因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

劇団印象 新作リーディング公演『3℃の飯より君が好き』&ミニライブ

2019-03-31 | 舞台

鈴木アツト作・演出 公式サイトはこちら 西調布・浮ク基地 31日終了1,2,3,45,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24
 
鈴木アツトはポーランドのドルマーナ劇場に演出家として招聘されており、5月から6月にかけて現地に滞在して子どもに向けた芝居の創作にあたる予定だ。今回は渡欧を前に、新作のリーディングとライブ公演が行われた。場所は西調布一番街商店街の理髪店の2階にあるアトリエ浮ク基地。お花見日和の麗らかな日差しが当たる部屋でのお披露目となった。本作執筆にあたり、福岡県宗像市で「宗像」を題材とした演劇を作る依頼(宗像SCAN2018)を受けて、鈴木アツトが昨年12月地元に一週間滞在し、取材と短編の創作を行った経緯を持つ。

 高齢化が進んだ海辺の町。結婚して3年めの夫婦の二人芝居である。38歳の夫は売れない詩を書きながら夜間警備のバイトをし、34歳の妻は固定収入のある仕事に就いているらしい。夜勤に出かける前の夫と、仕事を終えて帰宅した妻が冷凍してあったカレーを温めて夕食をとろうとしたそのとき、妻のからだに異変が起こる。それは続いて夫にも。

 この設定をどう捉えるかで、本作の受け止め方は変わってくるであろう。鈴木アツトの創作テーマのひとつである「子どもを持つこと(妊娠、出産)」を取り上げてた舞台『父産』(1,2)、『ベイビー・ファクトリー』Part1Part2の観劇記録をリンクしておきます。ご参考までに。

 夫婦は子どもを持たないと決めていた。妻のほうによりはっきりとその意志があるが、子孫繁栄を祈願する地元の祭りに参加しようとしている夫の気持ちは揺らぐ。当日リーフレットの挨拶文によれば、ある劇作家仲間から「この戯曲は子どもが欲しいのにできない人たちを傷つける可能性がある」と指摘されたそうだ。鈴木は予想外の指摘に戸惑い、「傷ついている人をさらに傷つけるような作品にはしたくない。かと言って、書きたいと思うものを曲げたくない」と記す。

 唐突だが、4月から始まったNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』で、父親の戦友に引き取られて北海道の酪農農家に来たヒロインが、牛の出産に立ち会う場面を思い浮かべた。出産後の牛がすぐに搾乳されることに驚くと、一緒に働く大人から「子どもを産まないと乳は出ない」「人間だってそうだ」と聞く。ヒロインは改めて牛たちを見つめ、「みんなお母さんなんだ…」と感嘆の面持ちでつぶやく。自分はここで、「子どもが欲しいのに叶わない女性、また母乳で育児ができない女性が差別され、傷つくのではないか」という感情が湧いた。ドラマの作り手は生命の不思議と、それに触れたヒロインの素朴な驚きを伝えたかったのであり、事情を抱えた女性を傷つける意図はないと思う。しかしもしかすると傷つく人はあるかもしれない。

 創造活動において、意図しないところで誰かを傷つけてしまう可能性はある。現実に差別は存在し、その様相を描くことで差別の実態、差別される側、差別する側の双方の心象を描くことは必要であろう(特に後者)。そこに作り手自身に対象を差別し、傷つけようとする意図があるか、さまざまに想像してぎりぎりまで悩み、配慮した上での表現であるかどうか。それを「差別だ!」と言う前に、いや思ったとしても、まずはじっくりと考えたい。

 再び鈴木の挨拶文に戻ると、宗像市で創作した際、「ざらざらした何かが私の中に残った。滞在時には掴めなかったそのざらざらと形にしてみたいと思って書いたのが、この戯曲である」とのこと。自分は鈴木の「ざらざらした何か」を、もっと知りたい。鈴木作品の特徴、持ち味であり、自分もずっと好ましく受け止めているSF風の設定や展開を敢えて使わない手法も可能ではないか。東京に留まらず、地方そして海外まで活動の幅を広げる鈴木アツトと劇団印象の舞台に、今後も注目したい。

