因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

『忠臣蔵』

2006-05-31 | 舞台
*平田オリザ作 戊井市郎演出 こまばアゴラ劇場 文学座+青年団自主企画交流シリーズ第2弾。
 「え、討ち入りって何?」
 本作のキーワードはこれである。

 あの忠臣蔵を平田オリザが現代口語で書いた戯曲。俳優は浴衣姿だから一応和装であるが、髪型はそのまま、普通の日常会話の調子で話が始まる。
 自分にとって忠臣蔵は非常に魅力的なお話である。なぜか。ひとつには志を貫くために、耐えて耐えて耐え抜いてやり遂げる生き方を美しく思うからである。もうひとつは、思いもよらない困難に襲われたとき、迷ったり悩んだりして、それでも生きていく人々の姿が、討ち入りに参加不参加に関わらず、遠い昔の出来事に思えない現実味を感じさせるからである。
 ほんとうのところ、赤穂のお侍たちはどんな気持ちだったのかな?その疑問に本作は心憎いまでの鮮やかな手さばきで「忠臣蔵」をみせてくれる。大石内蔵助(外山誠二)以外の家臣は「佐々木さん」「久保田さん」等の名前で登場する。名もない義士たちの本音が次々に飛び出す中、次第にことの本質があぶり出されてくる。忠義とは、武士道とは何か?
 
 好感がもてたのは、いかにも「現代風に解釈してみせました」という作者の自己主張や思い入れが前面に出ていなかった点である。俳優では大石役の外山誠二が出色。一代の名演技ではないか。よれよれの袴すがたで飄々と現れ、決して威張らず家臣の意見を聞き入れつつ、場をまとめていく手腕に「この大石ならいける!」と思った。特に終幕で「殿がこうなったのは、運命じゃない?みんなでぱっと江戸に集まって、さっと討ち入りしてちょっと幕府困らせて、それから切腹するのもいい(中略)。この逆境を皆さんの人生にいかしてください」という味わい深いしみじみとした口調には、「きっと大石さんはそう言いたかったんだろうな」と感じさせる(注:台詞は記憶によるもので、正確ではない)。 前作『チェンジング・ルーム』でコーチ役だった横山祥二は、今回自分の意見をなかなか言わないお侍の役であった。アトリエ公演の『エスペラント』の添乗員からは割合想像しやすいキャラクターで、となるとあのコーチ役はほんとうに横山さんだったのか、またしても考え込んでしまうのであった。

 生きていればいろいろなことがある。突然の不幸であってもあまり深刻にならず、できれば笑ってふざけて乗り切っていきたいと願うのは、昔も今も変わらないのではないか。泣いていてもしかたがないし、ともかく生きていかなければならないのだから。

コメント

『トントコトン』studio salt第5回公演

2006-05-23 | 舞台
*椎名泉水作 大西一郎演出 相鉄本多劇場
 これも「横濱リーディング」に触発されて足を運んだ。外部演出家による公演は今回が初めてとのこと。

 たとえば自分が一家の主婦だとしよう。夫は失業中で姑は寝たきりである。夫の二人の弟がパラサイトしていて、一人は弱そうなボクサー、もう一人はクスリ漬けで家族に内緒で借金をしている。誰も家事や介護を手伝ってくれない。単純に見ればこれは大変な不幸で、こんな状況に置かれたら心身疲れ果てて家族仲も険悪になり、お先真っ暗のどん底気分になるだろう。しかし何を辛いかと感じるかは人によって違うので、案外平気で暮らしていけるかもしれない。幸せも不幸も単純ではないし、傍目にどう見えようとほんとうのところはわからないのだから。

 『トントコトン』の舞台は、まさにこのような家庭である。題名は寝たきりの姑が用事があるときに枕元の太鼓を叩く音のこと。不幸の見本のような状況にも関わらず、二時間足らずの上演中見るのが辛いとか、やりきれないという感覚にはまったくならなかった。困ったのは、それがプラスの印象ではないことである。たとえば長男の妻(高村圭)の造形である。ぐうたら亭主(麻生0児)とはいささか不釣り合いな、若くてなかなか可愛らしい美人さんである。それはいいとして、彼女が終始あっけらかんとしている(もっと適切な表現はないだろうか。もどかしい)ことに、救われたというより、ちぐはぐな印象がつきまとった。明るい働き者で、気だてもよいのであろう。しかし入浴サービスのヘルパーに自家製のグロテスクな栄養ドリンクを喜々として毎回勧める様子は尋常ではない。もちろん単純に暗い表情をしてくれればいいというわけではなく、そう簡単に心情が読める造形ではつまらない。しかし「この人のほんとうの心はどこにあるのだろうか」と身を乗り出して読み取ろうという気持ちになれないのである。

