因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

文学座公演『セールスマンの死』

2013-02-27 | 舞台

*アーサー・ミラー作 酒井洋子演出 西川信廣演出 公式サイトはこちら あうるすぽっと 3月5日まで
 文学座で上演される翻訳ものといえばテネシー・ウィリアムズが定番の印象があるとはいえ、本作がアーサー・ミラー初上演ということには正直なところ驚いた。自分が本作と出会ったのは1989年の劇団昴公演で、これまでに3度観劇している。ジョン・ディロンの精緻な演出と、ウィリー・ローマンを演じた久米明、妻リンダ役の新村礼子はじめ、誠実そのものといった俳優陣のすがた、あまりに救いがなく、やりきれない結末にことばを失ったことをいまでも思い出す。いま昴公演の3冊のパンフレットとともに今回の文学座公演パンフレット、倉橋健翻訳の戯曲を読みかえしながら、なぜこの辛い物語を何度でもみたくなるのかを考えている。

 リアリズム劇でありながら、舞台には終始幻想的な空気が漂う。現在と過去が倒錯する構造は物語の説明ではなく、ウィリーの心象(妄想の要素も色濃いが)を残酷にあぶりだす。息子たちがまだ10代のころの場面で、失礼ながら息子役の俳優さんたちの不自然な若づくりが気になっていたのだが、いや不自然が正しいのである。現実の彼らは30歳を過ぎて生きる方向が定まらない。その不安定なところや夢見がちな甘さが、あたかもとってつけたような少年の造形に結びつくのではないか。
 そのなかでウィリーだけが老年のまま過去の空間にまぎれこみ、いっそう痛ましくみえるのである。

 酒井洋子の新訳で気になったことばが少し。「かたす」←「片づける」の意味だとはわかるがぞんざいな語感がある。あとは「セレブ」と「極道」か。いずれも大きな妨げにはならないまでも、耳に障ったのはたしかである。

 たかお鷹はこまつ座や蜷川幸雄演出の舞台におけるコミカルなイメージが強い。いんちきくさい役、助平を(この表記がぴったり)演じたら天下一品だ。しかし今回は遊びや余裕や逃げ場がなく、どんどん追いつめられる役柄である。自分は劇団民藝の滝沢修をみる機会はなかったが、やはりどうしても昴の久米明のイメージが支配する本作において、たかお鷹はゆるぎないウィリー・ローマンとして痛々しいほど強い印象を与えた。まさに当たり役であろう。再演が続くことを、そしてたかお鷹のウィリー、『セールスマンの死』が文学座の財産として次世代に継承されることを強く願う。

 演じつづけられること、それを見つづけること。はじめてみた舞台の印象を少しも損ねることはなく、比較に終始せずに、舞台への思いはいよいよ強く深くなる。作り手と受け手双方に「演劇的義務感」をひしひしと与える数少ない作品であることを確信するからである。また数十年前におけるアメリカの物語であるにも関わらず、現代の日本における今日性が極めて高いことを改めて知った。親子、夫婦、きょうだい、仕事。切り口がたくさんある。重苦しい内容で、気持ちが晴れるようなものではないが、観客に対してさまざまな入口があって、演劇にあまりなじみのない人であっても受け入れられる作品ではないだろうか。

 舞台から受けとったものが多すぎ深すぎて、観劇から数日が過ぎているのにじゅうぶんなことばにならない。このつぎ『セールスマンの死』をみるのはいつになるだろうか。

コメント

Unit航路-ハンロ・釜山民芸総合同公演『韓紅の音(カラクレナイノオト)』

2013-02-24 | 舞台

*金哲義作・演出 公式サイトはこちら 新宿タイニイアリス 24日で終了
 劇団May1,2,3,4,5,6,7)の金哲義と劇団タルオルム1)金民樹、ふたりの劇団主宰によるユニットUnit航路-ハンロ(1)と釜山民芸総の合同公演である。演技エリアを中央に置き、それを客席がりょうほうから挟む形になっている。金哲義は開演前の観客誘導から上演前のアナウンスまで、早くもエンジン全開だ。マダン劇の成り立ちにはじまり、上演中も飲食や写真撮影はOK、「むちゃぶりはしません」と言われたものの、舞台とお客さんがいっしょに遊ぶのがマダン劇。少し引きながら開演を待つ。

