因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

阿佐ヶ谷Picasso第1回公演『壊れたガラス』

2016-01-31 | 舞台

*アーサー・ミラー作 倉橋健翻訳 立川光貴演出 サイトはこちら 阿佐ヶ谷アルシェ 1月31日で終了 
 当日リーフレット掲載の挨拶文によれば、演劇集団円の俳優・演出家の立川光貴と、小劇場界の仕掛け人として7つの小劇場を生み出した岩崎直人は43年前、劇団雲の研究生同志として、旅公演を共にし、よく飲みよく語った仲であったそう。2015年に再会してユニットを結成、今回の揚げ公演の運びとなった。ユニット名の「阿佐ヶ谷ピカソ」とは、「20世紀の巨人ピカソのように『生命の躍動』を表現したい、変幻自在に生きることを遊びたい」という思いが込められているとのこと。決意と覚悟ほどはいかばかりかと察せられる。

『壊れたガラス』は96年の劇団民藝公演を観劇したことがあるが、そのときの印象はもはやおぼろげで、今回の観劇に活かせそうにない。

 肝心の舞台はというと、自分の不勉強や考察力のなさを告白することにもなるが、今回の上演が適切であるのかどうか、自分には判断できなかった。シルヴィア役の高橋紀恵(文学座)は非常に美しく聡明な印象で、夫のフィリップが「崇拝している」ということが納得できるものであった。その夫を演じる井上倫之(演劇集団円)は、かつて危なげな青年を演じるとぞくぞくするほどの魅力を放つ俳優であった。しばらく見ないあいだに貫禄のあるからだつき、声のトーンも自分の記憶とはだいぶ低くなったようで、その変容に少し驚いた。だがユダヤ人であることの劣等感や、その反動のような自尊心に苦悩する表情など、一筋縄ではゆかない厄介な人物に真剣に向き合っていることが伝わる。

 阿佐ヶ谷アルシェはとても小さな劇場だ。休憩をはさむとはいえ、こうした議論中心の会話劇を2時間半にわたって集中して観劇するのは辛いものがある。俳優の声の大きさや高さなどが、やや強すぎると感じたことは否めない。シルヴィアが信頼を寄せる医師のハイマンの妻マーガレットというのが、これがまたどのような造形にするのか悩ましい人物ではなかろうか。明るく開放的、社交的な女性だが、それがしばしば行き過ぎ、相手を辟易させてしまう。フィリップのように神経質で、相手に心を開かない人物にとってはなおさらで、マーガレットのいささか大きすぎる笑い声や、神経が休まるからとココアをしきりに勧めるところなど、「がさつで下品」と言われかねない演技になっている。またそれにいちいち不愉快な表情をしたり、せっかくの好意を無下に断るフィリップがますます「嫌な男」に見えてくるのである。
 戯曲の求めるところは、演出の意図は、これでよいのだろうか。

 戯曲が収録された「アーサー・ミラー全集Ⅵ」(早川書房)の巻末には翻訳の倉橋健と、放送評論家の藤久ミネの対談が掲載されている。専門家どうしの対談ゆえ、長年に渡る研究の知識、観劇の経験が随所に現れており、これをきちんと読むのに必要な知識すら、自分にはじゅうぶんにないことを思い知らされるのだが(苦笑)、この『壊れたガラス』は、夫フィリップが心臓発作で亡くなったところから、妻シルヴィアのドラマがほんとうに始まるという指摘を、とくに興味深く読んだ。観客は目の前の舞台、そこで起こることに集中するだけでなく、そこからあとに「ほんとうに始まる」ドラマにまで想像を広げ、考察を深めていってはじめて、劇作家の意図するところや、演劇の深い楽しみを味わうことができるということだろう。

