも神歌で歌われる意味についての考察は面白い。

そして何よりこの本の再々の特徴は
記述されている各地の神楽の動画がyoutubeにUPされていて
紹介ページの最後のQRコードによって実際見られること。
これは便利だ。
本作りに多少なりともタッチしている者としては
その裏側にある膨大な労力にも敬意を払いたい(^^;


「新 神楽と出会う本」三上敏視:著 アルテスパブリッシング
コメント

神田の稲刈り

2018-09-20 | 文化


春に田植えをした、注連縄で囲った神田にて
この前の日曜日稲刈りが行われた。
残念ながら神楽メンバーの予定が合わず
権現舞奉納はできなかったけれど、
神事に続いて子ども達中心に
ベテランの大人のサポートで作業。
曇ってはいたけど雨にもあたらず済んだ。
秋の好日。

このもち米は元旦祭にお供えする餅となる。
コメント

「賢治さんとおさんぽする、秋」

2018-09-19 | 文化


花巻まち散歩マガジンMachicocoの
コンセプトにもつながるこのイベントが
9/23にマルカンビル1階で開催される。
主催されるのは大阪の「みのおてならい」さんで、
文化庁「市民から文化力プロジェクト」の参加事業とのこと。
花巻の中からばかりじゃなく
こうやって遠隔地からも花巻で文化的イベントを催してもらい
市民とのつながりができるのは関係人口構築にも良い。
ありがたい話として、私も多少お手伝いさせていただきます。
以下は「賢治さんのもぐもぐタイム」を担当される
「ゆきねこ」さんのブログより。

    ★    ★    ★    ★

花巻はおさんぽするのにいいところ
ちょっとレトロな町並みや 少し歩けば
森や林、川の流れや広い空、そうしてトマトやりんご、
お米に雑穀 チーズにワイン......
おいしいものも目の前の畑や田んぼ、果樹園に。
そんな花巻をふるさとにもつ宮沢賢治さん。
時代を超えてその作品世界に流れる
花巻の洒落たエッセンスとゆるゆるした明るい時間
第1 部は 賢治の作品世界から花巻の野菜や果物のある風景を探訪
ちょっぴりの試食つき
第2 部は 花巻人と関西人の音楽ライブ紡がれる音の世界は未知数なり
花巻× 賢治×音楽で おさんぽを楽しむプログラム
秋のひとときどなたもどうぞおでれんせ

と き 2018 年 9 月 23 日(日) 14:30 ~ 16:30

ところ マルカンビル 1f 岩手県花巻市上町6-2

参加費 第 1 部 1 ,000円 (税込) 第2部 無料
     ※第 1 部は事前申込が必要です。

プログラム
【第 1 部】 賢治さんのもぐもぐタイム 14:30 ~ 15:30
  賢治の作品世界から~花巻の野菜や果物のある風景を探訪 ちょっぴりの試食つき~
  案内人:中野由貴(なかのゆき)花巻と宮沢賢治ファンの料理研究家
宮沢賢治作品に登場する野菜畑や、自身と野菜のエピソードを紹介しながら、
現在の花巻の野菜や果物のある風景を探ります。
おはなしのあとは花巻食材でもぐもぐタイム。
今回は花巻のトマト、りんご、雑穀、チーズ、白金豚(加工品)を味わいます。
(小さな試食です。都合により食材は変更になることがあります。ご了承ください)。

【第 2 部】 でくのぼうライブ 15:30 ~ 16:30
  花巻人と関西人の音楽ライブ~紡がれる音の世界は未知数なり~
  出 演  風音(かぜおと)/戌丑(いぬうし)

主 催 みのおてならい
    ★お申込はこちら → みのおてならいHP


※この催しは文化庁「市民から文化力プロジェクト」の参加事業として認定されました。
  
花巻市のHPにも掲載いただいています。ありがとうございます
  
・・・  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・

主催の「みのおてならい」さんは初の国内おでかけ講座。
箕面(みのお)では
2016年に「賢治さんとお茶っこ体験」講座を開催させていただきました。

事務局のみなさんとこうして岩手で一緒に集えるのも、
思い返せば、しあわせの学校で2010年に盛岡で賢治さん講座がご縁でした。

そののち、しあわせの学校の2013年「もっとずっときっと祭
などでもご一緒し、以来、ほぼ隔年に花巻で再会をしてきましたが、
今回、こうして花巻×関西で集まれることがとてもうれしいです。