 まず『韓紅の音』。ひとりの少女が成長し、結婚して子どもを産み、その子がまた子どもを産む。母と娘三代にわたる家族の歴史、民族の歴史が描かれる90分の物語だ。
 

 祖国から引き裂かれるように日本にやってきた女性が、ことばも習慣も違う国で虐げられながら懸命に生きる。その娘は自分の出自を厭い、職場では母の作ってくれたお弁当(おそらくにんにくや唐辛子のたくさんはいったお菜)をこっそり捨てて昼食を抜き、親しい友人にさえ住む町が知られないよう離れた駅で電車を降りる。いつかこの町を出たい、誰も自分を知らないところへゆきたいと願いながら、在日の青年と恋をする。生まれた娘は朝鮮学校に通い、自分が疎ましく思っていた母(娘からすると祖母)を慕う。自分に対してあまり心を開いてくれない娘への悲しみを、孫むすめがつなぐのである。

 最初の女性を演じる金民樹が抜群の安定感で、娘を演じる卞怜奈、孫むすめの金恵玲を支える。死のまぎわに白いチョゴリで美しく装った母、しかし娘は民族衣装の胸元のリボンの結び方を知らない。孫むすめがかわって結んでやるとき、この世に生きているあいだにじゅうぶん心を開けなかった悲しみが漂い、胸が痛む。
 母娘三代にわたる物語を巧みに構成し、90分でみせる手腕はあいかわらず鮮やかだ。

 劇が終わると座席の移動などを行って、釜山民芸総による民族伝統芸術パフォーマンスがはじまる。これがまた大変な熱気で、最後には観客もいっしょに踊る大団円となった。まさに興奮のるつぼである。客席から踊りに加わる人がつぎつぎにいらして驚いたのだが、不思議なことに子どもは自然に喜んで踊り出しそうなのだが、誘われてもそうとう頑なに拒否している。

 休憩をはさんで終演は夕刻になった。劇とパフォーマンスの合同公演が非常に貴重なものであるのは確かだが、タイニイアリスの客席で、90分の劇に加えて60分の歌と踊りは少々きつい。マダン劇を謳うのであれば、劇をあとひといき長い尺にして劇中にパフォーマンスを盛り込んでみては・・・というのは安易な発想であろうか。

 つい先週、『ハイエナ』をみたときにも思ったことだが、金哲義の作品は強烈な個性や主張を持ったものである。物語の構造や人物の造形にもある一定の形、パターンがあるのだが、またこの手の話かとマンネリに感じたことはただの一度もない。また言いたいこと、伝えたいことを手を変え品を変え・・・という印象をもったこともない。考えてみると、これはすごいことではなかろうか。
 これまで在日韓国人、在日コリアンとひとくくりにとらえていた自分に向かって、金哲義は「在日朝鮮人」という剛速球を投げ込んできた。特殊といえば特殊な世界である。しかし開幕したとたんに引きこまれてしまう。日本と朝鮮の歴史を知らずにかんたんに理解する、察するなどと言えるものではなく、差別の苦しみや葛藤など想像もつかない。しかし誤解を恐れずに言えば、金哲義の劇世界には、自分が無意識に持っていた(のかもしれない)親近感を揺り動かされて、ずっと以前から知っていたかのような幸福な錯覚に陥るのである。

 この感覚は鄭義信の作品では味わったことのないものであり、単なる好みの問題なのか、金哲義作品に、みるものに無意識の普遍性を表出させる働きがあるのではないかと考察中である。

