因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

2016年4月の観劇と句会

2016-03-27 | お知らせ

 先日より、まさかのインフルエンザ罹患のため、仕事は休み、観劇なし、句会なし、輝きなしの日々でありました。まだ本調子でないのはただの風邪ではないためか、タミフルの副作用か。
*よこはま文庫の会 子どもの本の学校45期 最終回
 平和セミナー「語りの会」 長崎源之助作『吉田橋』(「私のよこはま物語」より)、夏目漱石作『永日小品』、中島敦作『山月記』など。俳優・阿部寿美子を中心にした「語りの会」(1,2)である。
 4月2日(土)13時30分の会のみ @県立神奈川近代文学館 同館で開催中の夏目漱石展と、よこはま文庫の会平和セミナーの最終回というふたつの顔をもった企画だ。いわゆる「公式サイト」というものがないので、情報が掲載された写真を3枚転載いたします。クリックすれば大きくなります。
 出演者情報:半夏生の会/阿部寿美子・市川兵衛・比嘉芳子・神由紀子・岩崎有子
 お問い合わせは神奈川近代文学館、申し込みは045-893-4289(北川)へ
   
*劇団フライングステージ第41回公演 『新・こころ』1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16)
 SPACE梟門オープニング企画。実は2008年の初演が自分には少しむずかしかった。同劇団が毎年年末に開催する「贋作」シリーズのようなパロディではなく、「あえて『新・こころ』というタイトル」に込められた舞台化挑戦の思いを感じとりたい。
*パラドックス定数 第37項 『深海大戦争』 (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23
 昨年秋上演された、あの舞台のリベンジと期待している。今度こその気合いだ。
*劇団民藝公演 『二人だけの芝居-クレアとフェリース-』 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21
  『叫び』のタイトルで推敲が重ねられたテネシー・ウィリアムズの作品が本邦初演される。女優クレアに奈良岡朋子、座付き作家兼俳優役で岡本健一が客演する。
*シス・カンパニー公演 『アルカディア』
 堤真一、寺島しのぶ、井上芳雄、浦井健治、神野三鈴その他共演。豪華というか、よくわからない出演陣。
四月多歌舞伎
 夜の部『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』で、片岡仁左衛門演じる毛谷村六助を心して見よう。
*演劇ユニット Ring-Bong 第6回公演 『名も知らぬ遠き島より』
 文学座の俳優・劇作家の山谷典子の戯曲を上演するユニットで、2011年3月の旗揚げ以来、「日本が持つ忘れてはならない歴史、また、今も抱え続ける問題に焦点を当てた作品を上演」している(公式サイトより)。今回は第2回公演で初演された作品が、配役。演出を一新して再演される。昭和21年、中国牡丹江にある元日本軍病院を舞台に、国家と人間との関係を問いかける物語だ。
*文学座アトリエの会 『野鴨』
 『野鴨』といえば、2007年晩秋のタニノクロウの舞台の印象が強い。自分が文学座のイプセンを見るのはたぶんこれがはじめてになるが、来年創立80周年を迎える文学座において、「試演期間を経て"公演"と称する1本目の演目が、近代演劇の確立者と言われるイプセンの『野鴨』」だったというから、原点回帰とも言える演目であり、古いものを古いままではなく、新鮮な舞台として現在の観客に届ける企画であると考える。

 句会の予定は以下の通り。演劇人句会の兼題は難易度高く、調べ甲斐はありそうだが頭でっかちにならぬよう。逆に金星句会の「春の夢」など、どこから手を出してよいかわからないという・・・。
*本部句会 花衣・春の宵・青鷺・浮巣
*演劇人句会 蚕飼(こがい)・花会式(はなえしき)
*金星句会 雪柳・春の夢
「インフルエンザ」では風情なしだが、昔風に「流感」とすれば句の景が作れそう。しかし「風邪」一般は冬の季語なので、そのままは使えない。とすると、春の季語を使って「寝込んでいるうちに桜が咲いたようだ」、「熱でぼんやりしている耳に雲雀の鳴き声が聞こえた」などと、春の景を詠めばよいのかしらん。そう思いながら「銀漢」のバックナンバーを読みかえすと、怪我や病気による入院、手術、治療の日々をさらりと詠んでおられる先輩方の句がさまざまにあって、いや、わたくしにはとてもとても。