コメント

マキーフンvol.1 『胎内』

2016-01-30 | 舞台

*三好十郎作 船岩祐太演出 公式サイトはこちら SPACE梟門 1月31日で終了
 昨年の文化座アトリエ公演『稲葉小僧』以来、東演との合同公演『廃墟』、年明けは新国立劇場研修科第9期生修了公演『噛みついた娘』と、このところ「三好十郎づいている」因幡屋である。今回の公演は、『噛みついた娘』公演の折込チラシで知った。マキーフンは、俳優の藤井咲有里が立ちあげたひとりユニットだ。藤井は新国立劇場研修所の第2期修了生であり、『噛みついた~』の充実ぶりを思い起こすと、きちんと訓練を受け、高い志を掲げて、この旗揚げ公演を行っていると想像される。

 この風変わりなユニット名の由来はおやまあ、このようなことだそうで(苦笑)。せっかく志を持って立ちあげた、いわば自分のお城なのだから、もっとそれらしい命名を・・・というのは老婆心であろう。旗揚げ公演に三好十郎を、しかも『胎内』を選ぶとは、藤井咲有里なかなかのつわものとお見受けした。

 何しろ1時間半のこの芝居は、楽しいところや心浮き立つような場面がまったくといってよいほどないのである。時代は敗戦直後、とある山奥の防空壕が舞台である。金融ブローカーの花岡(土田祐太)とその愛人の村子(藤井)と、かつてその防空壕を掘ったという復員兵の佐山(遠山悠介)の3人が出あうも、地震で出入口がふさがれて閉じ込められてしまう。助けもなく、食糧も尽き、壕内の空気も薄れゆくなかで、確実に迫りくる死を、彼らはどう受けとめるのか・・・という物語なのだから。

 閉じ込められたこと、誰も助けに来てくれそうもないことを知った驚愕、死の恐怖、相手に対する憎しみ、過去の悔恨、別れた家族への哀惜などが、狭く暗い防空壕のなかで荒れ狂う様相、極限状態の人間の精神状態がどのようになるのかを、これでもかというくらい容赦なく描く劇作家の筆致は見る者をたじろがせる。

 本公演の当日リーフレット掲載の藤井咲有里の挨拶文に、「気軽に楽しんで頂けましたら、何より幸せです」とあって、いやいや藤井さん、それは無理ですよといったんは思った。しかし人情劇やコメディ、歌舞伎やミュージカルを「楽しむ」こととは違う視点において、『胎内』も「楽しむ」ことが可能な作品なのではないかと思いなおしている。
 それには観客も修業せねばならない。『胎内』を見に行くということじたい、大げさでなく「決心」が必要なのだから。だが決して難行苦行ではなく、強いられて行うものではない。希望や期待をもつことができる。自分の努力もあるが、作品の魅力、エネルギーがそうさせてくれるのではないか。

 終幕において、佐山は別れた妻子への思いを口にし、村子を妻と思って語りかけ、村子もまた過去の男への贖罪と愛情をつぶやく。意識が混濁し、幻覚症状のようであるが、佐山と村子は人生の最期において、ある種の高みへたどりついたのだ。

 ともあれ、藤井咲有里のマキーフン旗揚げを改めて祝福し、これからの歩みに大いに期待したい。作品に立ち向かい、格闘する彼らに負けないよう、観客である自分も心身を鍛えなければ。

コメント

因幡屋通信52号完成

2016-01-30 | お知らせ

 因幡屋通信52号が完成し、本日設置先各劇場、ギャラリー、事務局等々あてに発送いたしました。いつも「今度こそ落とすかも」の綱渡り状態ですが、おかげさまでお届けがかない、ほっとしております。
 さて今回は以下のお芝居について。リンクは観劇直後のブログ記事です。ご参考までに。

「北島マヤにはなれないが ~これで何度め?戯曲(ホン)が読みたい!人の記憶と舞台とホンと~」と題しまして、
*日本のラジオ公演 屋代秀樹作・演出 『ココノ イエノ シュジンハ ビョウキデス』
*らまのだ旗揚げ公演 南出謙吾作 森田あや演出 『青いプロペラ』の2本を取り上げさせていただきました。
 あいもかわらず、舞台と戯曲、それを見る自分の立ち位置について考えたものです。
 9月から12月、心に残ったいくつかの舞台を覚書「トピック」、2015年因幡屋演劇賞も合わせて掲載いたしました。ピンク色二つ折りの通信をお見かけになりましたら、どうか手に取ってお読みくださいませ。