コメント

風琴工房20周年記念公演第2弾『国語の時間』

2013-02-23 | 舞台

*小里清作 詩森ろば演出 公式サイトはこちら 座・高円寺1 28日まで(1,2,3,4,5,6,7,89,10,11,12,13,14
 風琴工房が創立20周年を記念しておこなう公演の第2弾であり、日本劇作家協会プログラム「冬の劇場26」のひとつでもある。座・高円寺は基本的に舞台と客席が対面するかたちだが、今回は円形の演技エリアが張り出しており、客席はそこをゆるやかに三方からみるつくりになっている。張り出したエリアは学校の教室で、床下部分もむき出しになっている。開場して上演がはじまるまで、つまびくようなピアノが静かに流れている。このメロディが大変美しい。ざわつく心が鎮まって、これからはじまる物語への期待が高まってゆく。

 公演のチラシや劇団からの案内状によれば、本作は1940年代、大日本帝国の統治下にあった京城(いまのソウル)の小学校を舞台に、朝鮮人でありながら、子どもたちに日本語を「国語」として教える教師たちの物語だ。
 これまで岸田國士戯曲賞の最終候補に2度も選ばれながら演劇の世界から遠ざかっていた小里清が、上演のあてもないまま3年以上の年月をかけて戯曲に書きあげた。風琴工房に上演の話を持ちかけてからからさらに2年が経過し、何と足掛け5年を経て上演が実現したというから、劇作家にとってはまさに渾身作であり、演出を担う詩森ろばをはじめ、出演俳優やスタッフの心情はいかばかりであったかと想像する。
 風琴工房の舞台をみるときは単なる気分転換や息抜きではなく、背筋を伸ばして劇場に向かうのだが、今回はいつにもましてその気持ちが強くなった。休憩をはさんで上演時間は3時間とのこと。

 当日リーフレットに但し書きされているとおり、公演パンフレット、とくに上演台本は最初のページを開いただけで本作の重要な部分がわかってしまうため、観劇前にお読みになることはすすめない。劇場をあとにして余韻をかみしめ、反芻しながらゆっくりと味わわれますよう。

 今回目を引くのは、風琴工房には非常にめずらしいタイプの俳優さんが客演することである。加藤虎之介をはじめてみたのはNHK朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で、以来昨年の大河ドラマ『平清盛』まで、多くの映像作品に出演している。中村ゆりも同様で、決して主演をはるわけではないがいずれも重要な役柄であり、おおぜい出演している俳優のひとりとして流すことなく、みる者に何らかの印象を残すものがほとんどだ。ただおふたりとも役柄がいささか固定化している傾向もあって、加藤は一筋縄ではいかない癖のある悪人、中村は愛人やお妾さんなどいかにも薄幸の女性のイメージが強い。
 テレビや映画の露出度が高い俳優が、巨大資本の動く大劇場の商業演劇ではなく、いわゆる小劇場系、しかも風琴工房のように非常に地味だが芯のある作り手の舞台つくりに参加するには、出演依頼をする側にとっても、こちらの想像もつかない葛藤や困難があったのではないか。

 下北沢のザ・スズナリなどにくらべ、座・高円寺は舞台がひろく、天井も高い。しかも前述のように張り出し舞台になっていて、演技の方向性も重要だ。自分は比較的前方の舞台を正面からみる席だったが、上演がはじまってすぐに違和感をもったのは、俳優がこちらに背を向けたとたん、台詞が聞こえにくくなることである。声の響き方、飛び方がこちらの予想と異なっているのだろうか、非常にとまどい、台詞を聞きとるために意識を集中させる必要が生じた。俳優が声を大きくする、あるいはゆっくり話せば解決するものでもなさそうで、筆者の観劇日は初日の翌日、開幕して2度めの上演であったが、いまはどうなっているのだろうか。