コメント

『Blackbird』

2016-03-19 | 舞台

*デヴィッド・ハロワー作 小田島恒志翻訳 荒井遼演出 公式サイトはこちら 千歳船橋・APOCシアター 21日まで
 2007年ローレンス・オリヴィエ賞をベストプレイ賞を受賞したデヴィッド・ハロワーの作品だ。2009年夏に本邦初演となった世田谷パブリックシアターの舞台は、残念ながらしっくりしない印象であった(こちら)。と、改めて読み直すとこれがほとんど投げ出しの文章だ。舞台美術が無機的であることにつまづき、その違和感のために数ヶ月後に発行した因幡屋通信33号に、「戯曲(ホン)に帰ろう」と題して多少長い文章になってはいるが、やはり楽しめなかったことの理由を書き連ね、舞台への手ごたえを探るために「戯曲(ホン)に帰ろう」とまとめている。いやはや、お恥ずかしい限り。

 APOCシアターでの上演は、たまたまチラシを見て知った。あの『Blackbird』。7年前自分自身が通信に書き、決意したことをしっかり覚えていれば、即座に観劇を決めたはず。自分が通信やブログを書くのは、その日その場かぎりで消えてしまう舞台を、客席から見聞きし、感じたことを言葉にすることによって残したい、伝えたいからだ。しかしその一方で書くことによって「忘れる」、「いったん置く」、作品によっては「これ限りにする」といった感覚があることは否めない。『Blackbird』は覚えていなければならない作品であった。にも関わらず、自分は7年間それを怠っていたのだ。宿題を忘れて遊び呆けていた小学生の気分である。

 小田急線の千歳船橋駅から徒歩3分のAPOCシアターは、建物のかたちがケーキに似ていることから(A Piece Of Cake)命名されたという。「貸し劇場としてだけではなく、さまざまなアートやアーティストが交流できる場をコンセプトに、夫婦で立ち上げた一軒家のカフェシアター」とのこと、ここにも高い志とやわらかな感覚で、創造者を応援する場があるのだと嬉しくなった。
 2階の劇場は、舞台の作り方によって変わるだろうが、客席はおよそ50前後であろうか。確かに小さいが、わりあい天井が高いこともあって圧迫感がない。『Blackbird』には適した空間だと思う。15年前、未成年者への行き過ぎた行為で罪に問われたレイ(大森博史)の職場に、その相手であり、当時12歳だったウーナ(中村美貴)が訪ねてくる。動揺を隠せないレイに、ウーナはあのときのふたりの関係、出来事、あれからの日々を確証すべく、ことばを、心をぶつけてくる。

 ただ今回非常に驚いたのは、俳優の台詞の言い方、声の出し方がちょっとどうかと思うほど強く、大きかった点である。冒頭、ウーナが発する「ショック」に対し、レイは「ああ。もちろん。今ー」と応える。ここからすでにふたりともがなりたてるような大声なのである。なぜだろう。終幕に近づき、互いの長い独白になると落ち着いた静かな口調になる。この落差を示したいのか。またウーナの化粧や話し方、ふるまいがいささか過剰なあばずれ風の造形であることにも大いに困惑した。
 しかし1時間40分を気の緩むことなく、しかも物語の結末を知っているにも関わらず(最後の最後にとんでもないことが起こる)、自分は緊張感をもって見守ることができたのは幸いであった。
 レイとウーナとでは、自分の名前に対するこだわり、認識にちがいがある。事件後、レイは名前も住む場所も変えて新しい人間として生きようともがいている。だがウーナは同じ町で、周囲の好奇と蔑みに耐えてきた。改めて戯曲を読み直すと、ウーナは「レイ」と何度か呼びかけるが、彼は一度も彼女の名前を呼ばないのだ。だから観客が彼女の名前を知るのは最後に登場した人物が「この人誰?」と問いかけるのに対し、彼女自身が「ウーナ」と答えるだけなのである。レイが過去のことを振りかえる台詞のなかで、昔2,3ヶ月だけつきあった女性を「名前も覚えていない」と言うことにも関連があるかもしれない。また本作はイギリスで映画化される由、その題名が『Blackbird』ではなく、『Una』であるのは、象徴的なことであろう。

 たとえば見る者を拒まず、さまざまな見方を懐深く受け入れる戯曲がある。それに対して『Blackbird』は「拒む」というほどではないにしても、決してわかりやすいものではない。安易な解釈や自己中心の思い込みは、劇が進むうちに次々と消されてしまい、観客は迷い、悩んだ末に放り出されるのである。

 しばらくは戯曲を読みかえす日々になるだろう。そしていつの日か、別の座組みで本作を見る機会が訪れたとき、「少し理解できたのでは」という微かな喜びを感じたとたん、劇世界との新たな距離に挫折感を覚えるのではないか。なかなか確かな手ごたえを得られないこと、それでもこの作品から離れられないこと。もしかするとこれこそが『Blackbird』の魅力であるのかもしれない。

