因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

 中野成樹+<del>フランケンズ、</del>の短々とした仕事 その1『冬眠』

2007-01-26 | 舞台
*チェーホフ作『熊』より 中野成樹誤意訳・演出 STスポット 28日まで 公式サイトはこちら
 ほんとうは「フランケンズ」の部分に取り消し線ではなくて×印が入るのだがごめんなさい、その通りに表記できませんでした。「短々」は「たんたん」と読み、短い稽古期間で短い作品を創ろうという企画。当日パンフによれば、7日間、時間にして26時間の稽古だったのだそう。中野成樹の舞台、誤意訳については、先日の急な坂スタジオのマンスリー・アート・カフェで俄然興味を掻き立てられ、直後にその舞台がみられるという実に幸運な体験をした。

 愛する夫を亡くして悲しみに暮れる未亡人(斎藤範子/Theatre劇団子)に、従僕(やまがたひろとも/劇団山縣家)が「たまには外に出ましょう」と誘う。未亡人は動こうとしない。そこへ借金取り(中村たかし/宇宙レコード*これも「レ」に丸印が入っているのです。できない・・・)が乗り込んできて、夫が生前彼に借金をしたらしく、その金を返せと迫る。未亡人は執事が戻るあさってにならないと無理だと言う。すぐに金が欲しい借金取りは部屋に居座る。従僕は彼を追い出そうとする・・・という話である。

 俳優は台本のようなものを手にしているが、ほとんどそれに目を落とさない人もあれば、場面によっては台本を結構必死で目で追うところもあって、これは「まじ」なのか演出なのか。未亡人はチェルフィッチュを思わせるだらだら感がもっと淡々としたような話し方だ。表情もほとんどなく、夫を亡くした悲しみよりも何を考えているのかわからない気味悪さが感じられる。といいつつ「わたし、くまってしまったわ・・・とさりげなくタイトルを言ってしまった」などと言うので、こちらはガクッとしてしまう。もしかしてこれは素人さんではないかと思わせるくらいたどたどしい従僕、これは熱演なのか地なのかわからない借金取り。

 当日パンフのキャストとスタッフの記載に「誤意訳・演出 中野成樹」。これはよくわかる。おもしろいのは「誤意訳・出演」とあって俳優名と配役が記されているところだ。戯曲の台詞を話し、俳優もまた「誤意訳」する存在であるということだろうか。

 小さな舞台三方の黒幕を引くと、壁には田園風景や馬などが描かれた素敵な切り絵が!切り絵作家タンタンの作品で、これも「短々とした仕事」にひっかけたものだそう。わずか40分だがまさにここでしかみることのできないチェーホフ。これが新しい試みです的気負いや照れが感じられないところが、堂々としていいと思う。収穫は「もっとチェーホフを読もう」という気持ちを掻き立てられたことである。登場人物の心情や作家の意図を知りたいという学習意欲ではなく、自分はチェーホフをどう感じるか、どこをおもしろいと思ったかをもう一度出発点に戻って楽しんでみよう。もっと自由に素直に。そんな気持ちにさせてくれたのである。

 劇場を出ると小雨が降っていた。横浜駅までまっしぐら。少しでも早くうちに帰ろう。本棚の奥からチェーホフ全集を探し出すために。

コメント

松竹・劇団☆新感線『朧の森に棲む鬼』

2007-01-22 | 舞台
*中島かずき作 いのうえひでのり演出 新橋演舞場 公演は27日まで 公式サイトはこちら
 新感線の、それも市川染五郎が主演する舞台をみにいくときの気持ちは、よそでは決して味わえないものがある。必ずものすごい舞台をみせてくれるに違いないという絶対的な安心感だ。姿も声も美しく、殺陣の流麗なことといったら惚れ惚れする。歌舞伎という基本がきっちり身に付いている人が、その基本がぶれることなく新しい分野に果敢に挑戦する姿はほんとうに力強く美しい。実に強引で厚かましいのだが、舞台と観客の関係を夫婦にたとえるなら、これは申し分ない夫を持った妻の幸せに近いのではないかしら。前衛過ぎて理解できずに落ち込むこともなく、客足を心配する必要もなく、評論家の酷評に心を痛めることもない。彼を信頼し、安心して客席に身を委ねていられるのだから。

 だがしかし、ふと心身の緊張が緩んでいる自分に気づく。観劇の前に内容について下調べもせず、見終わったあとは「ああ楽しかった」と幸福感にどっぷり浸かっている。これでいいのだろうか。いや、たまにはいいのかもしれないが、「予定調和」とは舞台の側だけではなく、観客のほうにも起こりうる現象ではないのか。染五郎丈は今回もますます素敵で共演陣も充実していた。問題は自分の方にあるのだろう。で、どうすればいいのか?次の新感線の舞台までの宿題である。

コメント

因幡屋通信25号完成

2007-01-21 | 舞台番外編
 因幡屋通信25号が完成し、各劇場宛に発送いたしました。劇場ロビーのチラシラックなどご覧いただけますと幸いです。今回は以下の記事を掲載いたしました。いずれも当ぶろぐの記事を基にしております。
*続 戯曲(ホン)を読みたい!★ト書きの効用★:『新型 「開運ラジオ」』に始まり→(ぶろくの記事)
*笑えなかった話:ブラジル公演『恋人たち』より→(ぶろぐの記事)
 えびす組劇場見聞録では「ガーリーンの恋」と題しまして、『ロンサム・ウェスト』について掲載いたしました→(ぶろぐの記事)。

