因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

D.K HOLLYWOOD 20周年企画第2弾『贋作 桜の園』

2015-09-29 | 舞台

*越川詩織作 ロドリゴ・サンゴショウ演出 公式サイトはこちら (1,2) 池袋/シアター・グリーンBIG TREE THEATER 10月4日まで 大阪/道頓堀ZAZA 10月8日~12日
 これまでの上演台本はすべて劇団代表の越川大介が執筆していたが、このほど若手の越川詩織がこの公演で劇作家デヴューを果たす。公演チラシには出演俳優たちがいかにもチェーホフ劇らしい扮装の写真が掲載されている。しかし役名はみな日本人だ。はてそうすると『桜の園』の翻案か。しかしわざわざ「贋作●●」と銘打つならば、あともう一歩ひねりがありそうだ。改めて「ごめんね、チェーホフ……」のキャッチが気になる。

 公演がはじまったばかりなのではあるが、結論から言うと本作はチェーホフの翻案ではなく、現代日本を舞台にしたコメディである。樹齢何年かと思うほどみごとな桜の大木がある庭と、広い屋敷をもつ家族が、さまざまな理由でそれらを手放さねばならなくなる。経営している会社もあやうい。結婚適齢期の娘が案じた一計というのが何とも奇想天外で。

 前述のように、本作は越川詩織のデヴュー作である。しかしながら手練れといってもいいくらい、巧みなホンである。ギャグや小ネタが切れ目なく、実に周到に織り込まれ、登場人物すべてに見せ場を作り、最後は卒業歌でホロリとさせるところなど、心憎いばかりである。俳優陣も適材適所の配役がなされており、若い劇作家を守り立てようと、誠実に取り組んでいることが伝わる。初日の固さもなく、稽古がしっかりと入った手堅い舞台だ。

 人はなぜ演劇をつくるのだろう・・・という正解のない疑問がわく。言いかえれば「その人がつくろうとしているものが、なぜ演劇でなければならないのか」ということである。

 舞台中継番組というものがある;NHKのEテレの「古典芸能への招待」や、BSのプレミアムシアターなどであるが、それらと似て非なるものに、前川清と梅沢富美男による「ふるさと皆様劇場」や、「お笑いオンステージ」などの公開収録のバラエティ番組がある。前者にはアーカイヴとしての目的が明確であるのに比べると、舞台そのものだけでなく、それをみている客席も含めてまるごと番組であり、テレビ媒体において不特定多数の視聴者へ発信することを前提としたものである。
 これまで観劇したD.K HOLLYWOODの舞台から自分が感じとったのは、自分がかつて非常にわくわくしながら楽しんだこれらの公開収録番組に似た雰囲気である。テレビで見てこれだけおもしろいのだから、実際にスタジオに行ったらどれほど楽しいだろうかと想像するが、自分の生活空間で自由にくつろいで見ること、むしろ作り手も受け手も生の「いま、ここで」ではない距離感が心地よかったことを思い出す。

 D.K HOLLYWOODの舞台と客席の自分とのあいだには、何か決定的な距離があり、それは作り手が目指している演劇と、自分が求めている演劇との温度差、感覚の相違ではないかと思われるのである。

コメント

劇団ロ字ック第10回本公演 『鳥取イヴサンローラン』

2015-09-26 | 舞台

*山田佳奈脚本・演出 公式サイトはこちら 下北沢/シアター711 10月11日まで (1,2,3,4,5,6
 再開発途上の下北沢、下水の臭いが上がってくるようなスナック「イヴサンローラン」が物語の舞台である。ママは病気療養中で、ホステスたちが常連客を相手にどうにか切り盛りしているが、「チーママ」が手首を切ったため、新しくバイトを入れたりなど、店はさらにむずかしい状況に。
 本作は再演である。初演は2011年11月で、さまざまな面において東日本大震災の影響が色濃く見えていた時期だ。自分はそのころ、まだ劇団ロ字ックの存在を知らなかった。

 ここののホステスのような女性がひとりでもいたら、その職場は大変だ。訪れる客たちも同様で、地道な肉体労働者の下永さん(那木慧)が唯一の例外としても、とんでもない輩が下世話な話をけたたましく繰り広げる2時間弱である。もしこれがはじめて見るロ字ックであるなら、驚いて困惑するばかりであったろう。