 静かなピアノが基調になるかと予想した音楽が、上演中はヴィヴァルディの『四季』がベースになり、終幕では女性シンガーの力強い歌になったことは、好みの問題ではあるが惜しい気がする。

 日本人とみわけがつかないほど流暢な日本語を話す国語教師を演じた中村ゆりは、折れそうなほど華奢なからだつきに意志の強い表情や明晰な口跡が痛々しいほど美しい。後半になるにしたがってわが身に流れる朝鮮の血を消すために、日本人校長の妾になり、生徒に体罰を加えたりなど、自虐、自傷行為的な言動がはじまるあたりに惹きつけられる。こんなに美しく魅力的な女性がいればメロドラマ的な展開を期待せずにはいられないのだが、加藤が演じた朝鮮総督府の役人に対する思いも最後まで実を結ばず、結論もでない。
(少し調べると、中村さんは韓国籍の方であった。「なるほど」と安易に納得することが憚られ、いろいろな思いがあったこととお察しする)

 3時間という上演時間は、舞台に秘められた謎や投げかけられた問いに対して、観客が答を出すために必要な時間ではないのではないか。ならば何のためにこの長さが必要であったのか。これは決して「長すぎる」というマイナスを言いたいわけではなく、「せめて2時間と少しにすれば、スズナリでも上演できる」という欲もないではないのだが、3時間かけて作り手が伝えようとしたことを受けとめるのに、もう少し考えたいのである。
 その国に暮らす人から言葉をうばい、姓名をうばい、自分の国のそれを暴力的に強要するのはどういうことが、人々の心をどのように傷つけ蝕んでゆくのか。本作はその史実の一端とともに、虐げられた人々の心情が決して単色ではないことを知らしめる役割をもつ。

 昨今きな臭い日本と韓国、朝鮮との関係や、先日観劇した韓国現代戯曲のリーディング、ここ2年夢中になっている大阪の劇団mayの舞台、Kポップや韓流ドラマがあいかわらず隆盛にあって、大阪の鶴橋で行われた排外デモなど、いろいろなことが頭にも心にも押し寄せて、整理がつかない。

 主演の加藤虎ノ介、中村ゆりはじめ、出演者はすべて粒ぞろいの精鋭だ。ひとりひとりが自分の持ち場だけでなく、作品ぜんたいを大切にとらえ、心を合わせて取り組んでいることが伝わる。これだけの力作の公演期間が7日間というのはいかにも短い。劇団運営の事情などまったくわからぬ者の勝手な願いだが、週末を2度はさんで2週間、せめて10日間あれば。

コメント

鵺的(ぬえてき)第六回公演『幻戯』

2013-02-21 | 舞台

*高木登作・演出 公式サイトはこちら 下北沢「劇」小劇場 26日まで(1,2,3,4,5,6) 全公演でアフタートークを開催。本日はミナモザ主宰の瀬戸山美咲がゲスト。
 時代は特定されていないが、少なくとも携帯電話やパソコンは出てこない。表向きは旅館、しかしなかは遊郭である。といっていわゆる吉原のようにお女郎さんの住まいを兼ねているわけではなく、そこで働いている女たちは「通い」でやってくる。おかみは和服を着ていかにもそれらしい風情、女たちはしどけない洋装だ。
 なじみの小説家黒崎(平山寛人)に付き添われて、同業の男板倉(今里真)がやってくる。37歳にして女を知らない板倉にこの店いちばんの玖美子(秋澤弥里)をあてがい、行為の前後で彼の書くものがどう変わるか知りたいという黒崎の趣味はいただけないが、興味深い設定ではある。

 いかにも潔癖そうな堅物を想像するのだが、今里が演じる板倉はそれを微妙に裏切りる造形をみせる。玖美子は慣れた調子で黒崎を扱おうとするが、板倉はかんたんに応じない。絵物語のような純愛を追い求めているのか、それとも?作者は板倉をどこに着地させ、観客をどこに連れてゆこうとしているのか。