コメント

朱の会vol.2 朗読シリーズー朗読Express

2019-03-30 | 舞台

公式サイトはこちら 野方・どうひん 31日終了  
 俳優・神由紀子(
1,2,3,4)主宰の会が2度めの公演を行った。前回に引き続き、さまざまな文学作品を余田崇徳の音楽に乗せ、観客を急行列車(Express)の旅路にいざなうという趣向だ。2月から始まった稽古に2度お邪魔させていただき(1,2)、本日の初日を観劇した。稽古場から劇場に場所が移ると、俳優は皆顔つき、立ち姿も別人に変貌する。満席の観客の存在もその変貌に一役買うわけで、作り手と受け手が時と場所を同じくする演劇というものの魅力を改めて考える機会にもなった。以下印象深かったものをいくつか。

*芥川龍之介『蜜柑』…高井康行は、green flowers(グリフラ)の『かっぽれ!』シリーズでの、旅館・松野やの優しくハンサムな専務さんのイメージが強いが、いやさて朗読の名手である。本作は主人公の心の動きがこれ以上ないというほど客観的に、それでいて抒情的に書かれており、三等切符を持って二等車に乗り込んできた小娘を非難の目で見ていた彼が、あの一瞬ですべてを理解し、心を溶かすまでの描写のすばらしさ…高井は台本を手に持ち、時折目を落としてはいるが、ほとんどを覚えて読んでいる。これは戯曲の台詞よりも難しいのではないか。まだ客席が落ち着いていないプログラムの1本めに登場する重責を果たした。
*岸田國士『桔梗の別れ』…戯曲であるから舞台で上演されることを目的とした作品だが、駅のホームや走っている汽車のなかでのやりとりである本作を舞台に乗せるとなると、果たしてどうなるのか。保養地で知り合ったお金持ちの母娘と高等遊民風の青年たちの、まことに他愛ないつきあいが残酷な幕切れとなる恐ろしい作品だ。母娘が水に流れる桔梗に目を泳がせる一瞬ののち、暗転となるタイミングに息をのむ。
*三浦哲郎『じねんじょ』…プログラムの最後の1本は三浦哲郎の短編小説だが、地の文が非常に多く、それに比べると台詞が少ない。俳優の出番が少ないわけで、リーディングには不向きでは?と思われたが、朗読の旅の最後を飾るにふさわしい佳品であった。成功の要因の第一は、地の文を担った田浦環のみごとな語りであろう。声質、滑舌はもちろん、出過ぎず引き過ぎず、淡々と読みぶりであるのに、登場人物の様子が生き生きと浮かんでくる。人物を演じる俳優の台詞も自然に引き出され、昔売れっ子芸者で鳴らした母(吉田幸矢)の粋と恥じらい、40近くなってほんとうの父と再会する娘の小桃(神由紀子)の複雑に揺れ動きながら、素直に落ち着いていく様相、出番は一か所ながら、まことに重要な役柄である茶々(吉野あすみ)、そして悪びれもせず登場し、すべてを包み込む素朴な優しさに溢れる父(中野順二)の飾り気のない巧さ等々、気持ちの良い終幕となった。

 前回から続けて出演のメンバーも多く、休憩をはさんで2時間弱、異なる8本の演目をさまざまな趣向で読み、朱の会のステージとしてひとつの作品の提示に成功したことを客席から祝福したい。ただ、朗読が始まる前や休憩前後のアナウンスもステージの一部であるから、感興を削ぐことなく客席の空気を整え、本編を導くにはどうすることがふさわしいかを今一度検討される必要があると思われる。

コメント (2)

le 9 juin『ライヒェナウ島の美しい女性』

2019-03-29 | 舞台

*藤井治香作・演出 公式サイトはこちら 東京バビロン シアターバビロン流れのほとりにて 31日終了 
 le 9 juin(ル ナフ ジュアン)は藤井治香の個人ユニットとして2016年に活動を開始した。東京バビロン演劇祭2018では、優秀未来賞とオーディエンス賞を受賞。4回目の公演であるこのたびの新作で、ようやく初見となった。久しぶりの東京バビロンでの観劇、改めてここは観客にとって大変居心地の良い劇場であると実感した。ぜんたいの広さも天井の高さもほどよく、圧迫感がない。

 パパはある朝、ライヒェナウ島の美しい女性と出て行ってそれっきり…彩月(さつき)が母・葉月(はづき)から聞いた父の話はそれだけである。その母も亡くなって、彩月は母の知り合いである望月絢子からライヒェナウ島で撮影されたという写真を受け取る。会ったことのない父と、自分の知らない顔を持つ母。彩月をめぐる女性たちの心象をつなぐ物語だ。