 見苦しいまでにもがき、周囲の迷惑もかまわず言いたい放題、やりたい放題の女たち男たちである。しかしながら「友だちの○○にそっくり」とは言えないまでも、フィクションの世界にだけ存在する極端なキャラクター、ありえない展開では決してないのである。服装とヘアスタイル、口調、やることなすことすべてがとんでもない、アイドル志望の萌(日高ボブ美/ロ字ック)は別格として、屈折した自意識が服を着ているような主人公の美和子(堂本佳世/ロ字ック)、水商売意外でもできそうな堅実タイプの潤子(水野小論/ナイロン100℃)、つきあう相手が良ければたぶん幸せになれるだろう亜矢(小林春世/演劇集団キャラメルボックス)など、性格やふるまいのどこかが自分と似ていることを感じる観客は少なくないはず。
 小悪魔と言っては小悪魔が気の毒になるくらい性悪な青森出身のちずる(小川夏鈴/東京ジャンクZ)は、敢えてあのようけたたましい造形に演出をしたのであろうが、もう少し抑制した演じ方であれば、共感の幅は広がっただろう。もとは浅草のストリッパーだったという謎めいた杏(遠藤留奈/THE SHAMPOO HAT)にしても、本来は身持ちの堅い女性であると想像する。終盤近くなって突如登場するリストカットのチーママ和美(ロ字ック主宰・山田佳奈、炸裂の熱演!)は、迷惑度最高の毒吐きキャラである。金色の髪は猛獣のたてがみのようで、文字通り「キ○○○に刃物」だが、彼女とて「まったく理解できない、無理」と引くには至らない。
 彼女たちいずれも、観客の心の奥底にいるかもしれない自分、移ろい、乱れる心の一部が表出してしまった「ありえたかもしれない」存在なのである。そこにロ字ックの「リアル」を見る。

 接客業には向きそうにない美和子がなぜこの店に来たのか。ボトルキープしたまま長いこと来店しないあのお客さんは、彼が来なくなってママは淋しそうにしていたなど、ともすれば単なる説明になりそうなところを、劇作家は台詞ひとつひとつに周到に伏線を張り、かといってあざとい展開ではなく、自然に確実に示していく。そしてこの「鳥取イヴサンローラン」という奇妙なタイトルの意味、そこに込めた思いを、客席に伝えるのである。

 公演リーフレットに記された山田佳奈の挨拶文には、過去の自分の脚本を読みかえしたときの気持ち、2011年から4年経って自分がどのように変わったかなどが飾り気のないことばで記されている。そして劇作家は、「この作品はまぎれもなく、あの時のわたしの脚本」と言い切り、「いまの自分から、過去の自分に、よく頑張ってきたねという気持ちと、脚本をお借りしますという敬意の気持ちで」と、再演の心意気を語るのである。

 再演ではあるが、新作のつもりで向き合う。いまの自分は過去の自分とはちがうのだから・・・と決意を語る作者は少なくない。観客もまた、それに気持ちを同じくするところがある。しかし山田佳奈は「あの時のわたしの作品である」と言う。
 舞台を見ながら自分の心に湧いてきたのは、「わたしはあのときの(4年前)山田佳奈と劇団ロ字ックに、いま、まみえたのだ」という感慨であった。とんでもないキャラの人々が大騒ぎする物語をわりあい自然に受けとめられたのは、これまでに何度かロ字ックの舞台を見て慣れてきたからではなく(失礼)、ロ字ックの劇世界の原型、根っこに触れることができたという手ごたえのためだ。映像ではなく、舞台だからこその貴重な感覚であろう。

 犬猿の仲だった亜矢と和美が、終盤のある事件を境に仲良くなったというエピソードに、井上ひさしの『頭痛肩こり樋口一葉』で、いがみ合っていた元旗本のお嬢様のお鐄と、酌婦に身を落としたお八重が、刺し違えてふたりとも死んで幽霊になってからは「ごくフツーの仲」になるというくだりを思い出した。いや、あまり関連はないのだろうが。

コメント

因幡屋通信51号完成

2015-09-26 | お知らせ

 おかげさまで因幡屋通信51号完成し、本日設置先各劇場、ギャラリー等々へ発送いたしました。今回のカラーはイエロー、「真昼に見た夢~猫の会と北村耕治を見つめるもの~」と題しまして、猫の会番外公演『ありふれた話』(北村耕治脚本・演出)について書かせていただきました。観劇直後のブログ記事はこちら
 えびす組劇場見聞録はこのたび50号を迎え、若草色でお目見得します。こちらには「わたしのおなか、彼女のおなか~鈴木アツトが手渡すもの」と題しまして、劇団印象第21回公演『グローバル・ベイビー・ファクトリー2』を取り上げております。ベースになったブログの記事はこちらです。