 本作は作者が机上風景という劇団に在籍していた5年前に初演されている(筆者は未見)。そのさいは平山寛人が板倉を演じたとのこと。今回の改定版では女にも文学にも手だれの黒崎を飄々と演じている平山だが、そちらもみたくなった。ならばと欲が出て、今回板倉役の今里真が黒川を演じる配役もじゅうぶん考えられる。それほど平山、今里ふたりの俳優は高木登の戯曲がもつ独特の癖やゆがみを肌感覚でつかんでいるように感じられるのである。
 どちらもたいそうな二枚目でいわゆる色気を身にまとっているのだが、タイプはことなる。今里はパラドックス定数公演で刑事や弁護士など、ものがたい職業の人物を多く演じており、いっぽう平山は仕事も性格もよくわからない浮遊性のある人物がよく似合う。個人的には瀬戸山美咲作・演出の『ホットパーティクル』で演じた、主人公の元カレ・じゅんちゃんが記憶に新しい。元カノに「家出なう」と電話する声の明るいこと。「じゅんちゃん」には客席をほっとさせる魅力があり、いつも鵺的で重苦しい役柄を演じている平山からは想像しにくいすがたであった。

 さて『幻戯』であるがサスペンスの要素をもち、終盤ではホラーの様相を呈してくることもあって詳細は書けない。あそこでまさかの展開になったとき、頭で構造を理解、把握しようとしないほうがいいのだろう。アフタートークにおいて、高木登が「解釈の稽古はおこなった。そうしないと俳優は演じられないから。しかしお客さんはそうしなくてもいい」と語っていたことに安心しながらも、「自分の理解で合っているのだろうか」という不安も消えない。いやこういう不安もふくめて『幻戯』の劇世界とすればいいのか。

 女を知ったとたん、性格も小説の作風も激変した板倉の造形が、ことばでどう表現するのが的確なのか思い悩むほどであり、37歳まで女知らずだったことじたいがそもそも嘘であったのかもしれないと思わせる。今里はjacrowの番外公演において、部下を自殺に追い込んだ自責の念から精神を病んだ上司を演じた。そのさい「まとも」と「異常」の境界が揺れ動く様相にぞくぞくさせられたことを思いだす。今里真は決して類型的な揺れ方、壊れ方をしない。

 暗転になったときに流れる女性の独白が流れる。録音されたものが(あるいは発語は生でも機械を通している?)が聞こえてくるのだが、その音質がいまひとつ劇の空気にしっくりしていない印象をもった。作劇、あるいは演出が意図をもって敢えてこの音質を採用しているのかどうかはわからないが。

 いいかげんにこの記事をまとめなければならないのだが困惑や疑問が消えず、最後まで行き着けない。しかし、そもそも何がこの魅惑的な物語の結末なのだろう。観劇の手ごたえは、はっきりしたもの、確かなものをどうしても求めてしまう。だがそうではない、違う感触の手ごたえが潜んでいる作品もある。『幻戯』は自分のなかでは終わりそうにない。続編や後日譚ではなく、これから書かれる高木登の作品に板倉や黒崎を投影させた人物が現れるのではないか。謎解きの答を求めようとはやる気持ちを抑え、備えをはじめよう。

コメント

シアタートラム 韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.6

2013-02-20 | 舞台

 日韓交流センターが2012年度事業として2月20日より24日まで、シアタートラムにおいて韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.6を行う。座席におかれているパンフレットは内容ぎっしりの大変りっぱなもので、関係者の方々の熱意が伝わってくる。
 若手韓国人劇作家による戯曲3本を、これもまた注目の演出家がリーディングで紹介する。
①キム・ミンジョン作 宋美幸翻訳 鈴木アツト演出『海霧』 
②ペ・サムシク作 木村典子翻訳 明神慈演出『白い桜桃』
③ソン・ギウン作 浮島わたる翻訳 広田淳一演出『朝鮮掲示ホン・ユンシク』
 それぞれ2回ずつ上演され、1回めの上演のあとはアフタートークがある由。最終日の17時からシンポジウム「日韓演劇交流の現在」も行われる。

