風音土香

21世紀初頭、地球の片隅の
ありをりはべり いまそかり

山の廃校

2021-04-22 | 文化
先日は仕事で、この3月に廃校となった小学校内の撮影。
歴史ある学校だったけど、最後は複式学級の小規模校だった。
里山に囲まれ、自然豊かな周囲の環境は抜群。


学校のすぐ前には渓流が小さな滝を作っていた。
早池峰山の雪解け水で透明度の高いきれいな流れは水量豊富。

学校は築50年ほどだろうか。
トイレ(入り口上の札には「便所」と書いてあった)の入り口は
レトロおしゃれななアーチ型。


内部に残された備品も懐かしいものばかりだった。
特に理科室には歓声を挙げてしまった。
もう使われていないものばかりだから残されているのか
備品が入っている戸棚も木製で実に昭和。





薬品を入れていたと思われる
鍵付きの金属の棚はさながら千と千尋の釜じいの部屋。


特にこのガラス製の実験用具(名前がわからない)は
骨董屋さんでも高い値段がついていそう。
インテリアとして使ってもおしゃれだよね。


廃校になってからまだ半月ほど。
古い校舎だけどきちんと手入れがされ、荒れた様子もない。
今にも廊下の端から子ども達の声が聞こえてきそうだ。
元気な山の子達の声。
こんな学校に、小学生の頃憧れたなぁ。
コメント

夢 vol.2

2021-04-21 | 生活の風景
今、花巻駅南側はきれいなプロムナードになっているが、
かつて岩手軽便鉄道の駅だったあたりは
私が小さい頃は運送会社の貨物置き場みたいになっていた。

幼い頃の私がそこを歩いている。
と、貨物と貨物の間に細い路地があることに気づいた。
そこを辿っていくと、すぐにいつもの道に出た。
そのままとぼとぼ歩いて家(実家)へ帰る。
ところが、周辺の風景や家の構えや玄関は同じなのに
表札には全く見知らぬ人の名が書かれていた。
いつものように呼び鈴も鳴らさず玄関の戸を開けると
これまた全く見知らぬ家族が玄関先に勢ぞろいし、
「お前は誰だ?」と問いかけるような眼差し。
年長の男性が無言のまま、玄関外で上を指差した。

あたりはすっかり夜の闇に変わっている。
指差されるまま上を見上げると満天の星のほか
なんとオーロラまで出ている。
するとそのオーロラの一部がだんだん姿を変え
1枚の紙のようになった。
その上に幾つかの星が乗っかっていて
星と星の間にオーロラでできた矢印が見えた。

矢印が差す方向へ歩いて行ってみると
駅から家へと続く道を引き返すようになっている。
さっき来た道をそのまま辿り返し、
最初に入った路地の入り口にたどり着いた。
それからその路地を通らずに、いつもの道を通って家に帰ると
見慣れた自分の家族が出迎えてくれた。

何度となく繰り返してこんな夢を小さい頃から見ている。
いつもストーリーは一緒だから、次の展開も知っているのだが
それでも毎回路地を通って知らぬ家族と会うし、
オーロラが指すまま同じ展開で道を戻って本当の家に帰る。
あまりにも何度も見ているので、
もうその風景まで記憶してしまった。
この夢は何を意味しているのだろうか。
コメント

存在意義・・・レーゾンデートル

2021-04-20 | 世界・平和

先日こんな新聞広告を見つけた。
ちょっと興味がある。
これらの問いは哲学の世界では基本中の基本。
というより、この命題を解きほぐすために哲学はある。

数日前のテレビで
とある有名人が同業の達人を指して
「彼は○○をするために生まれてきたようなもの」
という表現をしていた。
人はそれぞれこの世でなすべき役割がある。
それは何も大層なことばかりじゃない。
生まれてきただけで家族にとっては大切な存在。
普通に生きているだけで、その姿に救われる人もいる。
意識しなくても、自分が気づかないこともある。
無理をするんじゃなく、自分ができることをするだけで
その人の存在意義はある。
歯ブラシを作る人は、その歯ブラシを使う人の役に立っている。
野菜を売る人は、美味しく食べる消費者の役に立っている。
たとえ仕事がなくたって、消費活動に感謝する人もいる。
子にとって親は大事な存在だし、その逆も。
人は生きているだけで、その存在には意義がある。