 いずれもどうかよろしくお願いいたします。

 と早々にひとつお詫びが。因幡屋通信巻末のトピックのコーナーに、トライストーン・エンタテインメント公演『女中たち』について紹介いたしました。その箇所で、ご出演の「碓井将大」さんのお名前が「碓井将太」さんになっております。確認不足のケアレスミスで、ほんとうに申しわけありません!お名前をまちがえて記載するなど、あまりに初歩的で失礼なミス・・・。大いに反省いたします。

 そしてみなさまにひとつお願いがございます。因幡屋通信の編集後記にも記しましたが、因幡屋通信とえびす組劇場見聞録を設置してくださるところがありましたら、どうかご一報、ご紹介くださいませ。劇場やギャラリーはもちろん、さまざまなイベントが行われるフリースペースや、カフェ、お休み処(?)など、お心当たりがありましたら、ぜひ!
 連絡先は、inabaya@leaf.ocn.ne.jp 宮本起代子

コメント

九十九ジャンクション第2回公演『そして、飯島くんしかいなくなった』

2015-09-16 | 舞台

*土屋理敬作 歌原鷲演出 公式サイトはこちら 下北沢・小劇場B1 20日で終了
 昨年『本間さんはころばない』(1)で旗上げした九十九ジャンクションが、第2回公演として土屋理敬作『そして、飯島くんしかいなくなった』を上演した。今月はじめ、べつの公演でチラシを手にした時は、信じられなかった。2000年、当時まだ沼袋にあったステージ円での初演を見のがした。その後運よくNHKの「芸術劇場」の放映を見て、忘れられない1本となった。以来15年間、憧れの作品なのだ。生の舞台で見ることができたらと、何度願ったことか。じつは『本間さん~』をみたとき、土屋作品において自分はある意味で気持ちを切り替えることを決めたのだった。いつまでも『そして飯島くん~』を追うことや比較することをせず、一度飯島くんに「さよなら」を言おうと。
 それが1年後にまさかの上演である。期待しすぎてすべらないよう、できるだけ冷静に、テレビ放映の強烈な記憶に引きずられず、比較に終始することのないようにと、あれこれ予防線を張りながら、しかし高まる期待を抑えきれない初日の観劇となった。

 さまざまな場面、いくつかの台詞で、人間の記憶は(自分のアタマが、ということだが)あまりあてにならないことを思い知らされたが、舞台を見る妨げにはならなかった。
 初演とちがう点で書きとめておきたいことをひとつ。

 舞台は、とある市民集会所の一室である。使用にあたって職員が出入りするうち、流れで同席することになる。初演では佐藤直子が演じた。整った顔立ち、いかにもきちんとした職員といった風情。年齢からしても職場で中堅以上のポジションではないかと想像した。集会室はわずか1時間40分のあいだに怒号が飛び交い、涙を振り絞る愁嘆場と化すが、そのなかで激しく動揺しつつも、職員として冷静に的確な対応をしようと懸命につとめている。いわゆるお役所仕事の範疇に留まらない、良識のある女性と見受けられた。
 しかし終幕になって、彼女は仕事熱心のまじめさが災いして、職場でひどいいじめにあっていることが明かされるのである。最後の最後になって、観客はさらなるだめ押しを受けとらねばならないのだ。

 今回はその職員を由川信幸が演じた。由川は眼鏡に短髪、いかにも市の職員といった雰囲気を実に自然に醸し出しており、本作におけるこのポジションの役割を丁寧につとめている。そして彼のいじめが明かされたときの印象は、初演と大きく異なるものであった。ベテランといってよいキャリアをもっていても、職場でいじめられたり、無視されたりということは現実にある。たちの悪い上司に正攻法で抗議したりしたために睨まれ、部下たちは上司が怖いので見て見ぬふり。上司の機嫌取りに加担することさえある。また後輩から舐められたり、職場ぜんたいでその人を軽んじる空気になった場合、非常につらいものがあるだろう。
 女性が被害者の場合、その様相はわりあいすぐに想像できる。しかし男性がいじめられると、よりいっそう痛々しく、深刻度が増す。男女間のDVと言えば、男性から女性に対するものというの固定概念があったが、最近は逆の場合もあることが報道され、「殴られる男」というものが世間的に認知されつつある。
 由川演じる職員が、もし女性職員からいじめを受けているとしたら・・・。