 えびす組劇場見聞録は、「恋に手本はいらない 劇団肋骨蜜柑同好会のリア充」と題し、劇団肋骨蜜柑同好会の『散る日本』『恋の手本~曾根崎心中~』について書かせていただきました。こちらもぜひ。今号より、見聞録は文字を少し大きめにしてみました。いかがでしょうか?
 ご意見ご感想等々、いただけますと幸いです。

コメント

2016年2月の観劇と句会

2016-01-26 | お知らせ

 確定、ほぼ確定の観劇は以下の通りです。あら、少ないかも。

*三澤の企画 『マリーベル』(日本のラジオのサイトより)
 ゲンパビ1,2,3,4,5)の俳優・三澤さきが企画し、日本のラジオ1,2,3,4)の屋代秀樹の作、オクムラ宅1,2,3,4,5,6)の奥村拓の演出で、2月1日19時30分1回かぎりの公演を行う。
*人形劇団ひとみ座 『赤い蝋燭と人魚』 同時上演 『野ばら・月夜とめがね』
 俳優座の岩崎加根子の朗読を心して聴こう。
*劇団民藝 『光の国から僕らのために-金城哲夫伝-』
 70年代、日本中の子どもたちを熱狂させてウルトラマンを世に送り出した脚本家・金城哲夫の半生の物語。
*トラッシュマスターズvol.24 『猥り現』(みだりうつつ)
 しばらく遠ざかっていた中津留章仁の作品を久しぶりに。(1,2,3,4
ハイリンド番外公演 『人の気も知らないで』 (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16
 ハイリンドの女優・枝元萌、はざまみゆき+宮越麻里杏の三人芝居。iakuの横山拓也の作品で、一度観劇したことがある。今回は扉座の有馬自由の演出で。
 以下追加です(2月4日記載)
Straw&Berry 『モリー』
 国分寺大人倶楽部の活動休止後、河西裕介が旗揚げした新ユニット。

 2月はもう春ですから、句会の兼題はこのようになるわけです。
*金星句会 「春寒」、「猫の恋」
 「猫の恋」・・・猫は寒中から早春にかけてもっとも激しく求愛活動を行う、つまり発情期ですな。その声や相手を求めて歩きまわったり、一匹の牝を複数の牡が争ったりなどする様子を、あるいは何かにたとえて俳句に詠む。一度も使ったことのない季語なので、ちょっとした冒険です。
*本部句会 「ものの芽」、「春暁」
 「ものの芽」・・・春に萌え出るさまざまな芽の総称。「草の芽」や「木の芽」という季語がべつにあるので、ちがいをきちんと認識しなければならないのだと思う。
*演劇人句会 「雪虫」、「フリージア」
 「雪虫」・・・北国では、雪の上に黒い虫が多数発生することがあり、それを雪虫と呼ぶとのこと。見たことも聞いたこともない、しかも苦手な動物、昆虫系の季語。
*かさゝぎ俳句勉強会 2月の課題は岸田稚魚

 先週、所属する俳句結社・銀漢句会の年次総会と創立五周年記念祝賀会が行われ、それはそれは盛り上がったのですが、句友の女性たちと結構まじめに、ゆえにいささか暗く話しこんでいたのであります。俳句はあくまで趣味ですが、続ける以上は句会に出席し、自作への評価を受けることになります。句会報をみればどの句にいくつ選(点数。「いいね!」)が入ったか一目瞭然、毎月発行される俳誌「銀漢」でも、順位や優劣、成績といった空気は控えめではありますが、やはり競うこと、少しずつでも進歩向上することが求められるのです。
 日ごろ現役の社会人として、自分と闘い、同僚たちと競いあい、他社に勝ち抜くために常に結果を出し、評価を上げねばならない状況にあって、俳句でも同じような競争や勝負を求められるとしたら、非常につらい・・・。