 物語が時系列に進行しないことは、冒頭、彩月の友だちの美月(みづき)の電話の場面ですぐに観客の知るところとなる。彩月に葉月の思い出を語る望月絢子もまた、妹とのあいだに確執がある。彩月との会話のなかに、外国にいる妹との会話が挿入されるが、その場面は互いの心のなかの声を探り合い、反駁しているかのようで、時空間ともに交錯し、舞台に幻想的な風合いを生み出している。

 当日リーフレット掲載の作・演出の藤井治香の挨拶文を読み返す。自分の心のありかを探し求め、人との交わりに悩み、それを演劇という形で提示し、昇華させようとしているのだろうか。藤井自身が演じる望月絢子の「繊細な人は、繊細じゃない人を傷つけることがあるんだって、その繊細さゆえに」という台詞に、作者の気持ちが表れている。

  途中葉月と彩月それぞれに長いモノローグがあること、葉月役の俳優が、美月の職場の先輩を兼ねることなど、さまざまな趣向が凝らされている。美月が、彩月の母である葉月に抱く思い、絢子とみき姉妹の位置づけ、物を食べる場面の意図はどこにあるのだろうか。舞台で実際に何かを口にするのは俳優にとって負荷がある。観客もつい、「ここでなぜサンドウィッチを?」と考えるのである。作者が伝えたいこと、思い描いている情景を確かに受け止められたかというと、いささか心もとない。

 藤井治香とle 9 juinの舞台を作る仲間は、作りたい景、発したい言葉を持っている。創造する上では、それがもっとも重要であろう。それらをどうすれば確実に舞台で表現できるか。客席の自分にとっては、もしかすると違和感を覚えるところから、この繊細な感覚を持つユニットとの交わりが始まるのかもしれない。時間がかかるだろうが、すぐに共感できるものよりも、より深い味わいに導かれることを願っている。

コメント

パラドックス定数第45項『Das Orchester』

2019-03-26 | 舞台

*野木萌葱作・演出 公式サイトはこちら シアター風姿花伝 31日終了1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27
 昨年4月、『731』から始まった
シアター風姿花伝プロミシングカンパニー公演の最後の1本は、野木が学生時代に執筆した作品の改訂版とのこと。当日リーフレット掲載の挨拶文には「妄想炸裂。史実のいいとこ取り。ラストは力技で捻じ伏せる」と、自作をやや自虐的に振り返る一方、「登場人物に加えられる負荷や、それに抗う熱量が相当なものであることも変わらない点でした。私は22年前からずっと、負荷に抗う人間がそれを乗り越えてゆく姿を何よりも素敵だと思っていたのでしょう」と結ぶ。パラドックス定数の、野木萌葱の魅力はまさにそこであり、本作は野木の原点であり、新たな出発点でもある。

 ある時代のある国。劇場の袖で秘書官が演奏を見守っていると、あの印を付けた制服の将校が現れ、彼女の背後に立つ。演奏が終わり、花束を持って舞台から引き上げる指揮者。開幕前から劇場にはオーケストラの曲が流れており、それが舞台の開幕につながるという演出である。何気ない始まりのように見えて、開演を1秒たりとも遅らせることができないという(そうですよね?)、最初から緊張感みなぎるステージだ。

 時の首相は世界的に有名な指揮者を気に入っており、オーケストラを国営にして自分の権威を示し、宣伝に利用しようとする。そして100人を超す楽団員のおよそ3分の1を占める「劣等人種」の排除を迫る。

 固有名詞をひとつも使わないまま、しかし明らかに時代は1930年代のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団であり、指揮者はフルトヴェングラー、宣伝相はゲッペルス(自らを「劣等人種」と告白する若きヴァイオリニストはシモン・ゴールドベルクであることはあとで知った)である。人物が名前を呼び合わないことにより、翻訳劇上演にありがちな不自然な雰囲気を消し、70年以上の年月を越えて、政治と芸術の対決、ここで生き抜くか、脱出するか生死を賭けた闘いの様相を生々しく提示することに成功した。

 自分はずっと野木萌葱とパラドックス定数の最高傑作は『東京裁判』であると思っていたが、ここへ来て「もうひとつの最高傑作」と呼びたい作品に出会った。それが22年前に書いた作品とは、こんな隠し玉を持っていたとは。シアター風姿花伝プロミシングカンパニーとしての7作品のうち、観劇したのは4本であった。劇団員はじめ、客演陣の多くが複数の作品に出演しているが、似たような作品はひとつもなく、従って同じ俳優であっても、演じる役柄のタイプはすべてが異なる。あの俳優にこんな役を演じたら似合いそうだなと思うことは確かにあるが、公演のたびに別の顔を見せてくれることに改めて驚く。