ただし「我々はどこからきたのか」「何者であるか」という問いは重い。
人間は自然が産んだ奇跡と考えているが、
それならばその人間が自然を破壊する行為はどうなんだろう。
自らの出自を破壊しているようなものじゃないか?
原発による核のゴミの問題。
社会活動によって排出する二酸化炭素の影響。
森林伐採や、兵器による環境破壊。
我々はどこに向かうのか?
コメント

モダンチャイニーズ蓮さんのランチ

2021-04-19 | 食べ物・お店
風人堂のお隣さんで、
同じ屋根の下で営業している仲間でもある。
いつも薬膳ケーキを作っていただき、好評中。

そんな蓮さんのランチ、
いつもは中毒性の高い麻婆豆腐や坦々麺をいただいているが
先日はふと目が止まった油淋鶏のランチセットを。
実は中華料理では油淋鶏が大好物で
まちの中華屋さんだとラーメン炒飯ですませてしまうところだけど、
本格中華の店では油淋鶏を注文する率が高いのだった。


まずはサラダとスープ。
このキノコのポタージュもファン。


そしてメインが来た。
見た目的にも、この彩りにノックアウト。
ここの油淋鶏は脂っこさもくどさもまったくない。
ニンニクを使わず、柚子で香り付けをしているそうだが
それがまた絶品。
肉もジューシーで、なおかつボリューミー。
いつまでも食べ続けたくなる美味しさだ。
(食べ終わるのが惜しくて仕方ない)
以前いただいた海老炒飯も美味しかったので、
しばらくリピートが続きそうだったけれど
またまた自分的定番メニューが増えてしまった。
こりゃ行くたびに迷うなー(^^;
コメント

延命寺神楽奉納

2021-04-18 | 神楽・芸能



花巻市中根子にある延命寺は珍しい修験宗のお寺。
修験は神仏混淆なので、お寺なのに鳥居がある。
(お堂は別)
ここは子安地蔵でも有名なところで、賢治作品にも出てくる。

毎年4月、満開の桜の下で、花見客を前に神楽奉納してきたが
昨年はコロナ禍で中止となってしまった。
今年は?・・・やります(^^)
残念ながら地元老人クラブ主催の花見はないし、
桜も今が見頃なのでたぶん盛りは過ぎてしまうけれど、
神楽殿での奉納は2年ぶりに実施予定。
密を避けながら、ぜひご覧になりに来てください。
来週25日(日)の午後3時から。
コメント

週刊金曜日「花巻の風」vol.3

2021-04-17 | 読書

週刊金曜日への「花巻の風」連載は半年間だが
早いものでもう半分の第3回目。
今回は花巻発のベンチャスタートアップを取り上げました。
ひとりはいわてスターブランドの茂庭くん、
もう1組は最近マスコミ露出度も高いヘラルボニーの松田兄弟。
(ヘラルボニーは今年1月本社を盛岡に移転)

コロナ禍でリモートワークが当たり前の社会となり
東京一極集中していた企業も本社ビル売却や縮小が報じられている。
通勤から解放された人たちが、より生活の質向上を求め
郊外や地方に移住し始めているとの報道もある。
地方においても全国や世界を相手にしたビジネスが可能だということを
この2組の例で示したつもり。
特に花巻市はファミリー層への支援が厚い。
子育てするなら自然に恵まれ、食材も豊富で美味しい地方で。
それがトレンドとなる日も近いか?

週刊金曜日4/16号は昨日発売。
お近くの書店でお買い求めください。
もちろん風人堂でも取り扱っています。
コメント

桜が満開

2021-04-16 | 生活の風景

今年は開花してから雨が少なかったせいか、
はたまた暖かい日が続いて一気に花開いたせいか、
色がとてもきれいに感じる。
去年の桜は白っぽかったけど、かわいいピンク。
でもまちはもう散り始めている感じかな。
これから花巻温泉方面や早池峰の麓が本番。
コメント

何を意味する?