コメント

てがみ座 第12回公演『対岸の永遠』

2016-03-08 | 舞台

*長田育恵作 上村聡史演出 公式サイトはこちら (1,2,3,4,5,6,7,8
 文化庁芸術祭演劇部門新人賞、鶴屋南北戯曲賞受賞と、勢いに乗る長田育恵の新作。風姿花伝プロジェクト【プロミシング・カンパニー】特別企画でもあり、ひと月近いロングラン公演を打つ。

 香り高い果実が次々に実る樹木のごとく、長田育恵は劇作家としてとてもよい時期を迎えている。またその果実がどのような味わいであるかをよく知り、かつ客席に大切に届けようとする演出家、俳優、スタッフの存在によって、すばらしい舞台成果に結実している。劇場にエネルギーが満ちており、観客と舞台がいっしょに呼吸しているかのような感覚があって、とても密度の濃い2時間であった。

 今回取り上げたのは、詩人のヨシフ・ブロツキー(Wikipedia)である。レニングラードのユダヤ人家庭に生まれ、長じて詩作や翻訳をするようになる。国内流刑や強制労働の末、1972年ソ連を追放され渡米。かの地で市民権を得、いくつかの大学で教鞭をとり、ノーベル文学賞を受賞し、世界的に認められる存在となった。しかしついに祖国に戻ることはなかった。
 『対岸の永遠』は、ブロツキーをモデルにしたアンドレイ・ミンツ(半海一晃)と、祖国に置いていった娘のエレナ(石村みか)を軸に、アンドレイが追放された70年代とアメリカにたどり着くまでの旅路、旧ソ連崩壊後のサンクトペテルブルクが交錯しながら進行する物語である。
 父アンドレイを演じた半海一晃がとても魅力的である。半海の代表作になるのではないか。小柄ながら(娘役の石村さんより小さい)、身のこなしは軽やかで、つねにきりきりと自らを痛めつけているようなエレナをそっと包み込む柔らかさがある。

 映画『ワールド・アパート』(クリス・メンゲス監督 1988年イギリス・ジンバブエ共同製作 Wikipedia)を思い出す。南アフリカ共和国で反アパルトヘイト運動を行う母との確執と和解を描いた作品で、脚本を書いたショーン・スロヴォの実体験に基づいたものだ。まだ十代の多感な少女モリーは、家族を顧みない母に反発する。がやがて母に歩み寄り、戸惑いながらもともに怒りの拳を挙げる。スロヴォの母は爆弾テロで殺害され、和解を迎えることはなかったとのこと。その痛みが本作の根底にある。
 『対岸の永遠』は、この映画ほど強い政治性を持たないが、肉親同士の確執と愛情が複雑に絡み合うさま、愛ゆえに苦しむ人が長い年月をかけて和解へと歩みはじめるまでを、劇作家は精魂込めて書き記した。すでに父アンドレイはこの世の人ではないけれども、2016年春、この日本の劇場において、父と娘は互いに向き合い、手を伸ばし、霊的な交わりをもったのではないか。

 演劇に限ったことではないが、何かを表現するとき、媒体それぞれに制約がある。演劇はその日その場で起こることを舞台上と客席が共有することにある。生の手触りという点では強いが、まったく同じものはどこにもない。経済性も高いとは言えず、どちらかと言えば効率の悪いメディアであろう。しかし『対岸の永遠』には、演劇だからこそできる自由自在な描写があり、重苦しい題材であるにも関わらず、不思議な解放感を得て劇場をあとにすることができた。嬉しい体験である。

コメント

アロンジ公演 『葉子』

2016-03-02 | 舞台

*金塚悦子作 川口啓史演出 劇場の公式サイトはこちら 座・高円寺1 6日で終了
 アロンジは、俳優のさつき里香、演出家の太田衣緒、劇作佳の金塚悦子によって2010年に結成された演劇ユニットだ。「現役主婦、子育て、介護の体験からの視点を武器に新しい生き方を模索する女性像を照射」(公式ブログより)を目指すアロンジが挑むのは、久坂葉子(Wikipedia)。
  華族の美貌の令嬢で、19歳のときに書いた『ドミノのお告げ』で史上最年少の芥川賞候補になるも、21歳でなぞの自死を遂げた。「彗星のように現れ、闇夜を切り裂き、そしてあっという間 に消えていった」(公演チラシ)女性の物語である。演じるのは松本紀保。

