因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

Nana Produce Vol.11『レネゲイズ』

2019-10-11 | 舞台

*高木登作 寺十吾演出 公式サイトはこちら 赤坂RED/THEATRE 15日まで(12日休演、15日18時追加公演)高木登作品の過去記事はこちら→1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19
 
先月鵺的20回公演『悪魔を汚せ』で劇場に興奮の渦を巻き起こした高木登の脚本と寺十吾の演出が、早々に新作を上演する。ある新興宗教団体で、女性信者4人が焼身自殺する。病死した教祖の後追いをした彼女たちは「神の子」と呼ばれていた。15年後の現在、教祖の妹が代表を務める教団の呼びかけで、事件の関係者たちが集まった。彼女たちの死の真相はどこにあるのか。

 舞台は人々が現在会している教団の一室から、亡くなった女性信者たちの過去が行き来する。夫や恋人の暴力から逃れてきた彼女たちを教祖(男性)は限りない優しさで包み込み、右翼の街宣車まで動員して抗議する男たちにも歩み寄りを示すが、重い病に侵されている。

 15年後の現在、母親が焼身自殺し、残された娘(つまり孫)を取り戻そうと祖父が、恋人を暴力と暴言でさんざん苛め抜いた男が、そして公平な立場で両者のあいだに立つ宗教学者が一堂に会するが、品のない攻撃を繰り返すDV男のために議論が進まない。ある日DV男がひとりの若者を連れてきた。その若者が実は…。

 鵺的の舞台の定番というのか、極端に暴力的、ヒステリックで対話不能な人物は今回も健在で、こうも不愉快な造形があるかと思うほどのクズぶりである。新たな神の子と目される自殺した女性の娘と、新たに現れた前述の若者については、特に後者はSFめいた特殊能力を持つこともあり、自分の感覚の許容範囲を超えている。今回心惹かれたのは、舞台における人物の配置と変容である。宗教に救いを求める側と、宗教を必要としない側の対立がひとつの軸であるが、その両方にやや不安定であったり、自分でそれをわかっていて妙に冷静であったり、意外な行動をとる人の存在である。

 人々の中でもっとも現実的で宗教不要、実の妹でありながら教祖である兄から距離感のある妹が、兄の死後、教団の代表であること、教団の広報担当の男性は穏やかに議論をしたいと務めて理性的な言動を心がけているが、「自分は信者ではない。会員だ」とと位置付けていること、その彼と宗教学者の近いような遠いような関係性、そして娘と孫を守れなかった後悔と、対話の可能性を求めて意外な行動にでる祖父である。焼身自殺の真相よりも、これらの人々の今後が、もしかすると次なる舞台の核になるのではないか。題名の「レネゲイド」とは背教者、変節者、裏切り者を指す。背くには、変わるには、裏切るには、そうする対象が存在する。新興宗教団体に走った女性たちは、夫や恋人に背いたのである。しかしそうさせたのは彼女たちに理不尽な仕打ちをした彼らであり、彼らこそ人間の善なる本質、喜ばしい人生に背き、変節し、裏切ったのではないか。

 客席は異様なまでの緊張感に静まり返っていたが、控えめながらダブルコールの終幕となった。台風接近の報道が喧しいなか、不穏な空気の漂う赤坂は雨。

コメント

文学座附属研究所 2019年度研修科第3回発表会『少女仮面』

2019-10-10 | 舞台

唐十郎作 小林勝也演出 公式サイトはこちら 文学座新モリヤビル 13日まで(12日は休演)
 新劇への強烈なアンチテーゼであるアングラ演劇。しかし唐十郎作品の根底には「新劇」が確実に蠢いているのは、戯曲を丹念に読み込むことで実感できる。これは現在座長代行を務める久保井研による唐作品の朗読ワークショップでも体験したことだ。