2021-04-15 | 生活の風景
大きな、でも2階までしかない木造で年季が入った研修所?
ちょっと前までは玄関近くの畳の個室だった。
事務室を兼ねた受付の並びの部屋で、
なぜか部屋の入り口に暖簾がかかっていた。
奥に向かい長い廊下があり、途中に半2階へ上がる階段がある。
奥の部屋は大部屋らしく、ワイワイ大勢の声がする。
「研修所」と書いたけど(意識の中でも研修所だったけど)
何かの研修を受けた記憶はない。
ただなんとなくそこに滞在して、参加者何人かと知り合った。

今回は廊下の一番奥、半2階にある大部屋だった。
ここも畳の部屋になっていて、男女混合で20人もいただろうか。
何人かしか目覚めていない朝早くに起き出し
廊下を歩いてあちらこちら探検してみた。
トレーニングルームもあったが古びていて薄暗い。
階段そばに以前滞在した時に交流会をやった大部屋があり
階段を降りると、以前滞在した部屋もちゃんとあった。
交流会に参加したのは2回目の時だったろうか。
ギターを弾いたり、踊ったりしている人たちを横目に
誰かと何かしら難しい議論をしていたようだ。
廊下の窓から外を見ると広い運動場があり、
それを囲むように満開の桜がきれいに咲いていた。

ここ数ヶ月、同じ場所を舞台とした夢を見る。
その「研修所」の場所は、神奈川か静岡かのあたりだと思うが
はっきりした住所は思い出せない。
ただ、駅からの道はくっきりと覚えている。
駅は小さく、住宅街に囲まれていて、
その脇の緩い坂道を登ったところに「研修所」はあった。
駅から歩いてほんの5分ぐらい。
玄関は広くて、老舗旅館のような感じだった。

さて、何度か見ているこの夢は何を意味している?
ちなみにここ数日は、部屋の中にいるポルターガイストのような
小さな妖怪というか妖精みたいなものに翻弄される夢だった。
それを避けようとして、布団を蹴飛ばしていたらしい。
コメント

みんなのうた60年

2021-04-14 | 音楽

NHK「みんなのうた」が放送開始60年なのだそうだ。
ということはほぼ私と同年齢ということになる。
言い換えれば、私の年代はみんなのうたとともにあった?

小さい頃は毎日のようにこの番組を見ていた。
毎月発行される「みんなのうた」の楽譜本も買ってもらい
とにかく家でひとり歌っていた記憶がある。
「ドロップスのうた」や「パンのマーチ」など、
今でも歌詞を見ずにフルコーラス歌えるほど歌ったが、
長じて「ドロップスのうた」はまどみちおさんの詩だと知った。
まどさんは全詩集を買ったほど好きな詩人。
今思うとすごい人たちがみんなのうたの曲を作っていたんだなぁ。

中でも特に好きな歌が2曲あった。
これらもよく歌ったものだが、
あとからどちらもクラシックの曲に歌詞をつけたものと知り、
やはり優れた曲は子どもの心にも訴えかけるものなのだなぁと感心。
今もこのメロディを聴くと歌詞が口をついて出てくる。


ひとつはビゼー作曲の「小さな木の実」。


もうひとつはビバルディ作曲の「四季」から「冬」。
「四季」の春は卒業式や入学式でお馴染みだが
その前に「冬」を知っていたことになる。

新しい歌もいいけれど
こういう、いつまでも残る歌を取り上げて欲しいな。
コメント

ふるさとの山

2021-04-13 | 生活の風景

上は岩手山。
別名「巌鷲山(がんじゅさん)」は
校歌の一節「巌鷲山は峨々として・・・」を歌う
花巻北高OB、現役生達にはおなじみだ。
花巻からも、場所によっては遠く眺めることができる。


