因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

Wonderlandに劇評掲載『八月のバス停の悪魔』

2008-11-30 | お知らせ
 劇評サイトWonderlandに拙稿が掲載されました。今回はミナモザ公演『八月のバス停の悪魔』(瀬戸山美咲作・演出)です。題名の通り、夏の盛りにみた舞台の印象をようやくまとめることができました。少々気合いが入り過ぎたかなと思いますが、ご笑覧くださいませ。ベースになったブログの記事はこちらです。
 書くことは旅に似ています。それも自分の場合、日程表も目的地までの地図も持たず、ただ書いてみたい、書けるかもしれないという微かな感覚をたよりに歩き出す、実に無謀な旅です。設計図もないのに家を建てようとするに等しいでしょう。神懸かったことを言うわけではありませんが、知識も乏しく考えに偏りがあり、言葉も拙い者が一編の文章を書き終えるには、やはり何かの導きがあるように思えてなりません。それはあるときはラジオドラマ『大つごもり』で聞いた杉村春子の声であり、中村伸郎と渋谷ジャンジャンの思い出であり、関根信一(劇団フライングステージ)のあの一言だったりします。舞台をみると、何かしら感じます。しかしそれを考えて、ある程度の長さのまとまった文章を「書く」行為にまで繋げられることは少ないのです。ミナモザの舞台には、「みて、感じる」から「考えて、書く」ことに繋ぐ、何か強い力がある。自分はそのように実感しています。あてのない旅をいたずらに不安に思うことなく、目的地に導かれることを信じて、これからも舞台をみて感じて考えて書いていきたい。そう願っています。
コメント

師走の予定

2008-11-24 | お知らせ
 信じられないくらい1年があっと言う間に過ぎようとしている。万事早めの前倒しで。
*shelf ×modelT prd. #2「Voice, narrative and dialogue」人の声と物語と対話をコンセプトとしたパフォーマンスをいくつか。小さなスペースでビールを飲みながら味わう漱石や芥川。こういうのに因幡屋はみる前からぞくぞくしてしまうのだ。
*新国立劇場『舞台は夢 イリュージョンコミック』堤真一が主演する舞台なのに、モチベーションが上がらない。みる前からこんなことで、どうしたらよいのか。
*俳優座劇場プロデュース『空の定義』青木豪の新作を黒岩亮が演出する。『1945』の脚本途中降板の一件が心配されるが、ここはみる方も心を切り替えて。松永玲子が楽しみだ。
*ブラジル『軋み』ブラジィー・アン・山田作・演出の最新作。新宿のシアタートップスに、あと何回行けるだろうか。
*アンティークス『時のコンチェルト』ブラジリィー・アン・山田と岡﨑貴宏の作品2本立て。夏にみたのが第2章で、今回が最終楽章となる。
東京デスロック『その人を知らず』東京公演休止前最終東京公演とのこと。二つ折りの公演チラシにはマルコによる福音書14章、三好十郎の評論が細かい文字でびっしりと掲載されている。前者は久しぶりに読んだ口語訳聖書で、いいものですね。後者は寝る前に少しずつ読んでいる。
ZORA第6回公演『エレベーターの鍵』『灰色の時刻、あるいは最後の客』アゴタ・クリストフの『悪童日記』に夢中になったのは10年以上も前のことだ。木冬社の舞台、原作の小説どちらもおもしろかった。今回は下総源太朗の演出である。シアターイワトはこれが初めての劇場だ。おそらく今年の芝居納めとなる。


 2006年から観劇本数が100本を越えた。そうすると日常生活がどうなってしまうか。もっとも顕著なのは「自分で料理を作れなくなる」ことだった。観劇から帰宅すると着替えもそここそでパソコンに向かう。いくら簡単なものでも食卓を整えるとなると、献立を考えて材料を揃え、他の家事も含めて段取りを考えなければならないから、案外エネルギーが必要なのだ。とても余裕がない。『風のガーデン』は辛く悲しい話だが、映像にも音楽にも演じる俳優にも毎回心が洗われるようだ。その一方で欠かせないのが『夢をかなえるゾウ』なのだった。「モテたい、幸せになりたい」と願う主人公(水川あさみ)に、神さまのガネーシャ(古田新太がやりたい放題)が毎回意味不明の課題を出し、主人公が猛反発しながらも、その意味を考え成長していく?話である。ドラマ前半に「自炊する」という課題があり、それにあやかるつもりはないのだが、最近料理を再開した。水川あさみと同じで、腕もレパートリーも進歩しないが、よい気分転換にもなっていて楽しい。慌ただしい師走を心身整えて乗り切りろう。皆さまもご自愛くださいませ。
コメント

