因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

さよなら平成記念イベント★27時間耐久!劇団肋骨蜜柑同好会の五月祭★

2019-04-30 | 舞台番外編

*公式サイトはこちら 新宿/シアターミラクル 4月30日~5月1日
 タイトルの通り、平成最後の4月30日16時30分の「開祭式」に始まり、トーク、リーディング、練習時間も含めたライヴ、5月1日に30歳の誕生日を迎える主宰のフジタタイセイが受け取ったプレゼントのレヴュー(何ももらえなかったらおしゃべりする会になる。どうだったのだろう?)、ラジオ形式のトーク、ゲーム大会、令和元年5月1日6時30分のラジオ体操、エチュード大会、プロレス、落語等々19時まで続く、お大晦日の年越しならぬ、改元をまたぐイベントである。

 因幡屋は、開幕して最初のコーナー「フジタの部屋 劇団肋骨蜜柑同好会解体篇」と題したトーク企画に参加した。フジタ氏が司会を務め、アガリスクエンターテイメントの塩原俊之氏、しむじゃっくの杉山純じ氏、シンクロ少女の横手慎太郎氏とともに、肋骨の来し方と行く末を語り合った。自分の肋骨観劇記録はこちら(1,2,3,4,5,6,7)の通り、2015年の板橋ビューネの『散る日本』が最初であり、そのときのあっけにとられるような強烈な印象、それからわずか2か月後に、現在は閉館したpit北/区域で上演された『恋の手本~曾根崎心中』の高揚感などをお話したが、塩原氏はもっと早くから観劇されており、当時のチラシなど貴重な資料もお持ちである。杉山氏は自らも作・演出として公演を行うのみならず、制作側として、つまり舞台が観客の目に触れるまでのプロセスをつぶさにご存知の方だ。横手氏はフジタ氏作品にいくつも出演されており、その作風をからだで受け止める体験を踏んでおられる。それを語る迫力たるや!完全に客席側の因幡屋にとってお三方のお話は新鮮であり、フジタ氏が演劇活動を始めた筑波大学の学生演劇相関図、ここのところの数作でモチーフとなっている「田瓶市」についての感想や、今後期待できる企画など、まことに興味深いものであった…と同時に、自分の勉強不足も痛感され、これは今後の課題に。

…『恋の手本』について、フジタ氏は「最初は登場人物が死なない設定にするつもりだったが、『曾根崎心中』の言葉に引き込まれて、やはり心中することに」という創作の裏話を話してくださった。戯曲が、その台詞が、演じる者の心をかき乱し、翻弄し、途方に暮れさせる。そのプロセスを経ての、あの熱情が迸るラストシーンだったのかと。

実は「田瓶市」が舞台となる作品は、自分にとってはひとつの躓きであった。どこともわからぬ地方都市での物語は、日本のラジオ(屋代秀樹主宰)の公演でもお三方のお話を伺って、理詰めでわかろうとせず、まずは受け止めてみようと思った次第。

 続く「無責任上等!波乱の初見読み大会」は、劇団員、客演陣これまで肋骨の舞台に出演したことのある俳優方が車座になり、このコーナー用に過去作品から何本かを選んだ台本を文字通り初見で読むというものだ。自分が見たことのある作品は1本であったが、上演と違う役もどんどん配されていく。ここでも横手慎太郎氏は、やかんの音役や、ずいぶん長い会話のなかで、たったひとことしか台詞がない役をトーク以上の熱量を発揮、終盤は客席から飛び入りのご参加もあり、会場は大いに沸く。

 途中フジタ氏が俳優に「メールっていう概念を知らない人みたいに」、「〇〇と▲▲がお互いにポジションを取ろうとしている感じで」など演出を加えると、それに即座に対応し、台詞の色合いを変え、人物の性質や人々の力関係まで変容するさまはお見事であった。特筆すべきは日本のラジオ主宰の屋代秀樹氏である。短い台詞から醸し出すその人物雰囲気、心象の微妙なニュアンスの表現など、これほど出来る方が作・演出をなさっていることに(いい意味で)背筋が寒くなるのであった。

 ともあれ日本テレビ顔負けの27時間耐久のイベントは、演劇ができること、演劇だからできること、演劇には無理かもしれないがやりたいこと等々、作り手だけでなく、受け手にもさまざまに考え、次なる歩みに踏み出す一歩でありましょう。皆さん、お疲れさまでした。参加のお声がけをありがとうございます。これからも客席から確と見届けますので、どうかよろしく!