こちら、遠くに眺めるのは早池峰山。
こちらは花巻市内の小中学校の校歌ではおなじみの山。
修験から始まる信仰の山でもある。

「ふるさとの山に向ひて言ふことなし
    ふるさとの山はありがたきかな」(石川啄木)
ふるさとの山々はあたたかい。
この春はじめて鶯の声を聞いた石鳥谷にて。
コメント

「しようと思うことは ぜひしなくちゃならない」

2021-04-12 | 社会

朝ドラ「おちょやん」の根底に流れるテーマは
イプセンの「人形の家」に凝縮されていた。
「しようと思うことは ぜひしなくちゃならない」
この有名な名作戯曲は中学生の頃に読んだが
歳を経るごとにそのテーマの重みが理解できるようになってきた。
もちろん近代女性の自立が「人形の家」のテーマだが
現代においては女性のみならず
子ども達を含むすべての人に共通するテーマになってないか?

「しようと思うこと」ができず
「しなくちゃならないこと」にがんじがらめになっている現代人。
それは「権利」より「義務」を重要視する
国の姿勢によるものも大きいが
それより恐ろしいのは周囲の目によって縛られていることだ。
転ばぬ先の杖、効率、生産性、出る杭は打たれ、ネットで炎上する。
先週、地元のコミュニティFMで言っていたが
「最近の若者は酒に酔う時間がもったいない」と言うそうだ。
それもまた「生活が効率に支配されている」ことだろう。

人生に無駄はない。
どんなことでも後ですべて生きてくる。
「しなくちゃならないこと」より「しようと思うこと」をする勇気が
今の現代人に一番求められていることではなかろうか。
朝ドラは暗にそう言うことを伝えている気がする。
コメント

本当の「有害」とは?

2021-04-11 | 社会
私は喫煙者だ。
そして近頃の度を過ぎた嫌煙風潮に眉を顰めるものの
当事者としては何も言えずにいた。
しかしコトは嫌煙に留まらなくなってきたので
少々このことに触れなければならないと思い始めた。

まずは煙について。
実は↓こんな記事がある。


「発がん性はタバコに限らず煙全般にある」というもの。
それなら鰻屋や焼き鳥屋、炉端焼き屋などはすべてアウトになる。
喫煙者に厳しい目を向ける人はそういう店もダメだろう。
さらにいうと、BBQや焼き魚も食べられない。
地方に住んでいると野焼きや籾殻を焼く風景を目にするが
それらにも厳しい目を向けることになる。
しかし、そういう声はついぞ聞かない。
有害という意味では車の排気ガスの方がよほど有害。
それでも嫌煙を叫ぶ方々は渋滞が頻発する都会に住むのだ。
ちなみに、ここ20年ほどで喫煙者は40%ほど減ったらしいが
肺がん患者は7倍になっているという。
わかりやすい「タバコ」だけスケープゴートになってないか?

要は「攻撃しやすい人」だけピンポイントで攻撃しているのだろう。
なぜここでこの話題を取り上げようと思ったかというと
全く同じことがコロナ禍でも顕著だから。
他県から来た人を攻撃する。
感染者を叩く。
鵜の目鷹の目で営業している飲食店や複数人の飲み会を腐す。

実はコロナで顕になっただけで、
これまでも様々な場面でこういうことがあったと思う。
宗教の違い、出自の違い、国籍の違い、
あるいは特定の国や人種、出身地域、生活慣習・・・。
「攻撃しやすい人」をあからさまに攻撃する。
普段の温和な顔の裏に隠れている人間の醜い部分が
「攻撃しやすい人」を見つけた途端にちらりと顔を出す。

「有害」というだけで攻撃するのならば
焼肉も焼き魚も焼き鳥も食べなければいい。
「タバコは嗜好品だから生きるのに必須なものじゃない」
と言うなら、胃がんや肝臓がんの原因になる酒も飲まなきゃいい。
子宮頸がんの原因になるからセックスもしなきゃいい。
日光は皮膚がんの原因になるから暗闇の中に閉じこもっていればいい。
「毎日、日常的に晒されているわけじゃないから」
と言うなら、排気ガスやPM2.5が充満する都会に住まなければいい。
もっと言うなら
農薬を使い定型的に栽培された野菜も食べちゃいけない。