 ぶろぐの記事にはある程度の速報性が要求されますが、年3回発行の通信は同時性、速報性がなくなる反面、より深く舞台に対して考えたものを書き記したいと願っております。しかし今回は「深める」というより「迷走する」と言った方がよいかも…今後の課題です。今回もどうかよろしくお願いいたします。

コメント

三条会『ひかりごけ』

2007-01-19 | 舞台
*武田泰淳作 関美能留演出 下北沢ザ・スズナリ 公演は21日まで 公式サイトはこちら。
 いつもより低めに感じるスズナリの舞台には、机と椅子が並んで学校の教室が作られている。パッヘルベルの「カノン」をアレンジした戸川純の「蛹化の女」(たぶん)が高らかに響くなか、授業が始まる。生徒4人は坊主頭、というよりスキンヘッドという言い方がぴたり。詰め襟の学生服に裸足である。その中になぜか赤いドレスを着た女生徒(大川潤子)もいる。女教師(舟川晶子)が配ったプリントを生徒がたとたどしく読み始めると、それはあの「ひかりごけ事件」の様子を語る内容であった。太平洋戦争中、無人島に流れ着いた船の乗組員が、死んだ船員のからだを食べて生きていたという実話である。男子生徒たちは次第に飢えに追いつめられる船員たちになる。赤いドレスの女生徒が船長(榊原毅)の言葉を語ったり、さらには生き残って船長が裁判にかけられる場では、被告人を責め立てる検事や逃げ腰の弁護士に扮したりする。冒頭「ひかりごけ」を学校の授業にした演出の意図や効果がつかめず、幕開けから前半は睡魔に襲われたが、赤いドレスの女生徒と船長の死闘のような言葉の応酬をみていて、「あ」と思った。2003年秋に横浜STスポット上演されたリーディング 「ラ・ロンド」で9,10景を演じていた、あのお二人だと気づいたのである。

 人肉を食らって生き延びた船長の証言は一言ひとことが重いつぶてのように心を打つ。鍛え抜かれた肉体から汗を滴らせる様は壮絶。対する検事の尋問は鋭い刃のようだ。中盤までは赤いドレスの女生徒は船長の言葉を代弁するような存在であった。それが裁判の場では彼を問いつめ責め立てるのである。このあたりから一気に覚醒して身を乗り出して舞台に見入った。

 陰惨極まる内容なのに、カーテンコールでは実にすっきりした気持ちで拍手を送った。観劇前に半端な腹ごしらえしかできなかったので空腹を覚えるが、舞台の内容が内容だけに、さすがに食欲をなくしている。なのにこの爽やかな気分はなぜ?ロビーには関連書籍などの物販もなく、静かで気持ちがいい。外へ出るとぐっと冷え込んでおり、寒さと空腹と舞台のあとの気持ちが高揚しているせいもあって、ガチガチと歯が鳴る。

 ふと「寒稽古」という言葉を思い出した。真冬に海で泳ぐとか滝に打たれるとか水を浴びるお祭りとか。今夜の『ひかりごけ』体験は、その感覚に近いのかもしれない。偶然のように見に行ったSTスポットの「ラ・ロンド」が、先日の急な坂スタジオのトークイベントと同じく、3年の時間を経て自分の演劇体験をより豊かに楽しくしてくれている。

コメント

急な坂スタジオ「マンスリー・アート・カフェ」vol.02

2007-01-18 | 舞台番外編
マンスリー・アート・カフェvol02 『いま、こんなことしたいんだよね。』
 地下鉄桜木町駅から小雨のなか野毛坂を登る。暗い道の脇に「急な坂スタジオ」のグリーンの明かりが見えるとほっとした。今夜のゲストスピーカーは、このスタジオのレジデント・アーティストでもある演出家の中野成樹と、彼の恩師である日大芸術学部演劇学科の熊谷保宏。司会進行はSTスポット館長の加藤弓奈。

 登場した中野成樹をみて「あ」と思った。2003年の秋、STスポットでリーディング『ラ・ロンド』が上演されたとき、第7,8景をラップに合わせて台詞が書かれた紙を舞台の壁に次々に貼りながら演じていた、あの男性だ。彼は中野成樹+フランケンズを主宰し、「誤意訳」という独自の手法で翻訳劇を上演しており、本日のテーマは「チェーホフをラップでできないか?」である。
 
 ほとんど打ち合わせなしで始まったトークは、後半チェーホフの『かもめ』をラップ風に書いてみた歌詞?の解説あたりからだんだん核心に迫ってくる。年配の男性から「チェーホフには失礼かもしれないが、この詞はとてもいい。わたしならこれを桑田圭祐か井上陽水に歌わせたい。さらに演歌にしたら最高だ」というご意見がでて、会場は一気に盛り上がった。

 「誤意訳」についての考えを話すとき、中野は慎重に言葉を選びつつ、実に真摯であった。演出との違いは?翻案ではないのか?という質問もあったし、ここが必ず突っ込まれる点だと充分に意識していることがわかる。それをわかった上で迷い、ときには怯えつつ、しかし作品に対する敬意を忘れず(具体的な発言はなかったが、わたしはそれを強く感じた)、心意気をもって舞台を作っていることが伝わってくる。いい意味で「喧嘩腰」の人だなと思った。その意気で行け!

 チェーホフは好きな劇作家だ。しかし言葉の壁、時代や感覚の違いなどがあって、どんな上演であれば正解なのかは結局わからない。どうすれば本場に近づけるかという方向で舞台作りに携わることに違和感を覚えて試行錯誤している中野の感覚は、ある意味でとても真っ当であると思う。このトークライブで勢いがつき、今月末上演の『冬眠』のチケットを申し込んだ。新しい舞台に出会えそうな予感がする。「急な坂スタジオ」でのひとときに感謝。

コメント