コメント

ぼっくすおふぃす・プロデュースVol.26『雪の果』

2019-04-21 | 舞台

*神品正子作・演出(1) 公式サイトはこちら 下北沢/シアター711 21日終了
 二二六事件が勃発した岡田首相官邸の日本間を舞台に、「だんなさま」である岡田啓介(猪又太一)を守り抜こうとするふたりの女中秋本サク(松岡洋子)、府川キヌ(石田廸子)と、秘書官の福田耕(永野和宏)、迫水(佐々木一樹)憲兵(佐々木二役)と、事件を起こした側の一等兵(音野暁)の攻防と意外な交わりを描きながら、80年以上も前の事件が今の日本に落とす影を炙りだす。

 日本間の押し入れに匿った岡田首相を、弔問客の出入りに紛れて脱出させたことは、ドキュメンタリーなどで知ってはいたが、こうして劇化されたものを見るのは初めてであり、この日本で同じ日本人同士による生き死にを賭けた攻防があったこと、もしこの作戦が失敗していたら、果たしてその後の日本はどうなっていたのかなど、心をかき乱されるような臨場感があった。

 岡田家にキヌが奉公に入った日から事件まで、どの程度の日にちの経過があるのかを知りたかったことと、舞台上部に日にちと時刻を映写して時間の経過を示しているが、映写と舞台が明転するタイミングがぎくしゃくすること、空襲の爆音はまだしも、玉音放送を聞かせて敗戦を示す方法は、劇作家の手腕を以てしてもう一工夫、冒頭と同じくキヌがおそらく焼け野原となった町を見やりながら「東京」とつぶやく終幕に、何かもうひと息、舞台を引き上げることができたのではないか。

 キヌが一等兵に疑問と怒りをぶつけるあたり、事件後、収監された彼と迫水が面会する場面は見ごたえがある。首相の顔を知らず、別人を狙撃してしまうなど今なら考えられないが、「大義名分を見失った今、死ぬのが怖い」と慟哭する一等兵はあまりに痛ましく、また岡田首相の身代わりになってしまった秘書官であり、妹婿の松尾伝蔵とその家族の胸の内は想像もつかず、何が正しかったのか、別の道、方法はなかったのかとやり切れない思いになる。幸せになりたい、幸せな国にしたいという願いは同じはずなのに。

 二・二六事件に関する書籍や映像作品は枚挙にいとまがないが、今日の『雪の果』は、地道にこつこつと作品を発表するぼっくすおふぃす、神品正子の活動の姿勢が映し出され、当時の人々の体温や息づかいが伝わる佳品であった。

コメント

プレオム劇プロデュース第3回公演『脚光を浴びない女』

2019-04-19 | 舞台

*中島淳彦作 福島三郎演出 公式サイトはこちら 24日終了 下北沢/ザ・スズナリ
 本作は2015年、劇団ハートランドで初演された。今回病気療養中の中島に代わって、丸福ボンバーズの福島が演出を担って再演の運びとなったものだ。気心の知れた座組がさらなる進化(深化も)を目指して再び集結。意気の高い舞台となった。

 埋立地に建てられたその団地は、かつては工業団地として賑やかだったが、築五十年を超えた今、取り壊しをめぐって住人たちの心を波立たせている。そこに住む女たちの日常と、仲の良い隣人にも言えないそれぞれの深刻な事情、右往左往する様相が描かれる。キャラやエピソードの羅列ではなく、一人ひとりの背景と事情が演じる女優の個性と相まって生き生きとした舞台になった。大西多摩恵演じる初老の女性とその夫の話は、ドタバタ人情劇に陥りそうなところを引き締め、ぞっとするほど暗い淵を思わせる。一方で芸能界に憧れる少女が殻を破り、めちゃくちゃなダンスをする場面は中年、老年となった女たちの希望でもあり、しかし、この少女もいつかは夢に破れるときがおとずれることを残酷に予感させるものでもあり、複雑な味わいを残すのである。