もちろんマナーは必要だ。
マナーを守れない人は喫煙する資格はない。
でもそれは酒やBBQ、焚き火も同じことだろう。
しかし服に付いたタバコの粒子まで気にするぐらいなら
もっと自分の身の回りのことに気をつけるべきだろう。
呼吸する空気も。
コメント

Machicoco便り vo.83

2021-04-10 | マチココ


花巻まち散歩マガジンMachicoco25号は本日発売。
今回の特集は「桜の風景」です。
なかなか集まってワイワイ花見をするのが憚られる昨今、
散歩がてら満開の桜を鑑賞して歩くのはいかがですか?
花巻市地域おこし協力隊塩野さんによるまち紹介コーナー
「まきまき帽子」は今回が最終回。
花巻の上町を取り上げています。
連載「顔と手」は、若手漆職人である工房汽水さん。
同じく連載「チャレンジングドア」はカゲツドアーズさんです。
リレーエッセイ「花巻まにあ」は花巻市国際交流員である
ガットマン・ジェシーさんに書いていただきました。

「文字が小さくて読みにくい」との読者からの声を受け、
今回から「顔と手」「チャレンジングドア」は
2ページから3ページと枠を拡大。
余白も活かして、読みやすくなったと思います。
ご期待ください。


花巻まち散歩マガジンMachicocoは
下記ご協賛店さまにてバックナンバー含め好評販売中。
今号もこちらでお買い求めください。

Joe's Lounge(ジョーズラウンジ)
花巻市大通り1-4-14 小友ビル1F
tel.0198-29-5655

Lit work place(リットワークプレース)
花巻市大通り1-7-40
tel.0198-41-3049

大原ホンダ 
花巻市下小舟渡540-11 
tel.0198-23-2024

有限会社宮沢新聞店 
花巻市末広町2-17 
tel.0120-343-838

株式会社上町家守舎
花巻市上町6-2 マルカンビル1F 
tel.0198-29-5588

茶寮かだん 
花巻市花城町11-12 
tel.080-2823-1048

中舘内科クリニック
花巻市不動町2-1-4
tel.0198-41-1515

Barbershop switch(スイッチ)
花巻市御田屋町1-60 
tel.080-3328-9777

株式会社三田商会
花巻市御田屋町1-33 
tel.0198-22-3030

株式会社風童社
花巻市桜町4-240-1  
tel.0120-249-166

株式会社星光舎
花巻市桜木町3-27-2
tel.0120-464-641

HAIR & MAKE EARTH 花巻店
花巻市桜台2-23-2 
tel.0198-21-3288

合資会社末廣 パティスリーアンジュ
花巻市星が丘1-1-18 
tel.0198-21-1488

田舎labo
花巻市湯口字蟹沢13-1 
tel.0198-29-5991

株式会社中央コーポレーション
花巻市東宮野目第11-5
tel.0198-26-3033

高木丘クリニック
花巻市高木18-61-2 
tel.0198-22-0103

スターブリッジいわて株式会社
花巻市松園町1-6-1 
tel.0198-23-0771

花巻商工会議所(各支所でも販売中)
花巻市花城町10-27 
tel.0198-23-3381

だいわブルーベリー園
花巻市鍋倉字地森7 
tel.0198-24-4888

どんまいプロジェクト花巻
販売:ファームプラス
花巻市上根子字下田60-2
tel.0198-33-0594

社会福祉法人 大谷会
花巻市湯口字松原53-1 
tel.0198-25-2125

株式会社文化タクシー
花巻市双葉町6-2 
tel.0120-233-181

松葉商店
花巻市東和町土沢5 区380 
tel.0198-42-4325

株式会社とうわ地域資源開発公社
販売:東和温泉
花巻市東和町安俵6区135 
tel.0198-42-4311

たく整骨院
花巻市上町12-12 
tel.0198-22-7763