 初演で塾講師を演じた大竹周作が、集まりに飛び入り参加の男1を演じた。彼がほんとうは何の目的でこの会合に来たかが明かされるところが本作最大の見せ場であり、劇作家の狙いであろう。この場面が観客に与える衝撃は、他に類をみないものである。しかしながら、彼の意図については、もう少し考えねばならないだろう。罪を犯した少年の将来を心から案じているゆえではあろうが、それにしても暴力的で無神経な言動であり、彼に加害者の家族をあそこまで傷つける権利はない。

 土屋作品の特徴として、毎回何らかの「謎解き」があることだ。観客はその謎を知りたいと身を乗り出す。そしてさらなる特徴は、謎が解かれた時点で完結せず、問題の解決どころか、舞台の人々の辛い現実がほとんど変わらないところである。しかし舞台の人々は孤独ではない。『そして飯島くん~』の家族たちは、また3ヶ月後に集会所に来るから、いじめにあっている男性職員、集会室に出前のアイスコーヒーを運んでくる、これまた店でいじめられているウェイトレスとも秘密と辛さを共有できたからだけではない。客席にいる自分もまた「あなたたちといっしょにいる」と思えるからなのだ。この奇妙な連帯感が土屋作品の救いであり、最大の魅力ではないだろうか。
 自分の土屋理敬作品へののめりこみは、ますます強く深くなりそうである。

コメント

パラドックス定数第34項『深海大戦争』

2015-09-12 | 舞台

*野木萌葱作・演出 公式サイトはこちら 上野ストアハウス 13日で終了 (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20

 自分にとって、パラドックス定数は公演があればほぼ必ず足を運ぶ劇団だ。新作はわくわくと心躍らせ、『怪人21面相』や『東京裁判』などの再演には心をあらたに。自分ひとりではもったいないから、たいてい誰かに声をかけ、いっしょに観劇する。優先予約システムが整っており、そのたびにいただける小さなノベルティグッズも楽しみだ。劇団員はもちろん、客演は常連も初顔も含めたいいチームワークで、隙のない演技をみせる。そして舞台を統べる作・演出の野木萌葱の劇作へのあくなき挑戦の姿勢、冷静で緻密な演出、全公演で会場に立って観客の誘導を行い、上演前後には心憎いまでに行き届いて、かつユーモラスな挨拶をし、舞台を見る前の観客席の期待を高め、観劇後は気持ちよく送りだす。このホスピタリティに毎回、例外なく感服させられてきた。演劇業界を越えて、社会人として、自分の仕事に対して、それを代価で受けとる観客に対して、真剣な態度で臨んでいることがわかる。終演後に誰も席を立たず、野木萌葱が挨拶に立つのを待ち、終わると拍手をする。そんな公演はほかではなかなかないことである。

 それが今回の終演後、まったく思いもよらない挨拶を聞くことになってしまった。ダイオウイカとマッコウクジラの大戦争が激しくなったところで暗転。客席が明るくなる。え、ここで終わりなのか?と野木が登場し、「以上で前編です」と。つまり作品が完結させられなかったというのである。
 これには心底驚いた。それを言わないままで従来と同じように上演したことにである。こういうことは業界的に「アリ」なのでしょうか。後編の構想があることや、その際は今回のチケットの半券で割引などの対応をするなど、いろいろあるそうだが、いや、そういうことではないでしょう。

 今回の公演についてネット上をみても厳しい意見は案外少ない。むしろ劇そのものについてよかったところを好意的に受けとめ、次回に期待する意見が多い。これまでのパラドックス定数、野木萌葱の実績であろう。しかしながら、最後まで書けなかったことを事前に告知せず、観客を上野まで来させて1時間40分の舞台を見せるということには、どうにも納得ができない。諸般の事情のために、作品は未完である。それでも構わない、見たいという方はぜひということなら、きっぱりとキャンセルするか、敢えて気持ちを立て直して足を運ぶか、選択できた。チケット代金はこのさい戻らなくてもいい。時間が惜しい。落胆し、消耗する心身が辛い。

 公演を中止にし、チケット代金を払い戻す方法もあったと思う。敢えて公演を行った理由は何か。こうする以外方法がなかったのか。今回はひとりで観劇したからまだいいようなものの、これで誰かを誘っていたら、どう謝っていいかわからない。こういうところに安心したくない。ほかならぬ野木萌葱と、パラドックス定数なのだから。

 「後編」と言わず、きっちりと1本に収めた作品を、新作として拝見したい。それが自分の希望です。

コメント