 初日の今日、劇団印象主宰の鈴木アツト演出による『海霧』(うみぎり)を観劇した。鈴木の演出した舞台の記事はこちら→(1,2,3,4 5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15)ここ数年、韓国の小劇場界と熱心に交流しながら意欲的な創作をおこなっている鈴木アツトだが、自作ではなく、しかもこれほど重苦しい作品の演出をするのはめずらしいことなのでは?

 たび重なるサヨリの不漁で追いつめられた前進丸は、意を決して朝鮮族の密航を請け負った。船長と乗組員たちは衝突を繰り返しながら台風や海上警察をやりすごし、航海をつづける。密航者と心を交わらせる者もいるなか、海に濃い霧(海霧)が発生した。 

 ステージにはややゆるい半円を描く形に椅子が置かれている。下手にト書きを語る俳優がつく。男たちが船に乗り込み、いきおいよく出航する冒頭場面の迫力はリーディングという形式をしばし忘れさせるほどだ。俳優は手に台本をもっているものの、そこに目を落として読まずに、ほとんどが顔をあげて台詞を話す。本式の上演なら相手役の顔をみて台詞のタイミングなどが決められるが、基本的にずっと客席を向いたままのリーディングではかえってむずかしい面もあるだろう。しかしそうとうしっかりと稽古をなさったのではなかろうか、不自然なところやぎくしゃくしたところはほとんどなく、緊張感がみなぎり、強いエネルギーが発せされる舞台であった。

 乗組員たちの対立構造や、密航者とのふれあい、やがて襲い来る困難などのエピソードや物語のながれじたいはそれほど特異なものではない。個々の人物の造形や位置づけも同様である。しかし客席は張りつめたように静まって、ひたすら舞台に見入っていた。観客をひきつけるのは物語の意外な展開や、個性の強い人物ではないのだ。
 自分は一昨年から大阪の劇団mayの公演を夢中でみている。在日朝鮮人である金哲義の、これを書きたい、伝えたいという強烈な意志がぶつかってくる舞台の力強さは、小手先の手法などぶっとばす。今回の『海霧』にはそれとはまた違う魅力があって、これが女性の劇作家であることも驚いたのだが、まるでマグマの塊だ。「ぜったいに逃がすものか」。客席に対するむき出しの闘志である。

 これが本式の上演であったなら、熱すぎて強すぎて濃すぎて引いてしまったかもしれない。航海のあいだじゅう諍いを繰り返す乗組員たちは殴ったり蹴ったり、激しいアクションもみせる。それらに食傷する可能性も考えられる。リーディングの形式がその衝撃をやわらげ、戯曲そのものをよりくっきりと客席に提示した。残念だったのはト書きの読みと大声の台詞がかぶって聞こえにくいところがいくつかあったことで、これは演出の意図によるものなのだろうか。またト書きを読む若い女優さんの声や語り口が少し拙く、汗くさい男たちが繰り広げる物語に対していささかそぐわない印象であった。

 アフタートークは本作の船長役・林秀樹さんが鈴木アツトと対談を行った。つい数分前まで激しい芝居をしていた方が息も上がっておらず、とてもすっきりとした様子で司会をつとめておられることに驚く。作品の印象、魅力は何かという質問にはじまり、数年前から韓国と演劇における交流を熱心につづけていることで、鈴木アツトに白羽の矢がたったことなどが話された。 ごく短いトークであったが、観劇後の印象そのままに、作品や演出家への関心をより強く抱いて帰路につくことができた。本公演で6回を数えるリーディング、またしても出遅れた自分はやっとはじめての観劇である。不勉強のつけを悔やみつつ、新しい課題が与えられたことを喜ぼう。

コメント