風音さんは、いつも花巻でお世話になっているマチココ編集長率いるグループ。
戌丑さんの「戌」さんは、初花巻と伺っています。

もぐもぐタイムは準備の都合、事前の申し込みをお願いします。
ライブは無料です。
ぜひ秋の花巻におでれんせ(おこしください)!
コメント

2018-09-18 | 生活の風景




あきは来ぬ 秋は来ぬ
一葉は花は露ありて
風の来て弾く琴の音に
青き葡萄はむらさきの
自然の酒とかはりけり

秋は来ぬ あきはきぬ
おくれさき立つ秋草も
みな夕霜のおきところ
笑ひの酒を悲みの
盃にこそつぐへけれ

秋は来ぬ あきはきぬ
草木も紅葉するものを
たれかは秋に酔はさらむ
智慧ありかほのさみしさに
君笛を吹けわれは歌はむ

(島崎藤村「若菜集」より)
コメント

蕎麦畑

2018-09-17 | 生活の風景




今、蕎麦の花が満開。
まもなく収穫の時を迎える。
折しも黄金いろの田んぼでも稲刈りの季節。



秋空にトンボが舞う。
コメント

お神楽ビデオジョッキー

2018-09-16 | 神楽・芸能


「神楽と出会う本」著者で、
音楽家/神楽・伝承音楽研究家の三上敏視氏が来花。
各地の神楽など伝統芸能映像を見ながら
参加者とワイワイ飲む会が明日計画されています。
めったにない機会。

参加希望の方はこちらへ参加表明願います→facebookイベント
コメント

大迫へ

2018-09-15 | 生活の風景
秋晴れのこの日、花巻市の北東にある大迫へ。
ここは早池峰山、早池峰神楽の里であると同時に
ブドウ栽培が盛んでワインの里でもある。



東京から移住しているカンタくんが育てた
ワイン用ぶどう収穫の姿を取材。
初めての収穫は格別の喜びだろう
終始笑顔のカンタくんだった。



小昼(こびり)には
地元大迫の高鉱菓子店の栗饅頭とおちゃ餅。
栗饅頭は「饅頭」といっても実際には醤油だんご。
中に栗が丸ごと入っている。
旨い。



そしてランチはふじかめさんへ。
暮坪そばとミニ天丼。
近隣の蕎麦屋ではここが一番好み。

いい街だ。
コメント (2)

セプテンバーバレンタイン

2018-09-14 | 文化
最近は聞くこともなくなった言葉。
2月のバレンタインは告白の日で知られるが
(最近はそうでもないのかな?)
9月のそれは別れを言い渡す日という
センチメンタルな日として知られていた。

佐々木幸男さんの「セプテンバーバレンタイン」は
確か高校時代にコッキーポップで知った曲。
佐々木幸男さんの曲は「君は風」が好きだったが
「セプテンバーバレンタイン」も
切ない名曲として記憶に残っていて
10年ほど前にはバンドでカバーしていた。
結構完成度高かったんじゃないかなと思ってるけど。
コメント

夕暮れのマルカンビル大食堂

2018-09-13 | 食べ物・お店


ここからの夕焼けはきれい。
オーダーストップ前のガランとした大食堂も良い。



そしてコレを(^_-)

コメント

その時代、その人の立場で物事を考える

2018-09-12 | 社会・世界・平和


NHKの大河ドラマ「西郷どん」を見ていて考えることがいろいろある。
岩手の人間としては奥羽列藩同盟の一員として薩長は「敵」だから
いろいろ複雑な思いで薩長同盟締結のシーンを見ていた。
幕府を倒すために武力を使わざるを得なかったのはドラマでわかったが、
それならなぜ会津ではあんな残酷なことをしたのか。
実は薩長軍は単なるテロリスト集団だったのではないか・・・
一方で祖父は長州出身ということもあり、
特に井伊直弼による安政の大獄や新選組による志士虐殺などは
心情的に引っかかるところがある。
さて、当時私が南部藩の武士だったら、長州の武士だったら
あるいは新選組だったら・・・と考えてみる。
お調子者の私のことだから、きっとその立場の「正義」に酔い、
威勢のいいことを言って先陣切って飛び込み戦死していただろう。
どの立場だったとしてもだ。
決して西郷や大久保や桂や坂本みたいに思想を論じることもなく。

昭和の初めから終戦までの日本は
今考えてみると、国全体がある意味狂気に駆られていた時代。
自らの命を以って国を守ることこそ唯一の美徳とされ
異を唱える人々は「非国民」と罵るだけだった。
そんな中でも天皇神格視や覇権主義、帝国主義、軍部台頭を危惧し
牢獄につながれたり、命を落としていく者もいた。
さて、私が当時市井の人間だったらどうだっただろうか。
お調子者の私のことだから、きっとその立場の「正義」に酔い、
威勢のいいことを言って、真っ先に志願兵となったり
あるいは周囲から影響を受けた場合は地下に潜って抵抗し
最後にはどちらの立場だったとしても無為に命を散らしただろう。