 三兄弟は母のお告げを信じて庭を掘り続け、インチキシロアリ駆除業者や怪しげな借金取りもいつのまにか一緒にお宝探しに加わり、最後は庭から温泉が噴き出した・・・この舞台から一人の悪人も出なかったことに、ひとまずは安堵するも、「舞台をみた」という手応えは得られなかった。作り手と観客が同じ時間を同じ場所で過ごす。そのときにだけ生まれる一度限りの交わり。それを豊かにするためにはいろいろな要素が必要なのだが、今回は何かが足らなかった、あるいは自分が感じ取れなかったのであろう。
 

コメント

因幡屋通信23号完成

2006-05-22 | お知らせ
おかげさまで因幡屋通信の23号が完成いたしました。劇場ロビーのチラシラック等でお目にとまりましたら是非お手に取ってくださいませ。今回は薄いグリーンです。いずれも当ぶろぐの記事がベースになっております。
*戯曲(ホン)を読みたい! ★リーディングを考えた
 現代能楽集『鵺/NUE』 
 横濱リーディング『わが母とはたれぞ』 
 演劇倶楽部座 詠み芝居『おたふく』
*恋は二度めから
 ミナモザ公演 瀬戸山美咲作・演出『夜の花嫁』

 合わせて「えびす組劇場見聞録22号」もよろしくお願いいたします。こちらには「100分の同伴者」と題しまして、文学座三月アトリエ公演 青木豪作 坂口芳貞演出『エスペラント~教師たちの修学旅行の夜』を取り上げました。

コメント

『阿佐ヶ谷にて君を弔う』

2006-05-21 | 舞台
*ヒンドゥー五千回第15回本公演 扇田拓也構成・演出 阿佐ヶ谷アルスノーヴァ
 『横濱リーディングコレクション 福田恆存を読む!』で、扇田拓也は『堅塁奪取』を演出。戯曲ではわずか3人の登場人物を10人以上の俳優が出演する舞台にした。と言われても想像がつかず、見られなかったことが残念でならない。戯曲を読み込み、立体化する扇田の力量には相当なものがあると思われる。
 その彼が主宰するヒンドゥー五千回の本公演に初めて足を運んだ。阿佐ヶ谷駅から歩いて3分なのに、妙に静かな場所にある小さな劇場は間口も客席も狭い。ベンチ席は窮屈で身体的に辛いが、雰囲気は悪くない。
 男ばかりの三兄弟が、母親の入院で久しぶりに顔を合わせることになった。兄弟の幼なじみや近所に住む夫婦、母親と親しいらしい謎の男などが登場する。しかし肝心の母親は最後まで姿をみせない。三兄弟の母親だけでなく、このお芝居には幼なじみの母親、近所の夫婦の母親と、合わせて三人の母親がいる。 母への思いはそれぞれに複雑微妙で、登場人物たちのやりとりから、彼らの母親の姿が頭に思い浮かんでくる。

 印象に残ったのは、近所の夫婦のやりとりである。夫役は扇田拓也、妻役は西田夏奈子。彼らの母(夫のほう)は寝たきりらしく、「おふくろをベッドに寝かせるから手伝いに戻ってこい」という夫に、妻は「あなたひとりでできるでしょう」と実に嫌そうに答える。気弱そうな夫はしつこく食い下がり、妻はいやいや従うのだが、この短い会話で、寝たきりの母親を抱えたこの夫婦の暗さがぞっとするような現実味をもって迫ってくるようであった。扇田自身はおそらく三十そこそこと思われるが、妻にくどくど言う様子はほとんど五十男の様相であるし、答える妻の口調から彼女の気性、頭の回転が早く相当に気が強いやりてであることが想像される。この奥さん、たぶん年上だろう...などということなども。終幕、謎の男の口調を真似るところがものすごく巧くて、本気で笑ってしまった。