燐光群『戦争と市民』

2008-11-23 | 舞台
*坂手洋二作・演出 公式サイトはこちら 下北沢ザ・スズナリ 12月7日まで その後全国ツアーあり
 ベテランから中堅、若手まで幅広く重厚かつ新鮮な客演陣を迎えて、坂手洋二が「戦争」「市民」の概念を洗い直そうとする新作である。今年スズナリに行くのはおそらくこれが最後になるだろう。気合いはあるのだが、連日の睡眠不足とうっかりの直前昼食食べ過ぎで体調は万全とは言えない。しかも本作は2時間35分ノンストップだという。耐えられるだろうか。

☆始まったばかりの舞台です。このあたりからご注意を☆



 
 昔から捕鯨で栄えてきた「鯨丸」という町が舞台として設定されている。町で鯨料理店を営むヒサコ(渡辺美佐子)は、崩壊していたと思われていた防空壕が形を留めていたことを知る。甦る戦争中の記憶。折しも町では捕鯨を巡ってさまざまな政治的思惑が激しく交錯する。

 まず今回の舞台装置がおもしろい。床は舞台前に向かって傾斜しており、壁も床も朽ち果てそうに古びた板が打ち付けられている。冒頭、ヒサコが妹(田岡美也子)や捕鯨船の船長(児玉泰次…幼なじみの鴨川てんしだったかもしれない。すでに記憶が…)と防空壕に忍び込んでくる場面から始まり、場面が変わるとそこはヒサコの店にもなり、捕鯨船の甲板や海を見はらす高台にもなる。
 戦争を体験したヒサコが、その事実を風化させないために防空壕を保存したいという思いを縦軸に、捕鯨を巡って土地者ではない市長(大西孝洋)や次期市長を狙う議員(吉村直)、捕鯨業に携わる人々の思惑のぶつかり合いを横軸に、謎めいた旅行者(いずかゆうすけ)やジャーナリスト(佐古真弓)、市長とヒサコの亡くなった息子の妻(河野しずか)の密やかな愛が絡む。

 一杯道具の舞台装置のなかで時間や空間を行き来する作りは珍しくないと思っていたのだが、今回改めて、この手法を自在に使いこなすには、作劇において相当な筆力と舞台装置の工夫、俳優の力量がないと難しいことを実感した。手法に溺れず酔わず負けない力、手法に必然性を示せる力が必要なのだ。とにかく舞台から得体の知れない、ものすごいエネルギーが発せられていて、眠いとか疲れたなど半端な気持ちはぶっ飛ばされてしまう。爆睡の予感は杞憂に終わった。2時間35分ノンストップ、大丈夫です。

 ヒサコが次期市長選に出馬するという流れにもう少し説得力が欲しいし、大丈夫ではあるがスズナリの客席で2時間35分の上演時間はやはり長い。言いにくいのだが『戦争と市民』というタイトルもいささか凡庸に思える。本作はスズナリでの上演ののち、国内5カ所のツアーが控えている。短い期間に場所をかえて上演を重ねるごとに、舞台が変化していくことだろう。関西在住の友人に、この舞台のことを是非伝えたい。
コメント

スタジオソルト『中嶋正人』

2008-11-22 | 舞台
*スタジオソルト第10回記念公演 椎名泉水作・演出 公式サイトはこちら 横浜相鉄本多劇場 30日まで 外部演出も含め、これまでの劇評はこちら→1,2,3,4,5,6,6`,7,8,9出会いは2006年の横濱リーディングであるが、以来劇作家・演出家の椎名泉水とスタジオソルトは自分の演劇生活にとって、大切な存在になった。

 再演希望が多く寄せられた第2回公演『蟷螂~かまきり~』(筆者は未見)を全面改訂し、キャストも一新して今回の記念公演となった。殉職警官の息子である中嶋正人(高野ユウジ)は、少年たちの矯正教育に携わりたいと望んでいたが、配属されたのは「0番区』と呼ばれる死刑囚監房であった。職務とはいえ、これは殺人ではないかと中嶋は悩む。

☆先入観を持たず、でも一人でも多くの方が劇場を訪れて、あのセットの中で起こることを受け止めていただきたいと願っています。このあたりからご注意ください☆


 この日はパラドックス定数の『怪人21面相』をみたあと、心身の調整を考える時間もなく、速攻で横浜に移動しての観劇となった。横濱リーディングでみせた椎名泉水の演出の手腕は、実に新鮮で魅力的だった。戯曲の読み込みが深く適切であると同時に、それを大胆に表現する思い切りのよさと言えばよいだろうか。オリジナルの劇作では、日常的なセットの中で登場人物が食べたり飲んだりしながら、とりとめのない会話をしつつ、それぞれの抱えているもの、心の襞を丁寧に描いていく。リーディングは抽象的、オリジナルは具体的という分け方は少々乱暴かもしれないが、いつのまにか自分の中にできていた「椎名構図」のようなものである。