 先日登場人物が実際に楽器を演奏することについて考える機会があった(こちら)。本作の目玉はまさに女たちによるバンド演奏であり、それに至る練習風景である。母親にもらった5万円の小遣いで「ギターを買いたい」という発想にはじまるのはいささか強引ではある。しかしそれを補ってあまりあるのは、エレキギターの扱いにあまりに疎い女性が、パート先の同僚を引き込み、あれよあれよという間に隣人にフォークギター、キーボード、ドラムまで持ち込ませ、最後にはバンドメンバーではない他の登場人物もそれぞれ鳴り物をもち、歌と演奏によるカーテンコールになだれ込む様相だ。緩いテンポの歌であるにも関わらず、「怒涛」「圧巻」と感じさせる力業である。

 残念なのは、当日リーフレットに配役表がなかったことだ。登場する女性は総勢10名。情けないが自分は観劇中にすべての役名を覚えられなかった。魅力的な女優方であるから、このブログ記事についても俳優名で書くことに問題はないのだが、たとえば唯一フルネームで覚えているのは、田岡美也子演じる団地の女ボス「アマチマリエ」である。取り壊しに絶対反対の立場をとり、住民たちにもそれを強要する。反対の理由というのが拍子抜けするほどで、いっそう反感を買ってしまうという役どころである。あの歌手の「天地真理」をあからさまに想起させるこの役名が、「真理恵」なのか、「まりえ」あるいは「マリエ」なのか。観劇すること、終演後に振り返るとき、大切な情報なのだ。リーフレットは回覧板を模した形で、出演者全員の顔写真とプロフィール、コメントが掲載された立派なものだ。ここに一言「天地真理恵」とあれば大変嬉しいのである。

コメント

劇団民藝『新 正午浅草 荷風小伝』

2019-04-17 | 舞台

*吉永仁郎作・演出 中島裕一郎演出補 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアターTAKASIMAYA 28日まで1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38) 
 俳優の山田吾一から依頼を受け、吉永は永井荷風を主人公にひとり芝居の作・演出を行った。1997年6月のこと。これが吾一座公演『正午浅草』である。東京芸術劇場小ホール2で5日観上演された。そしてこのたび永井荷風生誕140年、没後60年を記念しての評伝劇が『新 正午浅草』である。荷風を演じるのは御年85歳の水谷貞雄である。本作がおもしろいのはその構成だ。時系列に物語が進むのではなく、昭和31年市川に暮らす荷風のもとに、かつての愛妾お歌(白石珠江)が訪れ、『断腸亭日乗』を読む場面を基軸とし、あるときは父(伊藤孝雄)との確執に苦悩した若き日を描き、あるときは最晩年、浅草のストリップ劇場の楽屋に入り浸る日々、果ては父親よりも年を取った荷風の夢のなかに父親が出てくる等々、時空間を行き来する点である。興味深いのは、若いころを演じる水谷が、いわゆる若作りの演技をしていないところだ。ここが森本薫の『女の一生』と決定的に違う点である。断るまでもなく水谷が若者に見えはしない。老人のまま数十年の場面に「連れてこられた」といった態、困惑が舞台に好ましい空気を生んでいるのである。観客も「無理がある」などと野暮は言わず、ゆったりと味わうことができる。

 夢の中でなお息子に小言を言う父親役の伊藤孝雄は威厳のある堂々たる造形のなかに、図らずしておかしみが出てしまうところが良い。玉ノ井の娼婦お雪(飯野遠)はけろりと明るいところに、苦界に身を沈めた女の悲しみが漂う。愛情が滲み出るように優しく、色香も十分感じさせるお歌役の白石玉枝が一転、久方の来訪の理由を告げるあたり、興ざめではあるが、そこにすら幾ばくかの情緒やかつて鳴らした芸者が寄る辺のない初老近くなって昔の男をわざわざ訪ねてくる悲哀がにじむ。金の無心より先に、ここへ置いてもらえないかと言ったのは、荷風への愛情あってのことと思いたい…そんな温かな気持ちにさせられる晩春の宵にふさわしい舞台であった。