 さらに、こういう舞台設定でのこの役はおそらくこのような性質であり、俳優の造形はこうなるであろうという観客の既成概念を少しずつ覆す。たとえば今回の作品ではオーケストラの事務局長役の小野ゆたかだ。芸術にはとんと疎い事務方で、楽団の運営、人のやりくりに汲々としている、といった人物なら、医療ドラマでの病院事務長や、学校の事務長、企業の経理課長などといった設定がすぐに想起される。しかし小野ゆたかの事務局長は、ふとした台詞、表情に、事務方らしからぬ(と言っては失礼だが)、ふてぶてしいまでの気骨と粘り強さ、意地を見せる。そのプロセスにも、観客が何となく思い込んでいる「あるある」を静かに壊してくれる微妙な造形が施されているのだ。

 それぞれの俳優の個性を適切に把握しながら、ありきたりな造形に留まらせない野木萌葱の手腕とともに、それに応える俳優諸氏の健闘によって1年間の連続公演が閉幕した。劇団の公演はしばらくおやすみとのこと。シアター風姿花伝で『東京裁判』の上演を!自分の新たなる願いである。

 

コメント

ウテン結構第2回公演『硝子細工のイヴ』

2019-03-23 | 舞台

ウテン結構 第2回公演 『硝子細工のイヴ』
 
旗揚げ公演(1)から4か月、約束通りの第2回公演。ステージ数は5回に増えた。前回の印象を大切にしつつ、気持ちを新たにと言い聞かせて観劇に臨む。

 開演を控えた公演の楽屋。俳優は三者三様に出番に備えている。とそこへ制作の女性が駆け込んできた。3名だけだったこの日の観客が3名ともキャンセルしたきたという。つまりこのままでは誰もいない客席に向かって芝居を上演することになる。ビデオに録画のための上演がいったん決まるが、実は俳優それぞれ気になることがあり、上演中止になったほうが都合がよい。ならば「アイツを使おう」とアンドロイドに演技させることになった…とここまでのあいだに、公演チケット購入のシステムから、実際にアンドロイド演劇を上演している劇作家を連想させる導入部である。

 「だから、これは、ここから先は、ifの話。誰かによって書かれ、時に誰かによって書き直された、『硝子細工のイヴ』というもう一つのお話。一冊の本。いくつもの祈り。if、もしそんな未来が訪れたら、 if、もしものそんな過去だったら…『ウテン結構第2回公演 硝子細工のイヴ』開演」

 長くなったが上演台本を引用した。アンドロイドが演じる、一種の劇中劇。もしかしたらこれまでにあったかも、これから先にあるかもしれない舞台についての物語。これが今回の公演の核である。しかし舞台の上演は簡単には進まない。時空を越え、殺された人間のからだをつなぎ合わせて再製する近未来、人形と暮らすかつて人間だった機械などなどが交錯する140分の舞台である。

 観劇の最中、視点を定めればよいのかが決められず相当に右往左往し、上演台本を一読しても、人物の配置や作品の構造を把握することは難しい。ところどころに第1回公演『アリス式海岸不思議岬邂逅』の音楽や場面、モチーフが取り入れられており、ウテン結構の第5回までの活動は、ひとつの大きな物語を連ねていくことも、ひとつの目標になっているとも予想される。

 劇中劇の台詞を紹介する場面があり、それは「私とは、いたずらにアダムによってイヴと名付けられたあの日から始まり、そのアダムへの憎しみを覚えたことで完成していった一人の人間」である。旧約聖書の創世記には、神は自分に似せて人間のアダムを作り、助け手が必要だと、アダムのあばら骨から女=エバを作ったと記されている。そのエバとアンドロイドを結び付けた発想の独自性を、もっと確かに客席への共感に結び付けられたら、舞台の手応えは変わってくるだろう。

 ITだのAIだの、機械が人間の世界を侵食し、駆逐せんとしている今、生身の人間が行う演劇を、生身の観客が見るという根本的な行為の意味、なぜ演劇なのかという問いへの答を求め続ける。これがウテン結構の創造の姿勢であると受け止めた。個々の場面がつながったり離れたりしながら、作り手がどうしても客席に見せたい光景(作り手自身が見たい光景)に持っていく手並みには、まだ創作の余地がある。さて第3回では、わたしたちをどこへ連れて行こうとしているのだろう。心身整えて、10月公演の『奇妙な旅の旅のしおり、この世の果て』に備えたい。

コメント