 先日調べものがあって、去年の「銀漢」2月号を開いてみました。あるページに句会指南役の方が、「俳句は、句会に出て叩かれて、あるいは黙殺されて、追い詰められて身に沁みて感じなくてはモノにならないものである」と断言しておられ、震え上がりました。まったくその通り。ほとんどMです(笑)。いったん俳句の道に入ったなら、そして少しでもいい句を詠みたいと思うなら、避けては通れません。先週の金星句会でも、「句会が終わったら、どうして自分の句に主宰の選が入らなかったか、なぜ●〇には入ったのか、ちゃんと検証しなくてはならない」と言われ、成績の振るわなかった句会の清記表や句会報は「見たくないなあ」と思うわたくしはうなだれるばかり。

 今年も句会ならびに俳誌「銀漢」への提出が、毎月毎月怒濤のように(自分はそう感じる)押し寄せてきます。五七五でつくること、その句にぴたりの季語を見つけること、人さまの句をしっかりと味わうこと、ただし自分と比べないこと。まことに月並みですが、それが自分の課題でしょうか。愚直を通して一歩ずつ歩く以外、ないと思うのです。

コメント

劇団俳優座公演 №327 『城塞』

2016-01-14 | 舞台

*安倍公房作 眞鍋卓嗣演出 公式サイトはこちら シアタートラム 17日で終了
 安倍公房作品の観劇経験は非常に少ない。思い出せるものは、ハイリンド公演『幽霊はここにいる』、岡田利規演出『友達』(ブログ開設以前、青年座の公演も見た記憶あり)あたり、ずばり作品というより、安倍公房と妻、愛人の葛藤を描いた『安倍公房の冒険』(松枝佳紀作 荒戸源次郎演出 2014年夏新国立劇場小劇場)がもっとも間近な観劇である。
 今回の『城塞』も、はじめてみる作品だ・・・と思っていたら、2008年夏に、同じシアタートラムでリーディング公演(森新太郎演出)を見ていることを観劇中徐々に思い出した。このときは息子役の吉見一豊のぶっちぎるような熱演に魅了され、作品については喜劇的な面が強く印象づけられた。

 「拒絶病」と診断された父親(中野誠也)のありさまは、一種のまだら呆けのようであり、その後のできごとを「拒絶」するほど戦争中の体験が強烈であったということが、いまひとつぴんとこない。わざわざ人を雇ってまで自殺した娘を登場させ、父を正気にもどそうとする息子の気持ちもわかりかねる。
 しかし物語が進むにつれ、舞台の設定についての違和感はいつの間にか消えていた。50年以上前に書かれた作品であり、登場人物たちに消しがたい記憶を刻みつけた戦争はそこからさらに前のできごとであるが、年月の隔たりや感覚の相違を超えて、ずっしりと重厚な戯曲の構造や、出演俳優が若手、中堅、ベテランそれぞれの経験値をすべて注ぎ込むかのような誠実な演技に引き込まれた。

 「安倍公房の作品は前衛的」という評し方が、非常に一面的で凡庸に思われた。これは「ハロルド・ピンターは不条理劇」というくくり方に対して抱く気持ちに似ている。前衛的のひと言でおさめてしまえばそこで思考停止、終わりである。「当時は前衛と言われたが、50年経ったいまならふつう」ということではなく、あの戦争を体験した世代が、傷跡もまだ生々しい時代に生み出した作品にはちがいないが、年月の経過を超えて見るものを圧倒する力を持っていること、俳優もまたそれに応えた演技ができることに、ぞくぞくするような高揚感を覚えるのである。

 もの足りなかったのは、踊り子役の若い女優の演技が、蓮っ葉な女はこのように話すのです風に、いかにも昔ながらの新劇風であった点である。台詞を替えるわけにはいかないが、声の出し方、表情の作り方、しぐさなど、もう少し抑制することはできないのだろうか。ほかの人物との対比のために、このような演技をつけるのかもしれないが、資産家の人々は、きっちりと訓練された舞台俳優らしい演技でこそあれ、古くさい新劇風には見えなかった。若い娘、それもストリッパーというものは、こんなふうに軽い調子でしゃべり、厚かましい所作をし、けたたましく笑うといったお定まりの演技とはちがうものがみたいのである。

コメント