 『少女仮面』は1969年、鈴木忠志の早稲田小劇場に書き下ろした作品で、翌年第15回岸田國士戯曲賞を受賞した唐十郎の出世作である。当時の演劇界に衝撃を与えた作品であり、それから半世紀近くを経てもなお、演劇の作り手、受け手を魅了してやまない。戯曲を詳細に分析、解説したサイトもあり、現在わかるだけでも2主体での上演が告知されている(1,2)。自身は1982年、渋谷のパルコパート3での上演が本作との出会いであった。渡辺えり子(現・渡辺えり)が春日野八千代、少女貝を森下愛子が演じた。腹話術師役で出演した演劇集団円の佐古正人(当時・佐古雅誉)に惹かれ、予備知識ゼロで観劇した。演出は奇しくも今回と同じ、文学座の小林勝也である。

 今回の上演は、文学座附属研究所2019年度研修科演技部1年生、2年生の方々がA、Bふたつの座組によるものだ。初日のBプロを観劇した。劇団の研究生の発表会を観劇するのはこれが初めてであるが、チラシや当日リーフレットも大変立派なもので、何より劇場入口で観客を出迎える『少女仮面』の大看板が凄い。

 宝塚歌劇団の伝説的スターである春日野八千代と、彼女に憧れる少女貝が主軸だが、老婆、腹話術師、その人形、八千代が経営する「喫茶肉体」のボーイ主任、2人のボーイ、満州からの引き揚げ者、防空頭巾の女たちなど、いずれもしどころのある役柄ばかりで、観客としても「あの役を誰が、どのように」と期待が高まる。

 そして始まった舞台は、研究生の発表会とは思えない…といった措辞はもはや不要どころか、失礼千万というほど堂々たるものであった。登場した瞬間から役の雰囲気を纏って他を寄せつけない貫禄を持つ人、出はじめこそ、ほんのわずか素が見えていても、台詞が毒のようにその身を回ったかのように、じわじわと光りはじめる人、ダンサー顔負け、いやあれはバレリーナか、見事な舞を見せる人、アクションシーンでも高度な身体能力を発揮する人等々、何より唐十郎の戯曲に正面からぶつかっていく心意気が気持ちのよい舞台であった。

 もうこれは新劇だ、アングラだといった仕分けは意味がない。難攻不落の城のごとき戯曲があり、あるときは全力で正面から懐に飛び込み、あるときは隙をついて脇から攻め入る作り手が後を絶たないこと、それを年月を経て味わえる幸福に感謝する以外ないのである。言葉と肉体、現実と虚構、戦争の傷跡、生者と死者が交わり、溶け合い、消えてゆくこの世界で、舞台に立つ「私」は何者なのか、客席にいる「私」はそこにどう関わるのか。出会いから数十年を経て再び、答の出ない問いを受ける一夜であった。

コメント

ウテン結構 第3回公演『奇妙な旅の旅のしおり、この世の果て』

2019-10-09 | 舞台

雨々(仮)作・演出 劇団サイトはこちら 本公演サイトはこちら1,2日暮里d-倉庫 13日まで
 旗揚げから3年間で5回の公演を行い、公演を重ねるごとに1ステージ増やすという宣言通り、3回めの公演が実現した。公演中、d-倉庫のロビーでは出演俳優の真夏果の絵画展示もあり、日常の時間を終えて訪れる観客の心身を和ませ、期待を高めてゆく。

 本ユニットは、演劇、戯曲、物語の関係性。俳優と観客との関係性について考え続けており、舞台に明確な答を提示するのではなく、時には迷う心や試行錯誤の様相を敢えて見せることで、創作の姿勢、これからの方向性を探っている、と見た。

 今回の公演と同じタイトルの戯曲を途中までしか書いていない劇作家のもとに、俳優たちが「このホンでは上演できない」と申し入れにくる。劇作家は恋人に書きかけの戯曲を読ませながら、劇世界に入り込み、この美しい恋人がほんとうは誰なのかが次第に明かされてゆく。劇中劇の形を取りながら、途中しばしば中断し、毎度の「本日はご来場ありがとうございました」と、素に戻るところもあり、今回はカーテンコールまで行っている。