昭和35年から50年ぐらいにかけ
世の中は高度経済成長時代であったと同時に若者の氾濫の時代だった。
おそらく若者たちの思想の根底には経済成長一辺倒の社会への
アンチテーゼとして「正義」があったのだと思う。
しかし残念ながらその思想が先鋭化していった結果、
榛名山粛清事件や内ゲバへとその行動が変質していった。
さて、私が当時市学生だったらどうだっただろうか。
お調子者の私のことだから、きっとその立場の「正義」に酔い、
先頭切って威勢のいいアジテーションを繰り広げ
だんだん追い詰められていったことだろう。
あるいは(ほんの1〜2年の違いによると思うのだが)
さっさと社会へ出、冷ややかに彼らの活動を眺めながら
当時「エコノミーアニマル」と海外から称された企業戦士になったかも。

私が育った時代は嵐の季節が熾火となり
何をやっても無駄という無力感の中で変動相場制が始まり
いよいよ日本がグローバル経済の荒波に巻き込まれた転換期。
そんな大きな波の翻弄されながらも、
無気力世代、シラケ世代、迎合世代と揶揄されてきた。
幸か不幸か、そんな時代に生まれ育ったためか
さまざまな「正義」を客観的に眺めることができ
冷静に物事を考えることができているのではないかと思う。
(だからこそオウムなどの渦に巻き込まれずに済んだ?)
しかし、過去の出来事を今の価値観で測ることはできない。
今安穏としながら客観的に時代を検証したとしても
未来が見えないその時々に、それぞれの人々の考え方や行動を
高みから批判したりはできないのではないか?
その時代のことを知り、そこにいた人々の心情を推し量って
その立場で物事を考えないと、その本質は理解できないのではないか?
勝手に罵ったり、「正義」振りかざしたりすることの恐ろしさを
私たちは歴史から学ぶ必要がある。
コメント

お化け屋敷

2018-09-11 | 文化


あえて「文化」カテゴリーで(笑)

ここは花巻市内、ホテル花城の向かい側にある
通称「おだびや(御旅屋)」と言われる場所。
花巻の鎮守 鳥谷崎神社の神様が
お祭りの期間中滞在する、いわば別荘だ。
かつては祭り期間中ここにお参りする人が多く、
花巻まつりの中心だった。
敷地が広く、少なくとも私が子どもの頃から
ここには見世物小屋やサーカス、お化け屋敷が
祭りの3日間開かれていた。
どことなく怪しく、妖しい隠微な匂いがする場所で
子どもの頃は大いにそそられたものだった。
今もお化け屋敷が来てるんだねぇ。
拡声器を通した客寄せの声が非日常を演出する。

お化け屋敷といえば
高校時代に文化祭で3年連続お化け屋敷をやった。
初年度はクラス単位の出し物として
2年次、3年次は1年の時の仲間で有志の出し物として。
工事現場からコンパネを借りてきて、
前日から学校へ泊まり込み、徹夜で教室に迷路を作った。
音響を駆使した、当時としては最先端だったと自負している。
3年間続けたお化け役は4人。
みんな自前でファンデーションやら、口紅買ってきて
白い着物を着て、客を大いに怖がらせたものだった。
その4人は、今じゃ2人が医師、ひとりが高校の校長、
そして市議会議長となっている。
それぞれ大活躍だけど、
未だに大なり小なり付き合いがあるのは
友のお化け屋敷をやった仲間だからだと思っている。

今ならあんなこともできた、こんなことも・・・と
新たにいろいろ思いつくんだけど
まぁあの当時のテクノロジーや高校生の限界があるから
現代とな比較できないよね(笑)
でもいまだにお化け屋敷運営を
興味深く思っているワタシがいる(笑)
コメント

まつりの後

2018-09-10 | 文化


初日は権現舞パレードに出た後
薪鹿踊りを見にまたお祭り広場へ。
2日目は花巻の鎮守 鳥谷崎神社の式後
午後いっぱい市内渡御に随行。
15km、3万歩近く歩いてヘトヘトに。
休憩のたびに飲んだはいたが、
それでも中日ぐらいは飲みに行こうと
直会後にぶらりと街中に向かったはいいけれど、
どこもいっぱいで疲れ果て、結局帰宅。
3日目は前日に引き続き鳥谷崎神社で式後、
午後から社務所にて奉納神楽。
大雨も相まって、そのまま帰宅した。

神楽衣装で3日間を過ごしたのは初めてで、
神輿も山車もほとんど見ることができなかったけど、
なんか妙に満足感のある今年の花巻まつりだった。
欲を言えば中日もう少し見たかったけど、
直会後向かった時にはには自由運行も終わってたし、
ヘトヘトで飲みに行くのもようやっとだったから、
庚子会の同級生たちに会って、
直会誘われた時にはもう電池切れ。
断って帰ってしまった。

若い頃は神輿も目一杯担ぎ、
身体中のエネルギーを出し切る3日間だったけど、
年齢相応の楽しみ方があっていいよね。
3日間とも雨に祟られたけど、
ともかく平成最後の花巻まつりは終了。
皆さんお疲れ様でした。

庚子会は今年30周年。
感慨も深い。
コメント