コメント

オフィス上の空 6団体プロデュース「1つの部屋のいくつかの生活」より

2019-04-12 | 舞台

公式サイトはこちら 吉祥寺シアター 14日終了 
 同じ舞台美術(二階のある日本家屋)、60分の上演時間という条件のもとに、2団体で1組の公演とし、公演チラシの色分けで言うと、赤(mizhen、シンクロ少女)、青(鵺的、かわいいコンビニ店員飯田さん)、黄(アガリスクエンターテイメント、Straw&Berry)計6団体が競演するものだ。青の舞台を観劇した。
 鵺的 高木登作・演出『修羅』1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17
 富裕な旧家の四姉妹。それぞれ夫がいる。長女の招集で4組の夫婦が一堂に会した。姉妹たちは皆離婚したいという。4組とも夫婦関係はとうに壊れているが、夫たちは別れたくない、別れる理由がわからないと言う。仕事を辞めたり、芝居に血道をあげていたり、彼らの旗色はいいとは言えない。さらに長女の夫をのぞく3人の男たちは皆浮気をしたことが暴かれる。しかもその相手の女が実は…。

 男女の性愛に濃厚で動かしがたい血のつながりが絡み、これまでの鵺的作品に登場したキャラや設定がみっちりと仕込まれ、ここまで来ると壮観だ。特に劇団を主宰しているという三女と四女の夫たちの言い分には、小劇場系の演劇状況について、作り手の揶揄とも自虐とも思えるさまざまなが台詞に書かれており、客席は大いに沸く。皆がエゴをむき出しに罵り合うなかで、長女(川添美和)はまったく動じず、不気味なまでに落ち着いており、その夫(今里真)はただ一人浮気はしておらず、物腰も柔らかだ。一方的に離婚を言い渡され、義弟たちはキレたり暴れたりするが、彼はそれもできない。ふと今里真がチェーホフの『三人姉妹』のクルイギン(次女マーシャの夫)を演じるのを見たくなった。妻に疎まれ軽蔑され、ほかの男に心を移す妻を許し、受け入れる男である。優しさという仮面のもと、非暴力という暴力で妻を支配する夫という造形もあり、今里にはその両方ができると想像するのである。これは二枚目役のヴェルシーニンよりも魅力的だと思うのだが、いつか実現しないだろうか。

 かわいいコンビニ店員飯田さん 池内風作・演出『我がために夜は明けぬ』
 こちらは近未来の宇宙船ツアーに参加した人々の群像劇である。旅行者が交代で食事の準備をしていたり、乗組員が風呂の故障に四苦八苦していたりなど、宇宙船というより「海の家」のような長閑さがある。しかし乗客はそれぞれ面倒なキャラや背景の持ち主で、逃げようのない宇宙船という特殊空間のなかで、人々の関係は一発触発の危うさを孕む。
 同じ舞台美術を使うが、鵺的との大きな違いは、舞台上手にピアノが置かれたことだ。冒頭登場する人物の一人がドヴュッシーの『月の光』をたっぷりと、さらにエルガー『愛の挨拶』を演奏し、それからやっと芝居が本格的に始まるのである。この場面から受けた違和感や戸惑いを表現するのはむずかしい。舞台上で実際に楽器を演奏するというのは、ありそうでなかなかない設定であり、俳優にも相当の負荷がかかる。見る側としても、そこに何らかの必然性、作劇の意図、劇的な効果を探ってしまうのである。冒頭の違和感は予想外にあとを引き、劇中さまざまな場面でつまづき、初見の劇団をじゅうぶんに味わうことができなかった。

 終演後にさらに困惑したのは、客席に配布された当日リーフレットが、団体名と題名、スタッフと協力者、オフィス上の空と各団体の次回活動予定がごく大まかにしるされた1枚きりで、作・演出者名、出演俳優名も記載されていないことである。物販のパンフレットや上演台本を買えば済むことではある。またツイッターで配役表を提示してくださった俳優さんもあり、その情報はありがたく参考にさせていただいたが、公演チラシに本公演の企画内容として、「お客様にはシンプルに楽しんで頂き、作る側には新しい出会い刺激になれば」と掲げるのであれば、何らかの工夫、配慮をと願うのである。

コメント