 入れ子式の更に入れ子式になっていたり、あの人はほんとうは〇〇だったり、この人はもともと誰だったのか等々、どこに視点を合わせればよいのか少なからず戸惑うのは確かである。休憩なしの135分はやや辛く、たとえば120分ならよいということではなく、例えばやや点描めいた描写箇所をもっと太い線にする(抽象的な言い方になるが)ことで流れにメリハリが生まれ、何が必要なのか、そうでないのか、敢えて示さないことによる劇的効果が生まれる可能性も見えてくるのではないか。

 旗揚げ公演からおなじみの顔ぶれが多く、飛び道具的なキャラ設定においては「やはり今回も来たか」と「待ってました!」的楽しみもあり、ひとつのユニットの活動を、物語のように味わっている。3年の旅は半ばまでたどり着いた。

コメント

劇団印象-indian elephant- 第24回公演『瘋癲老人日記』

2019-10-02 | 舞台

谷崎潤一郎原作 鈴木アツト構成・演出 西宮紀子舞台美術・小道具 公式サイトはこちら 下北沢・小劇場B1 6日まで1,2,3,45,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25
 原作は、77歳の卯木督介の日記と、彼が体調を崩して執筆ができなくなった最後の部分は看護婦、医師、娘の手記で構成されている。督介の性的欲求はもはやからだが効かないためであろうか、「単刀直入には行かず、観念的に紆余曲折の道を取ってあやうく満たされる」(新潮文庫収録 山本健吉の解説より)ことになる。そこに息子の嫁の颯子(さつこ)という若く美しい女性によって、督介は妄想を掻き立てられ、狂気じみた趣向に暴走しはじめる。

 颯子に対する欲求が、次第に回想のなかの母親に投影されてゆき、やがて颯子の足型を石に彫って「仏足石」にするために、彼女の足の拓本を作るという突飛な行動に及び、死んで墓に葬られ、颯子の足に踏まれて、その足裏の柔らかさと重みに痛がりながら、「もっと踏んでくれ」と叫ぶという倒錯した境地に至るのである。

 さて今夜の舞台である。同じ下北沢「楽園」に似た構造の劇場で、舞台スペースを「く」の字型に挟む形になっている。中央に大きな平台が位置し、硯と筆、赤い表紙のノートが1冊置かれている。

 鈴木アツト構成の舞台の第一の特徴は、5人の女優(落合咲野香、杉林志保、松田珠希、宮山知衣、山村茉莉乃)が颯子はじめ看護婦や乳母、督介の母親などを演じ継ぐ点である。容姿もスタイルも芸風も異なる女優たちが黒いドレスから赤いワンピース、バスタオルを巻いただけの半裸など、さまざまなすがたで(西原梨恵衣裳)入れ替わり立ち代わり督介の前に現れて彼を翻弄しては去ってゆく。5人がいちどきに現れる場面もあり、すべては督介の妄想とも思われるような幻想的な雰囲気とともに、小気味よいメリハリを生む。女優はもうひとり出演し(吉岡あきこ)、看護婦のほか督介の妻と乳母を演じる。

 督介は近童弐吉がほとんど出ずっぱりで演じているが、もうひとつ興味深いのは、岡田篤弥の配役である。彼も5人の颯子顔負けに、颯子の夫、甥の春久を演じ、さらに「若い男」の役名で、督介の台詞(日記の記述)を発するところもあり、ともすれば老残、老醜を晒しかねない舞台に、奇妙な爽やかさとともに、微妙に胡散臭い空気を生んでいる。

 原作は前述のように特殊な構造の作品であり、終わり方が非常に中途半端なのだが、抽象的な舞台美術と最小限の小道具を活かし、ダンス(山村茉莉乃振付)の要素も加えながら、およそ90分の舞台に仕上がった。6人の女優はいずれも作品全体のなかでの自分の位置を的確に把握する好演、なかでも劇団所属の山村茉莉乃と杉林志保は、これまで見たことのない残酷なまでに鋭い切れ味を見せる。