 物語は現在の大みそかの東京で、鉄道の人身事故が起こる場面にはじまる。それも東急田園都市線や山手線など数カ所で同時多発的に起こったというのだ。右往左往する駅員たち。60年前の葉子の飛び込み自殺が現在の日本と交錯する構成に、「よし、こう来るのか」と身を乗り出した。そして特別出演する俳優座の岩崎加根子は、「何十年ぶりに電話をかけてきた女学校時代の友だちから頼まれて、久坂葉子の研究をしている大学院生の孫娘を二晩うちに泊めることになった」老女役で登場する。毎年彼女の大みそか恒例だというおせち料理つくりに余念がない。その孫娘の「すみ子ちゃん」を松本紀保が演じる。「すみ子」は久坂葉子の本名が「川崎澄子」であることの投影であろうか。

 師である島尾敏雄へ激しい恋情をぶつけながら、俳優である恋人とも逢瀬を重ねている。父は華族の誇りが強いあまり、現実を見据えられず生活に困窮し、母はあやしげな新興宗教にのめり込む。島尾への愛は受け入れられず、恋人にも捨てられる。小説執筆にも行きづまってゆき・・・と葉子が次第に追いつめられる様相が描かれる。松本紀保は実年齢は40歳を過ぎているはずだが、手足の長いすらりとした肢体や、すっきりした顔立ちに清潔感があり、澄んだ声の台詞も明確で、21歳の葉子を演じて違和感がない。

 いよいよ葉子が死を決意して阪急六甲駅に足を運ぶ。駅前の屋台であろうか、大みそかにあとひと稼ぎしたい人々が、父や島尾、恋人に見えるところや、終幕、老女が実は・・・、そして大学院生のすみ子が実は・・・となる趣向など、60年前の神戸と現在の東京と、葉子を通して時空が交錯するこの劇の構造としてはなかなかおもしろい。しかし劇作家が心に抱いているであろうイメージと、それを立体化する演出家の意図がどこかずれているというのか、客席の心をぐっと掴むところに至らない印象だ。老女とすみ子が向き合う場面で、老女は割烹着を脱ぎ、「あたし、葉子だもーん」(こんな口調でした)と明かす場で、自分は大いに困惑した。何もいかにもな「決め台詞」や、音楽や照明で盛り上げてほしいわけではないが、この台詞と演出ではベテランの岩崎加根子をもってしてもどうにも決まらなかったのが残念であった。

コメント

2016年3月の観劇と句会

2016-03-01 | お知らせ

 観劇が決まっているのは最初の3本のみ。さて後半どうなりますか。

*アロンジ公演 『葉子』
 華族の美貌の令嬢で、史上最年少の芥川賞候補者である久坂葉子は、21歳でなぞの自死を遂げた。「彗星のように現れ、闇夜を切り裂き、そしてあっという間に消えていった」(公演チラシ)女性の物語。俳優座の岩崎加根子が特別出演。舞台の立ち姿や朗読を心して味わわなければならない方のひとりである。
*てがみ座 第12回公演 『対岸の永遠』 (1,2,3,4,5,6,7,8
 文化庁芸術祭演劇部門新人賞、鶴屋南北戯曲賞受賞と、勢いに乗る長田育恵の新作。風姿花伝プロジェクト【プロミシング・カンパニー】特別企画でもあり、ひと月近いロングラン公演を打つ。
三月大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露公演
『Blackbird』
 2007年ローレンス・オリヴィエ賞をベストプレイ賞を受賞したデヴィッド・ハロワーの作品だ。2009年夏に世田谷パブリックシアターの上演は、残念ながらしっくりしない印象であった(こちら)。小田急線千歳船橋から徒歩2分のAPOシアターの舞台はいかに?
*名取事務所公演 現代カナダ演劇・最新作連続公演 『記念碑 [The Monument] 』

 俳句関連の予定は、
*かさゝぎ俳句勉強会 岡本眸
*演劇人句会 「杉の花」「草餅」
*金星句会 「クローバー」「彼岸」 2月の句会の兼題は「春寒」であったが、句会の冒頭、指南役の方から「余寒」や「冴え返る」、「凍て返る」とはどう違うのかと問われ、「春寒」は、「春」に重点があり、「余寒」のそれは「寒」のほうであると改めて解説してくださった。何となくわかったつもりでいたが、これをしっかり認識しないと、「何となく俳句」になるのだな。具体的な「もの」ではなく、季節の移ろいや感覚の季語はそこがむずかしくもあり、おもしろさでもある。

コメント