医療法人廣正会寺内歯科医院
花巻市西大通り2-13-13 
tel.0198-41-1818

須田内科医院
花巻市円万寺字下中野46-4 
tel.0198-38-1121

白鳥の停車場
花巻市高松26-3[ 童話村内 ]
tel.0198-31-2040

道の駅はなまき西南
花巻市花巻市轟木7-203
tel.0198-29-5522

ワンデイシェフの大食堂
花巻市東和町土沢8 区115
こっぽら土澤内 
tel.0198-29-5700

花巻南温泉郷 湯の杜 ホテル志戸平
花巻市湯口志戸平27-1
tel.0198-25-2011

医療法人百帆会
耳鼻咽喉科・わたなべとしや診療室
盛岡市北飯岡1-2-67 
tel.019-656-4133

医療法人報恩会
とみつか脳神経外科クリニック
花巻市御田屋町1-41
tel.0198-23-2100

鉛温泉 藤三旅館
花巻市鉛字中平75-1 
tel.0198-25-2311

賢治の広場
花巻市上町3-4 岩田ビル 1F
tel. 0198-24-0818

サイクルショップ オーバー
花巻市石鳥谷町八幡7-29-7
tel.0198-45-6168

小山田泰彦司法書士
土地家屋調査士事務所
花巻市花城町12-6
tel.0198-22-4194

株式会社木村設計A・T
花巻市花城町3-3 3階
tel.0198-23-3818

カフェレストランきゃびん
花巻市矢沢4-62-27
tel.0198-31-3023

鏑八幡神社
東和町土沢5 区169 
tel.0198-42-4333

BOOKS&THEATER Café 風人堂
花巻市末広町2-13
ゲストハウスmeinn 1階

モダンチャイニーズ蓮
花巻市末広町2-13 1F 
tel.0198-33-0836

ブックス銀河
tel.0198-22-7760
fax.0198-77-2252
Email. books.ginga7760@clock.ocn.ne.jp

株式会社小瀬川新聞店花巻販売センター
花巻市大通り1-14-28
tel.0198-23-2254

株式会社青木家具製作所
花巻市中根子弐拾弐神明41-2
tel.0198-24-6750

お山カフェ アスチルベ
花巻市大迫町内川目1-17
tel.0198-48-5223
コメント

編集者

2021-04-09 | 文化


明日の土曜日、
岩手めんこいテレビの「8っぴーサタデー」にて
先日発売された「新世代エディターズファイル」に掲載された
編集者3チームが紹介されることになった。


もちろん岩手県内にはもっとたくさんの編集者がいる。
それぞれが素晴らしい仕事をしている。
この本に紹介された3チームは(少なくとも私は)
たまたま取り上げてもらっただけなのかもしれないと思う。
編集の仕事に携わる方々は
単に紙媒体やweb、映像などの編集だけ行っているのではなく
イベントやエンタテイメント、まちづくりなど
様々な分野で編集スキルを活かしている人が多い。
なぜなら編集の仕事というのは狭い世界の仕事じゃないから。
イノベーションも社会の編集だから
ある意味「編集者」は「変革者」とも言い換えられる。
今ある素材を活かして新たなものを生み出す。
それこそが編集者の仕事って感じかな。

・・・ということを、ここ数年の仕事で学んだ。
全ての仕事はこれまでの仕事の延長線上にあるのではなかろうか。
コメント

風人堂 週替わりメニュー

2021-04-08 | 風人堂

昨日からの週替わりメニューは胡麻坦々キーマカレー。
胡麻の風味が活きていて、
味噌を使った坦々というよりはやはりキーマカレー。
食べた後からじわりと辛みがくる感じ。
オススメです。


昨日からは新しいスイーツも登場。
蓮さんからはシナモン×くるみの薬膳ケーキ。
そしてさつまファームさんのチーズケーキが3種、
トマト、みかん、バッケ(ふきのとう)。
特にバッケは今シーズン最後の残り3個とのこと。
急げ!
コメント