 劇団印象と鈴木アツトは、遊び心に富んだファンタジックで可愛らしい舞台から、韓国はじめアジアの国々に目を向け、今年はヨーロッパで現地の俳優との創作を行った。少子化や代理出産など社会の諸問題を取り入れ、大人と子どもが一緒に楽しめる舞台にも挑戦するなか、今回の老人の日記の舞台化に行き着いたことは意外であったが、小説家で谷崎の研究家である坂本葵とのアフタートークにおいて、その理由にも納得できたのであった。初日以降のアフタートーク登壇者の顔ぶれをみると、鈴木が小説の舞台化、オリジナルのアレンジについて強い興味を抱いていると察せられ、今後の舞台がまた楽しみになるのだった。

コメント

劇団創立60周年記念 劇団東演PIC公演vol.7『紙屋悦子の青春』

2019-09-28 | 舞台

松田正隆作 河田園子(JOCO)演出 公式サイトはこちら 東演パラータ 29日で終了
 本作はこれまで2度観劇したが、いずれも90年代で(98年劇団新人会、99年木山事務所)、このブログに記事はない。太平洋戦争末期、九州のある街に兄夫婦と暮らす紙屋悦子のもとに、縁談が舞い込む。兄の後輩の明石少尉が、友人の永予少尉を紹介してきたのだ。悦子はひそかに明石に思いを寄せていたが、見合いを承知する。折しも兄に徴用の命が下り、悦子は一人で見合いを行うことになる。若者3人をA,B二つの座組で上演され、A班を観劇した。

 本作には、年老いた現代の悦子とその夫が登場する現代と、前述の戦争中と、ふたつの時空間がある。老夫婦をベテラン俳優が演じる形式、若者と老人と二役で演じる形式など、演出が異なり、今回は前者型であった。さらに天井のたっぷりある劇場を活かした趣向が凝らされている。冒頭は病院の中庭であろうか、老夫婦がベンチで語らううち、数十年前の紙屋家の茶の間へ自然に時空間が移る形式なのだが、今回は主舞台を見下ろす高さに老夫婦が語らうベンチが作られ、夫婦は物語の最初から最後までずっとそこにいて、過去の物語を見守るのである。

 俳優の演技に丁寧な演出が施されて、俳優陣はそれに誠実に応えている。まず悦子の兄安忠(南保大樹)はまだ若いながら家長としてのプライドがあり、時おり妻に声を荒げても愛情ゆえであることがよくわかる。妻のふさは、悦子と女学校時代からの仲良しで、「えっちゃんとずっと一緒にいたくてあんたと結婚した」と言うほどだが、心底夫に惚れている。永予(椎名啓介)は見合いに浮き立っているが、気の利いた話題のひとつも思いつかず、「弁当箱で電気回路を作ります」と熱弁を振るう純朴そのものの造形にまったく嫌味がない。対する明石(木野雄大)は、一見二枚目風だが永予に負けず劣らず女性に対してうぶなところがあり、こちらもまた好ましい演技である。

 実は老夫婦が終始舞台に存在する演出に対し、「過去の自分たちを見守る」態がはっきりしてしまうと、どこか作り物めくのではないかという微妙な懸念があった。しかし老夫婦(能登剛、腰越夏水)は、ほとんど台詞がなく、動きも少ないなか、過去の自分たちの様子に濃い眼差しを注いだり、逆に目をそらして何かに耐えているようなときもあり、そこにも思わせぶりなところはなかった。

 見合いの日には蕾だった桜が開き、永予と悦子は結婚を決める。それはすなわち明石の戦死という痛みを伴うことであった。前面に若い永予と悦子、後方に老夫婦が立ち、二人の悦子は海鳴りに耳を傾けながら、ふと自分の胸元に手を当て、眉を曇らせる。この終幕の悦子(三森伸子)の表情にふさわしい言葉を、自分はまだ見つけられない。

コメント