因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

太宰治作品をモチーフにした演劇公演第15回日本のラジオ『カケコミウッタエ』

2019-05-31 | 舞台
*屋代秀樹作・演出 劇団サイトはこちら(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13) 三鷹市芸術文化センター星のホール 2日終了 同ホールの「太宰治をモチーフにした演劇公演」第15回参加作品。 太宰治の『駆込み訴え』は、イエス・キリストの弟子の一人であったユダが師のいどころを密告する様相が一人語りで記された短編である。冒頭の「申し上げます。申し上げます旦那さま」に始まり、最後の「へ . . . 本文を読む
コメント

リーディングシアター『レイモンド・カーヴァーの世界』

2019-05-31 | 舞台
*レイモンド・カーヴァー作 村上春樹翻訳 谷賢一演出 公式サイトはこちら 兵庫県立芸術文化センター企画 トライストーン・エンタテイメント共同製作 6月2日終了 六本木トリコロールシアター トライストーン・エンタテイメント主催公演の過去記事はこちら→(1,2,3) 2018年兵庫県立芸術文化センターの初演が好評を得て、このたび東京、兵庫2劇場での公演となった。カーヴァーの小説を村上春樹が翻 . . . 本文を読む
コメント

studiosalt 番外公演 初期作品記録映像上映&リーディングVol.1 旗揚げ公演『父の骨』

2019-05-30 | 舞台
*椎名泉水作・演出 公式サイトはこちら 神奈川県立青少年センター2階HIKARI 31日(金)14時、19時30分公演あり (1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21) studiosalt(スタジオソルト。以下ソルト)が番外公演として、初期作品記録映像上映&リーディングと銘打った公演を2か月連続して行う。第1回の今夜は、旗揚 . . . 本文を読む
コメント

MSPインディーズ・シェイクスピアキャラバン 読上歌舞伎『何櫻彼櫻銭世中』(さくらどきぜにのよのなか)

2019-05-25 | 舞台
*テキスト/宇田川文海(大阪朝日新聞 1885年掲載)新井ひかる(Triglav 1,2)、西村俊彦演出 井上優(明治大学)補綴・監修 西村俊彦脚色 早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点主催 公式サイトはこちら 5月25日のみ 早稲田大学小野記念講堂(1,2,3) 本作は1885年(明治18年)、大阪戎座で『ヴェニスの商人』を大阪を舞台に翻案して上演された日本で最初のシェイクスピア作品だ。 . . . 本文を読む
コメント

堀越富三郎企画 語りライブ 楽語会VOL.4

2019-05-19 | 舞台
*荻窪/かふぇ&ほーるwith遊 19日 14時、18時2回公演 VOL.1観劇の記事 語り、朗読、リーディング、ひとり芝居…舞台のパフォーマンスの形態はさまざまである。俳優の堀越富三郎が主宰する「楽語会」は、「語りライブ」と銘打ち、基本的に俳優が台本を持たずに作品を語る形式をとる。日ごろはそれぞれ別の場所で活動している俳優が自分の得意とする分野の作品を持ち寄り、披露する公演と捉えた . . . 本文を読む
コメント