 今回は舞台全面に太いパイプが組まれ、その一部が可動式になっており、刑務官の休憩室や居酒屋、法務大臣室や死刑囚監房になったりする。オリジナル作品で、ここまで抽象的でシンプルな舞台装置をみるのは、これが初めてである。空間がさまざまに変化するのは、この作品には立場を異にする人々が登場するためである。犯罪者がいて、被害者の家族がいる。死刑執行を命じる大臣がいて刑務官がいて、死刑囚がいる。そして彼を導く教誨師がいる。

 死刑制度の是非をめぐる議論は激しいが、やはりそう簡単に廃止や存続どちらかに決められるものではないと思う。実際に当事者にならなければ想像の及ばない事柄が多すぎるのである。椎名泉水は、「人を殺すという仕事が存在することに、どうしても腑に落ちない違和感がある」と当日リーフレットに記している。これは死刑制度についての、ひとつの視点である。またこれは自分の想像であるが、椎名は「仕事とは?」「なぜ人は働くのか」ということにこだわりを持って考え続けているのではないかと思う。

 今回の観劇に備えていくつか本も読んだし、先月は渡辺源四郎商店の『どんとゆけ』もみた。しかし自分の心はいよいよ迷うばかりなのである。それは何に?死刑制度に対して。今夜みた『中嶋正人』についても。迷って言葉を探すことは楽ではないが、何とか考えたいと強く思う。めまぐるしく変る場面を可動式の装置が効果的に使われているが、法務大臣と事務次官の戯画的な造形には疑問が残るし、風琴工房の『ゼロの柩』を思い出すと、刑務官の家族が夫や息子たちの仕事をどう考えているのかという視点も欲しいし、被害者遺族の描写にも正直不満が残る。しかし裁判員制度の導入を控えた今、『中嶋正人』が問いかけるものは大きく、みるものに深い余韻を残すことは確かだ。劇中効果的に使われていた『ヘイ ジュード』が、今も耳の中で繰り返し鳴り続ける。舞台は1時間40分で終わっても、中嶋正人の刑務官としての仕事は続く。今日も彼のように職務を遂行している方々があるのである。『中嶋正人』は終わりのない物語だ。
コメント

パラドックス定数『怪人21面相』

2008-11-22 | 舞台
*パラドックス定数第17項 野木萠葱作・演出 公式サイトはこちら 渋谷SPACE EDGE 24日まで
 渋谷ルデコに向かう通りを途中で右折し、それから左折して線路沿いにしばらく歩くと渋谷SPACE EDGEがある。人通りもぱったり途絶え、駅前の喧騒が嘘のようだ。倉庫風の建物の中に入ると、舞台部分を通って奥が客席なので、遅刻すると入場はほぼ不可能な作りになっている。


 ずっと以前NHKの歴史番組だったが、作家の有吉佐和子が自著の『和宮様御留』について、「歴史の資料というのは点でございます。それを繋ぐのはわたくしの想像力でございます」ときっぱりとした口調で語っていたのを思い出す。先月みたばかりの『三億円事件』、今回の『怪人21面相』いずれも、実際に起こって迷宮入りした事件そのものを扱っており、多くの資料をあたって事実関係を綿密に調べたのちの、作者の創作である。どこまでが事実でどこからが創作なのかがわからないのだが、事件そのものが持つ底知れぬ力が作者に乗り移り、登場する男たちを生み出して、激しい劇世界を構築しているかのでようである。

 公演チラシには「少しは想像しろよ。興奮する話だろう。」と書かれている通り、これは人間の想像力についての話だと思う。

 開演前は携帯電話の電源を切ることと、上演中に退出したくなったときの注意事項であり、終演後は物販の案内や劇団員が客演している別の公演のお知らせなのだが、挨拶をする野木の口調や雰囲気はとても柔らかくて温かい。特に終演後の挨拶に拍手が起こるのは、この硬質でほっと息をつけるところが一カ所もない舞台が好意を持って受け入れられたことの証左であると思う。

 パラドックス定数はこれがやっと2回めの観劇だが、野木萠葱をみていて、「学校の先生のような人だな」という印象を持った。国語か社会科だ。きちんと準備されて行き届いた授業。ゆったりと優しい雰囲気だが、厳しくて怖い時もある。ときどき生徒がどきっとするような大胆で色っぽい話もしてくれる…実際そのような先生に出会ったことはないが、勝手に妄想が大きくなっていく。次回も必見の劇団がまたひとつ増えた。舞台そのものも楽しみだが、パラドックス定数初級の生徒である自分は、優しそうな野木先生がどうやってこの舞台を作り出しているのか、その心の中を知りたいのである。
コメント