 しかしこの舞台を作ることによって、何を描こうとしたのか、何を伝えたいと思ったのか、最後までわからなかった。大上段に振りかぶったテーマがなくてもよい。何気ない日常を舞台に乗せることでも演劇は成立するし、わからないことをわからないまま観客に提示する描き方もある。ただそこに「これを小説でも映画でもない、舞台でみせたい」というものが感じられなければ、「舞台をみた」という充足感は得られない。作り手の「志のありか」が知りたいのである。


 

コメント

『チェンジング・ルーム』

2006-05-16 | 舞台
*文学座+青年団自主企画交流シリーズ第一弾 デイヴィッド・ストーリー作 坂口玲子訳 桜井秀峰演出 こまばアゴラ劇場
 平田オリザ作品の文学座アトリエ上演はじめ、桜美林大学における両劇団からの教員派遣など、さまざまな活動を行ってきた文学座と青年団が、若手育成を目的として交流企画をスタートさせた。その第一弾である。

 イギリスのある炭坑の街で、ラグビーの試合当日の更衣室が舞台となる。まだ誰もいない更衣室を雑用係のハリーが黙々と掃除をする。三々五々集まってくる選手たち。季節は冬らしい。無駄口、軽口を交わしながらユニフォームに着替え、ウォーミングアップを始め、あっという間にグラウンドへなだれこんでいく。ハーフタイムで引き上げてくる彼らは見事に泥まみれ、途中怪我で担ぎ込まれる選手もいて、文字通り実に泥臭く、汗の匂いまでしてくるような舞台であった。

 人生の、というより生活の中のある時間をそのまま板にのせたようなお芝居がある。たとえば先月の文学座アトリエ公演の『エスペラント』(青木豪作 坂口芳貞演出)である。特に大事件が起こるわけでもないが、いつのまにか過去の時間やその人物の背景、日常に潜む恐さや人生の奥深さをしみじみと感じさせてくれる。この『チェンジング・ルーム』も生活の時間をそのまま描いたものなのだが、あまりしみじみできない。選手たちがとにかく騒々しく、誰が何を言っているのかほとんど聞き取れないときもあって、あっけにとられているうちに終わってしまう。いったい何だったのだろう?
 
 目の怪我で解雇通告をされるらしい選手や、オーナーとわけありのような選手もいるし、人物たちがほとんど聞こえないくらいの小声で何か話していたり、意味ありげな目配せをするところなどもあるので「もしかすると」と期待させるが、最後まで決定的な場面は用意されず、試合のあとのシャワーの大騒ぎを終えて選手たちは家路につき、またハリーがひとり、更衣室の掃除をするところで終わる。選手たちが盛り上がれば盛り上がるほどこちらは引いてしまい、舞台のテンションにはとうとうついていけなかったし、そっけない終幕にいささか拍子抜けの気分で劇場をあとにしたのだが、少し時間がたつと、事件が起こりそうで起こらないことや、ただ流されていいくような日常の虚しさがじわじわと感じられてきた。

 驚いたのはコーチ役の横山祥二(文学座)だ。目つきの鋭いやり手のコーチである。選手たちには睨みをきかせ、オーナーにも如才なく振る舞う。横山は前述の『エスペラント』にも出演しており、旅行社の添乗員を演じていた。これがろくに仕事もせずふらふらと出たり入ったり、あげく女湯をのぞこうとして浴場の「乙女の像」を壊してしまったりする実に情けない人物だったのだ。それが今回はまるで別人である。怪我人の手当をする場面では、手慣れた動作ながらも選手を気遣う優しさがほのかに感じられたし、口さがない選手に女好きをからかわれて反論する場面では小心者の一面もみせていて、なかなかに複雑な人物を造形していた。芸域の広さというより、最近よく目にする「振り幅」という言葉のほうがぴったりであろうか。いまだに「ほんとうに同じ横山さんだったのかな」と思うくらいである。

 ひとまず今回のプロジェクトは、一人の俳優が別の場でまったく違う顔をみせてくれることが楽しみになりそうである。横山祥二さんは月末の『忠臣蔵』にも出演。いったいどの役をどう演じてくださるのだろうか。まったく予想ができず、ぞくぞくするほど楽しみである。

コメント